ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« みかん | トップページ | 心温まる場面 »

2005年11月23日 (水)

ペットボトルでできるのか?

最初にお断りしておきますが、今日の内容は普段にも増して
実にどうでも良い内容です。ハッキリ言って、ヒドイです。
覚悟して読んで下さい。 <( ̄- ̄)> エッヘン

ワタシ達ドライバーの仕事中の悩みと言えば、トイレです。
数は増えてきたとは言え、大型車が駐車可能なコンビニはまだまだ少ない
というのが現状です。

男性は最悪の場合は路肩に止めて…、という方法もありますが、大型車を
路肩に止められるような田舎道には往々にして大きなコンビニがあるのです。
土地があって、広いスペースが取れるからでしょう。

これからの時期、渋滞中の車内でいい気になってお茶を飲みまくったり
すると、寒さも手伝って窮地に追い込まれる事がけっこうあります。

経験のある方もいると思いますが、先の見えない渋滞中に尿意が
募っていくと、言い様の無い不安と絶望感に苛まれます。

さて、そんな時にいつも考える事。それが本日のタイトル

 ペットボトルで窮地を脱する事はできるか?

仲間内でこの話題になるといつも論争の中心となるのは、ペットボトルの
形状ではなく容量の事です。

はい。ここでみなさん、二つの事を思い出してみてください。

①健康診断などでカップに取る時の、カップに溜まっていく速さ
②限界に近い状態まで我慢した後、トイレに行った時にかかる時間

思い出していただけましたか?

①は結構な速さで、カップ内に溜まっていく感じがしますよね?
②は個人差もあるでしょうが、「まだ出るか!?」と自分で思う時があるのでは?

以上のようなことを鑑みて、仲間内では満場一致で
「500mlのペットボトルなら窮地を脱する事は可能」の結論に達します。

しかし350mlとなると、「可能」と「不可能・または危険」に意見は真っ二つ!

だからと言って、試す勇気のある人は誰もいません。
当然です。担当車制ではなく、みんなで乗り回す車なのですから。
万が一にも…

  やっぱ無理でした。 ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

などということになったら、笑い事ではすまされません。
「エヘヘじゃねーだろっっ!!」ってなもんです。

そこでちょっと、調べてみました。
果たして人間の膀胱の容量はどれくらいなのか?

当然ながら個人差があるわけですが、どうやら一般的には
体重1kgあたり7mlで計算する
ということで良いようです。

つまり体重50kgの人の場合で
7(ml)×50(kg)=350ml
となります。

……。成人男性の場合、普通は体重が50kg以上はあるから…。
やっぱり無理そうですね、350mlのペットボトルじゃ。

イヤイヤそれどころか、体重70kgの人だったら…

  500mlでも危険じゃん ( ̄□ ̄;)!!

ま、くどいようですが個人差がありますし、あくまでも満タンになったら…
の話ですけど。

しかし、正直言って驚きです。
ワタシは350mlでなんとか足りると思っていたのですが…。
結構溜められるモンなんですねえ、人の体って。

いやー、試してみなくて良かった。アブナイアブナイ…。

今日は祭日。
紅葉も今が最高でしょうから、高速道路の渋滞で窮地に追い込まれる人が
たくさんいるでしょう。
トイレは早めに、水分は控えめに。
そして心にゆとりを持って、楽しいドライブをどうぞ。

« みかん | トップページ | 心温まる場面 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/7274999

この記事へのトラックバック一覧です: ペットボトルでできるのか?:

« みかん | トップページ | 心温まる場面 »