ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« トコトコと | トップページ | 緊急事態発生!? »

2005年12月 6日 (火)

新人君

以前、「労働基準監督所が~」という話を書きましたが…。

思案を重ねた所長はその後に新規採用の決断をし、折込みの求人広告を
入れました。
そして二人を採用し、今月から新人がやって来ました。
と言っても、一人だけ…。
もう一人は来月からだそうです。

しかも来月から来る新人君は、大型車の経験も危険物取り扱いの経験も
無いそうです。
言ってみればまったくのド素人。

所長。
  彼が独り立ちする頃には、
    繁忙期、終わっちゃうんですけど…。

ま、それはさておき、今月からやって来たM林氏。

タンクローリーの乗務経験は5年、年は33才。

ニ日間同乗して作業を見ましたが、さすがに慣れたものです。
道路事情にも明るく、助手席に乗っているワタシは特にやることもありません。
ハッキリ言って、眠くなるだけです。

しかしスタンドに着いてから、年輩の店長とのやり取りで目が覚めました。

店長「え~と。レギュラー6klね?」
M林「うん。そう。」

 タ…、タ…、タメ口ですかーっ!? ( ̄□ ̄;)

ア、アナタ。アイテハ オキャクサン ナンデスカラ…。
しかも明らかに年上だし…。

いやー。驚きました。
そして悩みもしました。

彼はこれまでこのスタンスで同じ仕事をこなしてきているわけで、
運転事故や作業事故に結びつくとは思えないこの「応対の仕方」を、
果たして注意すべきなのか否なのか?
社会人になったばかりの人ならば注意もするのですが…。

「注意したら、今までの彼の経験そのものを注意することに
なってしまうのではないか?」
という気がして、結局は注意せずに終わらせてしまいました。

あれで良かったのだろうか…?

実は、荷卸しの作業を見ていても気になることがあったのです。
しかしどれも事故に結びつく物ではなく、ちょっとした事なのです。

1から教えるのなら一緒に教えてしまいたい事なのだけれども、
基本が完璧にできている人間に、わざわざうるさく言わなくても
良いと思われる事…。
どこまで言うべきなのか、正直なところワタシには判断しきれないのです。

「経験者を教育する難しさ」に悩みながら、この二日間が終わりました。
なんだかグッタリ…。

気付けばワタシも入社5年が過ぎようとしています。
後輩も、数えれば5人目。
少しずつですが、その教育に関わってきました。

そのたびに思うことは
「他人に教えると言う事は、自分の中でその内容を再確認する
チャンスでもある。」

ということです。

教えると言う事は、その内容を自分が勉強しなおす機会でもあると
思うわけです。

その有り難さを感じながら、来月からの新人君にも接するするように
心がけたいものです。

« トコトコと | トップページ | 緊急事態発生!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/7488830

この記事へのトラックバック一覧です: 新人君:

« トコトコと | トップページ | 緊急事態発生!? »