ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月28日 (火)

知人の女児、心臓移植に渡米。ご協力を

東京都多摩市の石榑(いしぐれ)さんが、

お子さんの心臓移植手術のための
        渡米費用支援を呼びかけています。

(詳細こちら)

どうか皆さん、ご協力をお願いします!!

今朝のニュースや新聞で取り上げられていますので、ご存知の方も
多いかも知れません。

ご存知ない方は、まずはこちらをご覧になってください。

実はこの石榑氏、ワタシにとって身近な方なのです。
平たく言うならば学生時代のサークルの先輩です。

その石榑氏のお子さんである愛(まな)ちゃんが心臓病に冒されていることが
わかり、心臓移植を受けなければ余命半年と宣告を受けました。

しかしこの渡米手術には、1億円以上の費用がかかるそうです。
はっきり言って、一般のサラリーマンには気の遠くなるような金額です。

海外での臓器移植には賛否両論あり、難しい問題だとは思います。
しかしワタシの身近なところで、それによって一つの命が助かるのであれば、
やはり少しでも力になれればと思ってしまいます。

どうかこの現実を身近なものと捉えていただき、返す返すも皆さんの
ご支援をお願いしたいのです!
どうか皆さん、よろしくお願い致します!!

わんたろう、オマエもか。

左サイドバーにいる、ペットのわんたろう。

久しぶりにかまってやったら、こともあろうに

   女 子 く れ ー !

と叫びやがった。

女子は「ジョシ」か「オナゴ」だ。

おいおい。いい加減にしなさいよ…。

このワタシに言うなって…。

祭りのあと

一日遅れですが、トリノ五輪が閉幕しましたね。

開幕時に、冬のオリンピックは今ひとつテンションが上がらないと書いた
ワタシですが、今回の冬季オリンピックはテンションが上がりました。
自分でも理由はわからないのですが、生涯で最も熱くなった冬季五輪でした。

メダルが一個という結果に不満を感じる人達も多いようですが、ワタシとしては
選手達の一所懸命な姿に元気を貰ったことだけで大満足です。

各分野で言われている事ですが、そもそもマスコミがメダルメダルと必要以上に
煽り立てていると思われ、その陰には視聴率を確保しなければならないという
テレビ局の事情があるわけです。
それはそれで仕方がないと思いますし、むしろそれに踊らされてしまう
我々が悪いとも思います。

しかしその一方で、各競技の協会の読みの甘も言われています。
聞いた話では、各協会がJOCに対して「この選手はメダル確実です」という理由で
推薦した選手もいたそうです。
ところがご存知のように「メダル確実」の選手達はことごとく不振。
予選を通る事すらできなかった選手もいました。

当然ながら、「メダル確実」の選手たちは全力で頑張ったわけです。
そんな選手たちを「結果が出せなかった」と責めるつもりはまったくありません。
むしろ傍観者のワタシ達が選手を責めるのは、あまりにもかわいそうだと
ワタシは思うわけです。

むしろ責められるのであれば、その選手にお墨付きを与えた協会だと思います。
失礼を承知で言わせてもらうならば、自信を持って送り出した選手が惨敗した
競技の協会は、今の自分達の立ち位置がわかっていなかったとしか思えません。
今回の結果を真摯に受け止め、バンクーバーに生かしてもらいたいものです。

とまあ、偉そうな事を言わせてもらいましたが。
実はワタシが一番責めたい相手は、自分自身であったりします。

冬季五輪は…、と思っていたワタシは当然ながら各選手どころか
競技そのもののこともよく知らずに今回のオリンピックを迎えました。
その結果マスコミからの情報を鵜呑みにするしかなく、自分で結果を
予想する事などできもしませんでした。

この点は反省すべき点であり、勉強していればもっと大会を楽しめたはず。
もったいなかった…。
あまりのもったいなさに、もったいないお化けが出そうな気がします。

ワタシもこの教訓を生かして、北京やバンクーバーに生かしたいと思います。

さあ!
選手もワタシも、次のオリンピックへの戦いはもう始まっています。
みんなで次の目標に向かって頑張りましょう!

2006年2月25日 (土)

NHKに物申す!

昨日は一日、女子フィギアの話題で持ちきりでしたね。
荒川選手、金メダル本当におめでとうございます!
そして村主・安藤の両選手もお疲れ様でした。
村主選手ファンのワタシとしては、彼女にもメダルをあげたかったです…。

昨日のワタシは乗務だったので、不本意ながらフィギアの中継はラジオで
聞くことになりました。
ちなみに中継をしていたのはNHK。

積み場に入る前に安藤選手の出番が終了。
一件目の配送先に向かう途中に再びダイヤルをNHKに合せると、
ちょうどコーエン選手が滑りだすところでした。

お。ナイスタイミング。

あまりのタイミングの良さに、我ながら驚きました。

そして荒川選手登場。
過剰な表現はなく淡々としたアナウンサーの言葉の中からも、荒川選手の
オーラと素晴らしい滑りが伝わってきました。

う~ん。さすがは国営放送のアナウンサー。

かなりの高得点が予想され、高まるメダル獲得への期待。
と同時に、ワタシの中では次に滑る村主選手への期待で胸が高鳴りました。

「まだ出ませんねぇ」
なかなか出ない荒川選手の得点。
なぜかアナウンサーの声からやや焦りが感じられました。
そう、この時の時刻はおそらく6時28分くらいだったと思います。

何を焦っているのかな…?
と思った瞬間、アナウンサーが信じられない発言を!

荒川選手の得点がまだ出ませんが…。
このあと6時30分からの10分間は、
              ラジオ体操をお送りします。

荒川選手の得点と村主選手の演技の模様は、ラジオ体操終了後に改めて…

へ…?マジですか?
得点もそうだけど、次は日本人選手ですよ?
しかも
メダルの可能性が充分ある、村主選手っスよ?

何かの間違いではと困惑していると、トリノからの音声は絞られ…。

♪チャッ チャッ チャラチャッ チャッチャッチャララッチャッチャ~…♪

とラジオ体操のオープニング曲が。
呆然とするワタシの耳に入るあまりにも爽やかな曲調が、
ワタシの怒りを爆発させました。

  ふざっ  けんっ  なーっっ!! (ノ`△´)ノ

車の中で絶叫しました。

あ!NHKの第二放送でやっているのか!?
と思ってチャンネルを合わせてみました。
が、やっていません。

み、民放は…??
FENまで聞いてみましたが……

  やってねーーーっっっ!! (T-T)

ワタシはワナワナと怒りに震える手でハンドルを握りしめながら思いました。

おうおうおう!NHKさんよ!!
国民の健康増進も大事だろうが、ちょっと時間ずらしたっていいじゃんか!
村主ちゃんだって、日の丸背負って行ってんだ!
それくらいのこと、してやったらどうでぃ!!

いやね。あんまりですよ。
村主選手ファンという立場を離れて考えても、やはりあれはないと思います。

そもそもラジオ体操を心待ちにしている人達は、始まる時間の少し前から
ラジオの前で待っているという人がほとんどだと思うのです。
ワタシの父親もそうですしね。

そう考えると、昨日のあの時間にラジオ体操をした人達は、フィギア中継を
少なからず聞いていたはずですから

ラジオ体操は、村主選手の演技が終わってから放送いたします

と一言添えればOKだったと思うわけです。

更に言えば…
「荒川選手何点?しかも次はメダルの可能性もある村主選手だよ。」
などと思いながら体操やったって、身にならないでしょうに…。

まあそんなわけで、ワタシはこのオリンピックで一番楽しみにしていた
村主選手のフリーの演技を「見る」どころか「聞く」ことさえもできませんでした。
もちろん録画はしておいたので帰宅後に見ましたが、結果を知ってから
見るのでは感動は少なくなってしまうわけです。

とは言え…。
やはり彼女の「訴える力」は素晴らしい物があり、昨日の舞台で余すことなく
それを表現できていたのではないかと思います。

個人的には、村主選手のフリーの採点には納得がいきません。
今ひとつ点数が伸びなかった要因には「荒川選手の見事な滑りの後という事で、
相対的に見劣りしてしまったということもあるのかなぁ」などと思いました。

しかしそれはそれ。
結果は結果として受け止めるしかありませんね…。

とにかく、皆さんお疲れ様でした。
本当に楽しませていただきました。ありがとうございました。
帰国後は、まずはゆっくり休んで下さい。

と言っても、マスコミがそうさせてはくれないでしょうが…。

2006年2月23日 (木)

本日、一周年

本日…

関口由紀さん、メジャーデビューから一周年です。

おめでとうございます!

残念ながら曲のヒットはありませんでしたが、コツコツとインストアライブを重ね、
ラジオのレギュラーを持ち、そして今秋の映画の主題歌を…。

着実に階段を上っています。

二年目も更なる飛躍を目指して頑張って欲しいと思います。

ワタシも地道に応援を続けていきます。
と言っても、何もできませんけど…。

2006年2月22日 (水)

荒川・村主・安藤の順か…。

女子フィギアのショートプログラムが終わりましたね。
日本の三選手、みんな頑張りました!
安藤選手はやはり緊張してしまったのか八位。
荒川選手は日本の女王の貫禄を見せつけて三位。
そして、三人の中でのワタシの一押し選手である村主選手は四位です!
この調子で力を出し切って、悔いのない大会にしてもらいたいものです。
本日乗務のワタシは、残念ながらラジオニュースで結果を聞くだけになってしまいました。
きっと村主選手は今日もあの切なげな表情で、美しく華麗に氷上を舞ったのでしょう。
見たかったなぁ…。リアルタイムで。
さて昨日、漫画家の弘兼憲史氏がラジオで気になることを言っていました。
「村主さんが滑る時に見せる恍惚の表情を『たまらない』と思うのは、オジサンがほとんど。若い人達は安藤さんの笑顔の方がいいらしい。」
そ、そうなの…?
ワタクシ モウ タマラナイト オモウンデスケド。(-。-;)
ふん。どーせワタシはオジサンさ。
若者達よ。安藤選手がそうだとは言わないけれど、女性の笑顔には裏があるかもしれませんぞ。
気をつけたまえ!
なんてね。

2006年2月18日 (土)

腹筋マシン

腹回りの肉がどうにも気になりだした今日この頃。
この状況を打開しようと思い、腹筋マシン(?)を買ってみました!!
はい。ネット通販で3980円です。

家に置いておくとそのままホコリを被りそうな予感がしたので、
届先を会社に指定。
事務所の中で使う事にしました。

一昨日到着したので、さっそく組み立てました。
傾斜角度を8段階に設定できるのですが、まずはもっとも緩い角度に設定。

20060218062100  

 
これが完成図です。

 

 

さて、これを見た所長とワタシの会話。

所長 「こんな角度じゃ、ぜんぜん効かねえだろ?」
ワタシ「そ、そうっスかね?」

50回はできるんじゃねえの?
まじっスか?30回が良いトコじゃないかと…。

ンナこたぁねえだろ?やってみいよ、試しに。
ですかね。じゃあ…。

ということで、マシンの上に横たわりました。

…。結構な傾斜かも…。

5回…。ん。意外と余裕かな?
10回…。あ。やっぱり結構キツイかも…。
15回……。こ、これは…。
…20回…。スミマセン!
     これくらいでカンベンして下さい 。 (T-T)

一応、23回でやめておきました。
いや。やればもう少しできましたが、無理はいけません。ムリは…。

情けね~な~。

と所長が言ったのを、ワタシは聞き逃しませんでした。

ほっほ~。
んじゃ、やってもらいましょうか。所長! ( ̄‥ ̄)=3

おうよ。
と横になる所長。

ワタシは横で数えることに。

ハイ。
イ~チ。ニ~イ…。サ~ン……。
ん…?どうしました?所長

…………。
おい。これ、
角度もっと緩くなんねえのか?。

わーっはっはっはー!!
だから言ったじゃないっスか!!! Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

いやねえ。
ホントに見た目以上にきついんです。この角度。
ま、我々の腹筋がナマっていることもあるんでしょうけどね。

「どうせ続かないだろう」と思っているアナタ!
ワタシをナメてはいけません。

他人に厳しく自分に甘いワタシではありますが、自分で決めた事は
コツコツ続けるタイプなのです。

腕立て伏せも2年以上毎日のようにやっていますし、手書きの日記は
毎日書き続けてもう16年目!
まあ日記にはたいしたことは書いていませんが、継続する事が大切ですよね?

ちなみに三日目の今日。
たいそうな筋肉痛ですが、さきほど25回をこなしました。

そんなわけで。
軽くヤバイワタシの腰回りは、今年の夏頃には引き締まっている予定です。
あの。あくまでも予定ですから…。

2006年2月17日 (金)

女子団体追い抜き

チーム・パシュートと言うらしい。

恥ずかしながら、今回のオリンピックで初めてこの種目を知りました。
よって詳しいルールも知りませんし、選手の名前すら知りませんでした。

そんなワタシが今日の結果についてどうこう言う資格があるとは思えません。
ましてや、今日の大津選手が転倒してしまった本当の原因もわかりません。

それでもあえて言います。
おそらくは精神面の弱さからきた転倒ではないでしょうか?。

今日転倒してしまった大津選手だけではなく、今回の日本選手団全体に
ワタシは心の弱さを感じてしまうのです。

世界選手権で好成績を残している人や好記録を持っている人が結果を
残せないというのは、やはりオリンピック独特の雰囲気に呑まれてしまって
いるのではないかと思うわけです。

例えば今日の転倒を考えると…。

スタートはロシアよりも良くて前を滑っていたわけですが、一周ずつジリジリと
確実に差を詰められるという中でプレッシャーを感じる。
まだメダルの無い日本選手団。
選手の中には「これに勝てば今回初のメダル」という使命感もあったと思います。
そんな状況で精神状態は極限に達し、いつもは考えなくてもできている
当たり前の動きが、自分でも気付かないうちにできなくなってしまう…。
ましてや今回は団体競技。
「自分がミスをしたら、みんなに迷惑が…」という思いもあっただろうと思います。

普段は個人の競技をメインとしている選手が団体種目に出る。
これは案外、心中穏やかでいられないものです。

オリンピックに出場する超一流選手とワタシなんぞを並べて考えるのは、
甚だ失礼でナンセンスだという事を承知で言わせてもらうならば…。

ワタシは中学時代に陸上部で長距離をやっていました。
普段の大会は当然ながら自分の成績と記録とを意識しているわけですが、
秋になると千葉県の東葛飾エリアの中学校が競い合う、東葛駅伝という
ものがありました。

当時の出場校は61校。
全10区間を選手が通過中、道路は全面通行止め。
選手の脇には自転車で顧問が伴走として走り、白バイ二台が先導するという
本格的なものです。

ワタシの居たA孫子中学校には、全国大会3000mで表彰台に立った仲間や
県大会で常に表彰台に上る仲間が何人かいました。
チーム全体のレベルも高く、ワタシの中学は優勝候補の一角として上げられ、
練習にも力が入ったものです。

そしてワタシは代表10人の中の9番目(9区ではなく)の選手として出場。
とにかく嬉しかったのを覚えています。

当日、4区のワタシは2位でタスキを受け取り

   前を走るK早中を抜けば先頭だ

などと思いつつ走り出しましたが、心の片隅には
オレがコケたらみんなに迷惑が…という思いがありました。

そしてそれが現実に。

   結 果 は 大 ブ レ ー キ 。

普段どおりに走り出したつもりだったのですが、前半は知らず知らずのうちに
オーバーペース。
後半は背後にヒタヒタと迫るH山中に気ばかりが焦り、走りのリズムはバラバラ。
結局は、後ろと差の無い三位でタスキを渡しました。
この時のワタシの結果の原因は、間違いなく団体戦というプレッシャー。

同じ気持ちだった(と本人が言っていた)10番目の選手もブレーキを起し、
最終的には総合三位。
みんなはこれで充分と言ってくれましたが、しばらくは仲間に申し訳ない気分で
登校するのも憂鬱でした。

話は少しズレてしまいましたが…。
今日の大津選手には、あの日のワタシと同じ部分があったのかもしれないと
思ったりしたわけです。
そんなわけで、ワタシはまったく彼女を責めるつもりはありませんし、
むしろ本当に気の毒に思い同情します。

   一番辛いのは、本人なんですから…。

今回の女子チーム・パシュートは惜しい結果に終わりましたが、
転倒した大津選手はまだまだ若いです。
これを踏み台として、また次のオリンピックで活躍して欲しいですね。

。。。。。。。。。。。

と言っている間に、男子フィギアの高橋選手の結果が出ました。
八位。
4回転は失敗してしまいましたが、最後までよく頑張っていました!

高橋選手には、織田信成氏と男子フィギアを引っ張っていてもらいたいですね。

2006年2月16日 (木)

頂いたコメントに対するお知らせ

せっかく寄せたコメントに対し、なんの反応もしないのは失礼だ!
と憤っていた方がいたとしたら、今まで大変失礼致しておりました。

本日より、寄せてもらったコメントに対してはお返事をさせて頂く事に致しました!

方法としては右ツールバーのコメント欄にワタシの名前(にゃん太郎)
投稿いたします。

基本的に、「最近のコメント」内で記事ごとにお返事をさせていただくつもりです。
あなた様がコメントを寄せてくれた記事タイトルに対し、
ワタシの名前でのコメントがありましたらクリックして下さい。
ご覧頂くことができます。

コメントを頂くと励みになります。
遠慮なさらずに

   バンバン書き込みをしてください!

それでは、今後ともよろしくお願いします!

鈴木純子さん

失礼ながらどこにでも居そうな、ありふれた名前です。

「ん?私の友達のこと?」と思われた方もいるかもしれませんが、
今日お話するのは、ラジオ・文化放送の女子アナである鈴木純子さんです。

文化放送の女子アナというと、水谷加奈さんと藤木千穂さんの
二枚看板のイメージがあります。

しかし、ワタシが一番好きなのは鈴木アナ。
ワタシと同い年である上に出身地も近いという事での親近感もありますが、
お気に入りなのは彼女が醸し出す雰囲気です。
キャラクター的にはポワワン系。
聴いている人を和ませるようなパワーを感じます。

その秘密は彼女の声にあるのかも知れません。
なんとも心地よい響きを持っていて
  

   それはあたかも
       
しっとりとしたベルベットのような…。

そんな声なのです。

さて。
そんな鈴木純子アナの名を、先日思わぬところで目にしてビックリしました。

そこは薬局でした。
処方箋を提出して名前を呼ばれるのを待っていると、どこで目に入ったのか
脳裏に「鈴木純子」の活字が。

ん?こんな所に彼女の名が?どこに?

と見回すと、長イスの脇にそれはありました。

「ご自由にお取り下さい」のカゴの中に数冊の本が。
それは彼女が担当する番組、健康ワンポイントチェックを本にした物でした。

番組と言っても文化放送の吉田照美のやる気MANMANの中の1コーナー。
おそらくは1分間の放送だと思います。
短い時間で「こんな症状は危険信号」「この病気の予防はこんな感じで」
というように、リスナーにアドバイスをしてくれるという内容。

なるほど、これを本にして出せば役に立つはずです。
ワタシは思わず手に取りました。

無料とは言えこんな本を手にするなんて、年とったなあ

という心の声を

違うよ! オレは彼女のファンだからさ!! (^▽^;)

という、もう一つの心の声で必死にかき消しながら…。

ちなみに鈴木純子さんは、ワタシが愛聴している走れ歌謡曲
同局のことば寺子屋等を担当しています。
また、文化放送のHP上ではコラムも書いており、取材時に感じた事や
日常の出来事を彼女独特の視点で書き綴っています。

決して派手な仕事は担当しない鈴木アナですが、これからも応援して
いきたいと思います。

応援運活動(?)の一環で、
左サイドバーのお気に入りに彼女のコラムへのリンクを作りました。
よろしかったら覗いてみてください。

え~。
これは余談ですが…。
ちょうど一年くらい前のこと。
彼女が担当する遊々ミュージックに関口由紀さんがゲストで登場しました。
あの放送はワタシにとって、これ以上無い至福の放送だったなぁ…。

 

20060215174513 これがその本。

本文中の同番組名をクリックすると

本と同内容のものを

読む事ができます。

2006年2月15日 (水)

岡崎朋美選手 5/100秒差って…

トリノオリンピック。
なかなかメダルを取れませんねぇ。
もちろん「メダル」という結果だけを見るのは良くないと分かっていますし、
一人一人の選手みんなが頑張っているとも思います。
しかし、アテネの時のメダルラッシュのイメージがあまりにも強いもので…。

そんなわけで(どんなわけだ?)、今日のスピードスケート500mの岡崎朋美選手

ワタシは二回目の滑りを通勤中の車のラジオで聞いていたのですが、
力が入りました。

   頑 張 れ !  岡 崎 ~ ! !

と一人で絶叫。

あまりにもラジオに集中していた為に、危うく赤信号を見落とすところでした。

結果は皆さんご存知の通り、三位の選手とわずか100分の5秒差で四位。
残念というか、悔しいというか、やるせないというか…。

そもそも100分の5秒って、距離にしてどれくらいよ?

岡崎選手の合計タイムは、たしか1分16秒92。
分かりやすくするために、1分17秒で考えてみましょう。

1000mを1分17秒で割ると12.987。
1秒間で12.987m進むわけです。
さらに12.987mに5/100秒を掛けてみると…
0.649m。

つまり…

   64.9cm差!! w( ̄Д ̄;)w

ただしこれは実際のタイムよりも100分の8秒遅いタイムで
計算していますから、実際はもう少し差が開いていると考えられます。
(いいんですよね?それで…。)

とまあ、秒数にすればわずかな差ですが、距離にすれば約65cm。
実際に65cm差でゴールすれば、明らかに差が付いて見えると思われます。
もっともこれは二本の合計タイムで考えていますから、一本で考えれば
もっと距離は縮まりますが。
これを「惜敗」と見るか「完敗」と見るかは、評価の分かれるところかも
しれませんね。

ワタシ個人としては、彼女は本当に素晴らしいと思います。
限界説が囁かれる中、4大会連続の五輪出場。
並大抵の精神力ではこんな事はできません。
同世代としては本当に頭が下がりますし、尊敬します。

さて、返す返すも結果は残念です。
が、レース後の岡崎選手の笑顔は実に清々しいものでした。
嬉しそうというよりも、満ち足りた表情。
インタビューでは「ちょっと悔いが残りましたね」とは言っていましたが、
心の中では「今の自分の力はすべて出し切れた」と思えているのでは
ないでしょうか?

競技内容の厳しさと彼女の年齢を考えれば、おそらくこれが最後のオリンピック。
そんな節目の大舞台で完全燃焼し切れたのだとすれば素晴らしいし、羨ましい。

凡人のワタシは考えてしまいました。
自分の人生の中で、あんな良い表情を何回できるんだろう?
と。

わかってます。
ギリギリまで努力してきたからこそ、あんなに素敵な顔になれるのです。
そういった意味では、すべてを出し切れた人にだけ与えられる
最高のご褒美なのかもしれません。

これからも岡崎選手には現役選手の最前線で頑張ってもらいたいですが、
それ以上に彼女を超える若い選手が育って欲しいものですね。

さあ、まだまだオリンピックは続きます。

ここはひとつ誰かにいてつく波動を放ってもらい、バイキルトベホマズン
かけてもらいたいものです。

   がんばれ! 勇者・日本選手団!

2006年2月14日 (火)

ややや?春なのか?

たった今、近所のイトーヨーカドーに行ってきました。

目的は、関口由紀さんの新曲「月に叢雲 花に風」の予約
昼食でした。

驚いた事が二つ!

①あったけ~!!春なのか!?
②なんだ?あの女性だけの黒山の人だかりは?

ま、①については説明の必要はないでしょう。
あまりの暖かさに驚いたわけです。
掘っ建て小屋の我が社の事務所より、外のほうが暖かい。
なんだかちょっとショック…。

②は…。
結論から言うならば、チョコレート売り場ですな。
そう。世間はバレンタイン。
男ばかりの職場にいると、そんなことにも気付かないわけです。

ここでちょっと面白かったのは、人だかりのメンバー構成。

ワタシが見たところ、30才~40才の奥様ばかり。
おそらくは

旦那にあげないわけにはいかないか。
       そろそろ値下げしたかしら?売れ残り。

てな感じでしょう。
ついでに夕食の買出しもできますしね…。

しかし、バレンタイン・デーというものを意識しなくなったのは
いつ頃からかなぁ?

これでも中学時代はモテモテで、学校帰りに待ち伏せされて色々と
渡されたりしたものです。
ワタシも。

その頃は
女子は渡す相手を選べるから良いけど、男子はもらった相手に返さないわけに
いかないから不公平だよ。
そもそもオレ、チョコはあんまり好きじゃないし

などと思っていました。
ああ…。なんとバチ当りな。

へ?今ですか?

くれる方がいるなら、どんどん貰っちゃいますよ~。もちろん。
ま。いればの話ですけどね。いればの…。

ヤツらの足音が聞こえる

真っ赤になってきましたねぇ、スギ君達が。

あんたら、そんなにムキになるなよと言いたい気分です。

おかげさまで今年はまだ花粉症の症状がほとんど出ていませんが、
もう時間の問題のようです。

先週末から、朝起きてすぐのクシャミ(モーニングアタックというらしい)が
本格的に始まりました。
ザッと10連発といったところでしょうか。
ワタシにとって、これが花粉の到来を知らせるサインなのです。

こうなるともう、着実に症状が悪化していくわけです。
おそらくは今月中に鼻呼吸はできなくなるでしょう。

しかしながら今年は予報どおり花粉が少ないようです。

例年ならば一月半ばを過ぎればモーニングアタックが始まり、
今頃の時期にはもう苦しくて眠れないという日々が始まっているのです。
それを思えば、楽は楽なのですが…。

今日はフェーン現象で、気温が上がるらしい。
そろそろ本気を出しちゃうんだろうなぁ。スギ君達は…。

カシミアティッシュか保湿ティッシュを準備しないとなぁ。 (;-_-) =3 フゥ

2006年2月13日 (月)

タンクローリーの仕事

今日は「タンクローリーの仕事ってどんな感じよ?」と思っている人の
ために、その内容を書かせていただきます。

これから書くのは「マーク車」と呼ばれるガソリンスタンド回りがメインになる
車の仕事内容についてで、ケミカルのローリーの場合は内容が異なります。
予めご了承ください。
また、あくまでも一例として参考にする程度にしてください。
元売(メーカー)や運送会社によって、当然違いはありますので。

さて…。

1.必要な資格
・大型自動車免許
・けん引免許

  近年ではトレーラーでの配送がメインになっていますので、
  現実的にはけん引免許を持っていないと就職は難しいと思われます。
  けん引免許は免許センターで受験して取得する方法と、教習所で取得する
  方法があります。
  ただし、けん引の教習を行っている教習所はあまり多くありません。
  よく調べてみてください。
・危険物取扱者 乙種4類
  各都道府県により試験日が違いますのでこちらで確認してください。
  ほとんどの県では、年に数回しか試験がありません。
  ただし、在住の都道府県以外でも試験を受けることができます
  特に東京都はほぼ毎週のように試験を行っていますので、
  近隣にお住まいの方は利用すると良いかもしれません。

  上記の三つの資格を有していれば、タンクローリーに乗る事ができます。

2.仕事の内容
 ・マーク車の場合はガソリンスタンドへの配送がメインになります。
  その他にも工場や運送会社などにも配送に行きます。
 ・「積み場で積み込みをして、配送先で荷下ろしをする」ということを
  1日に2回~4回繰り返します。
  1回の積み込みで必ずしも1件の配送先に行くわけではなく、
  2件・3件になることもあります。

3.出勤時間
  出勤の時間は、一件目の配送先が何時から下ろせるのかで決まります。
  ですから毎日同じ時間に出勤というわけではありません。
  一般的には、朝一番の積み場のラッシュは4時~5時半くらいです。
  車庫から積み場までの距離によっても出勤時間は変わるでしょうが、
  当社の場合は、4時に車庫を出て行く人が多いです。

4.退社時間
  通常は17時~19時くらいの間に車庫に戻ってきます。
  しかし、仕事の内容やその日の道路の状況により大きく違ってきます。
  また季節にも大きく左右されます。
  ヒマな春先などは16時前に終わる事もありますが、忙しい冬場は
  20時を回るような日が続く事もあります。

  ※24時間稼働の車を交代勤務で乗る場合は一人10時間程度の
    拘束時間になります。

5.休み
  交代制です。
  日祭日も仕事があります。
  それどころか、盆暮れ正月も仕事です。
  「後でまとめて休み取れるんでしょ?」とよく言われますが、
  どこの会社もギリギリの人数で仕事をしているので、そういったことは
  一切無理と思ったほうが良いかもしれません。

6.給与体系
  基本給と運賃分のバック、それに残業が加えられる形がほとんどです。
  担当車制ではなく、一週間ごとに車を乗り変わらせることで
  営業所内で極端な給与格差が出ないようにしている会社が大多数です。
  我が社だけでなく、他社の人の話などと総合して推測するに、
  年収で450万~500万が一般的のようです。
  昇給は一般的には無く、運賃が上がれば給料も上がります。
  (運賃が上がる事は、現実的には期待できません)

概要は、こんなものでしょうか…。

ついでなので、積み込みと荷下ろしにについても。

7.積み込み
  普通は積み込みは「上積み」という形になります。
  タンクローリーのタンクは通常5個~8個のマス(ハッチ)に分かれています。
  各マスの上にフタが付いていて、そこに積み場のアームを差し込んで
  積み込みます。
  最近では「どのマスに何をどれだけ積むか」を積み場のコンピューターに
  記憶させてから作業に入るので、積み込む油種や数量を間違う事は
  99.9%ありません。

8.荷下ろし
  荷下ろしは、先方のタンクとローリーのタンクをホースで繋いでコックを
  開けるだけです。
  最近ではローリーのハイテク化が進んでいて、積み込み時に
  「どのマスに何を積んだか」を車載の機械に記憶させておきます。
  荷下ろし時にはスタンド側にある油種認識キーを接続する事で
  混油事故を防止します。
  スタンド側の油種と下ろそうとしているマスの油種が一致しないと
  各マスに付いているバルブが開かないようになっているので、
  こちらも99.9%、混油事故が起きる事はありません。

  ただし、同一の油種を複数のタンクに分納する場合注意が必要です。
  数量の振り分けは自分の手で各マスのバルブ操作をする事によって
  行いますので、自分が勘違いをすると油が溢れます。

。。。。。。。。。。。。

とまあ、こんな感じですかね。

あとは、ワタシが思うことを言わせてもらうならば…

・総合的に考えて、あんまり給料は良くないと思う。
 (運送業界内では悪いほうではないと思う)
・生活時間帯が普通の人と違うので、家庭のある人は大変かも。
・手積み手下ろしなど力仕事が無いので、女性も大丈夫そう。

というところでしょうか?

この仕事の手がかりを得たくてココに辿り着いた方。
少しは参考になったでしょうか?
だとすれば良いのですが…。

a  

荷下ろし先タンクとホースの接続部

 

 

  

b

 

ローリー側とホースの接続部

 

  

 

c
こんな感じで荷下ろしです

2006年2月11日 (土)

開幕!トリノ五輪

始まりましたね。トリノオリンピック。

皆さん、開会式はご覧になりましたか?

ワタシは会社で見ました。
と言っても、前半は同僚の点呼を取ったりしながらだったので、チラチラと
見る程度。

それでもなんとか日本選手団の入場くらいは見てやろう思っていましたが…

パチンコの話で
  同僚と盛り上がっていて
      見逃してしまいました。 ( ̄Д ̄;)ガーン

                           ナ、ナニヲ ヤッテイルンダ。ワタシハ…。

なんとか聖火の点灯くらいは見てやろうと待ちに待ち、
ようやく聖火台に火が灯ったのは、開会式開始から2時間35分後。

ちょっと長すぎんじゃないの?
            聖火点灯までの時間…。

と思った人も多かったのではないでしょうか?
昨日の延長のまま寝ないで見ていた人には「長い待ち時間」だったことでしょう。

さて。
アテネ五輪の時もそうでしたが、これくらいの時差の場所でビッグイベントが
開催されると一般の人は見るのが大変ですよね。
その点ワタシは大丈夫。
起床した頃にメインの競技が始まり、内勤ならばそのままテレビに
貼り付けるわけです。

しかし今回はどうかなぁ…?
そもそも個人的に、冬季オリンピックは今ひとつテンションが
上がらないのです。
おそらくはワタシ自信が氷上や雪上のスポーツに馴染みが無いというのが
最大の原因だと思います。

それでも世間で話題の「女子フィギア」くらいは見たいと思ているのですが、
残念ながらその週は乗務なので無理そうです。

今回ワタシが最も応援しているのは村主章枝選手。
豪快なジャンプを見せる安藤選手やダイナミックな感じがする荒川選手よりも、
繊細な演技派である村主選手が好きなのです。
ワタシは。

氷上で見せるあの切なそうな表情に、オジサンは胸ときめかせて
しまうわけです。

頑張って欲しいなぁ。村主選手。

2006年2月10日 (金)

加護ちゃんの喫煙問題に思う

加護亜依さん、喫煙中の写真を撮られましたね。
彼女、もう18歳なんですね。驚きました。

18歳といえば、もう立派な大人です。
物事の分別は自分でつけないと…。

でも、気持ちはわからないでもないんです。
世の大人達はみんな思うことでしょうが、背伸びをしたい年頃なわけですよ。
ちょうどあの頃は。
ちょっと前に問題になったNEWSのメンバーの飲酒や、ダルビッシュの喫煙も
そうでしょう。

おそらくは加護ちゃんも、タバコを吸わないといられない体なわけではなく、
カッコつけて吸ってみたいだけに違いないでしょう。

そして思うわけです

「私も大人になったわ」 ( ^o^)y~~~

なんてね。

ワタシもそうでしたしね。

しかしまあ、報道されてしまえば罪は罪。
謹慎処分は仕方ないでしょうね。

誰もが思っていることかもしれませんが、
タバコ吸うのはかまわないけど、見えない所で吸いなさいよ。
一時期は「国民的アイドル」とまで言われたグループのメンバーなんだからさ。

さっき出勤前に雑誌の写真をチラ見してきましたが、
隣りにオッサンが座ってました。
ワタシはそのことに驚きました。
どこのオッサンだか知りませんが、あんた何やってんのよ?と言いたいです。

周りの大人が、ちゃんと教育してあげないと。
極端な言い方をすれば
「タバコも酒もまだやっちゃダメだ。でもどうしてもやりたいなら、
自宅などの絶対に人目につかない場所でやりなさい」

という教え方で良いと思うんです。ワタシは。

ともあれさっきも言ったように、18歳といえばもう大人。
自分が芸能人だという自覚と、年相応の判断力があれば
自分でそれくらいは気付くはずだとも思いますし、気付かなければいけないと
思います。

さらに厳しい言い方をさせてもらえば、自分が不祥事を起す事で
どれだけ大勢の人に迷惑がかかるのかということが、
まったく分かっていなかったとしか思えません。

彼女が天狗になっていたかどうかは知りませんが、今回の事件をきっかけに
自分を取り巻く人達の存在を再認識してもらいたいものです。
仕事は自分一人の力でできるものではありません。
ましてや自分一人の力で生きているわけでもないのです。

かく言うワタシも今は偉そうな事をぬかしていますが、今まで本当に多くの
人達に迷惑をかけてきました。
そして今述べたようなことに気付いたのでした。

今回の事件で、加護ちゃんも少しはそのことに気付いてくれれば
良いのですが…。

ま、とにかく…。
ここはひとつ真摯に反省し、また元気な姿を見せて欲しいものです。

最後に。
加護ちゃんとセットだった辻ちゃんの今後は大丈夫でしょうか?

ワタシは特に彼女のファンというわけではありませんが、ちょっと心配です…。

「月に叢雲 花に風」 キャッチコピー大募集!

先週聴き逃した関口由紀さんのラジオ「ズタボロ☆パンチ」。
新企画は

新曲「月に叢雲 花に風」のキャッチコピー大募集!

に決まっていました。
(鬼玉マル決風に言うなら『関口由紀さんの3月22日発売の新曲、
 月に叢雲 花に風の素敵なキャッチコピーを考えよう』
といったところでしょうか)

彼女のHP上で先週から告知されていましたので知ってはいたのですが、
皆様へのご案内が遅くなりました。
申し訳ございません。

要領は
①一週間に寄せられたコピーの中から、
               由紀さんの琴線に触れた優秀作品を一つ選出
②締め切り最終週に、各週優秀作品の中から最優秀作品を選出

あれ…?
締め切りの週はいつだったかな…?
スミマセン。
いま会社なので、帰宅しだい確認してから文末に追記いたします。

さてこの企画、残念ながらワタシは参加できないかも…。
と言うのも、ワタシは幼い頃からキャッチコピーやスローガンなどを
考える事が大の苦手なのです。

我が小学校・中学校での体育祭や文化祭では、全校生徒から寄せられた
スローガンの最優秀作がデカデカと校舎の外壁などに掲げられたものです。

ワタシはいつもデキがヒドイのではなくて、スローガンそのものが
まったく思い浮かばないという体たらく…。
友人達が作り出した作品を目の当たりにし、「よくこういうの、思いつくなぁ」と
いつも彼らに尊敬の念を抱くばかり。
「ああいうのは、センスだからなあ」などと、自分を慰めてみたりしていました。

しかし…。
今回は他でもない由紀さんの企画。
なんとか頑張って、一つくらいは応募してみようかなぁ…。
何事も、チャレ~ンジ!
ってか?

と思ってはいるものの、どうなることやら…。

..........................................................................

追記:今週の放送では、応募期間は「2月から3月にかけて」という表現でした。
    つまりは今月一杯と言うことですかね?
    発売は来月のわけですから…。

2006年2月 8日 (水)

あ~ たまげたな~

まずはご説明を。

ガソリンスタンドは油を下ろすタンクが地下にあるので、
ホースをつないでコックを開けば勝手に油が下りていきます。

しかし工場の場合、地面の上にタンクがスックと立っている
地上タンクのことがほとんどです。
地上タンクの場合はコックを開いただけでは油は下りていきませんので、
ローリーに付いているポンプで油を押し込むように下ろします。

ポンプ作業時はホース内に強い圧力がかかるので、ホースの接続部から
油漏れが無いように特に強く接続部を締めるようにします。
ええ、昨日も締めたんですよ。キツ~クね。。。
。。。。。。。

時間は遡って、昨日の某工場での荷下ろし作業開始時…。

え~っと。まずはタンク側にホースを繋いで、と。
ジョイントをキツク締めないとな。ポンプかけるから。

   う り ゃ ~ ! !  ( `□´)9

も、もう回らん…。これだけ締めりゃぁOKだろ。

さて、ローリー側もホースを繋いでと。
ホース接続、よ~し!!
よっしゃ。底弁バルブ開けよう。
(これを開けるとローリータンク内の油がローリーの配管内に流れ、
                             手元のコックの所まで来ます)
完璧だ!

さて。ポンプをかける前に一度コックを開いて、接続部分から
漏れがないか確認しないとな…。
コック開栓!

すると、背後からシューッというエアの抜ける音が…。
(この音が聞こえると、たいていは良からぬ事が起こります)

………。
ん? シューッ?? 

振り返ると、音の出所は明らかに工場側のタンクとホースの接続部。
イヤな予感が…。
と思った瞬間

   ぅ あ゛ ! !   Σ( ̄□ ̄||||

漏れました。
と言うより、噴き出しました!!
しかも四方八方に。
(水道管などの繋ぎ目から水が噴き出す様子を想像してください。
                                 まさにそんな状況です)

慌ててコックを閉めましたが、噴き出しは収まってもタラタラと
漏れは続いています。
急いでウェスを接続部に巻き、なんとか下に垂れるのは食い止めました。

あちゃ~…。
明け方までの雨のせいで、こぼれた下は四畳半はあろうかという水たまり。
しかも水深ありそうだし。
こぼした量自体は牛乳瓶一本分もないのでしょうが、水に浮いた灯油が
いかにもこぼしましたと言っています。

しか~し!!
我々はこんな時のために、中和剤を持って歩いているのでした!

   これはママレモン出動だ!!

(解説せねばなるまい。ママレモンとは中和剤の通称であり、
           実際は同名商品よりも格段に強力な洗剤のような物である)

ピュピュッ!

いくらか目立たなくなったな。
でも、もっとだな…。

ピュ! ピュピュ!! ピュピュピュ~!!

ダメだ…。これくらいが限界か?
かなり目立たなくはなったけど…。

ん??
いかん。ま、まき過ぎたか?
泡立っちゃってるじゃん!! ( ̄□ ̄;)

と、とりあえず荷下ろしをしないとな…。

その後はホースを繋ぎなおして、無事荷下ろしを終了。
検証の結果、ジョイント内のパッキンの劣化が漏れの原因でした。

ここで最後に問題が。

油をこぼしたことが後からお客さんにバレると面倒です。
普通こういう時は
ちょっとこぼしちゃいましたけど、拭いておきましたんで
と、報告します。

しかし、今回は拭き取ろうとするならば、水溜りごと
拭き取らなければならなくなります。
それはあまりにも大変ですし、事実上無理と言えます。

考えに考えた末、ワタシがお客さんに言った最後の言葉は

地面に滲みてた油が昨日の雨で浮き上がっていたので
中和剤をかけときました~。
ちょっと多くかけすぎて、泡立っちゃいましたけど(笑)。←妙に乾いた笑い

ええ、わかってます。
ワタシは極悪人です…。

そんなことは露も知らないお客さんは、ワタシにこう言ってくれました。

いや~、運転手さん。
そんなことまでしてもらって申し訳ないね~!(笑)←満面の笑み

………。
ちょっと、心が痛みました…。

 
 

20060207140547 このコが今回問題になった

ジョイント君です。

写真下側の部分から

噴出しました。

「白夜行」 不思議な感じ

世間様から置いていかれないように、毎シーズンどれかひとつは
連続ドラマを見ようと決めているワタシが今回選んだドラマ。

    白  夜  行

選んだ理由は簡単。ミーハーチックに綾瀬はるかさんが好きだから。

さて。
私はこのドラマを見終わると、いつも言いようのない気分になります。

後味が悪いと言うか、嫌な気分になると言うか、暗い気分になると言うか…。
しかし、それでいて続きがものすごーく気になります。
そして翌週も見てしまい、また同じ気持ちになるという…。

なんなんだろうな?あの感じは?

親殺しの子供達が罪に罪を重ねていくという悪循環が許せないのかな?
重ねていく犯罪の内容が生々しいのかな?
色々考えてみても、自分でもその理由がわかりません。

おそらくこの繰り返しで、最終回まで見続けるのでしょう。

とにかく見ているとイヤな気分になるわけですから、
ワタシにとっては「良いドラマ」ではないことはハッキリしています。
でも見ちゃうんだよな~。これが…。

ああ…。
考えれば考えるほど、我ながらワケがわからん…。 (´~`ヾ)ポリポリッ

あ。
山田孝之氏、胸毛生えてましたね…。

2006年2月 3日 (金)

エヴァ 再起動

ワタシのささやかな楽しみに、パチンコがあります。
ワタシは色々な機種(種類)を楽しむよりも、気に入った機種をやりこむタイプ。

一昨年の冬に馴染みのパチンコ屋「ニューフラミンゴ」に
CR新世紀エヴァンゲリオンが導入されて依頼、ワタシは他機種を打っていません。

最近では「パチンコに行く」のではなく「エヴァを打ちに行く」と言っても
言い過ぎではないほどこの機種に惚れこんでいます。

しかし、パチンコ屋に台の入れ替えはつきもの。

最近では
「そろそろなくなっちゃうのかなあ?
エヴァがなくなったら、パチンコやめるかなあ」
などと思っていました。

しかーし!!
ワタシはたった今、知ってしまいました。

CR新世紀エヴァンゲリオン セカンドインパクト

が登場する事を!!

これは名前でわかる通り、現在ワタシが打っている物の後継機種。

エヴァ 再起動!!
という、伊吹マヤちゃんの声が聞こえてくるようです。

HPで確認したところ、演出や大当たり中の映像などが刷新されて
エヴァファンを更に興奮させる物となる模様です。
いまの機種でも充分すぎる仕上がりだと思っていたのに…。
これはもう、楽しみというほかはありません。

ちなみにHPはこちらです。

「パチンコに興味はないけど、エヴァは昔見たなあ」という方も、
ぜひ一度覗いてみてください。

TOPページのMobvieをクリックしただけで、充分楽しめるのではないかと
思います。(動画を見られます)
またMainのGalleryでも動画を見ることができます。

ああ。
これでまたワタシは、足しげくパチンコ屋へと通ってしまうのでしょう…。

パチンコファンの皆さん。
収入と支出のバランスをよく考えて遊びましょうね~。 (ーoー)y~

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

追記

  今回の大当たり中は「残酷な天使のテーゼ」ではなく、「魂のルフラン」が
  流れるという噂も…。
  エヴァファンには、ますますタマリマセンなぁ…。

中森明菜さん

みなさん。知ってました?
中森明菜さんが、4月からのドラマに出演
しますよ~!

主役の黒木瞳さんの友人役で、元プリマの設定とのこと。
クラッシックバレエが特技の明菜さんが、どんな演技を見せてくれるのか
いまから本当に楽しみです。

昨日この情報を知った時は、なんとも言えない気持ちになりました。

中森明菜。
ああ、この響き…。
甘く切なく耽美に満ち、郷愁を帯びているかのような音色…。

   「ついに壊れたか。」 ( ̄人 ̄)ナム~

と言われそうですが、ワタシにとってはそんな存在なのです。
中森明菜さんは。

80年代のアイドル黄金時代、ワタシは中学・高校・大学時代を過ごしました。
その頃のワタシは、ホントーーーーーーっに彼女の事が好きでした。
少し翳のある美しさと、アイドル離れした歌唱力にもうメロメロ。
(ちなみにシングルでは、SAND BEIGEと難破船が特に好き)

彼女のレコードはすべて買い揃え(この頃がレコードからCDへの移行期だった)、
雑誌などの写真を切り抜いてスクラップにしたり、ミーハーなワタシは
ファンクラブにも入りました。

彼女がバレー仕込みの柔軟な姿勢を披露した、パイオニアのミニコンポ
「プライベート」の吊り広告が欲しくてたまらず、終電間際の
人影まばらな車内で盗んだ事もありました。
(犯罪です!良い子のみんなはマネしないように!!)

そう。
学生時代に付き合っていた女性に、
「中森明菜に言い寄られたら、間違いなくオマエと別れるな」
アホなことを宣言して
「バッカじゃないのっ!!??」
と怒鳴られたのを最後に、一週間口をきいてもらえなかったことも
あったっけなぁ…。
(言い寄られるわけ、ありませんし…)

こんな風にワタシの青春の片隅にいつも存在していた中森明菜さん。

その後徐々に露出の機会が減ってしまい、ワタシも社会に出て仕事に
追われる日々に。
彼女の事が気になりつつも、いつしかワタシの記憶の片隅に追いやられて
しまっていました。

そんな彼女とまた画面で会えるというのは嬉しい限りです。

あの頃のような、眩いばかりの輝きを放とうしてくれなくて結構です。
ありのままで飾らない、「等身大の中森明菜」に会えればそれで満足です。
ワタシは。
陰ながら応援しています。  p( ̄- ̄)q

2006年2月 2日 (木)

ボクハ モウ ダメダ

昨夜、またしても関口由紀さんのラジオの録音に失敗しました。

先日の失敗を糧に、切り替えスイッチをラジオにセット。
録音のボタンを押したまでは良かったのですが…

肝心の
   タイマーボタンを
      
押し忘れました!! _| ̄|○

なにやってんでしょうか?ワタシは。
ドリフのコントじゃないんだからさぁ…。 (*´ο`*)=3

先週の番組の流れからすると、今週は新曲発売に関する企画発表が
あったはずなんですが…。
聴き逃したのは痛すぎます。

聴き逃したショックが大きい事は言うまでもないのですが、自分がこのような
ボンミスを犯したということに更なるショックを感じずにはいられません。
こんなミスを犯すようなワタシではなかったのに…。

最近本当に多いんです。こういう単純ミス。
記憶力も明らかに低下してるし。

年齢的にはまだまだボケがくる年齢ではありません。
原因はやはり、脳を使わなくなったからでしょう。
悲しいかな、現在の仕事ではいわゆる「頭を使う」という状況は多くありません。
この仕事を始めてから頭のキレが悪くなった事も自覚せざるを得ません。

う~ん。このままじゃいかんなぁ。
使わないと、頭。

2006年2月 1日 (水)

龍が如く

眞鍋かをりさんが「恋」宣言をしている相手を見てみようと、買ってみました。

     龍 が 如 く

何よそれ?と思われた方。
PS2。ゲームの話です。

ワタシは特にゲーム好きというわけではありませんが、この年にしては
コントローラーを握っている時間が長いかもしれません。

と言っても、最近やるゲームは競馬物とサッカー物ばかりです。
ロールプレイングやアドベンチャーはめっきりやらなくなりました。

理由としては
①一度に長時間プレイする時間が取れない
②間隔が開きすぎて、久々にスイッチを入れても
 「アレ?ツギハ ナニヲスレバ イインダッケ??」
 といったことになる。
③やめたい時に、すぐやめられる

とまあ、それは言い訳。

本当のところは、長い時間続ける集中力がなくなってしまったのです。
悲しいかな、トシを感じずにはいられません。

そもそもワタシはファミコン世代。
中学生の頃はファミコンを持っている友人の家に仲間と共に集結。
時を忘れて遊んだものです。

そしてドラゴンクエストの発売。
それこそ寝る間を惜しんで世界を救うために頑張ったものです。

ちなみにワタシはドラクエではⅢが一番のお気に入り。
物語そのものが好きなこともありますが、パーティー全員の名前も
決められるし、何よりもエンドロールの手法がたまりません。

さて。
そんなワタシが今回「龍が如く」を買ったのは、CM中での
  「ゲームに飽きた大人たちへ」
というキャッチに惹かれたから。
なんとなく、我々世代でも楽しめそうな感じがしますせんか?

ええ。
キャッチフレーズに見事にキャッチされたわけで、企業戦略に完全に
ハマッていることは分かっています。
で、どうしようか悩んでいる時に眞鍋さんのブログを読んで背中を
押されたわけです。

ロープレ・アドベンチャーの部類を最後にクリアしたのは
ファイナルファンタジーⅩが最後のワタシ。
果たして今回は最後まで辿りつけるのか…。

あ。これは余談ですが。
FF-Ⅹでのユウナは、可愛かったなぁ…。
眞鍋さんがゲーム上の人間に恋する気持ちは、ワタシにはなんとなく
理解できるのであります。

えー、そんなわけで。
本日週休のワタクシ。

只今より部屋の掃除を行い、ゲーム漬けになる予定であります。( ̄- ̄)ゞ
ついでに言うならば、午後からは酒浸りにもなると思われます。

どうかセーブ方法が「復活の呪文じゃありませんように…。
(今時、そんなわけあるか~い!!)

よっしゃ!
やったるで~!!

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »