ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ニュース速報 | トップページ | まだまだ見ごろ? »

2006年4月 5日 (水)

冴えない日

特に体調が悪い感じはしないけど、なんだか冴えないと感じる一日ってありませんか?

仕事でPCを多用する人なら、いつもできるブラインドタッチが思うようにいかない。
歌手の人なら、なんだか音が上がりきらない。
喋り手さんなら、やたらと噛んでしまう…。

ワタシは今日、そんな一日でした。

その結果…

   サイドアンダーミラーを割りました。

サイドアンダーミラーとは大型トラック特有のミラーで、左後方ではなく左前輪の辺りを
見るためのミラーです。
大型トラックの助手席側のミラーを見ていただくと、たいていの車は上下に二つの
ミラーが付いています。
下に付いているのが、それです。

割った(正確には壊した)理由は極めて簡単。注意不足です。
いやいや注意はしていたのですが、やる時はやるものです。

そもそも今日は朝走り出した時から「周りが見えないなあ」と思っていました。
「周りが見えない」といっても、視界にはきちんと風景は飛び込んできているのです。
その風景をうまく分析できないというか、危険を予知できないというか…。

具体的な例を挙げるなら、たとえば信号。
ワタシ達プロのドライバーの多くは、走り慣れた道では車用の信号ではなく
歩行者用の信号を見ながら走っています。

歩行者信号が点滅しているのを発見すると、「このタイミングならまだ大丈夫」とか
「ちょっとキツそうなタイミングだから、止まる準備だな」とか…。
つまり歩行者用の信号を見て走ることで車用の信号が変わることを事前に察知する
わけです。
初めは意識的にそれを行うのですが、慣れてくると体が勝手に上記のような
行動をとるようになります。
ただし、くどいようですが走り慣れた道でしかできません。

「見えていない日」は、いつも勝手に目に入っているこの歩行者信号が
目に入ってこないのです。
そういう日は信号だけでなく他の危険要素も目に入りにくく、一日に何度かヒヤッと
することがあるものなのです。

そしてそんな日は、バックもうまく決まりません。

慣れちゃえば用車のバックと一緒だよ

とカッコ良く言いたいところですが、冴えない日にやるトレーラーのバックというのは
6年目に入った今でも、本当に憂鬱です。

イヤというほど行っている納品先でのバック。
調子が良いときは何も考えなくても体が勝手に感じて「ココ!」という所でハンドルを
切っているのですが、今日は散々。
一回ザックリ下ろし場に車を着け、微調整をすること2回。
その2回目にお客さんの敷地内のポールにミラーを引っ掛けて割れたわけです。

さて引っ掛けたミラー。
初めはあさっての方向を向いてしまっているだけでした。
荷下ろし中に向きを直そうと、ちょっとミラーに触れると…

  ぽろ。   ガシャッ!!

  ……  Σ( ̄□ ̄ノ)

はい。
落ちました。
その潔い落ち方は、まるで椿の花のよう。

ガックリです。
不調なりになんとか車を着けて、そこで油断したのがいけませんでした。

そういえば小学校の遠足の解散前に、よく先生が言ってたっけ。

に帰るまでが遠足です。

なるほど。
こういうことだったんだなぁ…。

« ニュース速報 | トップページ | まだまだ見ごろ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/9444139

この記事へのトラックバック一覧です: 冴えない日:

« ニュース速報 | トップページ | まだまだ見ごろ? »