ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 要再検査 | トップページ | 野に咲く花のように »

2006年4月26日 (水)

カバーアルバム

「他人のフンドシで相撲を取っているようで好きじゃない」というのが
カバーアルバムに対する今までのワタシの考え方でした。

しかし、その考え方を完全に否定される作品に出会ってしまいました。

CHICKEN GARLIC STEAK(チキンガーリックステーキ)の

           「FOUNDATION」

ご存知の方が大半でしょうが、CHICKEN GARLIC STEAKは男声アカペラグループ。
FOUNDATIONは今月19日に発売されたニューアルバムですが、
内容は女性ボーカリストの名曲をカバーした物です。(詳しくはこちら)

作品に収録されている「異邦人」をラジオで聞いた瞬間に心の片隅をくすぐられ、
ワタシは生涯で初めてカバーアルバムを購入しました。

結果

   満 足 度 1 2 0 %

でありました。

もっと大げさな表現をするなら、度肝を抜かれたというのでしょうか…。
実に素晴らしい作品です。

美しいハーモニーは当然なのですが、作品全体にムダな力が入っていないのです。

薄暗い間接照明の部屋で一人ワインでも飲みながら聞きたくなる雰囲気があり、
「大人の作品」といった感じです。
これはもう絶品です。

そんな中でワタシが最も気に入ったのは「未来予想図Ⅱ」。
言わずと知れたドリカムの名曲ですね。
アルバムの最後に満を持しての登場なのですが、イントロ部分でもう降参でした。
久々に鳥肌立ちましたもん。

倍音バリバリのコーラスは、アカペラ好きの方は一聴の価値ありだと思います。

全曲を聞き終えての感想ですが、

   「カバーアルバムではあるものの、
               
カバーアルバムにあらず」

といったところでしょうか。

考えてみれば「人の声」にアレンジするわけですから、通常のカバーとは
まったく違った仕上がりになるのは当然ですよね。

それにしても、人の声って素晴らしい。
楽器を奏でる人達には叱られるかもしれませんが、「声」に勝る楽器は
ないのではないかと改めて思ってしまいました。

皆さんもぜひ一度、聴いてみて下さい。

« 要再検査 | トップページ | 野に咲く花のように »

コメント

TBありがとうございま~すっっ!!
「FOUNDATION」まだ聞いてないので
早速買いに行きたいと思います♪♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/9771547

この記事へのトラックバック一覧です: カバーアルバム:

« 要再検査 | トップページ | 野に咲く花のように »