ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« おうおうおう!! | トップページ | 年度決算が黒字に! »

2006年5月21日 (日)

漢字バトン、再び

昨日更新前に消滅してしまった「漢字バトン」の記事。
せっかくバトンを渡してもらったので、再挑戦です。

だって、引継ぎモノは不幸の手紙系しか貰ったことがないから嬉しかったんだも~ん。

ということで、いざ!
 

      漢 字 バ ト ン

1.回してくれた人に持つイメージ
  『深』…音楽のジャンルが幅広いだけでなく、F Iや競馬など趣味も
       たくさんおありのよう。よって視野が広がり、人間的に奥深い方なのでは。

2.前の人が答えた自分に対するイメージの漢字につい
  『関』…仲間意識(?)を持っていただいているようで嬉しいです!
       これからも「まだ見ぬ友」として宜しくお願いします(礼)。

3.好きな漢字四つ
  『優』…「人」に「憂い」の心を持つことが優しさ。それは優れたこと。
       そうありたいと思いますが、これがなかなか…。
  『空』…「ソラ」は広くて開放的な気持ちになります。
       「クウ」とは偏らない心・こだわらない心・囚われない心。(般若心経より)
  『走』…見るからに軽快そうな感じが好きです。
       中学・高校と陸上をやっていたせいもあるかもしれません。
  『香』…形がカッコイイから好きです。

4.漢字についてどう思う?
  幼少から文字を書くことが好きだったので、興味がありました。
  文字そのものが持つ意味などを考えるとロマンがありますよね。
  最近ではPC生活なので、読みはできても書きはすっかりできなくなりました。

5.好きな四文字熟語を二つ
  『百花繚乱』…華やかな感じが好きです。
            偶然にも、関口由紀さんの「乱れ咲き」の歌詞に使われています。
  『五里霧中』…好きなわけではありませんが、人生つねにこんな感じなので(笑)。
            ある意味で、親しみのある四文字熟語です。

6.回された漢字で四文字熟語を三つ
  ピッペンさんから特に指定がないので、ピッペンさんが受け取った漢字で。
  『自』…「自己研鑽」
      
できないんだ、これが(笑)!ワタシにとって永遠のテーマ。
  『悪』…「悪因悪果」 
       悪い結果には悪い原因があるということ。
       自分の中では「悪いことが起きたのは自分のせい」と解釈しています。
  『不』…「不言実行」
       ワタシは正反対の男なので、こういう男に出会うと尊敬してしまいます。

7.次の人に回す漢字三つ
   『真』 『実』 『純』

8.バトンを回す人とその人をイメージする漢字
  え~、勝手に指名させていただきますので、無理に回して下さらなくて結構です。
  tozailine40さん…『幸』 幸せ一杯(だよね?)の家庭をお持ちなので。
  名犬★らっち~さん…『考』 様々なことに対して、考えを練っていらっしゃる
                     ご様子がブログから受け取れるので。
  まうさん…『爛』 ワタシの中では、明るく伸び伸びしたイメージなので。 

以上です。

お付き合い下さり、ありがとうございます。

せっかく漢字の話題なので、ワタシがずっと気になっていたことをここで…。

「雪」という漢字の「ヨ」の部分、30年前の小学校では真ん中の棒が突き抜ける
形で教えてませんでした?

最近の広辞苑で見ても「ヨ」になっているのですが、ワタシの勘違いなのでしょうか?
う~ん…。                      
     

« おうおうおう!! | トップページ | 年度決算が黒字に! »

コメント

tozailine40さん>
対処…。ワタシもわからなかったので見よう見真似なのですが。
貴殿のブログ上でワタシが書いた記事と同様のものを書いていただければ良いようです。
基本的に設問の内容は1~8までワタシが書いた設問と同じモノにして頂いて、それに対して貴殿が回答することになります。
分かりにくそうなモノだけ解説しますと
1の「回してくれた人」というのはワタシになりますので、貴殿のワタシに対して持つイメージを漢字一文字で表してもらいます。
2はワタシが貴殿に持つイメージを表した「幸」という漢字に対しての貴殿なりのイメージや感想を書いてください。
6の「回された漢字」はわたしが7で挙げた「真」「実」「純」。これを使った四字熟語を作りコメントを。
7・8は誰かにこのバトンを回すならば必要な項目となります。
7は貴殿がその人達に出す課題のような感じですね。次の人はその三つの漢字で四字熟語を作ることになります。
8は貴殿がバトンを回そうと思う人を指名して、その人個人に対するイメージを漢字で表現します。
…とまあ、こんな感じのようです。
書き出すと結構頭を使っておもしろいのですが、案外時間がかかるかもしれません。
ムリせずに、気が向いたらやってみてください(笑)。

バトンって?
ごめん、対処の仕方がわからない!
自分のブログに書けばいいのかな?
Yahoo!のブログは外部からTB出来ないので
不便で仕方ない(プンスカ)

ピッペンさん>
こんにちわ!
深みにはまっている事に気付きながら深みにはまる事は大切な事なのではないでしょうか?
そこから何か、新しい発見が!
などと自分にも言い聞かせてみるわたしです(笑)。

にゃん太郎さん、こんばんわ。
バトンを受け取って頂きましてありがとうございます。
あぁっ、僕のバトンでは設問が抜けておりました…。
ご指摘を受けていたにも関わらず、今の今まで全く気づきませんでした…。
大変申し訳ございません…。
「深」の字を頂きました。ありがとうございます。
人間的な深みはありませんが(苦笑)、趣味に関しては深みにはまりがちです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/10168160

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字バトン、再び:

« おうおうおう!! | トップページ | 年度決算が黒字に! »