ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 正しい「君が代」の歌い方? | トップページ | おうおうおう!! »

2006年5月19日 (金)

雨とカッパ

♪あめに~ 濡れなが~ら~ たたずーむ 人がいるぅ~♪

関東地方にお住まいの皆さん!
いや~、本当によく降りますねえ。
思わず気が滅入ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

ワタシもその一人なのですが、その理由は一般の方とはチョット違います。

その理由というのは

カッパを着て荷下ろしをしなければならない

というものです。

寒い時期は良いのですが、これからの時期はカッパの中はムレムレです。
荷下ろしが終わる頃には汗だくで、作業着も下着もグッチョリ…。
考えただけで憂鬱になります。

ワタシの場合は「雨で濡れても汗で濡れても、濡れることに違いはなし」との考えで、
少々の雨ならカッパは着ずに作業をしてしまいます。

しかしこの「着る、着ない」の判断が難しいことがあり、判断を間違うと
とんでもないことになることが…。

ワタシは過去に、判断ミスにより悲劇を体験したことがあります。
今日はその体験を告白いたします。

それは何年か前の真夏の深夜の出来事でした。

荷下ろし開始と同時に遠くで雷鳴が聞こえました。
通常、一件での荷下ろし時間は40分~50分。
「なんとか下ろし終わるまで降り出さないでくれ~」
と祈りながら作業をしていました。

着々と作業を進める中、雷鳴がヒタヒタと近付いてきます。
まさに時間との戦いです。

そしてあと10分弱で作業が終了という頃…

ぽつ ぽつ…

む…。きたか!!
でも作業は残りわずか。このままいけるだろ。

とワタシは判断。
カッパを着ずに作業を続けました。

しかし雨足は見る見るうちに強くなり、アッという間に滝のような雨に。

作業を終えた時には靴の中に水が溜まって、歩くたびに隙間から水が噴出。
着ていた物は下着までグッチョングッチョン。
作業着の下で、全身に雨がつたっているのがわかります。
まさしく風呂上り状態です。

とりあえずは伝票にサインを貰い、変わらぬ豪雨の中を車までダッシュ!!
そしてドアに手をかけた時にハッとしました。

あ!
このカッコウで、運転して帰るのか??

雨に打たれたまましばし呆然とした後、とりあえず車に乗り込みました。

真夏ということもありシャツの替えは持っていたのでまずは着替え、
靴下も脱いで運転用のサンダルに交換。
すべてを軽く絞って、たまたま持っていたコンビニの袋に詰め込みました。

しかし…。
ズボンとパンツは水が滴る状態のままです。
運転席のシートはみるみるうちに濡れていきます。

いかん。このままでは次に乗る人が濡れたシートに座ることになってしまう。
パンツまで全部脱ぎたいところだけど、まさか何も履かないで運転するわけにも…。

………。

あ!カッパのズボンがあるじゃん!
とりあえずアレを履こう。
で、どっかのコンビニでパンツ買えばいいじゃん!
うん。そうしよう!!

というわけで、スタンド内に停めたままの車内でおもむろにズボンを脱ぎました。

…。

このビショビショのパンツの上にカッパ着るのか…。
気持ち悪いからパンツも脱ぎたいなぁ。

ちょっと辺りを見渡した後…

運転席は高い位置にあるし、暗くて天気も悪いから大丈夫だな。

ワタシはおもむろに車内でパンツを脱ぎ、直接カッパのズボンをを履きました。

肌にピタッと……。

    き 、 気 持 ち 悪 り ~ ! !

人生初の生カッパは決して履き心地の良いものではありませんでした。

とにかくコンビニでパンツだ!

スタンドを出てしばらく走るとコンビニを発見。
急いで車から飛び降りると

ずる…。

ズボンがずり落ちそうです。

はっ…。
そういえばカッパのズボンはLLで、ウエスト緩めなんだった。

ズボンどころかパンツも履いていないので、いつもにも増してウエストはユルユル。
手で押さえていないと落ちてしまいそうです。

そんな状態で入店し、店内をうろうろ。
パンツを握ってレジに行くと、係である二人の女の子が明らかに怯えた様子です。

無理もありません。

クタクタの白いシャツ一枚に、ずり落ちそうなカッパのズボン。
そんな姿のオッサンが、真夜中にパンツ一枚だけ買って帰るのですから。
防犯ベルを押されても文句を言えない状況でしょう。

本当は店内のトイレでパンツを履きたかったのですが、
とてもそんな雰囲気ではありません。
ワタシは足早に店を出て、仕方なくまたしても車内でパンツに履き替えたのでした。

その後は車庫に着くまでシャツとパンツのまま運転を続け、深夜なのを良いことに
車庫から家までも同じ格好で帰りました。

この日の帰りはいつも以上に安全運転だったことは言うまでもありません。

。。。。。。。。。。。。。。。。。

考えてみると、成人してからカッパを着る機会がある人って少ないかもしれませんね。
暑い時期のムレ加減は、本当に尋常ではないのです。

通気がしやすいようになっている商品もあるのですが、やはり限界があるようです。
どなたかお勧めのムレないカッパがあったら教えて下さ~い。

« 正しい「君が代」の歌い方? | トップページ | おうおうおう!! »

コメント

tozailaine40さん>
お久しぶりです。一家揃ってお元気ですか?
F澤氏の話、初耳でした。
…。そ、想像したくないですね。あまり(汗)。

そういえば、F澤さんという指揮者がいっつも汗びっしょりで楽屋ですぐに全裸になっちゃうんだよな。それを思い出した。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/10138802

この記事へのトラックバック一覧です: 雨とカッパ:

« 正しい「君が代」の歌い方? | トップページ | おうおうおう!! »