ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 皇居のお堀で水泳!? | トップページ | 厳しいですねぇ »

2006年6月11日 (日)

一羽の鳥

昨日のこと。
茨城の藤代にある運送屋さんで荷下ろしをしていると、上空で聞き慣れない鳥の声が。

見上げると、真っ白な鳥が一羽。
切なげな声を上げつつ、空を横切っていきました。

   おわ!白鳥じゃん!! Σ(°□°*)

あまり目にすることのないその姿を、興奮気味にしばし目で追いました。

結構デカイんだな。
しかし…。
この時期に白鳥って居るか?
しかも一羽で。
渡りの時はもとより、普段も集団で飛んでいるイメージがあるんだけど…。
みんなとはぐれちゃったのかなあ…?

寂しそうにしている動物や元気が無さそうな生き物に対し、最近やけに
感情移入してしまうワタシはとても切ない気持ちになってしまいました。

がんばるんだぞ~。 (* ̄_ ̄)9″

などと心の中でエールを送りつつ見送っていると、ふと口をついて出た歌が。

それは「一羽の鳥」という曲でした。

これはワタシが中学生の時に、我が母校でちょっとしたハヤリになっていた合唱曲。

内容としては、ボケボケっとしていた渡り鳥がみんなに置いて行かれてしまうという
ちょっと間抜けちゃんな鳥の歌です。

無意識のうちに、目にした白鳥と曲に出てくる鳥を重ね合わせたのでしょうが、
もう20年以上も前に聞いた曲をとっさに思い出す人間の脳ってスゴイですね。

そんなわけで、「一羽の鳥」が頭の中をグルグル回っています。

それでは、曲をご存知の方がいたらご一緒に!

さん、ハイ!

  ♪ お か ~ さ ん 鳥 の 声 ~ ♪

« 皇居のお堀で水泳!? | トップページ | 厳しいですねぇ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/10474053

この記事へのトラックバック一覧です: 一羽の鳥:

« 皇居のお堀で水泳!? | トップページ | 厳しいですねぇ »