ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« お先真っ暗 | トップページ | 皇居のお堀で水泳!? »

2006年6月 5日 (月)

秋田男児殺害事件に思う

秋田での小1男児殺害事件、容疑者が捕まりましたね。

容疑者は殺害された男児の自宅の2軒隣に住む女性。
皆さんご存知の事と思いますが、容疑者のお子さんは4月に水死しています。
警察では「事故」として扱っていますが、こうなると当然再捜査が必要となるでしょう。

警察としては
「再捜査は必要だが、再捜査の結果『事件だった』となると苦しい立場になる」
というのが本音かもしれませんが、ここはもう一度よく調べて欲しいものです。

さて、子供達が巻き込まれてしまう(行方不明になる)事件。

ワタシが子供の頃も当然そのような事件はあり、

知らない人に付いて行っちゃダメよ!

と親から厳しく言われたものです。

さて、突然ですが。
ここで30代以上の皆さん、ちょっと考えてみてください。
「最近の事件」と「昔の事件」では、明らかに質が変わっていると思いませんか?

ワタシが幼かった頃の「子供が行方不明になる事件」というのは、
身代金目的などの「誘拐」がほとんどであったと記憶しています。
乱暴な言い方をすれば「お金さえ払えば命だけは助けてやる」といった類の事件です。

仮にお金を払わなかった(払えなかった)としても、身代金交渉などの犯人との
接触時間が持てたため、「事件の結果」が出るまでの間に警察が犯人を特定し
逮捕するということがほとんどでした。
(行方不明になって不幸にも遺体で発見された時は、たいていは「事故」だった)
それが今では「行方不明になった」といっても身代金の要求があることなど皆無。

子供を連れ去る犯人の「目的」が大きく変わったと言えるでしょう。

さらに思うのは、最近の事件の場合は犯人が被害者の生活範囲内にいることが
増えたということ。

例えば今回の秋田の事件。
容疑者の女性の逮捕容疑は、今の段階では「死体遺棄」。
殺害については否認しているようですが、ワタシは限りなくクロに近いと思っています。

だとすれば殺害された男児から見れば、容疑者は「近所のおばちゃん」です。
しかも「同じ小学校に通っていたお姉ちゃんのお母さん」でもあります。

ワタシが子供の頃は「知らない人に付いて行っちゃダメよ!」と教えられたものですが、
もはや知っている人にも付いて行ってはいけない時代です。
本当に残念な社会になってしまったと思います。

お子さんをお持ちの皆さんは、常に事件と隣り合わせのような生活で
本当に大変だろうとも思います。

しかし子供がいないワタシも、このような事件を耳にするたびに
心配になることがあります。

それは…
「仮にワタシのマンションの子供が同様の事件に巻き込まれた時には、
容疑者として疑われるのでは?」
ということ。

誤解の無いように言っておきますが、

 ワタシ自身が危険人物なわけではありません!

しかし他人様から見れば、

夜中に出かけて夜にならないと帰宅しない、

              一人暮らしの怪しげなオジサン

であると思われるわけで…。

そんな「怪しげなオジサン」としては、どうしたら怪しげに思われずに済むかを
考えたりするわけです。

その結果ワタシなりに出た結論は、

少しでもマンションの人に顔を覚えてもらうために、積極的に挨拶するということ。
(そもそもそれがヘンだ!というご意見もあるかもしれません)

が。
挨拶をしない、例外があります。

それは

   相 手 が 子 供 だ け の 時

です。

うっかり子供に挨拶するのをその子供の親に見つかって

ウチの子に何するんですか!!

みたいなことを言われると、面倒なことになるので…。

もちろん子供が親と一緒にいる時には挨拶します。
親だけでなく子供も挨拶を返してくれた時には嬉しくなってしまい、
その子の目を見てもう一度挨拶してしまいます。
(逆に親でさえなんの反応も無いとガッカリしてしまいます)

もう一つ気をつけいているのは、

   子供と二人っきりでエレベーターに乗らない

ということ。

ワタシが降りた後に同乗した子が事件に巻き込まれたりした時、
エレベータ内で二人でいるのが防犯カメラに写っていると面倒なので。

ちなみにエレベーターは女性と二人っきりでも乗りません。

まあ、ワタシのとっている行動が正しいかどうかは疑問も残りますが、
こんなことを考えなくてはいけない世の中になってしまったのは重ね重ね残念です。

さらに、これはワタシの主観ですが…。
最近の凶悪犯罪の加害者って、30代~40代前半がほとんどの気がしませんか?
そう、ワタシはこの世代の真っ只中にいるわけです。

ワタシ達は、人に暴力を振るうことの善悪の判断ができない世代なのでしょうか?
そうは思いたくないのですが…。

ひょっとしたら我々世代が「子供たちの安全」の曲がり角を作っているのかと思うと
なんだか情けない気分になったりするのでした。

« お先真っ暗 | トップページ | 皇居のお堀で水泳!? »

コメント

真夜中のタンクローラーさん>
こんにちわ!
お褒めいただき(?)ありがとうございます。
これからもよろしくお願します(礼)。
安全運転でどうぞ!

kuma子さん>
自己防衛に努めます(笑)。

30代から40代が多いのは、社会生活の真っ只中にいる世代って事ですね。仕事も落ち着いてきた先の見えた50代でもなく、仕事についたかついてないか、もしくは気ままでいられる(勿論そういう人ばかりじゃないことも解った上で)最後の世代、20代でもなく・・・・。

すごく適切なコメントですね。木村太郎に聞かせてやりたい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/10398161

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田男児殺害事件に思う:

« お先真っ暗 | トップページ | 皇居のお堀で水泳!? »