ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月29日 (土)

深夜のコンビニで

え~、最初にお断りしておきます。
今日のお話は「変なオジサンの小言」です。

その趣旨は、

レジに立つ以上、店の代表として自覚を持って欲しい

というものです。

では本文に。

昨夜の0時過ぎ、仕事を終えたワタシは夕食を買うためにコンビニに寄りました。
はい。
あの国産うなぎ蒲焼重弁当事件のコンビニです。

昨日は焼きそばや鯖の塩焼き、発泡酒などをカゴに放り込んでレジに向かいました。

財布の中には674円扱いのビール券が二枚ありましたので、
それで清算するつもりでした。
ご存知のとおり金券ではお釣りが貰えませんので、最大限にビール券を活用して
不足分を現金で払うことになります。

表示された合計金額は1,432円。

日頃から受け取るお釣りの金額を暗算するようにしているワタシですが、
昨日は不足分の金額を暗算。

不足は84円だな。

そう思いながらまずはビール券二枚を手渡し、財布の小銭を探しました。

その間にレジの機械からは、ピピっとビール券を処理している音が聞こえます。
ワタシは財布の中から取り出した104円を握りしめて顔を上げました。

すると…

店員 「2780円です」

ワタシ「ハイ??」

   値 上 が り し て ん じ ゃ ん !

しばしの沈黙の後

「それはないですよね?」

どうやら店員はビール券の処理の仕方がわからずに、券に付いているバーコードを
そのままスキャナーで読み取ったようです。

するとレジでの異変に気付いたのか、奥の扉からもう一人店員が出てきました。

(以後、区別がつきにくいので、最初からいた店員をA、後から現れた店員をBとします)

店員Aが店員Bに状況を説明し、Bがなにやらレジをいじっていました。
しかし表示されている金額はなかなか本来の1,432円になりません。

仕事帰りで疲れていたこともあり、ワタシの苛立ちはもはやレッドゾーンギリギリです。

いかん。このままではキレてしまう…。

自らそう察したワタシは、この状況を回避すべく口を開きました。

「あの。現金で払いますから、一度すべて取り消して清算しなおして下さい。」

しかし取り消しの仕方さえもわからないのか、反応はありません。

そしてその直後…

店員B「ビール券はアルコール類の金額分だけしか使えないんですけど。」

    こ、こいつは何を言ってるんだ!?

どう考えてもこの状況でのこの発言は正しいとは思えません。
「ワタシは現金でいい」と言っているわけですし、「お待たせしてすみません」とか
「申し訳ありません」とか他の言葉でも良さそうなものです。

さらに言えば、ルールとしては店員Bが言うように
「ビール券はアルコール類の金額分だけしか使えない」のかもしれません。
しかし昨日だけでなく一昨日も一昨昨日もワタシは同じ店でビール券を使って
弁当を買っていました。

同じ店で店員によって対応が違うというのはどういうことだ!?

以前、小売店で店長をしていたワタシとしては、このような対応は断じて許せません。

予想外の失態の積み重ねにワタシもイヤな客になってやりました。

ワ「は!?毎回ビール券で弁当の清算をして下さっていますが。ココで!」

B「え…!」

ワタシは態度を一変させ、意地でもビール券で清算してやることにしました。

ワタシの態度にさすがに慌てたのか、結局Bは電卓ですべてを計算。
どうやらBもビール券の処理の仕方がわからなかったようです。

B「…合計1,432円で、差額が840円になります」

「あ゛~ん!!??」

「す、すみません。84円です…。」

わかってんだよ!
84円だってのは!!

と心の中で叫びつつ、現金を手渡しさっさと店を後にしたのでした。

今回の出来事でワタシが問題に思ったことは

①金券の処理もできない人間をレジに立たせている。

金券での清算という特殊なケースとはいえ、レジでの処理の仕方を知らない人間が
レジに立っているなど考えられません。
我々の業界で言えば、バックで入らなければならない納品先にバックができない人間を
向かわせるようなものです。
本人の技術レベルの問題もありますが、そういう店員をレジに立たせているという
オーナーの姿勢に問題があると思います。

②店員自身が「バイトだから」という気持ちでいる。

もうね。明らかに責任感が無い感じなんですよ。
社員だろうがバイトだろうが、客から見ればその人が会社の代表なわけで、
大げさに言えば「店員=その会社」なわけです。
そういう自覚がまったくないわけです。
ま。これもオーナーの教育に問題があるのでしょうが…。

③店員によって言うことが違う。

今回は「ビール券をアルコール類の清算以外に使えるか」で違いがあったわけです。
これもおかしいですよね?
先ほども書いたようにワタシは以前、同じお店で弁当類をビール券で買っている
わけです。
もちろんその時は何も言われませんでした。
それが今回は「ビール券をアルコール類の清算でしか…」です。
今回は状況が状況でしたしワタシも強気に出たので支払いにビール券を使えました。
しかし、これが現金を持っていない時に突然そんなことを言われたらと思うと…。

はい。
とまあグチグチ書きましたが、おそらくワタシが「変なオジサン」なんだと思います。

でもね、やはり店頭に立つ人は「会社(お店)の顔」なのです。

ワタシは昨日イヤな思いをしたので、しばらくあの店には行きたくないですもん。

小売店勤務の皆さん。
お客さんへの対応には充分気を使いましょうね。

2006年7月28日 (金)

むぎゅ〜

すんません…。

休みがなかなか来ないんですけど〜!

あと二日、頑張ります。 (T-T)

2006年7月23日 (日)

深夜のラジオ出演

今日未明、NACK5“ WEEK-END PARTY -forever yong- ”に関口由紀さん
出演されました!

ワタシは仕事だったので出勤途中の車内で聞いていたのですが、
彼女の出演と同時に会社に到着。
そのまま車を降りずに駐車場に車を停めたままの聴視となりました。

はい!
本日ラジオを聞くことができなかった関口由紀さんファンの方に朗報です!!

なんと

  今秋、ミニアルバムが発売されるそうです!!

いや~。
楽しみですねぇ。

今秋と言えば、由紀さんの「水鏡」が主題歌に抜擢された映画「小津の秋」も公開予定。

彼女にとってはまさに「実りの秋」となりそうです。

さて。
由紀さんファンのために、ラジオでのこぼれ話も少々書いておきましょう。

自他共に認める(?)日本酒愛好家の関口由紀さん。

本日出演された番組のパーソナリティである富澤一誠先生・本多慶子さんと
お酒を飲まれる機会があったそうです。
ワタシの聞き間違いでなければ、由紀さんは
その帰りに駅の自動改札機に
直接お札を入れようと試みて、「入らない~」と困っておられたとのこと。

そりゃあ、入りませんって。(〃´ー`)=3

失礼かとは思いますが、実に愛すべきキャラクターであります(笑)。

くれぐれも飲みすぎには注意して下さいね。

では関口由紀さん。
これからが夏本番ですので、お体に充分気をつけて公私共に充実した日々を
お送り下さい。

これからも応援しています!

2006年7月22日 (土)

お。カミキリ?

お。カミキリ?

今日も仕事ですが、四街道で荷下ろし中に大きなカミキリ(だと思う)を発見!

我が街はまだまだ自然豊かなようで、なんだか安心しました。

次回の休みは30日。
連続9日出勤ですが、頑張ります。 (>_<。)

2006年7月20日 (木)

感謝!10,000アクセス

皆様のお力添えのおかげで、昨日10,000アクセスを突破いたしました。

頻繁に覗いてくれている方、たまに覗いてくれている方、たまたま覗いてしまった方、

本 当 に あ り が と う ご ざ い ま す !

実の無い内容、つたない文章ではありますが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

一足早くウナギを食べる

先週の金曜日のことです。

会社に戻ったのが22時近くだったうえに、翌日行われる関口由紀さんのライヴに
行かれないことも確定し、心身ともにグッタリの状態でした。

翌日も3時に起きなければならず早く寝たいところでしたが、何か食べなくてはと思い
会社帰りにコンビニに寄りました。

棚に並んだ残り少ない弁当の中、ワタシの目を引いたのが

   「 国 産 う な ぎ 蒲 焼 重 」

何やら仰々しく、偉そうな名前です。

丑の日には早いけど、疲れてるし、うなぎでも食って元気出すかな…。

そう思って「偉そうな弁当」を手に取りました。

その他にも発泡酒などを買い込み精算することに。
カゴの中をチラリと確認し「2000円でお釣りが来るな」と思い、レジに向かいました。

しかし、店員から告げられた金額は2500円超。

へ??

驚きつつもとりあえずお金を払い、車の中でレシートを確認してみました。

すると…

   な 、 な に ~ ! ?  ∑([] ̄;)

なんと

   国産うなぎ蒲焼重弁当 1380円!!

コンビニ弁当で1000円超えなんてアリっすか!?
そりゃぁ値段を確認していなかったオレも悪いけどさ…。

かなり不満ではありましたが、別の弁当に変えてもらうほどの根性もありませんし、
何よりもこの弁当を選んだのは「疲れているから、うなぎを食べて元気を出す」ためで
あることを自分に言い聞かせ、1380円を味わうべく素直に帰宅することにしました。

風呂上りに早速レンジで温めて付属の山椒をパラパラとふりかけました。

お!? 。('-'。)

さすがは高級コンビに弁当、なかなかの香りです。

そしていざ…。

1380円、食べまーす!
とぅ!!
 ←箸を入れる際の掛け声

    ゴ ツ ッ ! !

……。

恐ろしいほどの上げ底です。

    1380円で、こんなに少量かよ!

沸々と怒りが込み上げて来ましたが、ワタシは自分に言い聞かせました。

「満腹になる」のが目的じゃなくて「うなぎを食べて元気を出す」のが目的だから…。

さて。
なんたって1380円だからな。
よく噛んで、味わって食べないとな。

パク…。

…ん。うまい。

ワタシにとってはなかなかの味。
先ほど込み上げた怒りも鎮まり、ワタシの満足度は上昇して行きました。

しかし…。
もう一人の自分の声が。

オレはうなぎ屋さんでうなぎを食べたことは一度しかないけど、
1380円出せば少なくとも「梅」のうな重は食えるんだろうな…。
そして「梅」のうな重は、
この弁当よりも確実にウマイに違いない…。

この声が聞こえた瞬間にワタシの満足度は急降下!

たいしてウマくも無いのに、

     量まで少ないんかい!! (ノ`△´)ノ┻┻

と、ワタシは負のスパイラルに飲み込まれていきました。
我ながら恐ろしいほどのマイナス思考です。

その後ワタシは一人でブチブチ文句を言いながら発泡酒を飲み干し、
すぐさま眠りについたのでした。

そして翌日の起床は3時。
睡眠時間4時間弱はワタシにとって明らかに寝不足です。
しかしなぜか寝起きは悪くありませんでした。

その時には気付きませんでしたが、いま思えば1380円の効果だったのかも…?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そもそも、うなぎは何故ゆえに高価なのでしょう?

食に疎いワタシでも、食べれば「松」と「梅」の値段の違いがわかるのでしょうか…。

2006年7月17日 (月)

一週間の断食

お久しぶりです。

先週から同僚が一人減り、激務続きです。

先週は毎朝4時出勤で、帰宅は21時過ぎ。
もっとも遅い日は22時を回っていました。

そんなわけで、我が家の魚君たちは一週間の断食を余儀なくされました。

20051030192107  

(我が家の水槽)

 

 

 

 

タイマーで毎日8時に電気が点灯し19時に消灯するようになっているのですが、
先週は出勤時も帰宅時も魚君達は就寝中。
エサをあげても、いたずらに水質を悪化させるだけです。

そして休みだった昨日の朝、エサをあげたのですが…。

ハイ。
予想以上の食いつきに、ちょっとビックリ。

特に水槽内の掃除担当のエビ達の食いつきは、尋常ではありませんでした。

下がその写真です。

20060716161540  

一つのエサを取り合うエビ君達。

 

 

いやー。
相当お腹すいてたのね。
君達。

よく見てみると、水草の柔らかい葉はすべて彼らに食べつくされて丸坊主。
ガックリです。

ま。
彼らも生きるために必死なのですから、仕方ないのですが…。

2006年7月10日 (月)

不死鳥、灰に還る

ワールドカップ決勝、PK対決でイタリアの優勝となりましたね。

個人的にはジダン率いるフランスに勝ってほしかったのですが、勝負の世界、こればかりは仕方ありません。

正直なところ、フランスが決勝まで上がってくるのは無理だろうと思っていました。
予選では苦しい戦いが続きましたからねぇ…。

しかし、そこは伝統国。
トーナメントに入ってからは不死鳥の如く蘇り、別のチームになったかのような快進撃でした。

「あと7試合だけ戦う」と言ったジダン。
最後は退場というハプニングもありましたが、全ての試合に於いて彼のなすべき仕事を果たしたと思います。

同性のワタシから見ても、彼は本当にカッコイイ!!

とまあ、ここまでちょっと冷静ぶって書いてみましたが…。

決勝をテレビで見られなかったのは、あまりにも無念過ぎです! (T^T)

結局今日は4時出勤。
車内のラジオで聞いたのでした。

とにかく、一月に渡る熱戦は幕を閉じました。

選手の皆さん、お疲れ様でした。
そして素晴らしいプレーをありがとうございました。

4年後にまたお会いしましょう。

※今回は今月入社の新人の助手席で更新のため、まとまりの無い文章になっていて読みにくいかもしれません。
ご理解のうえ、ご了承下さい。

2006年7月 7日 (金)

日程を勘違い

え~、ワタクシ完全に勘違いをしておりました。

ワールドカップ決勝は月曜日の未明に行われるのでありまして、

日曜の未明に行われるのは3位決定戦でした。

そして決勝当日は乗務のため、テレビ観戦はほぼ絶望的です。
万が一、5時出勤の仕事がつけば延長戦にならない限りすべて見られるのですが…。

さて。
実は明日(土曜日)は珍しく社内での飲み会が催される予定でして、
日曜の3位決定戦は「起きてから見る」べきか、「起きていて見る」べきか
非常に悩んでいます。

ワタシの生活リズムから考えると前者を選択すべきだとは思うのですが、
果たして起きられるかどうか…。

明晩の飲み会では深酒せぬように気をつけなければ…。

ちなみに飲酒してしまうと帰宅できなくなってしまうため(車通勤なので)、
明日は30分ほどかけて徒歩で出勤の予定で~す。

2006年7月 5日 (水)

大興奮の結末 イタリア決勝へ

みなさん、見てましたか!?

まさに劇的な幕切れ!!

素晴らしい試合でしたね!

ドイツ×イタリア。

一進一退の攻防の90分で勝負は決せず、15分ハーフの延長戦。

互いに決定的な型を作りつつもキーパーのファインセーブに阻まれ得点が入らず、
もはやPK対決かと思っていた後半の残り1分(14分)にドラマは待っていました。

イタリア、デル・ピエーロからのコナーキックのこぼれ球をピルロがキープ。
そしてピルロからのスルーパスをグロッソが……!!

2254923287_6

 

1378397398_4

3288118343

1996025495_6 

3468076446 

4188376340_3

1019628222_2

1906682881_4

              

                                      ゴォーーーーーーーール!!!

家中の窓を開放したままの観戦でしたが、大興奮のあまりワタシは一人大絶叫!

午前6時半の近所中に、ワタシの雄叫びが響き渡ってしまいました。
おそらくワタシの声で目覚めた人もいるものと思われます。

しかもですよ。
さらにロスタイムにドイツのボールを奪ってカウンターで更に追加点。
ジラルディーノからのスルーパスに走りこんだデル・ピエーロの見事なシュートに
再度ワタシは大絶叫しました。

これぞワールドカップ!!
素晴らしきかな、世界のレベル!!

日本が敗退して以来、すっかり世間はワールドカップから遠のいてしまっている
ようですが、ぜひ見てもらいたいものです。

このレベルの戦いになると、サッカーをまるで知らない人が見ても楽しめるのでは
ないかと思います。

明日のポルトガル×フランス戦は観戦できるかわかりませんが、日曜の未明に
行われる決勝戦は何が何でも観戦します。

今から楽しみだな~。

2006年7月 3日 (月)

暑いと思う

いやいや、今日も暑いですねぇ。

一般的に痩せ型体型の人は寒さより暑さに強いとされていますが、
いまだになんとか痩せ型を保っているワタシは昔から暑さが大の苦手です。

気温が何度以上だと暑いと感じるかは人それぞれのようですよね。

ワタシは過去に二度、「こいつの暑さ感覚はどうなっているんだ!?」
度肝を抜かれたことがあります。

一度目は学生時代の時。

季節は梅雨本番の六月下旬。
サークルの集まりがあり、エアコンの効きの悪い教室に100人近い人がおりました。

男子はTシャツの人がほとんどで、女子もせいぜいシャツ一枚でした。
それでも皆、手持ちの譜面をウチワ代わりに扇いでいました。
(のちに「譜面で扇ぐとは不謹慎だ」と叱られます)

そんな中、集合時間ギリギリにやって来た同期の女子は、毛糸のセーターを着用。
言うに事欠いて

   う ~ 。  寒 ~ い 。

この発言と彼女の服装に教室内は騒然となりました。

このコは幼少期を海外の熱帯地方で過ごしたコで(場所は忘れました)、
サソリに刺されたこともあるというツワモノです。
その時の毒で感覚がおかしくなってしまったのかと、真剣に思いました。

二回目はつい最近のこと。

こちらもやはり女性なのですが、「今日も暑いね」とメールを送ったのは一週間ほど前。

返信の内容は

うそ~! 寒くてコタツに入ってるんだけど!!

おいおい。

   「うそ~!」はこっちのセリフですから!!

いくら日本が南北に長いといっても、六月下旬にコタツにあたっている人は
そう何人もいないと思うのですが…。

というわけで、先に挙げたお二人は今頃「最近はようやく暖かくなってきたね~」などと
言っておられることでしょう。

暑さはこれからが本番。

皆さん、体調を崩さぬように注意しましょうね。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »