ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 「ハンカチ王子」の経済効果 | トップページ | 「彼女」が教えてくれたこと »

2006年8月28日 (月)

久々のご対面

昨日、サンストリート亀戸に関口由紀さんのライヴを見に行ってきました!

15時からのライヴでしたが、せっかくショッピングモールなので現地で昼食を
摂ってから店内をウロウロしてみようと思い、13時頃に到着しました。

イタリア料理屋のオープンテラスでビールを飲みつつパスタをつついていると、
たまたま始まった由紀さんのリハーサルの様子が聞こえていきました。

キーボードの調子を確かめるように奏でられる「黄色の薔薇」のイントロ、
そして「月に叢雲 花に風」「水鏡」の一部を歌い…。

ん?
なんだかいつもと感じが違うような…。
普段に比べるとなんとなく声の伸びが無い感じがするし、
ブレスの間隔が短い気がするな。
レコーディングや撮影続きで、かなり疲れているんじゃないかなぁ…。

気になったのでちょっと姿を覗き見ようとしたのですが、ワタシの席からは
死角になっていてマーケット広場は見えません。
が、どうやら無事にリハを終えたよう。

「大丈夫かなあ?」と思いつつも、ライヴまではまだまだ時間があるので
ワタシはもう一杯ビールを頼んでしまいました。

そして時は15時。
いよいよライヴ開始ですが、由紀さんは5組中4番目の出演だったので
16時半過ぎの登場となりました。

今回は

①月に叢雲 花に風
②夏の幻
③闘争心
④水鏡
⑤最後の太陽

の5曲を歌ってくれました。

それでは「月に叢雲 花に風」「夏の幻」「闘争心」三曲続けて…

お!
「夏の幻」歌ってくれるのか!
CDになってる曲の中で、これだけ聞いたことないんだよね。
来て良かった~!

そしてリハでのワタシの心配をよそに、由紀さんワールド全開!
圧倒的な声量と高音。
経験が裏付けとなってきたのか、アーティストとしての存在感もグッと増したようです。

   やっぱり生歌はいいねえ。

            そして関口由紀、最高!!

ワタシのテンションはうなぎのぼりです。

そして「小津の秋」の上映が11月以降になる事を告知した後、「水鏡」を。

以前も書きましたが、曲そのものはもちろんのこと

♪夢の中~ 現なんて~ 忘れちゃいな~♪

の部分がワタシは特にお気に入りです。

昨日もこの部分では鳥肌立ちました。

   イ イ ッ ス !  最 高 ッ ス ! !

そしてこの日最後の曲に。

10月発売のアルバムから「最後の太陽」。

初めて聴く曲に心躍ります。

曲の頭は低い音を使い、サビでは高くパンチのある音を使う感じで
由紀さんの魅力を堪能することができる曲でした。

が…!
曲も盛り上がり、あと少しというところでアクシデントが発生しました。

   あ っ ! !  (゚ロ゚;)

何らかの理由で喉に違和感を感じたらしく(ワタシにはそう見えた)、
わずかな時間ですが曲の途中で歌えなくなってしまったのです。

大丈夫か!?
やっぱり調子悪かったのか…!!

なんとか無事に歌い終えはしたものの、進行役とのトークでは
「失敗しちゃいました」(という趣旨)と。

表情からは読み取れませんでしたが、おそらく本人は不完全燃焼であり、
悔しく、そして何よりもショックだったのではないでしょうか…。

しかしワタシとしては昨日のアクシデントそのものよりも、由紀さんの体調の方が
心配です。

一ファンのワタシが心配したところでどうにもなりませんし、言っても仕方のない
ことですが

ゆっくり休まれた方が…

って。
アルバム関係の仕事が終わるまでは無理なのでしょうね…。

え~。
少々暗い感じになってしまいましたね。

おかげさまで、久々に彼女の生の声を聞いた今日のワタシは気分爽快!
由紀さんからまたしても元気をもらいました。

   関口由紀さん、本当にありがとうございます。

これからも無理をし過ぎずないように、由紀さんらしく頑張ってください!!

あ。
ものもらい、完治したようですね。
おめでとうございます(笑)!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ついでなので、昨日出演したその他の方たちのご紹介を。

さくら組さん、pinkishさん、バジルさん、そして相原勇さん。

相原さんは言うまでもなく「ピーターパン」です。

さくら組さんでは前列に陣取っていたオジサン達が望遠レンズで撮影する姿と
一緒に振り付けをする姿に驚きました。
お話の世界だけの出来事なのかと思っていましたが、ある意味で貴重な経験を
させてもらいました。

pinkishさんは10代半ばの女の子達が童謡をアレンジして歌うという姿に
新鮮さを覚えました。
ワタシとしてはアレンジを変えてでも「童謡」というものを歌い継いでいくべきだと
思います。
そういう意味では彼女たちの存在は貴重だと思いますし、
頑張ってもらいたいとも思います。

バジルさんは大人の世界でした。
「さくら組」「pinkish」とキャピキャピ路線(?)に圧倒された後の登場に、
なんだか妙にホッとしました。
「ライヴのアンケートに『作曲します』と書いた事が結成のきっかけ」って…。
そんな出会いもあるんですねぇ。

そんなわけで、色々な体験をしたライヴも終わり、今度は告知を。

   次回の関口由紀さんのライヴは

       9月24日の江古田マーキーです!!

が、残念ながらワタシは行かれません。
日曜の昼間なら行かれる可能性があるんだけどなぁ…。

« 「ハンカチ王子」の経済効果 | トップページ | 「彼女」が教えてくれたこと »

コメント

ピッペンさん>
こんにちわ!
ワタシもマーキーは無理ですが、またライヴに行かれた時にはもちろんアップしますよ!
ワタシはインストアライヴばかりを拝見しているので、たまにはお金を払ってライヴに参戦しないと由紀さんに申し訳ない気分です…(苦笑)。

にゃん太郎さん、こんばんは!
いいですね~、関口さんのライヴ行かれたのですね!
ライヴ・レポートして頂きましてありがとうございます。
僕も久々に関口さんの生の歌声を聴きたいです。
9月24日のライヴ、僕はちょっと無理そうです…。
また関口さんのライヴに行かれましたら、レポートをお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/11642785

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のご対面:

« 「ハンカチ王子」の経済効果 | トップページ | 「彼女」が教えてくれたこと »