ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 当て逃げ、怒り心頭に発する | トップページ | 「ゲド」ではなく「ハウル」 »

2006年8月 3日 (木)

デュエット曲の難しさ

シングルCDを買いました。

作品は

  S m i l e   角松敏生withチアキ

関口由紀さん以外のシングルを買ったのは、実に何年ぶりかのことです。

ワタシにとっては久々に心揺さぶられる曲でした。

ラジオから流れるこの曲を耳にした時、ゆったりと流れる大河の前に立ったような
安堵感・抱擁感に包まれました。

曲の素晴らしさは当然ですが、お二人の声の溶け合い方が本当に素晴らしい!

これはあくまでもワタシの見解ですが、デュエット曲というのは曲の出来が良くても
歌い手同士の声質が合わないと、作品としての完成度が著しく落ちてしまうと思います。

そんな作品がいくつか頭の中に浮かびますが、今回はワタシが勝手に完成度が高いと
思っているデュエット曲を三曲ほど挙げさせていただきます。
(ただしマニアックです!)

①「Smile」 角松敏生withチアキ

まずは前出のこの曲を。
失礼ながら「チアキ」さんという名前を聞いたときに思い浮かんだのは「千秋」さんでした。
「千秋」さんは以前ポケットビスケッツで曲も出しましたし、その時に彼女の歌唱力の
高さも認識していたので。
しかし曲を聞いてみるとどうも様子が違い、ジャケットを見て別人であることを確認。
今回の「チアキ」さんは沖縄を中心に活動しているグループ「しゃかり」のボーカリスト
とのこと。
大変失礼を致しました。

②「あなたを愛したいくつかの理由」 さだまさしwith玲子

「玲子」とは、さだまさし氏の妹である佐田玲子さんです。
まさし氏のアルバム「夢の吹く頃」などに収録されている作品ですが、
兄弟だけに声の溶け合い度は抜群です。
というか、実は初めて聞いた時にはまさし氏の声を被せた男声デュエット曲だと
思いました。
詞・曲ともに素晴らしく、音楽ファンのすべての方に一度は聞いて頂きたい作品です。

③「Love is alive」 ASKA with岩崎宏美

こちらはCHAGE&ASKAのASKAさんのソロアルバム「SCENE II 」に収録されている
作品で、岩崎さんは「聖母(マドンナ)たちのララバイ」の岩崎さんです。
実力派二人の競演は、一聴の価値有りです。

と、こう書いているうちにどの曲も聞きたくなってきました。

更に言えば歌うのも好きなワタシとしては、

  素 敵 な 女 性 と カ ラ オ ケ で … 。

はいはい。
わかってますって!
歌のレベルも男としてのレベルも、身の程をわきまえろというのでしょう?

ええ、ええ。
わかってますって…。

。。。。。。。。。。。。。。。。

追記:角松氏とデュエットしているチアキさんの表記ですが、「しゃかり」さんの
    HPでは「チアキ」となっています。
    しかしSmileのジャッケットでは「千秋」となっています。

« 当て逃げ、怒り心頭に発する | トップページ | 「ゲド」ではなく「ハウル」 »

コメント

kuma子さん>
わかってますよ~(笑)。

tozailine40さん>
貴殿の好きなデュエット曲は「二人のアイランド」かと思っていたのですが…。

はじめましてさん>
こんにちわ!
ご訪問とコメントをありがとうございました(礼)。
関口由紀さんがデュエット曲を作ったら、ワタシの中では無条件で「デュエット曲No.1」に決定ですね!

実は5、6,7日と長崎に行ってきます。勿論、さださんの長崎稲佐山ライブです。今回で20回目です。まさしさんと玲子さんに会いますので、デュエット曲の件伝えます。息がぴったりだと。それと関口由紀にもデュエット曲作らせます、歌ってくれますか?本気です。

ツッコミたいけど、・・・ガマンガマン
私は「忘れていいの」が好きです。やはり歌ってくれる相手がいないけど。

・・・・わかっていればよろしい・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/11209313

この記事へのトラックバック一覧です: デュエット曲の難しさ:

« 当て逃げ、怒り心頭に発する | トップページ | 「ゲド」ではなく「ハウル」 »