ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 犬、飼いたい! | トップページ | 明日は静岡 »

2006年9月13日 (水)

飲酒運転はなくならないのか?

こんにちわ。

酒好きのプロドライバーが、飲酒運転問題について語る時間がやって来ました。

前々から書こうかと思っていたのですが、重たい話になりそうですし、
うまく自分の考えを表現できる自信がなくて躊躇していました。

ですが今日は思い切って挑戦してみます。

ワタシは我ながら酒好きだと思います。

しかし350mlの缶ビールを1本飲んだらアルコールが体内に回ったことを
自覚できるくらいですから、決して強くはありません。

だからと言うわけではありませんが、ワタシは生涯で一度も飲酒運転をしたことは
ありません。
ま、これはごく当たり前のことであり、決して誉めてもらう必要もないことです。

しかし「当たり前のこと」をしない無責任な人達の行動で、憤りを感じる事件が
日々起きています。

的確な判断ができる状態で運転していても事故は起きるのですから、
判断力が鈍っている状態で運転したら事故が起きるのは当たり前です。

「事故」というのは「思いがけずに生じた悪い出来事」のことですから、
飲酒運転で起きた事故は「事件」であるとワタシは思います。

昨今では「危険運転致死罪」というものができましたが、内容としてはまだまだ
甘いと言わざるを得ないと思います。
飲酒運転で死亡事故を起してたら、ハッキリ言って一般の殺人事件と同様の扱いで
良いと思います。

ここで一つの記事を。

  懲戒免職の教諭が「重すぎる」と不服申し立て

(詳細はこちらをどうぞ)

こういう考えの人が教壇に立っているかと思うとゾッとします。

話が逸れそうなので、「教諭」ということには今回はこだわりませんが、
検問などで酒気帯びで捕まったら「ついてない」とか「みんなやってるだろ」とか
思う人が世間に溢れていることは間違いありません。
だから現実に飲酒運転による事故が起きるわけです。

実際にワタシが仕事で夜中に運転している時にも、明らかに酔払い運転だと
思われる車によく遭遇しますし。

では、少しでも飲酒運転を減らすにはどうしたら良いのでしょう?

ワタシが考えるのは3つ。

まずは

①飲食店での酒類販売の規制とその店舗に対する罰則強化

ワタシが仕事中に食事をしていて大変気になると同時に腹立たしく思うのが、
明らかに車で来ているお客にまったく抵抗なく酒類を提供するお店がたくさんあると
いう現実です。
ハッキリ言って、断るお店を見たことがありません。

飲む人が一番悪いのは当たり前ですが、出す店も出す店だとは思いませんか?

明らかに車での来店客をターゲットにしている飲食店での酒類の販売は禁止する
べきではないでしょうか?

また、駐車場のある居酒屋がありますよね?
あれはどうなんですかね?

たしかに「食事」に来る人もいるかもしれませんし、グループで来店して
その中にお酒の飲めない人、飲まない人がいるかもしれません。
その人が運転して帰れば何も問題はないのでしょうが、
そのようなお客がそうそういるとは思えません。

極論を言えば、

   駐車場のある飲食店は酒類販売禁止!!

くらいの勢いでも良いのではないかと思います。

②職場での厳しい処分

先ほどの「教諭」の話ではありませんが、勤務時間外でも飲酒運転が発覚したら
無事故(検問などで酒気帯びが発覚するなど)であっても懲戒処分を与えるような
世間の風潮を作るべきではないでしょうか?
社会的に無責任な行動を取る人間が、責任ある仕事が出来るとも思えませんし。

こちらは余談ですが…。

ワタシは事故を起した加害者が勤務先などで社会的制裁を受けることには
前向きなのですが、加害者の勤務先が責任を問われるような社会の風潮には
少々疑問を感じています。

先日起きた福岡の飲酒事故の時に、福岡市長が会見で頭を下げていましたよね?
あれはどうなのでしょう?

ここからはワタシ個人の考えで、「賛同しかねる」という方もいらっしゃると思いますが、
事件が起きたのは明らかに市長の監督外の所である気がするのです。

幼い3人のお子さんの命を一度に失ったご遺族の心中を思えば、
市長が一個人としてご遺族にお悔やみを述べることは当然でしょう。
また市長本人が責任を感じ、ご遺族に直接お詫びしたいというのならば
それは周囲の人がどうこう言う問題ではないと思います。

しかし、記者会見までする必要があるのでしょうか?

もしその必要があるのなら、同様の事件が起きるたびに加害者の勤務先のトップは
市長と同じ事をしなければならないのでしょうか?

今回の加害者は公務員でした。
公務員だと記者会見が必要なの…?

今回の事件は本当に痛ましく、ご遺族の方には心からお悔やみ申し上げますが、
ちょっと疑問を持ったワタシなのでした。

話を元に戻しましょう。

③飲酒検問をひたすら強化

繁華街でも郊外でも警察の皆さんに頑張ってもらうしかありません。
「犯罪」が起きてから動くのではなく、犯罪を抑止するために動いていただきたい。

とまあ、ここまで書いて思い出したのですが、まだ仏壇屋に勤めていた頃ですから
もう5年以上、いや10年近く前のことでしょうか。

後輩と飲みに行き、ほろ酔いのままゲームセンターに入りました。

その頃、「セガラリー」という車モノのゲームにこっていて、その時もやる気まんまんで
運転席に座りました。

が。
まったく思うように操作できず、アッと今にゲームオーバー。

自分では普段どおりに操作しているつもりだったのですが、
まったく思うとおりに(ゲームの)車が動いてくれなかったのです。

たかがゲームではありましたが、飲酒運転の危険さを実感する事となったのでした。

とにかく皆さん。

当たり前ですが

   飲むなら乗るな、乗ったら飲むな

ですよ。

それから皆さん、

 運転する人には絶対に酒を勧めてはいけません。

何かあった時に困るのは運転していた本人ですし、
後味の悪い思いをするのは他でもない、あなたなのですから。
(現行法では運転するのが分かっている人に酒を飲ませると逮捕される事もあります)

運転免許を持っている酒好きの皆さん、本気で考えてみて下さい。

飲酒運転の車に自分の家族が殺されたら、

        あなたはどんな気持ちになりますか…?

…。

はい。
お互いに今の気持ちを忘れずに、楽しいカーライフを送りましょう。

« 犬、飼いたい! | トップページ | 明日は静岡 »

コメント

Oddyさん>
今朝はどこぞやの教育長が酒気帯びで検挙されたそうです。
何を考えているんだか…。

まずは規範となるべき自治体から行うべきと思っていましたが、やっと飲酒運転撲滅宣言のを行う機運が出てきましたね。
でも、これってとっくにやっているべきじゃなかったんですかね?

kuma子さん>
イタチごっこですからねぇ。
国内でも「アルコールを感知するとエンジンが~」が実用される方向のようですが、他人に息を吹き込んでもらえば…。
運転代行が最も有効な手段だと思いますが、代行の人達がお客のところに向かう時の運転って、ヒドイ運転する人達が多いんですよねぇ。
夜勤の時にいよくイライラさせられます…。

ビーストさん>
こんにちわ!
ワタシも同感です。
シュミレーターでかまわないので、通常時と飲酒時で体験させる方法を真剣に考えるべきだと思います。

どうも、ビーストです。
 
 私は運転免許も車も持っていないのでアレなんですが、やはり酔っ払ってゲームセンターに行ってガンシューティング系のゲームをやったらまったく照準が定まらずに驚愕した覚えがあります。
 
 アルコールがどんな影響を及ぼすかの教育が、学校のみならず職場や企業でも必要な時期なのかもしれませんね。

いつ書くか、と思ってました。私は賛同致します。ここまで来ると残念ながら、自己責任においての飲酒運転規制は限界に来ていると思っています。新しい規制の方法として注目されているのが息を注入してアルコールが検出されるとエンジンかかからない機能をつけるという事。外国では増えて来ているそうですので、自動車の得意な日本で是非標準装備にしてほしいと思いました。
私の友人は車で通勤をしなくてはならず、どうしてもお酒の席に呼ばれて仕方ない時に限り、代行運転を呼ぶ事にしています。これも、いまや常識になりつつありますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/11875608

この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒運転はなくならないのか?:

» 減らぬ飲酒運転 [野獣の食卓]
どうも。ビーストです。   連日、飲酒運転による痛ましい事故が報道されていますね [続きを読む]

» ライセンス保険 [ライセンス保険〜駐車禁止やスピード違反に保険の一つとして・・・]
身近な交通違反(駐車違反・スピード違反など)の反則金を補償する。それがライセンス保険です。 [続きを読む]

» 飲酒運転撲滅運動への道 [ ★武千代日記]
忘年会の季節になりました。繁華街のネオンが恋しくなるほど、最近忙しくって飲みに出 [続きを読む]

« 犬、飼いたい! | トップページ | 明日は静岡 »