ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 祝!温水洗浄便座設置 | トップページ | 秋の情景 »

2006年11月 1日 (水)

相次ぐ自殺に思うこと

   死 ん だ ら ダ メ だ ! !

強く思います。

以前ワタシが仏壇屋にいた頃、夫婦で来店された40代と思われるご主人が言いました

オレ、もうすぐガンで死ぬんだよ。
自分の入る仏壇は、自分で決めたいと思ってね…。

その他にも、お届けに行った先々で病気や事故で亡くなった方たちのご家族の
話を聞くたび

生きられる人は、頑張って生きなきゃいけないんだ

とワタシは強く思いました。

イジメられっ子だったワタシとしては、自殺という結論に辿り着いてしまったしまった
子供たちの気持ちを考えると本当に胸が痛みます。

でも…。

「生きたい!!」と心から願っていても飢えや病・事故で倒れていく人達が
たくさんいるのに、生きていくことができる人が自らの命を放棄することは
絶対に許されない

とワタシは思います。

とまあ、理屈っぽいことを言ってみました。

本当はもっと理屈をこねたいのですが、あまりに重たくなってしまいそうなので
ここはあえて少し軽めに言ってみます。

実際のところは、

   生 き て て ナ ン ボ

ですよ、やっぱり。

生きてれば良いことも必ずあります。
ワタシがそうですもの。

今いじめに苦しんでいる子供たちがいたら聞いて欲しいと思います。

これはワタシの持論ですが…

   人間は誰もが同じだけの幸せと、

       同じだけの不幸せを経験するのです。

だから今が不幸せでも、必ず良いことありますから!!

そう思ったら、ちょっと気が楽になるでしょう?

さて。
とは言えイジメ問題を作り出さないような社会や学校にしなければなりません。

聞いた話ではイジメた側を処分したり、矯正プログラムを受けさせたりする国も
あるそうです。
日本もそうしたら良いのに。

イジメっ子ばかり集めた学校とかを作って、

あそこ卒業なの!?
かっこわり~。

みたいな風潮を作ってしまうとかね。

考えてみればイジメられる人よりもイジメる人の方が「かわいそうな人」なのかも
しれません。
心が狭かったり、心が病んでいるからそんなことをするのでしょうから。

今のご時勢では「いじめられている友達がいたら助けなさい」とは教えられないかも
しれませんが(本人もイジメられてしまいそうなので)、せめて「イジメに加担しては
いけない」とか「弱い人をいじめちゃダメ」とかいう教育を思春期のお子さんをお持ちの
親御さんにはして欲しいものです。

« 祝!温水洗浄便座設置 | トップページ | 秋の情景 »

コメント

まるこめZさん>
こんにちわ!
なんだかイジメによる自殺の報道が、自殺の連鎖を生み出しているような状況になってしまっていますね…。
亡くなった方には申し訳ないのですが、本音を言うと「死ぬ勇気があるなら、もっと別の決断ができただろうに」と思ってしまいます…。
イジメがあることも自殺という道を選んでしまう事も、本当に残念に思います。

にゃん太郎さん、こんばんは、
まるこめZです。
読んでて僕も同感ですね。

死んだら、元も子も無いですから・・・。

僕だっていじめられたことがしばしばあり、
「死のうか・・・」と思ったりもしました。
でも、ふっとこんなことも考えるのです。
「自殺なんかしたら、
かえっていじめたヤツは俺のことを、
『やーい死んだ、ざまぁ見ろ!』と言って
せせら笑うんじゃないのか?そんなのイヤだ!」と。
そう思ったら、自殺なんて出来なくなりました・・・。
あと、あれしたいこれしたい、って願望(あるいは欲望?)も
ありましたから・・・。

今、たやすく自殺してしまう子供たちが多いですよね。
中には、「自分が死んだ後の、みんなの困った顔が見たい…」
って考えで自殺するヤツもいるみたいですが・・・。

そんな彼らに僕はこう言いたいですね。
「ちょっと待て!何考えてんだ!
自殺したら、親は悲しむし、
いじめたヤツはお前のことを『ざまぁ見ろ』とせせら笑うぞ!
そんなんで本当にいいのか?
死にたいほどつらいだろうけど、
冷静になって考えて欲しい・・・。」と。

ピッペンさん>
「自分が死んだ後の、みんなの困った顔が見たい…」
そんなことを考えながら「死んでみる」人もいるのではないかと思ってしまうほど、自殺が多すぎると思います。
もちろん死んでしまえば困った顔をする人達がいるのでしょうが、当然ながら困った顔を自分で見ることなどできるはずがありません。
「『死ぬ』ということがどういうことなのかが分かっていないのではないか?」と思ってしまったりもするワタシです…。

にゃん太郎さん、こんばんは。
僕もにゃん太郎さんと同じ意見でございます。
僕の親友は、8歳で心臓病のため亡くなりました。
彼はもっと生きたかったはずなのに…。
というわけで、自殺は賛成できないんです。
どこかで聞きました。
「自殺は問題を解決するのに最も時間のかかる方法だ」と。
生きていれば、色々な解決方法も見つかるはずですし、必ず何かいいことがあるはずなんです。
そんなわけで、もっと自分の命を大事にして欲しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/12514348

この記事へのトラックバック一覧です: 相次ぐ自殺に思うこと:

« 祝!温水洗浄便座設置 | トップページ | 秋の情景 »