ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 特異体質? | トップページ | 今日は真正面など見えることに気付いて(BlogPet) »

2007年4月14日 (土)

齢(よわい)

どうも。
ようやく鼻呼吸を再開できるようになった男・にゃん太郎です。

突然ですが、他人様と自分の年齢を比べて、改めて「ああ、そういう年齢なんだ」と
思うことってありませんか?

そんなこと、あんまりないよ! d ( ̄ ・ ̄)

という方もいるかもしれませんが、まあお付き合い下さい。

なぜこんなことを言い出したかと言いますと…。

関口由紀さんがブログで「あ、私、大人だ」と感じたということを書いていたのに加え
(詳しくはこちら)、昨日ワタシも同じようなことを体験したからです。

え~。
30代の半ばを過ぎた皆さん、

   医者に行ったら、先生が明らかに

   自分より年下だったことはありませんか??

ワタシは最近こういった状況によく遭遇するのです。

いえいえ。
だからと言って、決して頼りないと思ったりするわけではないのですよ。
ただ、「先生」と呼ばれる人達が自分より年下…。

つまりは自分がそれなりに齢を重ねてきたのだなぁ

と、そんなことを感じるわけです。

はい。
齢を重ねたということを、決して嘆いているわけではありません。
その歳にならないとわからないことや楽しめないことって、たくさんありますからね。
そうなっていくことは素晴らしいことだと思いますし、楽しみなことでもあると思います。

ちなみにワタシは過去に何度か「ああ、そういう年齢なんだ」と思ったことがあります。

ちょっと紹介しますと

①子供の頃オッサンに見えていた甲子園の高校野球児が、
  なんだか子供に見えるようになった。(20才を過ぎた頃)

②いつの間にか「アイドル」と呼ばれる芸能人が、みんな自分より年下に
  なっていた。(25才を過ぎた頃)

③幕内力士のほとんどが、自分より年下だった。(30才を過ぎた頃)

④気付いたら一流のスポーツ選手に、自分より年上の人が数えるほどしか
  いなくなっていた。(35才の足音が聞こえてきた頃)

と、ここまでは著名人との比較です。

番外編としては…

中学の同級生が、二度目の結婚をしやが… ゛(`ヘ´#)
いや、二度目の結婚をしなすった。

とまあ、色々ありました。

これからも似たような機会が訪れるのでしょうね。

予想されるのは「プロ野球の監督」が年下になる。
「総理大臣」「不祥事で頭を下げる経営陣」「大物政治家と呼ばれる人達」。
場合によっては「陛下と呼ばれる人」ということもあるかもしれません。

一般的には昇進、結婚、出産など自分がそれなりの年齢になったことを
自覚する機会は多いのかもしれませんが、残念ながらワタシは独身(甥姪もいない)。
仕事もいわゆるサラリーマンではないワタシは、なかなかそういったことを
経験することがありません。

それが災いして、恥ずかしながら未だに学生気分が抜けません。

日常生活の中で大人としての経験値を獲得しにくいワタシは、様々な角度から
物事を観察・判断しないと同年代の仲間の考え方とどんどん離れていって
しまうのでしょう。

いやいや。
決して自分を卑下しているのではないのです。
ただ、自分が歳相応の考え方ができるようになりたいだけなのです。
そして仲間達と同じ場所に立っていたいのです。

人生死ぬまで勉強。
頑張って生きていきたいと思います。 ( ~-~)_∩」 ←チカラコブ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Img_0563

本日午前5時45分、会社隣りの

芝生養成地にキジが出没。

もちろん野生です。

自然豊かな環境の我が社。

日中にはウグイスが素晴らしい声を

響かせています。

Img_0569_1

今年の谷渡りは最高の声です。

(ケキョケキョケキョという鳴き方)

鶯谷駅のウグイスの声よりも

良い声です(笑)。

« 特異体質? | トップページ | 今日は真正面など見えることに気付いて(BlogPet) »

コメント

まゆさん>
「先生」と呼ばれる人が年下になると、複雑ですよね(笑)。
そして「齢相応」の基準もまた難しいと思います。考え出すときりがないので、ワタシはその辺は深く考えすぎないようにしています。
キジはたくさんいるようで、あちこちから鳴き声が聞こえてきますよ。
写真は物陰からズームして撮ったので警戒しているようには見えないかもしれませんが、実際キジは用心深い鳥で、なかなか姿は見せてくれません。
ちなみに我が社は四街道の中でも自然の多い場所にありまして、カッコウの声が聞こえたり、まれにウサギが出没したりします(笑)。

ピッペンさん>
ピッペンさんも、時期に大台ですからね…(笑)。
こちら側でお待ちしてますよ~。

悩める竿師さん>
あら。入院ですか。それは大変でしたね…。
看護師の方たちは年下が多いですよね~。過酷な労働条件で離職率が高いことも影響しているのでしょうね。

自分は昨年入院したのですが、その時に看護婦さんが年下が多かったことと、他人に自分の年齢を言うと「そんな歳なんですね~」なんて言われると、今時分は世間一般で思われている「いい歳?」なんだなと思いますよ。

にゃん太郎さん、こんばんは。
僕も最近はそういう風に感じることも多いです。
気づいたときには高校球児ははるか年下。
グラビアアイドルも年下ばかり。
うーむ…。

お医者さんが年下・・は経験あります。とっても複雑な気持ちになりました。
齢をとるのは嬉しいと思えませんが、でも、齢相応の考え方や身の振り方ができなければ・・と焦ったり、反省したりしています。
四街道辺りでキジって出るんでしたっけ?写真の様子では、全然警戒していないようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/14672501

この記事へのトラックバック一覧です: 齢(よわい):

« 特異体質? | トップページ | 今日は真正面など見えることに気付いて(BlogPet) »