ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ホケキョ? | トップページ | にゃん太郎です(BlogPet) »

2007年6月10日 (日)

ハエハエ カカカ

どうも。
「フラガール」のサントラを聴いただけで泣きそうになる病んだ男・にゃん太郎です。

ご存知の方も多いと思いますが、ワタシは現在30代後半です。
同世代かそれ以上の方はちょっと思い出していただきたいのですが、
ワタシ達が子供の頃って、今くらいの時期から晩秋にかけて、家の中にハエが
飛んでいませんでしたか?
少なくとも我が家では毎日ハエが飛んでいて、食卓の上の残り物にはハエよけの
小さい蚊帳のようなモノを掛けてありました。

当時の我が家にはエアコンなどという物は無く、暑ければ窓を全開にしておく生活
だったためにハエが外から容易に入って来られたのだと思います。
(当時は真夏でもエアコンが無ければ耐えられないような日は無かったものです)

そんな環境でしたから、当時のにゃん太郎少年は年間の半分近くは
ハエ叩きを片手に家の中をウロウロしていたわけですが…。

皆さん、最近は本当に目にする機会が減ったと思いいませんか?
ハエ叩き。

理由はもちろん、ハエが激減したからだと思います。
関東近郊の住宅街にお住まいの方で、ハエに悩まされている方はほとんど皆無だと
思われます。
もちろんワタシもその一人…、だったのですが。

今年は少々様子が違いまして、我が社の周りではハエが大量発生しています。
掘っ建て小屋のような我が社の事務所内では、退治しても退治しても常時5匹程度は
彼らが楽しそうに飛び回っており、一日当りの駆除数は10匹を超える日もあります。

ワタシは無用な殺生は嫌いなため、物理攻撃を仕掛けるハエ叩き部隊は所長に
お任せしているのですが、あまりにも彼らの数が多いために、さすがのワタシも
何か手を打たねばならにと思うようになりました。

で。
そこで考えついたのは、頭脳戦。
またの言い方を罠。

いそいそとホームセンターに買い物に行き、袋の中から取り出したのは…

   ハ エ 取 り 紙 ~ (←ドラえもん風)

はい。
5個入りで、248円なり。

いまどき売ってるのか!?

と突っ込まれそうですが、買い物に行った店では蚊取り線香などと共に、
最も目に付きやすいエンドに陳列されていました。

で。
もちろん早速設置しました。
天井からぶら下がるハエ取り紙は、なんとも懐かしい感じです。

これでハエ叩き部隊の出番も減るだろう  -t( ^o^)。o 0 プハー

と思ったのですが…。

いやはやどうして。
ハエもバカではないようで、一週間で罠にかかったハエはわずか6匹。

248円で6匹というと、1匹当りの退治にかかる費用は約40円です。

   これってどうなのよ?

      コストパフォーマンス的に。 ( ̄~ ̄;)ウーン・・・

かくして実戦担当・ハエ叩き部隊の活躍は、今なお続いているのでした。

ちなみに我が社の周囲、少なくとも500mくらいまでは「ハエの楽園」が広がって
いるようです。

隣りのパチンコ屋ではコーヒーを売り歩く「コーヒーレディー」がハエ叩きを握りしめ、
そのまだ先にあるコンビにでも、レジカウンターの裏にコッソリとハエ叩きが
置かれているのを確認しました。

今の子供はハエ取り紙やハエ叩きを見ても何に使うのかわからないんだろうな

などと思いつつ、まとわりつくハエを追い払いながらの内勤週間でした。

20070609125340  

ぶら下げたハエ取り紙。

…。

それにしても、壁紙が汚いなぁ。

 

 

 

« ホケキョ? | トップページ | にゃん太郎です(BlogPet) »

コメント

武千代さん>
こんにちは!
そう。その下で食事していましたよね~。
最近はすっかり衛生的になりましたが、少々過敏になりすぎな感じがしてしまいます。
今の子供たちにも「風情」というものを知ってもらいたいですね~。

ピッペンさん>
こんにちは!
ナイス右です(笑)!!
ワタシの部屋は4階ということもあってか、なかなか蚊には遭遇しませんね。
今回は蚊を駆除しなければ、ピッペンさんご自身が直接被害を蒙ったわけですから、「無益」な殺生ではないのではないでしょうか??

にゃん太郎さん、こんにちは。
僕のいる辺りではハエはほとんど見ませんね。
蚊はたま~に侵入してきますけど…。
昨日、耳元に止まった蚊を「黄金の右」でしとめました。
無益な殺生を…申し訳ございません。

にゃん太郎さん、こんにちは。

ハエにしろ、蝉にしろ、『一寸の虫にも五分の魂』と思えども、ゴキちゃんだけにはその言葉が全くあてはまらない男・武千代です。

ハエとり紙懐かしいです。まだ売ってだんですね。昔は定食屋さんなどには必ず天井からぶら下がっていましたし、ハエや蚊、羽蟻などもついていましたが、その下のテーブルで定食を食べていたのですから、古き良き時代・昭和は風情がありましたね。

また、今は亡き祖父の家に泊まるときに蚊帳で寝たのを思い出します。今の若い子は蚊取り線香がブタの置物に入れて焚くことも知らないんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/15378439

この記事へのトラックバック一覧です: ハエハエ カカカ:

« ホケキョ? | トップページ | にゃん太郎です(BlogPet) »