ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月30日 (火)

早朝散歩

どうも。
天皇賞も終わり「もう年末だ~」と思ってしまう男・にゃん太郎です。

競馬ファンの方はお分かりでしょうが、天皇賞・秋→ジャパンカップ→有馬記念って
あっという間にやって来るんですよね~。
有馬が終われば、まさに年の瀬ですから…。

さて。
ワタシは休みの日の早朝に、なるべく散歩をするようにしています。
運動不足の解消と、近所を探検することが目的です。

何故早朝かですって?
それは空気がキレイだし、人も少ないし、何よりも夜明けが好きだから。
ちなみに散歩開始は五時半くらいが多いです。

Img_1243

 

 

 

←そんな時間なので、今の時期はまだ暗いです。

一昨日、玄関を開けた瞬間はこんな感じ。

 

 

 

で。
今日は皆さんに、ワタシの散歩コースの一部をご紹介。
相変わらずしょうも無い写真ですが、お付き合いいただける方はご覧下さい。

一つ目は、「四街道」という名前発祥の地です。

JR四街道駅のそばに「四街道十字路」という所がありまして、
まさにソコが「発祥の地」らしいです。

Img_1247  

 

こんな看板の隣に

 

 

 

Img_1248  

 

1mくらいのこんな石が。

写真では見えませんが、

石面の四方に「~まで何里」と書かれてます。

 

 

 

Img_1249  

 

全体像はこんな感じです。

大きな木は…

…たしかケヤキ。

市の保存樹に指定されています。

 

 
まだ日が昇りきっていなかったので、全体的に暗いですね~。

Img_1246  

 

こーんな月を見ながら

「発祥の地」を経由して

 

 

Img_1257コース中にあるお気に入りの

公園に到着。

六時くらいなのに

犬の散歩の人が

結構います。

 

Img_1262前日の台風のせいか

すっかり葉を落とした梢もあり

一気に秋が加速した感じでした。

公園内を一周している間に

ようやく日が昇りだし

 

Img_1263  

池に写りこむ木々がキレイでした。

 
いまは葉を茂らせている彼らも

 
あと一月もすれば冬姿でしょう。

 

Img_1258  

 

葉を茂らすもの、落とすもの。

どちらも青い空の下で

精一杯の深呼吸。

一所懸命に生きています。

 

  

Img_1268  

 
自然はやはり、偉大です。

朝早い公園で

そんことを感じさせられました。 

 
 
 

Img_1286  

実りの秋ですね。

他人様のお庭の木ですが、

赤があまりにも美しかったので

こっそり撮らせていただきました。

日が当たり、スポットライトを

浴びているようでした。

  
 
Img_1282  

秋の「実り」と言えば

やはりこちら!

とはいえ、あまり好んでは

食べないワタシです。

 

Img_1284  

そんなこんなで家が近付き、

その頃にはもうすっかり朝。

お月さんはすっかり影が

薄くなりました。

 

散歩はちょうど一時間。

真剣になって歩くと結構応えます。

次回の休みは日曜日。

またコツコツと頑張りまーす。

 

2007年10月28日 (日)

成長日記 8

どうも。
まさにいま、「秋のゴミゼロ運動」をサボり中の男・にゃん太郎です。

部屋の片隅で、息を潜めて更新中。

さて。
孵化から一週間。

今朝久々に覗いてみたら、結局ヒナは一羽だけでした。

残念ながら残りの二個の卵は下に落ちて割れていました。
明らかに黄身ではない中身で可哀想でしたが、これも自然淘汰と思いあきらめます。

で。
残った一羽は順調に成長していますが、大きくなっただけで、まだあまり毛は
生えていませんでしたね。

写真を撮ったのですが、うまく写らなかったので今回はアップ無しで。
お許しを。

実は今日は、卵が落ちていたことよりもショックなことがありました。

まずは写真をご覧下さい。

Img_1295  

 

←こちら。

 

 

 

ママです。
クリックして頂くとわかりますが、お腹の辺りの毛が…。
そして見るからに疲れた表情。

いままで飼ってきた小鳥でこんな状態になった個体を見たことがなく、
今朝目にした時には大変驚きました。

起床から五時間ほど観察していますが、特にオスにいじめられている様子もなく、
動きに精細が無いわけでもありません。
かと言って巣の中のヒナに毛をむしられているとも思えませんし…。

これはあくまでも推測ですが、おそらくは育児によるストレスだと思われます。

急な環境変化などで過度のストレスを感じると、脱毛が進み地肌が見えるまでに
なってしまうことがあると、本で読んだ記憶があります。

対処法は「ストレスの原因を取り除く」という当たり前の内容でしたが、
育児によるストレスを取り除くのってどうすれば良いのさ…。

幸い今週は早番乗務で明るいうちに帰宅できるので、とりあえずこのまま
様子を見ることにします。

頑張れ、新米ママちゃん!

2007年10月27日 (土)

ミス・ジャッポーン

どうも。
今週は仕事での小さなミスが絶えなかった男・にゃん太郎です。

さて。
内勤の一週間だったのですがね。
冒頭に書いたように、反省しなければならない日々が続きました、今週は。

書き出せばキリが無いのですが、たとえば今朝。

我々の業界には「油種キー」と呼ばれている物がありまして、この油種キーが無いと
荷下ろしができません。
(油種キーについては最後に説明を書くので、興味のある方は読んでください)

通常この油種キーは配送先に設置されているのですが、行き先によっては
これが無い場所があります。

そんな大切なものが無い配送先があるの?

と不思議に思う方もいるかもしれませんので、ちょっとご説明を。

ワタシ達のようにガソリンスタンドのマークを背負っているタンクローリーは、
通称「マーク車」と呼ばれています。
このマーク車。
ガソリンスタンドにだけ行っているのだと思われがちですが、工場や運送業者、
冬場には灯油屋さんなどにも配送に行っているのです。

で。
このガソリンスタンド以外の配送先には「油種キー」が無い所が多々あり、
そんな時には会社から油種キーを持って行き、現場で使用するわけです。

その大切な油種キーを持って行く必要があるかを判断し、必要に応じて配送をする
乗務員にキーを持って行ってもらうのはワタシのような内勤の人間の仕事です。

ところが本日。
内勤生活三年半にして、初めてその大切なものを持っていってもらうのを忘れました。

昨夕、配車表をチェックしたのはワタシ。
今朝、点呼をとったのもワタシ。
弁解の余地はございません。

今日、キーが必要だった乗務員はIさん。

本日大取りの出庫者だったIさんを送り出し、一息ついていると電話が鳴りました。

なんだぁ、おい?

時刻はまだ六時前。
こんな時間に来る電話は、良くない知らせのことがほとんどです。
出たくはありませんが、出ないわけにもいかないので恐る恐る受話器を取りました。

ワタシ) ○○○○運送でございます。

電話)  あ、Iです~。

ワ) あ、お疲れ様です…。 (--;)ドキドキ

いつもどおりの明るい声。
どうやら事故ではなさそうです。

Iさん) あのさ、一回目に行く「大○自動車学校」って、油種キーいるよね?

ワ) そうっスね。

I ) だよね~。

事故ではないようで、一安心です。
が。

I ) …。

ワ) …。

   ……?

   ………ん??

  あ゛ っ っ ! !  「( ̄□ ̄;)」シェー

わ、渡してないぞ。油種キー…。

I ) …。

   んじゃぁ、取り戻るわ。

ワ) い、今どこですか!?

I ) マックんとこ。

幸いまだ会社から10分弱の場所にいるようです。

ワ) 今すぐ持って行きます!

I ) 来てくれんの?

ワ) 行きます!

   すぐ行きます!!

   いえ、行かせて下さいっっ!!!

当然です。
こんなことで現場の人の貴重な時間を無駄にするわけには行きません。

むんずと油種キーを掴んだワタシは事務所の鍵を閉め、車に向かって猛ダッシュ。

が、我が社の駐車場は未だに砂利。
昨日からの雨が作った数々の水溜りが、車までの行く手を阻みます。

ワタシは軽やかなフットワークで水溜りを避けては走り、走っては避け、
最後に立ちはだかる最大の水溜りの前まで辿り着きました。

むむむ。

現れたな、ゾーマめ!

お前なんざ、ひとっ飛びだ!

と う っ ! !  ε= (ノ・)ノ ジャーンプ

と、次の瞬間。

   じ ゃ っ ぽ ー ん 。

ぐお! ( ̄  ̄!)

はい。
見事、水溜りに着地。
いえ、着水。

しかもど真ん中。
さらに言えば、かなり深いッス。

その後つま先立ちで水溜りから脱出する姿は、果てしなく無様でした。

ゾーマ、恐るべし…。 O=(__;;; パタ...

(ゾーマ=ドラゴンクエストⅢの最後に倒さなければならないボス。)

Iさんを待たせるのも悪いので、そのままの状態で用を足してきたのですが…。

車庫に戻ってからよく確認すると、真ん中に落ちるほど大きくないのですよ。
その水溜りは。

若かりし頃なら確実に飛び越せたに違いないのです。

ハッキリ言って、濡れたことよりも、あの程度の水溜りを飛び越せなくなっているという
現実のほうが数倍ショックでした。

まあ、いつまでも若い頃のつもりでいてはいけないということですね。

話がちょっと逸れてしまいました。

今回の「油種キー事件」は内勤になってもっともショックな失敗でした。

というのも、ワタシは内勤になって以来

現場に出てくれている仲間達に迷惑をかけない

現場に出てくれている仲間達が仕事をしやすい環境や雰囲気を作りたい

という二つのことを考えて仕事をしてきたつもりなのです。
(実現しているかは別問題ですが)

なんと言っても、内勤の時の給料は現場の仲間達が稼ぎ出した売り上げで
賄われているわけですからね。

それなのにこの体たらく。
我ながらがっかりです。

しかも、油種キーを届けた際にローリーの助手席の足元を見たら、同じ配送先で
使用するジョイントがそっと積んでありました。
これも今朝、Iさんがご自分で気付いて乗せてくれたわけです。
本来なら昨日のうちにワタシが準備しなければならない物なのに。

まあ、実はですね。
結果的には配送先には油種キーが付いたそうですし、ジョイントも代用が
利くものだったそうです。
ですからどちらも持って行かずに荷下ろしは可能だったのですが、
それはあくまでも結果論。

それが必要かどうかわからないなら持って行ってもらう、必要ないなら自信を持って
「必要ない」と言い切れる。

そういう仕事をしないといけません。

Iさん、何から何まで本当に申し訳ありませんでした。

と書いても、Iさんがこれを読んでくれているはずもなのですがね。

そんなわけで。
冴えない一週間が終わりました。
来週は初めての積み場を利用しての早番乗務。

慣れない環境で戸惑うでしょうが、気を引き締めてやらにゃぁいけませんね。

事故の無いように頑張ります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

<油種キー>

ハイテクタンクローリーの荷下ろしに必要な道具。
最近のタンクローリーは混油(灯油のタンクに誤ってガソリンを下ろすなど)防止の
ために、ハイテク化されている車が多い。。
このハイテク車は、給油口に付いている「油種キー」をCPSと呼ばれるローリー側の
機械に読み込ませることによって、ローリータンクの底弁を開放する。
荷下ろしタンクの油種とローリー側の油種が一致しないと底弁が開放できない
仕組みになっているので、この装置を使用すると混油の危険性が激減する。

鑑賞(BlogPet)

にゃん太郎と、トシへ鑑賞するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「わんたろう」が書きました。

2007年10月25日 (木)

久々に由紀さんネタ

どうも。
相変わらず高脂血症の判定が出た男・にゃん太郎です。

さて。

「最近すっかり関口由紀さんの話をしなくなったなあ」

と思っていた方。

別にワタシの関口由紀さん熱が冷めたわけではありません。

ワタシの仕事・ブログにかけられる時間・関口由紀さんの活動状況のバランスが
崩れ始めたために、なかなか記事にできないだけです。

最近では由紀さんの活動が本当に活発になりまして、ライブ、CD発売などの
予定全てをこの場にアップするのは大変な状況なのです。

そんな中、今日由紀さんのHPを覗いたら、

浜松町グリーン・サウンドFESTA

に参加されるという情報が。

ワタシと縁のある(?)文化放送さん主催のこのイベント。
ワタシとしてはなにがなんでも参加したいところですが、由紀さんの出番は11月3日の
午前中ときたもんです。

無理ッス。絶対に行かれません。

なぜなら我が社では

「土曜日に休める人は日曜日に乗務する人」

と決まっているからです。

まあ。
そういう勤務予定表を作っているのは他でもない、ワタシ自身なのですが。

由紀さんも由紀さんです。
二日間ある日程のうち、何もワタシが行かれない日に参加されなくても…。(-h-)ブツブツ

そんなわけで、今回の浜松町行きはあきらめます。

で。
ワタシとしては、せめて栃木県限定発売のアルバム「うたうたの唄」だけでも
手に入れたいわけですが、これもまた当然ながらなかなか入手することができずに
悔しい思いをしているのです。

そんなわけで。
今日のところは「うたうたの唄」の一部PVでも見て満足することに致しましょう。
(興味のある方はこちらから)

2007年10月24日 (水)

ドライブレコーダーと現実

どうも。
ようやく復調の兆しが見えてきた男・にゃん太郎です。

さて。
今日は書いて良いのか、書かないべきなのか悩んだことを書くことにします。

ワタシはこの場で何度か

どんなに注意していても、交通事故は起きる時には起きてしまう

ということを書かせていただいています。

仕事上ワタシは車に乗っている時間が長いため、今までにそういう現場や瞬間を
「現実」として何度か目にしてきたからです。

そしてこの度。
そういう残念な「現実」が、極めて身近な所で発生してしまいました。

実は先日、当社の別の営業所の車が、センターラインを越えてきた車と正面衝突する
という事故が発生しました。
こちらの車は大きいこともあって乗務員はほぼ無傷だったのですが、
相手方の車の運転をしていた方は亡くなり、助手席に乗っていた方は意識不明だ
そうです。

この場を借りて、亡くなられた運転手の方をお祈りするとともに、
意識不明の方が一日も早く元気になられることを願ってやみません。

今回の事故はお互いが走行中に発生した事故なので、法律的に言えば
「双方に過失がある」ということになるのだと思います。

こう書くと「どちらが悪いのか」という話をするのかと思われるかもしれませんが、
この場でそれを論じるつもりは一切ありません。

ただ。
車を運転することを生業としている者として、事故を分析して「避けられる事故」で
あったか、そうでなかったかを考え、今後の自分の運転に生かしていくことは
必要なことだと思います。

そんなことを考えていたら、昨日その分析に大変役に立つ資料が本社から
送られてきました。

奇しくも当社では今月からドライブレコーダーの本格稼動を始めており、
今回はその威力を検証する初めての出来事でした。

資料には、対向車の接近から衝突の瞬間。
そして衝突直後までの静止画像9枚が添付されていました。
(レコーダーには映像が録画されており、当時の速度や音声も記録されています)

その資料を見た結果、今回の場合は当社乗務員側の立場で見れば、
避けようの無い事故だったと言わざるを得ないと感じました。

現場は片側一車線の直線道路。
先には緩いカーブがありますが、そのカーブまでは相当の距離があります。

映像は先のカーブから姿を現す車を捕らえているのですが、その車が徐々に
センターラインを越えてきて、衝突の直前には車体のすべてが完全に
こちら側の車線に入っています。

乗務員は車を避けようと路肩側に可能な限り車を寄せていますが、
路肩幅が狭かったために当方の前面右側と先方の前面全域が衝突。

という悲しい結果になっています。

おそらく同じ状況下に置かれたほとんどの人は、これ以上の対処はできないのでは
ないかと思います。

繰り返しになりますが、ワタシは過失の割合云々を言いたいのではありません。

ワタシはただ

避けることができない事故が誰にでも起こりうるのだ

ということを、ここにいる皆さんに感じて欲しいのです。

そして、

車の運転とは、常に死と隣り合わせなのだ

ということも。

当社は運行中の速度管理が大変厳しく、一般道は60km/h、高速道路は80km/hを
厳守させられています。
ワタシ自身も日々その速度で走っていますので、

車相手の事故で、死亡事故は起きないだろう

と、甘く考えているところがありました。

しかし現実には、同じ運転をしている仲間がこのような事故を起こしています。

今回の事故では、相手の方は本当にお気の毒様でした。
ワタシを含む当社の乗務員達はそれぞれが感じたこと、なすべきことを胸に留めて
今後の安全運転に生かさなければなりません。

また、この記事を読んで下さった方が何かを感じて下さったとしたら、
今後の楽しいカーライフの参考にしていただけたら嬉しく思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以下、余談ですが。

今回初めてドライブレコーダが威力を発揮しました。

人命が消えるという不幸な事故に対し「発揮」という言葉を使うことは不謹慎かも
しれませんが、あえて使わせていただいた理由はその映像の鮮明さを
皆さんに伝えられる言葉を他に見つけられなかったからです。

ワタシが見たものは、PCに送られてきた静止画を精度の悪いプリンターで印刷した
ものでした。

今回の事故は夜だったのでわかりませんが、昼間に同様の事故が発生したら
おそらく衝突直前の相手の車に乗っている人の表情が鮮明に映し出されて
いるものと思われます。

それを考えると…。

あそこまで鮮明な映像が取れるカメラを取り付けるのはどうなのかなぁ

と思ってしまいました。

そこに加えて音声まで録音されているのですからねぇ。

あまりにも生々しすぎるのではないかと。

自分はもちろん、ワタシに関係のあるすべての方が、そんなドライブレコーダーの
お世話になることがないように願わずにはいられません。

2007年10月22日 (月)

ややや!

どうも。
風邪か花粉かわかりませんが、とにかくすこぶる体調が悪い男・にゃん太郎です。

うぅ…。
し、死ぬぅ~。

いま気づいたのですが。
順調に皆さんが訪問してくだされば、本日アクセスカウンターがキリ番になりそうです。

 22,222アクセスをゲットした方、

          おめでとうございま~す!! 

                   ( ^-^)ノ∠※PON!。.:*:・'°☆。.:*:・'°★°'・:*

ということで。
これからもよろしくお願いしま~す!

2007年10月20日 (土)

きのうは尊敬したいなぁ(BlogPet)

きのうは尊敬したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「わんたろう」が書きました。

成長日記 7

どうも。
研修明けの今日も休みで、すっかり曜日感覚の無くなっている男・にゃん太郎です。

さて。
下の写真をご覧下さい。

Img_1206 あ、卵がまた減ってる…。

(;´д` ) トホホ

と思ったそこのあなた!

もう少しよーく見て下さい。

卵の脇に、チョイと毛の生えた肌色の

物体が見えませんか?
そうです。

そーなんです!

遂に一個が、孵化しました~!!

先ほどエサの補充時に何の気無しに覗いて発見いたしました。

昨日の帰宅時に覗いた時にはまだ孵化していなかったので、おそらくは
昨日の夕方か今朝早く産声を上げたのでしょう。

残りの二個の卵もここ数日中に孵化すると思いますが、明日から7日間は
暗いうちに仕事に出かけて、暗くなってから帰って来るという生活になります。

故に、次回の成長日記を書く時には今日のヒナは驚くほど大きくなっているものと
思われます。

では皆さん、お楽しみに~!

2007年10月19日 (金)

研修終了

どうも。
なんだか夢の中にいるような気分の男・にゃん太郎です。

本日のメインイベントは

   タンクローリー横転体験。(限界体験)

といっても、さすがに本当に横転はできません。
実際は特殊な装置をつけたタンクローリーで40kmのスピードで走ってハンドルを切り、
タイヤが宙に浮いた状態になった状況を体験するというものです。

片輪が浮いた状態をはたから見ていると本当に恐ろしいのですが、助手席に乗って
体験すると、あ~ら不思議!

はっきり言って、浮いているのはまったくといって良いほどわかりません。

しかし、さすがに普段の乗務中に感じる

あ、ちょっとヤバイかな…

と思う時よりも「ヤバイ」の度合いが違いました。

全国的に見るとタンクローリーに限らずトレーラーの横転事故は年に何回か
発生するわけですが、おそらく事故を起こした運転手は

ヤバイ

と思った時にはもう横転しているのではないかと、今日の体験で思いました。

で。
そんなこんなで二日間の研修が終了し、15時半前に帰宅いたしました。

ここで申し上げておきますが、最初に言った「夢の中にいるよう」というのは、
前回の記事に書いた女性とは一切関係ありません。
ええ、決して。

正直なところ、参加が決定してから昨日会場に到着するまで、本当に憂鬱でした。

想像するに難くない、重たい空気。
初対面の方々との、様子を窺いながらの会話。
あまり盛り上がらなさそうな懇親会。

ですがね。
終わってみればどれもみな杞憂に終わり、アッという間に終わってしまいました。

ワタシにとっては盛り沢山の講義内容で本当に勉強になりましたし、
昨日書いたように飲み会も相当楽しかったです。

最後に配られたアンケート用紙にも書いたのですが、素直に「ありがとうございます」と
言いたくなる二日間でした。

外出(?)するたびに書くことですが、やはり外に出て行かないとダメですねぇ。
ホントに。
特に今回は同業他社の集まりということもあり、大変良い刺激を受けました。

今回ご一緒させて頂いたスタッフ及びメンバー全員に、
この場を借りて御礼申し上げます。

本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た 。

そして…。

酔っ払いのくだらない話に付き合ってくれた彼女には、お詫びさせて頂きます。

申し訳ありませんでした。m(_ _)m

いや。
決して絡んだりしたつもりは無いのですがね、いま思えば失礼なこともあったかも
しれませんし、つまらない時間を過ごさせてしまったのではないかともですね…。

そんなわけで。
もうなかなかお会いする機会も無いと思いますが、もしまたご一緒できる時が来たら、
その時はぜひまた、よろしくお願いいたします。

末筆ながら、皆様方の益々のご健勝とご安全を心よりお祈り申し上げます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

20071018211844 宿泊した東横イン川崎駅前砂子の

すぐそばで発見。

酔っ払いつつ

ココが江戸時代の大動脈だったのかと

少し感動。

2007年10月18日 (木)

研修中間報告

どうも。
憂鬱な研修の真っ最中の男・にゃん太郎です。

いま、もう宿泊先のホテルなんですがね。

いや、あのですね。
最大の憂鬱の種は懇親会だったのですが、案外…、いや。
相当楽しかったです!

ま。
似たような環境の人々と一緒だったこともあるんですがね。

参加者25人中、たった一人女性が居たのですよ。
しかも妙齢の。

その女性と隣同士で、結構長い時間居させていただきましてね。
ワタシなりに楽しませていただきました。
別に、飲みを楽しませていただいたのではなく、純粋に、会話をね。

ま。
ちょっとのお付き合いでしたが、素敵な女性でしたよ。
本当に。

ただね。
四日市の方なんですよ、三重県の。

それこそ、もう二度と会うこともないでしょう。
と、言うことで。
明日の14時半までがんばりまーす。

秋はしみじみ身に沁みて

どうも。
ただいま6時半過ぎ。
早朝散歩を終えてきたばかりの男・にゃん太郎です。

さて。
しばらく散歩をサボっている間に景色はすっかり秋の装いになっていました。

今日は自宅のすぐそばにある四街道中央公園を散策してきましたが、
木々の葉がすっかり落ちていることに驚かされました。

20071018060928 今日もまた

他愛も無い写真ですが、

とりあえず携帯電話で

撮影してみました。

季節の変わり目の早朝は

「撮りたい」と思う景色に

出会うことが多いのですが、太陽の角度なども絡んでいてその景色は本当に一瞬。

一分と経たないうちに、みるみるうちにその表情は変わってしまいます。

そんな時に

ああ、オレは悠久の時の流れと共に生きている

と感じるワタシは、チョット変?

それにしても…。
ワタシの携帯電話のカメラ。
オートフォーカスでピントを合わせるのは当然なのですが、調整中の画面では
キレイにピントが合っているのに、撮影された写真はいつも微妙にピンボケ。

いや。
それともテブレなのでしょうか?
いずれにしても、いつも思う様に撮れません。

次回からはデジカメ持参で散歩に行きますか…。

。。。。。。。。。。。。。。。

今日はこれから一泊で研修です。

元請け会社が開催する研修で、面識の無い下請けのメンバーが全国から
20人くらい集まるようです。

研修の内容そのものはイヤではないのですが、名刺の大交換会や「親睦会」という
名の飲み会が開催される予定で、そちらが非常に憂鬱です。
そういうのがイヤでトラックの運ちゃんになったはずなのに…。

そんなわけで。
仕方ないので昨日、名刺入れを購入しました。
あ。
もちろん100円ショップで売っている、銀色のヤツですがね。

2007年10月16日 (火)

成長日記 6

どうも。
行きたくない配送先NO.1に明日行かなければならず憂鬱な男・にゃん太郎です。

さて。
「成長日記 5」で

おそらく、残った卵はこの週末には次々に孵化するでしょう。

と書きましたが…。

今朝見たら、卵が三個に減っていました。

しかも下に落とされたはずの卵の残骸が残っていないという、不思議な状態。

落として割れた卵の黄身を食べてしまったのかとも思ったのですが、
殻の残骸さえありません。

庭先で飼っているならヘビの仕業も考えられますが、ベランダとはいえココは四階。
さすがにそのセンは薄いのではないかと思うのですが…。

五個の卵を見た時には「全部孵ったら大変だ」と少々憂鬱に思ったワタシですが、
三個になった今は「全部落としちゃったらどうしよう」という不安に駆られています。

我ながら勝手だなぁ…。

2007年10月15日 (月)

成長日記 5

どうも。
いいトシをして蒼井優ちゃんのカレンダーを買ってしまった男・にゃん太郎です。

さすがに買いに行く勇気は無かったので、ネットで購入しました。

さて。

Img_1199 ←こちら。

前回の記事と少し変わっています。

お分かりになりますか?

そうです。

そーなんです。

卵が一個、減っています。

気付いたら一個は、下に蹴り落とされていました。
もちろん割れていました。

おそらく蹴り落とされたのは最初に産んだモノだと思われます。

「こいつは孵らないな」と、わかるのでしょうね。

卵には可哀想ですが、生き残らないものを見抜く自然の力は偉大だなあと思います。

何かを育てるのは良いぞ。
いろんな物が見えてくる。

辛いこともでしょ?

辛いのは、嫌いかい?

好きじゃありません。

というのは新世紀エヴァンゲリオンでのシンジと加持の会話ですが…。

ワタシも加持の言う通りだと思います。

本当に小さな命達ですが、教えてもらうことがたくさんあります。

おそらく、残った卵はこの週末には次々に孵化するでしょう。

どうか元気な子供たちが生まれてきますように!

2007年10月14日 (日)

都内を歩く

どうも。
今月はなぜか生活苦の男・にゃん太郎です。

言っておきますが、パチンコのせいではありません。

さて。
前回「小津の秋」鑑賞のために渋谷まで出掛けたことを記事にしましたが、
実はあの日は映画の後に新宿で飲み会がありました。

ところが映画が終わるのは16時過ぎで、待ち合わせは18時頃。
約二時間の空き時間がありました。

渋谷に向かう電車の中で、この時間をいかに有効に利用するかを考えたのですが、
渋谷から新宿への移動時間を含めて二時間というのは、実に中途半端な時間です。

で。
思案を巡らせた結果

メイドカフェ、行ってみようかな…。 (。-_-。)

格好のブログネタだし。

そう、あくまでもレポートのための社会見学よ。

断じてイヤらしい気持ちで行くんじゃないもーん。

とはいえ、わざわざ秋葉原まで出るのは面倒です。

そこでチョイと知人にメールして探りを入れたところ

赤坂にもあるくらいだから、探せば新宿にもあるんじゃない?

という返信が。

行くか? にゃん太郎、行っちゃうか!?

しかし、未体験の領域にいきなり一人で行くのは勇気がいるものです。
さんざん悩んだ挙句に、小心者のワタシはあえなく断念。

結局この二時間弱という時間を消費するため、渋谷~新宿間を徒歩で
移動することにしました。

ワタシの中では距離は5km程度、時間にしたら一時間強。
明治通りを歩けば迷う所も無いだろうという認識だったのですが、
万が一勘違いだと後々大変なことになることが予想されたので、前出の友人に
再度メールをして確認。

返信の内容もワタシの予想通りのものでした。

そんなわけで、いざ出発!

映画館が道玄坂方面だったので、まずは渋谷駅前に出て山手線をくぐり明治通りへ。

一路軽快に新宿方面へ…。

っつーか、人多っ!! Σ( ̄□ ̄;)

歩道があまり広くないことに加え、最近すっかり人込みの中を歩かなくなった
ワタシは、まったくと言って良いほど思うように歩けません。
ある意味で、もの凄いストレスです。

こんなストレスが新宿まで続くのか…

少々心配になりましたが、竹下口を過ぎると人影はまばらになり、
それは杞憂に終わりました。

そこから先は、車通りは多いものの、見回すと案外緑も多くて閑静な感じがしました。
道路沿いには小さいながらもこだわりがありそうなお店や、一階にガラス張りの
小洒落たオフィスが入っているビルがあったりして、とても落ち着いた雰囲気。

国仲涼子なんかが働いてそうな感じだよな~。

洒落たオフィス=国仲涼子さん

というわけの分からない貧弱な思考回路に自分で驚きつつ、さらに歩を進めると
北参道の交差点に到着しました。
このまま真っ直ぐ行けば新宿駅の南口から東口へ辿りつきますが、飲み会は
西口だったために、道路を渡って脇道に入り、代々木駅前を通って目的地へ。

で。
新宿駅前には無事着いたのですが、田舎者のワタシは会場の「パレットビル」が
わからずに、一度前を素通り。大ガードまで行ってしまいました。
その後すぐにビルを見つけたのですが、時間まではまだ40分以上ありました。

そこで…

耳に当って痛いメガネを、調整してもらおう大作戦!

を決行するために、10年ぶりくらいで小田急百貨店へ入店。
案内板でメガネ売り場を確認し、目指す六階(だった思う)へと向かいました。

エスカレーターを降りるとそこは貴金属売り場で、目の前には真珠で有名な
M〇K〇MOTOの文字。
ジャケットを羽織ってはいるものの、ユニ〇ロ製の白いTシャツにジーパン姿のワタシは
明らかに場違いな感じです。

しかも、メガネ売り場はこの階の一番奥。
辿り着くには、明らかに客よりも数が多い店員の前を通過しなければなりません。

少々躊躇しましたが、先日から耳に当っているメガネの痛みはかなりのもので、
ここまできたらその痛みを我慢する理由はありません。
意を決して足を踏み出すと

いらっしゃいませー

いらっしゃいませ

いらっしゃいませ

いらっしゃいませ~

いらっしゃいませ

…。

イヤ アノ ワタシ メガネナオシニ キタダケデスカラ  (-_-;)))) コソコソ

そんな言い訳を心の中でしながら、奥へ奥へと進んで行きました。

で、ですね。

奥に進みながら気付いたわけです。

これはひょっとして、調整だけを頼める雰囲気のメガネ屋ではないのではないか

と。

やがてメガネ屋が見えてきたのですが、やはり予想通り。
低価格の量販店とは違い、なんとも言えない厳かな雰囲気が漂っています。

こ、こりゃイカンね。

とりあえずフロアを一周して、何もなかったフリで帰ろう…。

と思って更に進んだのですが

あ っ ! ?  Σ( ̄ロ ̄lll)

い、行き止まりだ…。

もう、帰るにはその場で踵を返す以外に方法がありません。

仕方なく、意味も無く背伸びをして奥を見てみたりしてからUターン。
なんとも言えない微妙な空気の中を、一人ゆっくりと歩き出しました。

すると…

ありがとうございます

ありがとうございます~

ありがとーございま~す

ありがとうございますー

ありがとうございます

…。

う。

うぅ…。

や、やめてくれ~!! o(ToT)o

もうね。
なんと言うんですかね?
なんかこう、自分の小市民さを痛感させられたような敗北感。

いやいや。
もちろん、すべてが自分の気持ちの持ちようだということは分かっているんです。
分かっているからこそなおのこと、、あの状況に敗北感を感じる自分が
情けなかったりするわけです。

その後、まだ時間を持て余していた小市民・にゃん太郎はそのまま屋上へと移動し、
秋の夕暮れの風の中でメガネを外して耳と心の痛みを癒したのでした。

オレには四街道がお似合いだぜ…。 (-.-)y-~~~

とね。

まあ…。
こう書くと都会の荒波に揉まれて卑屈になって帰宅したようですが、
そんなことはまったくございません。

たまに都内の繁華街へ足を運ぶと本当に刺激が多いですし、やはり楽しいですよね。

しかし、毎日ああいう中で生活している人達はそれが当たり前になってしまうわけで、
ワタシのような「おのぼりさん」が楽しいと思えることを、楽しいと思えなくなって
しまうのではないかとも思います。

考え方は人それぞれでしょうが、ほど良い田舎に住んで、たまに都内へ出て行く。
そんな今の生活の方が、ワタシには合っているようです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

小田急百貨店屋上で、夜風に包まれながら撮影しました。

Img_1181

 

 

←なんとなくキレイでした。

 

 

 

Img_1197  

 

向かいに建設中のビルがあり

夜空にそびえるクレーンが

印象的でした。

 

 

 
が、ピンとこない写真ですよね?

写真をきちんと勉強した人が飲み会にいたので、何がいけないか尋ねてみると

結局は、撮りたいものがソコに無いんだよ。

と。

はは~っ!!

しかし…。
その場では納得したものの、言葉を噛み砕いて理解しようとすると、分ったような
分らないような…。

芸術は難しいですね~。

2007年10月12日 (金)

「小津の秋」と「水鏡」

♪ 夢のなぁかぁ~、アンジェリィカァ~ ♪

どうも。
「小津の秋」鑑賞以降「水鏡」のくだらない替え歌が頭から離れない男・にゃん太郎です。

さて。
その「小津の秋」短い映画でしたが、素敵な映画でした。

主人公が亡くなった父親の不倫(というには純情な想い)相手を訪ねて
自分の父親の面影を辿ると共に、積年の思いを彼女にぶつける…。

といった感じの内容。

主人公が沢口靖子さん、不倫相手の女性に藤村志保さん、女性の幼馴染で
主人公の宿泊先の支配人に栗塚旭さん。

この三人が織り成すドラマなのですが…。
皆さんの演技が本当に素晴らしかった!

ワタシの少ない語彙ではお伝えすることはできませんが、あれこそが芸術ですね。
うん、ホントに。

作品に吸い込まれた約90分はアッと言う間に過ぎ去り、なんとも言えない余韻が
残る中で、関口由紀さんの「水鏡」が。

短いイントロの後

♪ 夢のなぁかぁ~ 現なんてぇ~ 忘れちゃいなぁ~ 現なんてぇ~ ♪

ゾゾゾ~! ( ̄□ ̄|||)

   と  、  と  、  鳥  肌  ~  !  !

もうね。
なんつーんですか?

久々に「劇的」というのを体験しました。

「水鏡」という曲はもちろん、関口由紀さんの声までが映画のイメージにピッタリ!!

「水鏡」はデモの段階では別のタイトルで、かなり前に彼女のHPで公開されていた曲。
ですから、映画よりも先に産み出された作品のはずです。
それなのに、あんなにも映画と共鳴するとは…。

本当に驚き、そして感動しました。

今回どのような経緯で主題歌に抜擢されたのかはわかりませんが

ご縁があったんだな~

と思わざるを得ません。

これからも関口由紀さんに良いご縁があることを祈りつつ、このような良い作品に
巡り合えたことを感謝したいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以下、余談ですが。

見に行こう、見に行こうと思っていた「小津の秋」だったわけですが、なかなか
都合がつかずに遅くなってしまいました。

早く行かなければ終わってしまうかと思い、6日の土曜日に映画館に
問い合わせたところ

12日までです。

というではありあませんか!

慌てて自分のスケジュール(と言うほどのものではないですが)を確認すると、
10日ならなんとか行かれそう。

で、慌てて見に行ったというわけです。

しかし、タイミング良く映画館に問い合わせが出来て良かったです。

これもご縁があったのかもしれません…。

2007年10月10日 (水)

小津の秋

小津の秋
どうも。
久々に歩く渋谷の街に、少々緊張気味の男・にゃん太郎です。

やって来ました〜。
シネマアンジェリカ!

14時半、上映開始です。
毎週水曜日は「アンジェリカの日」ということで、1000円で観賞できました。

しかーし!
交通費は往復1900円!

少々微妙な気分です。(=_=;)

合と否

どうも。
来週またしても健康診断の男・にゃん太郎です。

え~。

ご報告が遅くなりましたが、仕事の都合で受験した「消防設備士乙種6類」と
自己啓発のために受けた資格試験。
どちらも結果が出ましたのでご報告を。

Img_1145  

 

 

←消防設備士

 

 

 

 

Img_1162  

 

←自己啓発 

 

 

 

ご覧のように消防設備士は合格することが出来ました。

受験時の感触からして自信はあったのですが、写真をよく見て頂くとわかるように
「基礎知識」の正解率は60%。
合格とはいえ、少々不満が残る内容でした。

自己啓発のほうは自己採点で結果はわかっていましたが、活字になって
突きつけられると厳しいものがありますね。
ちなみに実技(筆記)試験もあったのですが、学科試験の合格者のみ実技の採点が
行われるので、ワタシの結果通知には出ていません。

次回1月の受験では、「否・否」が「合・合」になった通知が受け取れるように
頑張ります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

秋らしい空が広がっていたので撮ってみました。

Img_1149  

京葉道路の夜明けです。

走りながら撮影したので

イマイチですが…。

 

 

Img_1158  

成田市の寺台で信号待ち。

なんとなく見上げたら

秋らしい空が広がっていました。

 

 

Img_1157_2  

雲ひとつ無い冬空も好きですが

高い所に雲がある秋空の方が好き。

一年で一番好きな季節。

秋。

 

2007年10月 9日 (火)

姫路回顧録

どうも。
どこからか漂うキンモクセイの香りに、深まり行く秋を感じる男・にゃん太郎です。

さて。
少々機を逸しましたが、先日の姫路往復の仕事を思い出してみることにします。

仕事内容は茨城県鹿嶋市の工場に納める「ソルベント(またはロース)」と呼ばれる
ケミカル製品の積み込みでした。

この製品は普段は川崎で積み込みを行っているのですが、現在その積み場が
工事中のために今回は特別に姫路出荷になったのです。

社内では

わざわざ姫路まで行かなくても、関東圏の出荷基地でも良いだろうに…

という声も上がり、私もまったく同感でしたが、やんごとなき大人の事情が
あったのでしょう。

そんなわけで。
姫路で積んだソルベントは5日午前中に茨城県鹿嶋市の工場に納めなければ
ならなかったので、4日の午前中のうちに積み込みを終えるべく、3日の21時50分に
同僚と二人で車庫を出発!

ワタシ) 次に高速降りる時は、姫路市なんだね…。 ( ̄。 ̄)

同僚)  わははは! (≧∇≦)

      …。

      やめようよ!そういうこと言うの!! (▼皿▼メ)

などと言いながら、東関東自動車道の千葉北インターから高速道路に乗ったのは
22時過ぎ。

3~4時間で運転を交代し、その時にトイレを済ませるだけで、あとはひたすら
走りっぱなし。
途中からは時間の感覚もあまり無くなり、気付いたら周りが明るくなっていました。

夜が明けきってしばらくした頃、大津サービスエリアで給油。
燃料タンクは200リットルなのでまだまだ給油せずに走れたのですが、
現金無しで入れられる会社のカードが使えるガソリンスタンドが全工程の
高速道路上に三ヶ所しかないため、ここで給油しないと途中で燃料切れになって
しまうというわけ。

おおきに~

という関西を感じさせる挨拶に感動しつつ、いざ大阪方面へ。

当日の携帯電話からの投稿で記事にしたように、大阪市内ではワタシと同い年の
「太陽の塔」を目撃!
噂には聞いていましたが、想像以上の大きさに驚きました。
今度は裏側からも見てみたいですね…。

そしてついに高速道路を下りまして、ワタクシ兵庫県に初進出です。
通勤渋滞に軽く巻き込まれ、一般道を走ること30分弱。
積み場に着いたのは、思ったより早くて9時前でした。

初めての積み場ということで軽い講習を受けてから積み込みに入りましたが、
普段とは違う「下積み」という方法に、同僚もワタシも少々緊張気味。
なんとか無事に積み込みも終わり、講習も含めて70分程度で作業は終了しました。

こんな短い時間のために、わざわざ来たのか…

そんな虚しさを紛らわすため、同僚の提案によって

兵庫県内のサービスエリアで、土地の名物を食べて帰ろう!

ということになり、立ち寄ったのは山陽自動車道の三木SA。

ところが…。
ないんですよ。兵庫名物。
兵庫県に疎いワタシ達は知らなかったのですが兵庫県内には食の名物は無いようで、
メニューにあったのは讃岐うどん(三木JCTから四国への高速道路が走っている)。
軽食関係ではお好み焼き、たこ焼き。
あとは…。
吉備だんご?

仕方なく、ワタシの昼食はラーメンチャーハン。
同僚はカツ丼。

…。

   だ っ て 仕 方 な い じ ゃ ん !

で。
あまりに悔しいのでそれらしいお土産をと思い、売店をウロウロしたのですが、
ワタシは遠出をした時に買うお土産は決めています。

それは

   キティちゃん、ご当地携帯ストラップ。

あれが一番です。
個人的に。

お前が使うのか!?

という突っ込みは受け付けません。

はい。

Img_1180  

 

 

←これが姫路城ストラップ。

 

 

 

実はこのストラップの隣りにも同じような物がありまして、売れ筋だから2列にして
陳列しているのかと、なんの気なしにレジに持って行きました。

ところが、よく見てみると

   大  阪  城

と書いてありまして、危機一髪、難を逃れました。

よくぞ気付いた、にゃん太郎!

…。

というか、三木SAの店長さん。
大阪城と姫路城を並べて陳列するのは止めてください。

お城に詳しい人じゃないと、区別つきませんから。

ま。
商品にラベルが付いてますからチャンと見れば間違えることは無いんですが、
絶対に家に帰ってから気付いたお客さんがいると思うんですよ。今までに。
しかもかなりの数。

もっと言えば、絶対にいます。

大阪城を姫路城だと思い込んで使っている人。

そんなこんなで40分ほどの食事休憩を終えて、一路四街道へ。

とにかくひたすら走りつづけて、21時半前に車庫に戻ってきました。

仕事ですから再度「やれ」と言われればやらざるを得ませんが、正直なところ
率先してやりたくはありませんね。

しかし、今回は貴重な経験となりました。
やりたくてもなかなか無い仕事ですし、とりあえず初兵庫でしたしね。

ただ…。
今度兵庫に行く時には遊びで行きたいものですね。
もちろん電車で。

乗用車ならもっと短い時間で行かれるのでしょうが、新幹線でビールが良いです(笑)。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今回の道程は

東関東自動車道・千葉北インターチェンジ~首都高速~東名高速道路
~名神高速道路~中国自動車道~山陽自動車道・姫路東インターチェンジ
播但連絡道路~姫路バイパス・中地インターチェンジ。

往復で1418.2kmで、使用燃料は304リットル。
有料道路代は39000円でした。

せっかくなので、この仕事のすべてを記録したデジタルタコグラフの写真を。

緑のナンバーを付けたトラックは、必ずこのように運行の記録をしています。

良く見れば皆さんにも理解していただけますので、興味のある方は拡大して
ご覧下さい。

Img_1173_2

運行時間が長かったので

二段になってしましました。

通常は下半分に下の写真に

表示されている積み込みや

荷下ろしの内容が表示されます。

 

Img_1174

 
 

こんなことなら、

もっとキレイに字を書けばよかった…。

「4日分積置き」はワタシの字です。

 

 
Img_1175  

様々な運転の状況から、

一番下の「総合評価」の点数が。

この日は高速道路で80km/hを

超えたので満点は取れませんでした。

ワタシの会社のほとんどの人が、

月の半分以上は満点を取ります。

 

とPCに向かっていたら…。

半井さんの天気予報が始まりました~(笑)。 

2007年10月 8日 (月)

心配と尊敬と

どうも。
思わぬ事態に憂いを抱いている男・にゃん太郎です。

「私の友達」でリンクさせて頂いており、このブログにもコメントを下さる武千代さん

諸般のご事情で、一時ブログを休止されるそうです。

心に深い傷を負った人の前では、他人は本当に無力です。

心配する思いはあっても、お掛けできる言葉が見つかりません。

ただ…。

黙って投げ出してしまうことが容易なこの世界。

辛い気持ちを抱えながらも、あえて休止のご報告をされ武千代さんは、ご立派であり
頭が下がります。

詳しい事情はわかりませんが、ここは無理に頑張ることなくゆっくりと心を休めて
いただきたいと思います。

ワタシは武千代さんのファンなので、いつの日かまたブログが再開されることを
楽しみに待ちつづけることと致します。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

夕刻に外に出たら、虹の橋が架かっていました。

慌ててカメラを取って戻ってきたら、消えかかっていました。

Img_1178  

この虹が、武千代さんの

明日への架け橋となってくれれば

嬉しいのですが…。

2007年10月 6日 (土)

見て下さい!

どうも。
フラガールのCMを見ただけで泣きそうな男・にゃん太郎です。

そうです!
今夜フジテレビでやります!

フラガール!!

映画関係者やテレビ局の回し者ではありませんが、ぜひ見て下さい!

きっと皆さんの心に、何かが残ると思います。

わん(BlogPet)

きょうわんたろうは、にゃん太郎は加減しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「わんたろう」が書きました。

2007年10月 5日 (金)

成長日記 4

どうも。
予想通り、疲れが抜けきっていない男・にゃん太郎です。

Img_1144

 

←さらに一個、増えてました。

 

 

 

 

全部孵ったら嬉しいですが、その後の世話を考えると少々不安です。

今朝からオスがイライラして、メスを追いかけているのがチョット気になります。

2007年10月 4日 (木)

帰還

どうも。
さすがに疲労の色が濃い男・にゃん太郎です。

22時前、おかげさまで無事に帰宅いたしました。

ご心配くださった方々、ありがとうございます。

正直なところ特に面白い出来事はありませんでしたが、長旅の中で感じたこと等を
明日の記事としたいと思います。

それでは皆さん、おやすみなさ~い。

うぎ

うぎ
た、太陽の塔!

首しか撮れなかったけど、デカかった…。

行きたい…

行きたい…

七時半です

七時半です
どうも。
思ったより元気な男・にゃん太郎です。

山陽道の途中で休憩中。
思ったより早くて、あと一時間くらいで着きそうです。

間もなく五時

間もなく五時
どうも。
すでに時差ボケの男・にゃん太郎です。

土地勘がないのでピンときませんが、いまこんな所にいます。

滋賀県に入りました。

2007年10月 3日 (水)

成長日記 3

どうも。
つい先ほど「姫路行き…」の記事をアップしたばかりの男・にゃん太郎です。

え~。
半ばあきらめていたので、しばらく観察していなかったのですが…。

我が家の鳥君の巣を覗いたら、いつの間にか卵の数が増えていました!!

しかも常に一羽は巣の中にいまして、確実に温めている様子。
これはそのうちに孵化します。確実に。

楽しみ~。

Img_1142 ひとつだけ離れているのは

一番最初に産んで放ってあった

モノだと思われます。

これは孵化しないと思うので

順調にいけば三羽のヒナが…。

姫路へ…

どうも。
今日は休みなのか仕事なのかわからない男・にゃん太郎です。

と言うのもですね、突発的な仕事で姫路まで行かなければならなくなったのです。

昨日は20時頃に帰宅しまして、そのまま就寝。
現在は7時過ぎですが、今夜22時頃に姫路に向かって出発するのです。

往復の時間と現地での作業時間を考えると、出庫から帰庫まで24時間超。
その間、当然ながら走り通しです。

そんなわけなので…。
とりあえず午前中に掃除などの家事を終わらせ、午後から夕方にかけては本格的に
寝る予定です。

念のために申し上げますと、同僚と二人で交代しながら運転するので、
まったく寝られないわけではありません。
とはいえ、37歳にして未だに24時間起きていたことがないワタシとしては、
少々不安を感じています。

往復で約1400kmの旅。
デジカメと携帯片手に旅行気分で行ってきますが、それらを使う余裕がワタシに
あるかどうかはわかりません。

あ~。
行ったことのない積み場に、確実な寝不足。
楽しみのような、行きたくないような…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ちなみに仕事の内容は、ケミカル製品を積みに行くというもの。

積んできた油は、5日の午前中に鹿嶋にある工場に納品ですが、これはまた
別の同僚が納めに行きます。

Img_1140_2 ←積み場までの地図。

一般の皆さんから見て、いい加減に見えるか

結構まともに見えるかわかりませんが、

ワタシの経験上ではドライバー仲間が

書いた地図としては、かなり分りやすい

地図です。

なんと言っても、交差点名や道路名が書いて

ありますから(笑)。

2007年10月 1日 (月)

19時28分の女性

どうも。
スプリンターズステークスで3連単を当ててニンマリの男・にゃん太郎です。

さて。
突然ですが…。

  表題を見てピーンときた方、手を挙げて!!

はい。

挙手してしまったアナタ!
なかなかやりますね…。 ( ̄ー ̄)ニヤリ

チンプンカンプンだった方のために、まずは表題の女性が誰なのかをハッキリさせて
おきますと、「19時28分の女性」とは半井小絵(なからいさえ)さんです。

名前を聞いてもわからない方のために簡単にご紹介しますと、この半井さんは
平日19時から始まるNHKニュース内の最後にある気象情報でキャスターを務める、
いわゆる「お天気お姉さん」です。

昨年末の紅白歌合戦で「初日の出情報」を担当した女性というと、わかる方も
いるかもしれません(ワタシは仕事で見ることが出来ませんでしたが)。

で。
その半井さんなのですがね…

なんか、気になる…。 (^ ^;)ゞ

大人の男性の方なら一度は経験があると思うのですが、特に美人なわけでもなく
自分の好みのタイプでもないのに、妙に特定の女性が気になってしまうことって、
ありますよね?
ワタシは今、まさしくその状態なのです。

人それぞれ好みがあると思いますが、ワタシから見て彼女は特別に美人だとは
思いませんし、特にワタシ好みの雰囲気でもありません。
ソコに加えて、なんとも微妙なファッションセンス(ワタシが言うのも申し訳ないですがね)。
それなのに、なぜこんなに気になるのでしょうか…?(写真はこちら)

そんな疑問を抱きつつ彼女を見つめる日々が続いていたのですが、最近になって
気になる理由がなんとなくわかりました。

二つほどありまして

① 語り口調が、なにやらホッとする

② 微妙な傾き加減が良い

え~。
②を見て「なんじゃそりゃ!?」と突っ込みたくなった方もいらっしゃることでしょう。

上手く言えないのですが、彼女は話の節々で微妙に斜め前に傾くクセ(?)がありまして
それがナンとも良いのです。

例えば

それでは明日の全国の天気です(傾き)

札幌は曇ですが、仙台から東京まではスッキリとした青空が広がるでしょう。

続いて名古屋から那覇です(傾き)

西日本各地でも青空が広がり、気持ちの良い天気となるでしょう。

この週末は全国的に行楽日和となりそうです(傾き)

以上、気象情報でした。(大きく傾き)←最後のお辞儀なので

といった感じです。

このような書き方をすると何やら彼女の悪口を言っているように感じる方もいるかも
しれませんが、決してそうではありません。
ワタシはそれが気になる…、もっとはっきり申し上げれば

それが良い… (*^o^*)

と言っているのです。

そんな半井さんに魅力を感じるのはワタシだけなのか?
そもそも社会的な彼女の認知度はどの程度なのか?

少し前にそんな疑問を持って、同僚の何人かに尋ねてみたことがあります。
(極めて狭い「社会」ですが)

半井小絵って知ってる~?

するとですね。
19時のNHKニュースを見ている全員が彼女の名前と顔を認識していて、
しかもその反応は

なんかイイッスよね~。

とか

なんか気になるよね~。

でした。

しかもですね。
なぜかみんな、ニヤニヤしながら答えてました。

これはですね。
この時間にNHKニュースを見ている男性陣の中では確実に来てますね。

   半 井 小 絵 ブ ー ム !

まあ、NHKもそれを察知して、紅白歌合戦に引っ張り出したのでしょうがね。

ただし。
ここからはあくまでもワタシの推測ですが、ブームになっている彼女自身は
あまり喜んでいないのではないかと思います。

なぜかと言いますと、あの番組を見ている人は大半がオジサンだから。

故に社会的には「オジサンキラー」とか「ジジ転がし」とか言われてしまいそうじゃ
ないですか?

そう考えると少々気の毒に思いもするのですが、そうなるとまた応援したくなったりして。

そんなわけで。

近頃はどんな番組を見ていても、19時28分近くになるとチャンネルをNHKに
切り替えてしまうワタシなのであります。

まだ半井小絵さんの魅力に気付いていないアナタ。
ぜひ一度、彼女の気象情報を見てみてくださいね!

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »