ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 成長日記 10 | トップページ | やってみますか? »

2007年11月 7日 (水)

見たいけど見たくない

どうも。
久々に映画館に足を運んでみた男・にゃん太郎です。

さて。
すっかり蒼井優ちゃんにかぶれているワタシ。
昨日XYZシネマズ蘇我に足を運び、彼女が出演している映画
「クワイエットルームにようこそ」(←リンクが開くとすぐに音声が出るので注意!)を
観てきました。

内田有紀主演で、その他にも大竹しのぶ・りょう・宮藤官九郎・妻夫木聡など豪華な
面々が出演。
女性だけの精神病棟内の話ということで、強烈なキャラを持った登場人物ばかりで
インパクトがありました。

と書き出してみたものの、今日お話したいのは実は別の映画のことです。

それは

   マ リ と 子 犬 の 物 語

昨日の本編上映前の予告で初めて知った映画なのですが、公開は12月8日です。

2004年に発生した新潟県中越地震。
その際に実際に起きた出来事を映画化したものらしいのですが…。

ワタクシ…

   不覚にも予告を見ただけで泣きました。(TOT) ダー

(予告編はこちらからご覧頂けます)

いや。
病んでます、ワタシ。確実に。
その件については、否定する気はまったくありません。
はい。

話はちょっと逸れる気がしますが…。
これは主観ですが、近年は物語を通して家族をはじめ「絆」や「つながり」を考えさせる
作品が多くなったと感じています。
殺伐とした現代の中でそのような作品が増えることについては賛成です。

が。
たとえその話が実話を元に作られていたとしても、「死」を通してそれを描くというのは
個人的に好きではありません。
もちろん「死」というものについて考え、それと向き合うことは大切なことだと思います。
しかし、ワタシとしては「死」は「死」を取り上げることでしか表現できない内容の時のみ
扱うべきなのではないかと思うのです。

で、ですね。
そこへいくと「マリと~」は人と動物とを題材に「生きる」ことでの「絆」を
感じさせる作品である予感がし、ぜひ映画館で見てみたいと思うのです。

しかし。
予告で泣いてしまうわけですから、全編を見たら号泣確実だと思われるわけで…。

さて。
では、ここで久しぶりに…

全 員 集 合 ~ っ ! ! !

はい。
集まっていただけましたか?

それでは皆さん、今から言う情景を真剣に想像してみて下さい。

いいですか!?

…。

……。

「平日の映画館で一人号泣している、37歳の男。」

想 像 開 始 ! !

…。

……。

ね?

どうなのよ!? それはっ!!

そんなわけでですね。
「映画館で見たいけど、見たくない」というジレンマがあるわけです。

もちろんDVDになってから家で見るのが無難なわけですが、その頃になると
忘れちゃうわけですよ。
見たかった映画があったことをですね。

あ~。
どうしようかな~。

一ヶ月間、じっくり悩むことにいたしましょう。

くどいようですが、「マリと子犬の物語」は12月8日公開です。

可愛い子犬も出てきます。

何かとの絆を考えてみたい方、大切なものが見えなくなっている方、単に犬好きの方。

ぜひ見に行かれてはいかがでしょうか?

« 成長日記 10 | トップページ | やってみますか? »

コメント

ジョニーさん>
こんにちは!
水面を見上げているとは、またリアルな(笑)!
「男たちの大和」の反町氏は、なかなかでしたね。

こんにちは。にゃん太郎さん
そうなのです。自分は戦艦大和になったのです。乗ったのではなくて・・・・。
そして沈んでしまいました。上をみて、水面ですね。
水面のほうを見上げて、あ~誰か引き上げてくれないかなぁ~人間の誰か~としみじみ思っているのでした。
中に乗っていた乗務員は、反町隆でした~涙

ジョニーさん>
こんにちは!
戦艦大和に「乗った」のではなく「なった」というのはすごいですね(笑)。
夢って何でもありですから面白いですよね~。

おはようございます。にゃん太郎さん。う~で遅れている~話題に混ぜてください~大勢で集まっていきましょうか~。とかなんとか。笑。予告編をテレビでみました~みた瞬間、うわっと感情を押し殺したジョニーですが、いいんだろうなぁ~そりゃもう~。夢で、初恋のきた道という映画をみて号泣しているというのをみました~。そうしたら、大泉洋が出てきて、大騒ぎでした。ちなみにジョニーは、戦艦大和になった夢をみたことがあります。うっ・・・

ボンさん>
こんんちは!
会社で調査した結果、かなり話題になっている映画のようですね。それを知らなかった自分が恥ずかしいです(汗)。
人間より犬…。気持ちはわからなくもありませんがね、犬はどこまでも実直ですからね~。
あ。山古志村にはボンさんのヘッドの助手席で(笑)!

武千代さん>
こんにちは!
ワタシは特に涙もろいわけではなかったのですが、最近はもう…。
実は昨日、ドラマ「電車男」の再放送で泣いてしまいました。もはや病気かもしれません(笑)。
八街はすぐそばですね!ワタシは職場も四街道市内なのですが、会社から八街との境までは車で5分です。
ひょっとして我が社の前を武千代さんが通るかも!?

ピッペンさん>
こんにちは!
ピッペンさんが近くにお住まいでしたら「ではご一緒に」と言うところなのですが(笑)。
あ。映画の内容的に、男二人で見に行っている時点で怪しげな感じがしてしまいますね(爆)!

にゃん太郎さん、こんばんは!
是非是非見に行って欲しいですね。
映画館は暗いですから、泣いていてもわからないと思いますよ?というか、おそらく周囲の方も涙していると思いますし…。闇に紛れて(笑)心の汗を放出してきてください。

にゃん太郎さん、こんばんは。

自慢じゃありませんが、かなり涙もろい方だと自他共に認める男・武千代です。

『東京タワー』を読んで号泣し、『男たちの大和』を2度見て2度とも号泣し、紅白で『千の風になって』を聴いてしばらくのあいだ声さえ出せず、オエツにむせていました。
泣き出すと止まらないし、鼻水まで出てきてポケットティッシュでは足らず箱ティッシュが必要なぐらいです。やはり映画館では観られないかもしれません。

ところで、明日八街まで走ります。四街道近いですね。

今日も一日お疲れさまです!ボンだよー(^^)v その映画の粗筋はラジオで聞いたことがありますよ!山古志村にとり残された雌犬の話ですよね?。自分も映画見たいですねー。多分、「南極物語」の新潟バージョンのような感じではないかと推測されますが・・。ヒットは間違いないでしょう!。最近自分は職場の人間関係に疲れていて、はっきり言って、人間なんかより犬の方がよっぽど可愛い!!!! それはそうと、その犬の映画を見たら、山古志村に行ってみたい衝動にかられるのは必至でしょう。にゃん様がもし行かれるなら・・、お供して差し上げます。是非メリーちゃんに会いに行きましょう!\(^O^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/17002136

この記事へのトラックバック一覧です: 見たいけど見たくない:

« 成長日記 10 | トップページ | やってみますか? »