ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 早くぅ〜 | トップページ | 天気は失敗したいです(BlogPet) »

2007年12月 1日 (土)

関口由紀魂2007

どうも。
いまだに昨夜の余韻に浸っている男・にゃん太郎です。

初めに言っておきますが、今日はいつもにも増して長くなりそうな予感がします。

さて。

行って来ました!

関口由紀さんの誕生日に行われた、関口由紀さん初のワンマンライヴ。

   関 口 由 紀 魂 2 0 0 7 ! !

                         IN CLUB PHASE

関口由紀さんの

関口由紀さんによる

関口由紀さんとそのファンのためのライヴでした!!

(会場には富澤一誠先生と本多慶子さん(と思われる人)も来られていました。)

もうね。

凄かったです!

イゼルローン要塞のトゥール・ハンマーに打たれたような衝撃!

ファイエル!!

…。

気を取り直しまして…。

定刻の19時を少し回って始まった記念すべきライヴ。

まずは、登場した由紀さんの衣装にビックリ!
ワタシが今まで見てきたライヴからは想像もつかない黒の衣装。

肩から腕にかけての肌が露わで、背中も結構な露出度です。
が。
それがまたよく似合っていて、実に美しい!!

しばし見とれる中、ガツーンと始まった一曲目は「恋の唄」。
出だしからパワー全開の由紀さんに圧倒されると同時に、
曲を聞きながらグッと来ました。

凄い!

本当に凄い!!

そう思いました。

   関 口 由 紀 さ ん、 

      や は り 貴 女 は 本 物 で す!!

そういう思いにアッという間に心が満たされていくと同時に

ついにここまで来たか…

という万感の想い。

インストアライヴで人がまばらな中、魂を込めて歌っていた頃を知っている
ワタシとしては、本当に感慨深いものがありました。

そして、「ワンマン」という完全ホームの中。
彼女の魂は留まることを知らないかのように加速していきました。

怒涛のように歌い上げたオープニングの三曲。
時間にしたらおそらく10分程度でしょうが、この短い時間の中でワタシは生まれて
初めて思いました。

時間や空間に「酔い痴れる」とは、こういうことを言うのか…。

もちろん今まで参加したライヴでも素晴らしい時間を提供してもらってきたのですが、
今回はケタが違いました。
今までのライヴでの満足感には、まだ先があったのです。

ワタシがそんな想いの中を漂う間、もちろん由紀さんは叫ぶことだけでなく、
語ることも忘れていませんでした。

ひとしきり叫んだ後。

どこにぶつけたら良いのかわからなかった思春期の頃の彼女の想いや、
デビュー後にぶつかった壁、見失いそうになった自分の進むべき道の話を
赤裸々に語り、その時間を本当に大切にしながら歌ってくれました。

心を解き放った由紀さんは、相当気持ちが入っていたようです。

弾き語りの時、前のめりになってイスからお尻が浮いてましたから。

こういう時の由紀さんは、ノッてる証拠です。

そして。
怒涛のような終盤が始まり。
最後は「月鏡」を、魂を込めて歌う!歌う!!叫ぶ!!!

凄い。凄い!凄すぎる!!

ブ ル ァ ヴ ォ ー  d_(>o< )

そしてアンコールは「讃美愛の歌」「夕焼けを聞かせて」。
さらに「夕焼け~」のPV。

とまあ、ワタシの心の中の流れとしてはこんな感じでした…。

ふぅ。
以下、雑記ですが。

本当は曲順ごとに曲を控えようと思っていたのですが、しょっぱなからガツンと
彼女の世界に引き込まれ、それはできませんでした。

繰り返しになりますが、本当に素晴らしいライヴでした。

これから「関口由紀」という人を知ってファンになる人もたくさんいるのでしょうが、
後年そういう人達にお会いし、お話しをする機会があるとしたら昨日のライヴに
参加できたこと鼻高々に自慢することは間違いないでしょうし、あの場所、あの時間に
立ち会うことができなかったその人達を、心から気の毒に思うことでしょう。

昨日の曲の中でワタシが始めて耳にした曲は「素敵な二人へ」「雨上がりの時に(?)」
「木枯らしの日(?)」。

…。

すみません。
?が付いているのは、たしかこれで合っていると思うのですが。
間違っていたらスミマセン。
なにぶん最近、とにかくモノが覚えられないもので…。

実は、昨日聞いた曲の中で最も印象的だったのが「雨上がり~」と「素敵な~」。

前者は

昨年行き詰った時に書いた曲

後者は

自分のご両親を想って聞いて欲しい

という内容。

今までの関口由紀さんの曲は恋愛の曲が中心な訳ですが、この二曲は
そうではありません。

正直なところ、以前から

恋愛モノだけではいずれ行き詰る…

とワタシは感じていましたので、昨日この二曲を聞いた時は失礼ながら安心しました。
そういう意味では、ニューシングル「夕焼けを聞かせて」も同じです。

とはいえ、ワタシが「雨上がり~」と「素敵な~」を気に入ったのは、
本当に良い曲だと思ったから。

「雨上がり~」はまだCD化されていないとのことですが、「素敵な~」は
「うたうたの唄」に入っているとのこと。
ますます手に入れないといけませんね。うたうた。

あ。そうだ。
それにしても昨日の会場でも「うたうたの唄」を発売しないとは、あんまりです(笑)!
徹底的にやるのですね、地元密着型。
アッパレです(笑)!!!

それにしても…。

   人は人生の中で、

     何度「耽美な時間」を味わえるのでしょうか?

答えはワタシにはわかりませんが、少なくとも昨日のライヴはワタシにとってそれでした。

37年の生涯の中で、数少ない、素晴らしい二時間でした。

あのような素晴らしい時間を与えてくれた関口由紀さんには、感謝してもしきれません。

そして、あの場所であの時間を共有できた、全ての皆さんに感謝したいと思います。

実は昨日、会場へ向かう電車の中で

いい歳だし、ライヴハウスは今日で卒業かな…

と思っていたのですが…。

まだまだどうして!!

由紀さんが頑張っているのですから、ワタシも頑張りますよ!!

いつになるかはわかりませんが、次回のワンマンライヴも必ず参加します!!

告白。

   関口由紀さん、

      ワタシは貴女を、

          貴女の作品を愛しています!!

これからもどうか。
ワタシ達ファンを励まし続けてください!!

そして、関口由紀さんファンの皆さん。

   頑張れない時には、踏ん張りましょう!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

え~。
覚えている範囲で、昨日の曲を(順不同)。

恋の唄
兎にも角にも首っ丈
ドライブ
求愛ダンス
桜通り十文字
ドラマティック
夕焼けを聞かせて
秋隣
突撃一直線
ブタさん公園
水鏡
突撃一直線

月に叢雲 花に風
素敵な二人へ
雨上がりの時に(?) 雨上がりの唄
木枯らしの日(?)
月鏡
讃美愛の歌

いやはや。
「讃美愛の歌」はアンコールには最適ですね。
本当に良い曲です。

最後に。
今度、ワンマンがあったら、個人的に歌ってほしい曲を…。

青春七曲り
丑の刻に
いつだって松ヶ峰
立川の彼

これですね。

関口由紀さん。
もしこの記事を読んで下さっていたら、ぜひご一考をお願いしま~す(笑)!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Img_1512  

お土産(?)の手拭です。

会場で、みなさん頭に巻くのかと

思いましたが…(笑)。 

 

 

Img_1514

 
入り口で配られた、

由紀さんのコメントです。

字の美しい女性は、知的に感じます。

「二千七年」という表記が

由紀さんらしさを感じさせます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

<追記>

12/1の26時から由紀さんが「WEEKEND PARTY」に出演されました。
放送で富澤先生・ケイティさんとのやり取りを聞いていた感じですと、
ケイティさんはライヴにはお見えになっていなかったようです。
ここに訂正し、お詫びさせていただきます。

« 早くぅ〜 | トップページ | 天気は失敗したいです(BlogPet) »

コメント

> ほとんど音程が狂わないのですよ。
彼女ホントにそうですよね~。
ちょっとリズム的に「流れる」傾向は感じますけど、ボーカルの確かさは
特筆モノですよね。
特にブレスの抜き具合など絶妙だと思います。
これはテクもさることながら、邪念無く唄に気持ちが入ってる証拠だと
思っています。

そうそう、あのライブ難を言えば、エコーがちょっと深すぎると感じませんでした?
テレビ入ってたからしょうがないんですけどね~。
彼女歌ホントにうまいから、もすこしデッドの方がカッコイイのに...
なんて、贅沢求めすぎかしら?

ピッペンさん>
ふっふっふ…。( ̄+ー ̄)キラーン
あ。こんにちは(笑)!
由紀さん以外のライヴに参戦したことが無いワタシが言っても説得力が無いかもしれませんが、いや、ホントにですね。「すんばらすぃ~」以外に言葉が見あたらないです。
迫力はもちろん、由紀さんご自身も当然ノリノリでかなり動き回って歌っていたのですが、それでもほとんど音程が狂わないのですよ。「実は口パクなのか?」と思わせるほどでした。もちろんそうではありませんが。(ああ、思い出しただけで興奮する!)
ピッペンさん。カムバック関東です!!
いつかライヴ会場でご挨拶できる日が来ますように!

ふくはら ひろのぶさん>
こんにちは!
再びのご訪問、ありがとうございます。m(_ _)m
なんと、人生の先輩でいらっしゃいましたか!
なんとも心強い限りです。これからもどうぞよろしくお願いします!
「お腹の中に赤ちゃんが~」で驚いたのはワタシも同じです。思わず仰け反りました(笑)。

> ついにここまで来たか…
自分も全く同じ気持ちになりました。
ホント凄すぎて、表現する言葉も見当たりません。

自分もメモを用意してたのですが、最初から圧倒され何一つメモを
とることが出来ませんでした。
なので覚書でも曲目リストありがとうございます。
それにしてもこんなに沢山歌ってくれたのですね。
2時間くらいありましたもんね。
こんなに充実したライブになろうとは、想像をはるかに超えていました。

それにしても自分、関口さんのファンで幸せでだと思いました。
これからも関口さんを地の果てまでも応援していきましょう!!
(ワタクシも39歳ですが、まだまだ行きますよ~)

にゃん太郎さん、こんばんは!
あ~~~~~~、羨ましすぎます!!
ワンマンライヴ、行きたかったです…。
やっぱり関東へ転勤せねば!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/17242820

この記事へのトラックバック一覧です: 関口由紀魂2007:

« 早くぅ〜 | トップページ | 天気は失敗したいです(BlogPet) »