ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« わん(BlogPet) | トップページ | 節目 »

2008年1月31日 (木)

ある朝の出来事

どうも。
杉の木が日々赤くなるのを見て憂鬱になっている男・にゃん太郎です。

さて。
それは今年一番の冷え込みとなった、今週の月曜日。
内勤のワタシが3時に出勤すると、一枚のメモが置いておりました。

   ○号車、バッテリー上がりで動きません。

一般に、バッテーリー上がりでエンジンがかからない車は他の車のバッテリーから
電気を貰いながらキーを回すとエンジンがかかります。
しかし、エンジンがかかってもバッテリーの充電が不十分なので、エンジンを
もう一度止めてしまうと、再始動がまたしてもできなくなる恐れがあります。

そういったわけで、そんな不安がある○号車を仕事に使うことはほぼ無理です。

ところがエンジンがかからない○号車はトレーラー(頭だけクネクネ曲がるトラック)。
バッテリーに問題がある「この頭」を予備に置いてある「別の頭」に付け替えれば
そんな不安は解消され、支障なく一日の仕事ができます。
こんな時、トレーラーは本当に便利です。

そんなわけで、出勤して早々にワタシは作業に取り掛かることになりました。。

普段通りに頭を付け替えるだけならば大した時間も労力もかからないのですが、
この日は「外す頭(○号車)のエンジンがかからない」という問題があるわけです。

この場合、作業手順としては

① まず、付け替える予備の頭(×号車とします)を持ってくる。

② ブースターケーブルというコードで○号車と×号車のバッテリー同士を繋ぐ。
   そうすると×号車のバッテリーから○号車のバッテリーへと電気が供給され…

③ ○号車のエンジンキーを回せばエンジンがかかる。

というようになります。

この作業自体は集中して行えばたいした時間は必要無いのですが、なにしろ
三々五々出発していく同僚達の点呼もしなければいけないので、作業にまとまった
時間が取れません。

しかもワタシが思っていた場所にブースターケーブルが無く、それを探すのに
一苦労しまして、ようやく○号車のエンジンがかかったのは4時過ぎでした。

ちょうどこの時、この車に乗る同僚がやってきたので事情を説明。
二人で頭の交換作業に取り掛かりました。
これはもう慣れたものですから、10分もかからずに終了しました。

やれやれ、これで一件落着。

「4姉妹探偵団」の夕里子よろしく

カイケツ! (⌒ー⌒)b

となるはずだったのですが…。

この時点で、タンク側に付いている機械の電源が入らないことが発覚。

この機械は、頭側の配線のソケットをタンク側に差し込むことで、頭のバッテリーから
電気を取っています。
頭を変えた時に電源が入らない場合は、そのコネクタの差込が上手くいっていない
ことがほとんどです。

そんなわけで、ワタシの背後で同僚がコネクタを差し込み直してくれたのですが…。

同僚) あ…。

背中越しにイヤな声が聞こえました。

ワタシ) ど、どした?

同) バチッて、青い火花が…。

…。

もちろん電源は入りません。

その後も「コネクタを差し込み直し、電源ボタンを押してみる」を繰り返しましたが、
一向に変化無し。

実はこの機械。
大変重要な機械でして、コイツの電源が入らないと荷下ろしができません。

このままこんな車を走らせてもまったく意味がありませんし、とりあえずエンジンが
かかった○号車に頭を変え直して走っても、荷下ろし時にエンジンを止めたら身動きが
取れなくなります。

もはや仕事ができる状況ではありません。
完全にお手上げです。

仕方なく、その旨を所長に電話で連絡しました。

すると、整備士の経験があり、メカにも電気系統にも精通しているその所長が
五時頃に駆けつけてくれました。

一通り車の様子を見た所長の見解は

① バッテリーが上がっていた○号車はバッテリー本体が悪いのではなく
   オルタネーター(発電機)が故障していて充電できないと思われる。
   よってエンジンを止めると再始動できないので、この車を使うことは
   できない。

② ×号車のコネクタにテスターを当てたが、導通の反応が無い。
   よってどこかで断線しているか、コネクタ内部で接触不良があると
      思われる。
   現段階でできるのはコネクタを解体し、不良箇所が無いか
      確認することだけ。

そんなわけで、「とりあえずできることからやってみよう」ということになり、
工具箱をもち出して三人がかりでコネクタの解体を始めました。

もちろん辺りは真っ暗です。
手元を照らすための懐中電灯を取りに行った時に、軒先にぶら下げてある
気温計をチラリと見てみると…。

ひぃぃぃ!! (((p(>o<)q)))

氷点下、7℃…。

千葉県生まれ・千葉県育ちのワタシ達三人にとって、極限の寒さと言っても
大げさではないと思います。
作業は手先を使う細かい作業が多く、手袋をしていると捗りません。

手先がかじかみ思うように動かない中、三人で交代しながらその作業を進めました。
ワタシが作業をしていると、手元を照らしてくれていた同僚が言いました。

同) あ、にゃん太郎。指から血が流れてるぞ?

ワ) へ?

たいした量ではありませんでしたが、左の人差し指から血が出ていました。

どうやらハサミを使った際に切ったらしいのですが、寒さで感覚が麻痺していたのか
まったく気付かず、傷を確認してからもぜんぜん痛みは感じませんでした。

ハッキリ言って、痛さより寒さの方が強烈でした。

吐く息は真っ白のまま風に乗って流れ、足先は痛いほどに冷え、耳は千切れそう。

寒い! とにかく寒いっ!!

うぅ…。

ストーブ貸してくんちぇ~! (TT0TT) ダーーッ

そんな中でようやく解体が終わったコネクタ。

所長) 異常ねえな。ダメだ、こりゃお手上げだ。
     業者呼ぶしかねえな。

そんなわけで、コネクタを元の状態に復元しまして…。

同) 復元、終了しました!

所) うむ。
   では…、一同撤収っ!!!

三人) ε=ε=ε=┏( ;_;)┛ウヒイイ

もうね。
芯まで冷え切りマンボウですよ。

この時すでに6時半を回っていましたからね。
かれこれ三時間、寒さにさらされていたわけですね。

事務所のストーブに一時間ほどあたりまして、ようやく体が温まった頃。
バッテリー不良の○号車のエンジンをかけなおして、会社から15分ほどの場所にある
馴染みの修理工場に回送することになりました。

ところが出発直後に問題が。
車庫を出てすぐの信号で停車すると、エアコンの電源が切れました。

はら?
バッテリーにわずかに残っていた電気も、もはや限界か…。

ん、まてよ…?
考えてみたら他から電気貰わないとエンジンかからないんだから、
路上でエンストしたらアウトじゃんか!!
 がー( ̄□ ̄;)ーん

いえね。
ワタシも一応プロのドライバーでございますので、エンストなど年に何回もしませんよ。
ですが「しくじったらいけない」と気付いてしまうと、妙に緊張するものです。

しかもこんな時に限って止まるわけですよ。上り坂で。
そう、いわゆるひとつの、坂道発進ですね。

運転免許取得時に、コイツに手を焼いた方は多いのではないでしょうか?

もちろん、この坂道発進は無事にクリアしましたよ。
ワタクシ プロデスカラ…。

ホッとしながら坂道を上り切り、交差点を右折しようとすると、ここでまた問題が。

ウ、ウインカーが出ない…。

どうやらバッテリー内に残っていたわずかな電気も底をついたようです。

まてよ?
ウインカーが出ないってことは、ブレーキランプもつかんだろう?
そりゃアンタ、いくら不可抗力でも、キケンガアブナイってもんでしょ…。

しかし運良く、ちょうど通勤時間帯。
右折後はダラダラとした渋滞が続き、ブレーキランプが付かないことで
追突事故が起きるような状況ではありません。

そういう意味では安心だったのですが、渋滞すれば目的地までの時間はかかるわけで
エアコンが使えないという現実がワタシの身を蝕んでいきます。

うぅ、寒い…。

こんなことになるとは予想もしていなかったワタシは、かさばって運転しにくい
防寒着を、事務所で脱いできてしまったのです。

再び…

ストーブ貸してくんちぇ~っ!! (TT0TT) ダーーッ

道路は相変わらずのダラダラ渋滞が続いています。

しかし混むなあ。いま何時よ?

と思ったのですがね、時計もすでに機能していません。

さらに。
ついにスピードメーターもダウン。
続いて水温計、燃料計と使い物にならなくなりました。

ようやく渋滞を抜けましたが、ワタシが運転しているのは自分の意思表示が
まったくできない、ただの箱。
そうそうスピードを出すわけには行きません。

とりわけ「止まる」という意思表示ができないことは致命的です。

そんなわけで恐る恐る後ろを気にしながら走っていると

やっぱりね…。

こんな時に限って、気が荒そうなトラックが後ろに付くわけですよ。
しかも短い車間距離で。

これでオレがブレーキ踏んで追突されたら、整備不良で問題になるんだろうなあ

と心配していたら、途中で曲がってくれました。彼。

車もワタシも息絶え絶えの状態で修理工場に到着し、とにかく電気を必要とするものは
一切使えないことを伝えると、工場の社長が電気系統専門の修理屋さんに案内して
くれることになりました。

とりあえずワタシが工場内で車を方向転換させていると

ぶ~ぅん…。

あれ?
社長、行っちゃった??

辺りを見回しましたが、先ほどまでソコにあったはずの社長の車はありません。

しゃ、社長~っ!!

いや。
電気屋さんの場所は知っていますから、ワタシ一人でも行かれるのですがね。
先に述べたように、ワタシの車はウインカーもブレーキランプも作動しないわけです。
ですから、ワタシの後ろを社長にサポートして欲しかったのですよ。ホントは。

車とワタシがまさに瀕死の状態で電気屋さんに到着すると、社長は言いました。

考えてみたら、私が後ろを走ってきたほうが安全でしたね~。

ええ、そうなんですよ。
でも社長、気付くの遅すぎですから。

しかし、帰りに乗せてもらった社長の車でメチャクチャ暖房が効いていたので
許してあげます。

そんなこんなで、てんやわんやの朝は一段落しました。

おかげさまでこの車は夕方には復活し、車が無くて仕事が宙に浮いていた同僚も
コネクタ修理が終わった車で10時過ぎには出発していきました。

それにしても、いまの車は本当に電気が頼りなんですね…。
バッテリーが死んでしまうとあんなにも何も動かなくなってしまうとは。
率直に驚きましたが、良い勉強になりました。

あ。
ちなみに一般の乗用車(ガソリン車)の場合。

駐車場などに停めておいてバッテリーが上がった時には、ケーブルで他の車から
電気を貰ってキーを回せばエンジンがかかります。
これは今回のウチのトラックと同じです。

しかし、走行中に何らかのトラブルでバッテーリーからの電気の供給が停止すると
今回のように次々に電気系統が消えていくのではなく、即刻エンジンが停止
します。
まあ、普通はそんな状況にはなりませんので、皆様ご安心を。

とはいえ、日常点検は大切です。
最近はセルフのスタンドが増えて

エンジンルーム見ておきますか~?

と言われることも少なくなりましたが、給油の際、年に何度かは

特に問題は無いのですが、異常がないかチェックして下さい

と頼むのも良いかもしれません。

それでトラブルが未然に防げれば、エンジンチェック中の待ち時間など
わけはありあませんよね。

ウチの車はほとんど乗っていないから大丈夫

と思ったアナタ。

動いていない車ほど、バッテリーのトラブルは多くなります。

そんなアナタの車こそ、点検が必要なのですよ。

う~ん、しかし…。

傷の治りが遅くなったなぁ。
まだ乾かないよ…。

« わん(BlogPet) | トップページ | 節目 »

コメント

ジョニーさん>
こんにちは!
す、すみません。こんなところでジョニーさんの運を使わせてしまうとは…。
あ。いや、これを機に運が上昇するのかもしれませんよ!
そうです!!絶対そうに違いありません(汗)!!!

ふじのはなさん>
こんにちは!
ワタシは仕事で主に千葉・茨城のガソリンスタンド回りをしているのですが、フルサービスのお店(セルフではないお店)は激減していますね~。これだけセルフだらけになっていると、逆にフルサービスの需要が高まるのではないかと思ってしまいます。
また「フルサービスでの給油が1円や2円高くても、店員さんに簡単な点検などをしてもらえれば逆に割安なのではないか」と個人的には思ってしまいます。
ふじのはなさんのお車は10年選手とのこと。
車には走行距離で痛む部品と経年変化で痛むものがあるので、こまめに点検してあげて下さいね。大切に乗れば今の日本車は10年なんてヘッチャラですからね。どうぞ可愛がってあげて下さい!

こんにちは~!
とにかく無事で良かったです(^^)/
お休みの日にしか運転しない私ですが(ほとんど市内)、ガソリンスタンドはセルフではないところにしています。(最近少ないですよね~) そちらで時々簡単な点検をお願いしています。
私の車も10年を越えたので点検は重要ですよネ… (…でも走行距離は3万キロに達していません(++);)

そして… ジョニーさん…「コメント1000件目」おめでとうございます(笑)!!
(ジョニーさんのコメントも面白いですよ~(^^))

おはようございます
すいませんでした~(>_<)ニャン太郎さん
そして多くの皆さん 
ジョニーが1000件目だったそうです
あ~ぁ申し訳ありません。
内容がどうにもしょうがナイヨウだったものに~しかもジョニーは・・・ジョニーは!、いつも心温まるコメントを加工して書こうと(ウルサイ?)思っているのに、なんも考えていないときに限って。しかも。ジョニーはものに当たったことが皆目ない人生!小学校で賞状をもらいに行ったら、同じ名前の子だったとか~あうぅ~38年間生きてきて、これが生まれて初めての、なんか踏んだ?ということだったのです。ことごとく、はずれの人生が!なのに・・どうしようもナイヨウな(クドイ?)
きっとみなさんにもいいことがおきますよ~
ジョニーにおきたんですから~希望をもって生きましょう!

ジョニーさん>
こんにちは!
え~。せっかく頂いたコメントとはまったく関係ないのですが…。
なんと!ジョニーさんが下さったこのコメントが!!
当ブログ「日々平凡」1000件目のコメントとなりましたっ!!!
~( ^▽^)∠※☆ おめでとうございま~す!
へ?別にめでたくないですか??
これは失礼致しました(笑)。

ミカンさん>
こんにちは!
はじめましてですよね?
宜しければまたお越し下さい!

ピッペンさん>
こんにちは!
それはシャレにならないですね…。
というか、生死に係わりそうです(笑)!
ワタシ自身も「自分に限って路上で故障するなどないだろう」と思ってしまいますが、故障は突然起きるものなので注意しないといけませんね。

にゃん太郎さん、こんばんは!
とりあえず事故になることもなかったのでよかったですよ!ワタシもたまにはクルマを点検しないとまずいですね~。雪の中、長野の山奥で止まってしまったらシャレにならないので(苦笑)

私もオルタネーターをDIYで換装しようとしてはじめようとしたら異変に気づき 主治医に迎えに来てもらいました。お財布さんと相談して余力のあるときにお声かけすべきだったと反省してます(自身は過去に経験があり してたのですが、車屋さんがいらんと言うから変に安心してしまってました・・・

ジョニーです。おはようございます。

ジョニー思ふ・・・
なぜか・・・にゃん太郎さんのご苦労をしのびつつ、
頭の中で
機動警察パトレイバーみたいや・・・
と・・・
すげ~~~ぇ~と・・・
(パトレイバーですね パトレイぱーじゃないですよね?あれ?)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/17885483

この記事へのトラックバック一覧です: ある朝の出来事:

« わん(BlogPet) | トップページ | 節目 »