ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 焼けてます | トップページ | 春の七草 »

2008年1月 3日 (木)

箱根駅伝個人的総括

どうも。
箱根駅伝が終わって今年はホッと一息の男・にゃん太郎です。

我が母校・日本大学はなんとかシードを確保いたしました。。 (ノ_<。)うっうっうっ

さて。
以下はあくまでも個人的感想ですが。

今年は3区間で区間新記録が出たと同時に、三校が途中棄権という極端な内容と
なった大会でした。

駒澤大学は、ワタシの記憶の中では「近年初」とも言えるブレーキが6区であったにも
かかわらずの優勝。
選手層の厚みがモノを言う、非の打ち所の無い、実に強いレースでした。

早稲田大学も、古豪復活を思わせる見事な内容だったと思います。

が!
それに加えて順天堂大学。

途中棄権をした選手を糾弾するつもりはまったくありませんが、あまりにも残念な
結果でした。
はっきり言って、これは仲村明監督のミスですね。

10区間中、同校の選手が3区間で痙攣発生。
うち二人が途中で歩き、一人が途中棄権という内容は、おそらく箱根駅伝史上
初の出来事だと思います。少なくともこの30年では初めてです。

選手の起用ミスと言うよりは、おそらくは調整ミスでしょうね。

市立船橋で高校駅伝を走っている頃からの仲村明氏のファンとしては、
残念このうえありません。

また、大東文化大学。
こちらも残念ながら9区棄権となりました。
選手はよく頑張りました。

しかし!
個人的には只隈監督の判断に疑問を持たざるを得ません。

テレビが選手の不調を捕らえたのが、中継点まで残り6キロ強。
そして選手に手を触れたのが残り約1.5キロ。
それまで選手と監督が言葉を交わし、併走し、判断に苦慮したのはわからないでも
ありませんが、止めさせるならもっと早く止めさせる。
逆に、歩けば何とかなりそうだったので、あそこまでやらせたのなら残りを歩いてでも
完走させてやる。
そうするべきだったと思います。

大学受験をしなおしてまで大東文化大学で活躍した現役時代の只隈監督を
見ているワタシとしては、これまた残念でなりません。

で。
我が母校日本大学。

選手それぞれが頑張っていることは、よく伝わってきました。
まずはお疲れ様でした!

でもね。
ダニエル選手がいなかったら、確実にシード落ちですからね。
また一年間の鍛錬を積んで、来年頑張っていただきたいものです。

そんなわけで。

今年の箱根駅伝は、良くも悪くも見応えがあり劇的でありました。

来年は全校がタスキを繋げられることを祈っています。

選手を初め、出場校の関係者の皆さん、運営の関東学生陸上競技連盟の皆さん、
本当にお疲れまでした!

来年もまた、ワタシ達に素晴らしいレースと感動を届けて下さい!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ピッペンさんへ。

うぅ…。

今年はワタシの負けでした…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Img_1625  

 

 
いや~。

 

 

Img_1626  

 

 
いい天気でしたね~。

« 焼けてます | トップページ | 春の七草 »

コメント

たっちさん>
こんにちは!
今年もどうぞよろしくお願いします!
やはり気温のせいもあったのですかね?朝が冷え込んでいたので、日中もそんなに暖かくないのかと、テレビの前で思っていたのですが…。現場に足を運んだたっちさんならではのご指摘、ありがとうございます。
個人的には新聞に出ていた「早い選手は増えたが、強い選手は減った」というコメントが印象的でした。

kuma子さん>
こんにちは!
毎年メールにお付き合いいただき、ありがとうございます(笑)。
いやはや、ギリギリセーフ。不謹慎な表現ですが、神風が吹きましたね。ひょっとしたら、もはやシード確保で喜ぶ程度の大学になってしまったかもしれませんね。来年から見方を変えたほうが良いのかもしれません。個人的には外人さんを起用するところも納得できませんし。
来年からは、我孫子にある中央学院大学をメインの応援にしようかと…。
「瀬古さんまでもクビを傾げる選手の不調」は当然ですが、ワタシとしては早稲田贔屓の氏の解説に首をひねってしまいました(笑)。

武千代さん>
こんにちは!
今年もよろしくお願いします!
いやいや。学連選抜は正直ビックリさせられましたね。しかしもともと力がある選手ばかりなわけですから、「やれば出来る子」の集団ですからね。当然といえば当然なのですよね。
今回は大会前に初の合宿をしたということ。武千代さんがおっしゃる「チームワーク」意識が芽生えて好結果につながったのだと思います。来年からも怖い存在です。
「チームワーク」といえば。武千代さんはご覧になったでしょうか?途中棄権となった大東文化大学の選手が、歯を食いしばりながら肩から掛かったタスキを強く握り締めて前を見つめる姿…。
あれなんですよ。あれが駅伝選手の心の内の全てなんですよ~。(T△T)
順天堂大学の選手や東海大学の選手も気の毒でしたが、駅伝でブレーキ経験のあるワタシは、彼のあの仕草に一人ボロボロと涙をこぼしてしまいました。
ああ、イカンです。思い出しただけで涙が…。

ピッペンさん>
こんにちは!
今年もよろしくお願いします!
ピッペンさんのおっしゃるとおり、もっと上位で争いたいですね。○| ̄|_
たしかに上野選手が抜けるのは痛いですよね…。しかし中央さんはもっとも長くシード確保をしている名門中の名門ですから、なんとか記録を延ばしてくれるに違いありません!
来年、ピッペンさんとワタシの母校同士で「熾烈なシード権争い」などとならないと良いのですが…(汗)。

にゃん太郎さん、こんばんは!

いや~、今回は我が校の勝ちは勝ちでしたが、両校とももっと上位で競って欲しい学校なんですがね…。我が校は、エース上野選手が卒業ということで、来期はエース不在と思われます。ここ数年の凋落振りを見るといよいよシード落ちの予感です…。

にゃん太郎さん、あけましておめでとうございます。

親孝行のつもり。と口実をつくり、実家でただ酒をかっ食らう男・武千代です。

箱根駅伝。僕も時間の許す限りできるだけ見てますが、今回は本当にすごい結果となりましたね。

監督の采配によってここまで結果が変わってくるという、にゃん太郎さんの感想は参考になりました。

日大のダニエルや、山梨学院のモグスなど、怪物ランナーの激走を見るのも楽しみのひとつですが、10区間のたすきリレーというチームワークは、苦楽を共にしてきた仲間同士ですから、順位争いはともかく、せめて完走だけはとさせてやりたいと願うばかりです。

学連選抜チームの好走は意外でしたが、駅伝戦国時代といわれるほうが面白いですね。

今年もよろしくお{子}がいします。

毎年時間が許す限り箱根駅伝を見ています。にゃんさんとメール実況中継をしながらの観戦はなかなか楽しいもんです。
今年は色々ありましたね。瀬古さんが、瀬古さんまでもクビを傾げる選手の不調・・・今後検討されるでしょう。

日大・・・・ヨカッタね、シード権に間に合って、サ。

あけましておめでとうございます。
今年もブログ、楽しみにさせて頂きますね☆

私も、我が母校の低迷は辛い(^^ゞ
正直言って、ダニエルが居ても、東海大学、大東文化大学がそのままゴールしていれば、シード落ちですからね・・・。

順天堂大学の調整不足は監督の責任かも知れません。
只、大東文化大学の監督の気持ちは私は判るかも。
多分、9区の選手より、10区の選手の事を考えていたんだろうなあ。繰上げスタートを切ってすぐに止めたのは10区の選手を走らせてあげたかったからでは?
まあ、そういう感傷を言ってはいけないのかもしれませんが。

あと、今年は観戦日和で暖かかった。
1時間も沿道に立っていて、下着とTシャツ、コートで充分でしたよ。
去年までは、この格好+セーター、マフラー、手袋でしたから。
逆に言うと選手には暑かったのだと思います。

来年はにゃん太郎さんと同様、全ての大学の襷が繋がる事を祈っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/17563157

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝個人的総括:

« 焼けてます | トップページ | 春の七草 »