ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

エントリに報告する(BlogPet)

きょうは、エントリに報告する?

*このエントリは、ブログペットの「わんたろう」が書きました。

2008年2月26日 (火)

大河ドラマ「篤姫」

どうも。
最近なんだか無性に揚げ物が食べたい男・にゃん太郎です。

さて。
表題にさせて頂きました、大河ドラマ「篤姫」。
毎週、視聴率上位にランクインしていますね。

ワタシも放送開始以来欠かすことなく見ておりまして、今日はその全体的な感想と
前回放送分の感想を、極めて一個人的な感想として書かせていただこうと思います。

まずは、この「篤姫」をご覧になっている皆様。

  なんだか大河ドラマっぽくないと思いませんか?

どこが? (・_・?)

と言われると困ってしまうところもあるのですが…。

抽象的な表現で申し訳ありませんが、大河ドラマにしては「軽やか」な感じがします。
なんと言いますか「透明感」があると言いますか、「開放感」があると言いますか…。

ワタシと同じような感覚をもたれている方、いらっしゃいますよね?

が。
裏を返せば、それは大河ドラマとしての「重厚感」が欠けているとも言うことができ、

それ故に

面白くない。 (ー'`ー;)ムー

と眉をひそめていらっしゃる方が多いとも思われます。

おそらく、良くも悪くも好き嫌いがハッキリ分かれる大河ドラマではないかと思います。

で。
ワタシ自身が「好き」か「嫌い」かですが。

ココまで書けばお分かりですね。

ワタシはこの大河ドラマらしくない雰囲気を歓迎し、大変楽しく見ています。

そこで今からは、どこが好きなのかをダラダラと書かせていただきます(笑)。

まずは。

思わず笑ってしまう場面が散りばめられていることが多く、見やすい感じがします。

「功名が辻」などでもコミカルなシーンがありましたが、正直なところ少々無理に
笑いを取ろうとしている感じがしていました。
それに比べると今回は自然に笑いがこみ上げてくる感じで、非常に好感が持てます。

また、そうかと思うと心にグッとくる場面もあります。

家族愛とか、人との繋がり合いとか、生き方とか…。
視聴者に大切なことを訴えかけてくるのです。

実はワタシ。
ここ何回か、その「訴えかけてくるもの」に毎回ホロリとさせられています。
ただ単にワタシが涙もろくなっているだけという話もありますが、こういうことは
今まで見た大河ドラマの中ではなかった気がするのです。

そんなわけで。
一話の中にニヤリとホロリが散りばめられていることでメリハリがつき、
45分が本当に短く感じられます。

また、於一(おかつ)の両親はもちろん、島津斉彬・西郷吉之助(隆盛)・有馬新七・
菊本・しの。近いところでは広川など…。
脇を固める人物達の個性の際立たせ方が非常に上手いと感じます。

その個性を演じる役者さんの演技が素晴らしいこともあるのでしょうが、
配役がまた絶妙です。(詳しいキャストはこちら

個人的に、驚きにも似た強い満足感を感じているのは、原田泰造氏演ずる
大久保正助(利通)ですね。

いやいや。
これがなかなか、雰囲気があって良いのですよ。
ネプリーグの時の原田氏からは想像もつきません(笑)。

で。

本ドラマでの主役、宮あおいさんはどうなのよ?

という話ですが。

実はワタシ、宮﨑さんの演技をじっくりと拝見するのは初めてなのです。

そんなわけですので「宮﨑あおい、史上最年少の大河主演決定」などと
騒がれた時だけでなく、放送間もない頃も眉にツバをつけて見ていました。

最初は

いくら少女時代といっても、ちょっと軽すぎんじゃね? ( ̄~ ̄;

と思いながら見ていまして

実年齢も若く、この軽さ。

大藩の姫とか、歳を重ねた役とかできるんかい?

という心配もしていました。

しかし回を重ねるごとに違和感も無くなってきまして、そして迎えた2月24日の第八話。

そう。

ワタシは度肝を抜かれることになったわけです。

島津の姫への転身場面は見事な演技、

     広川に向かい凄む姿はまさに圧巻。

全身鳥肌立ちましたもん、ホントに。

凄い。

凄い!

凄すぎる!! ( ̄△ ̄;)

素直に凄い女優さんだと思いました。

もしかしたら、このシーンのために今まではあえて軽い感じの演出をしてきていたの
かもしれませんね。
だとすれば、ワタシは見事にそれにハメられたことになります。
しかし、ハメられて良かったです(笑)。

また今回の話では、菊本の手紙に涙した方も多かったのではないでしょうか?

手紙の内容はもちろんですが、声だけで人の心をあれだけ揺さぶることができる
佐々木すみ江(菊本役)さんは素晴らしいですね。

さらに細かいことですが…。
菊本の手紙を奪おうと突進する広川に立ちはだかる「しの(小林麻子さん)」の姿にも
胸を打たれました。

…。

そんなわけで。

すっかり「大河ドラマ『篤姫』」ファンになっているワタシ。
これからの放送が待ち遠しくてなりません。

あと10ヶ月も楽しませてもらえるのかと思うと、なんだかワクワクしますね~。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

これは余談ですが。

宮﨑あおいさんが結婚しているということが、なんだか信じられません。

童顔だということもあるのでしょうが、あの初々しさで人妻というのは
ある意味で反則のような気がするのはワタシだけでしょうか…?

2008年2月22日 (金)

小津の秋DVD

どうも。
全国のスギ花粉症患者の皆様、こんにちは。
軽~く花粉症が発症しだした男・にゃん太郎です。

さて。
本日帰宅すると、郵便ポストにAmazonからのメール便が。

開梱すると

20080222193606_2  

こちら。

関口由紀さんの「水鏡」が

主題歌に抜擢された

「小津の秋」のDVDでした。

 

 
今月20日が発売日だったのです。

すぐさま開封しようと思ったのですが、あることに気付き止めました。

そう。

   実は明日・2月23日は

       関口由紀さんのメジャーデビュー

                     三周年記念日!!

そんなわけで、明日開封することにしました。

それにしても。

「桜通り十文字」からもう三年とは…。

着実に進化している由紀さんに比べると、自分はどうよ?

そう考えると、少々悲しい気分になります(笑)。

   では由紀さん、これからも応援しています!!

2008年2月20日 (水)

連休クシャミしなかったよ(BlogPet)

きょうは、イライラするつもりだった。
だけど、連休クシャミしなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「わんたろう」が書きました。

新パーツ

どうも。
最近寝つきの悪い男・にゃん太郎です。

さて。
小鳥好きのワタシにピッタリのブログパーツがあったので貼り付けました。

Bird Calendar。

毎日違った小鳥が楽しめるそうです。

楽しみです。

2008年2月19日 (火)

瞬発力減退中Ⅱ

どうも。
繰り返される単調な日々にテンション急降下中の男・にゃん太郎です。

さて。
以前「瞬発力減退中」という記事を書きました。(記事に興味のある方はこちら

この時は会話の瞬発力について書いたのですが、最近では別のことで
瞬発力の低下を感じています。

それは

   財 布 の 中 の 小 銭 の 増 加

です。

このところ、とにかく多いんですよ。
小銭、硬貨が。

硬貨が多いと、財布が重くなったりかさばったりするじゃないですか?

ワタシはそういった状態がとにかく嫌いなので、財布の中にはいつも最少限の
硬貨しか入っていないように工夫をしていました。

工夫と言っても、簡単なこと。
実践している方も多いとは思いますが…。

例えば。
506円の買い物をした時に510円を渡してお釣りを貰うと、1円玉が4枚
帰ってきますよね?
しかし、511円を渡せばお釣りは5円玉が1枚。

120円の飲み物を買うのに千円札しかない。
自動販売機に千円札を入れると880円で硬貨6枚のお釣りが出てきます。
しかし1020円入れればお釣りは900円。硬貨は4枚で済みます。

ま。
たまーに100円玉が9枚出てきて、機械を殴りたくなることもありますがね。
なんとかならんのですかね?
あれは。

それはさて置き。
とにかく、小さな工夫で財布の中の小銭を最少限にとどめることができ、
結果として支払いも素早くスムーズに行うことができるわけです。

ところが、です。

このところの財布の中は、小銭でジャブジャブ。
先日など1円玉が11枚入ってましたからね。

考えられません、我ながら。

たしかに以前はレジに並んだ時から財布の中の小銭を確認し、様々な端数に対する
支払いのシュミレーションをして戦闘…、いや支払いに備えていました。
それが今ではすっかり戦意を消失し、ポケーッと並んでいるだけに。
これでは小銭が増えて当然です。

正直なとこ、戦闘に備えていても咄嗟の判断ができなくなっていることを
実感することが多々あります。
明らかに頭の回転が低下してきているのですね。

イカンですよ。
これは。

日々、弛まぬ努力を継続せねば…。

ただし。
小銭だらけになった財布を見て、ただ落ち込んでいるだけではありません。

500円×1 100円×4 50円×1 10円×4 5円×4 1円×1を各硬貨の
最高枚数とし、自宅にてそれを超えた枚数が財布に入っていることに気付いた時には
端数を貯金箱に入れることにしています。

男・にゃん太郎。
転んでもただでは起き上がりません(笑)。

この貯金で、老後も安泰ですな…。 (-_-) =3 フゥ

2008年2月17日 (日)

おは天ひろめたい

どうも。
ここ数日間、歯が浮いたような感じが続いている男・にゃん太郎です。

さて。
ラジオを好きな方はご存知のように、明日からは聴取率週間です。

「聴取率」とはテレビ業界で言う「視聴率」のこと。
テレビ業界は毎日のように視聴率を調べているようですが、どうやらラジオ業界では
この聴取率週間にしか「番組の人気度」を調べていないようです。

そのためこの期間は、大物ゲストを呼んでみたりリスナーへのプレゼントを
実施したりと、多くの番組があの手この手を尽くします。

で。
そんな明日からの聴取率週間を目前に控えた今月の1日。
先日もココでご紹介しました文化放送の早朝番組

笑 顔 で お は 天 ! !  (月~金 5:00~6:00)

で、新企画が発表されました。

その名も

   お は 天 ひ ろ め た い 

表記はどうやら上記のようですが、あえて漢字で書くなら「おは天広め隊」でしょう。

はい。
名前から察しがつくとは思いますが、いま番組を聴いているリスナーの口コミで
新規のリスナーを獲得しようというものです。

接客業で言うところの

   口 コ ミ に 勝 る 宣 伝 無 し !!

の精神ですね。
まさしく。

しかしリスナーである我々が

聴いてみてね~

とただ言うだけでは、なかなか新規リスナーを獲得できるものではありません。
ワタシが言われた方でしたら、言われたことすら忘れてしまいますからね、たぶん。

そこで番組関係者の方々が考え出した宣伝資料が…

Img_1707  

 
←こちら!!

ステッカーですね。

あ?見れば分かります(笑)?

 

「おは天ひろめたい」に立候補したリスナーがこのステッカーを送付してもらい、
早起き仲間に配ったり、目立つところに貼ったりするわけですね。
これならラジオ局も放送時間も分かります。

…。
あれ?
でも書いてあった方が良いものが、書いてない気が…。
(それは最後に発表します。みなさんも考えてみて下さい)

と、それは一旦置いておいて…。

番組での「ひろめたい」募集の告知以来、たくさんのリスナーさんが
活動の計画や実施状況を報告されていました。

そんな中、常日頃から番組に大変お世話になっているワタシとしては真っ先に
「ひろめたい」に立候補したかったのですが…。

まてよ?

オレは一体、誰に番組を宣伝できるのだ…。 ( ̄~ ̄;)ウーン・・・

と思い悩み、なかなか立候補できずにいました。

なんでよ?

アンタの同僚、みんな早起きでしょ?

と思われる方も多いとは思うのですが…。

宣伝したことで会社の同僚が聞いてくれるようになったら、確かに嬉しいのですがね。
「笑顔でおは天」への投稿が、習慣を超えてもはや「癖」となっているワタシとしては
仲間が聞いているということで投稿がしにくくなるというジレンマがあるわけですよ。
ラジオネームを使っても、ワタシを知っている人が聞けば分かってしまいますからね。

まあ、バレたからどうということもないのですが、やはり小っ恥ずかしいじゃないですか。

じゃ、トラックに貼ったらどうよ?

とも思われるでしょうが、これもまた問題がありまして。

一つには、トラックが担当車制ではなく、乗り回しだということ。

そしてもう一つが非常に大きな問題でして…。

我が社で使用しているトラック(タンクローリー)は、とある石油会社
(エネオス、JOMO、コスモ、シェル、三井…等々)のカラーリングが施されている
わけですが、このカラーリング自体が登録商標となっているのです。
しかも世界的な。

もっと言うなら、ボディーのカラーリングだけでなく、タイヤのホイールの色や
運送会社名を入れる場所まで制限されているのです。

こんな状況ですから、ステッカーを貼るなど言語道断。
荷主さんにバレたら大変です。

ま。
その前にステッカーに気付いた同僚や、所長にはがされてしまうとは思いますが。

ですから、トラックに貼るというのは事実上は無理なのです。

それでも誰か宣伝できる人がいるのでは…

と考えてみたところ、会社関係以外でたった一人だけこの時間に起きている
友人がいました。

が。
その友人が住んでいるのは神奈川県南部。
いかんせん、この地域は文化放送の電波が届きにくい…。

そんなわけで。
色々と悩んだ挙句、結局ワタシが出した「ひろめたい」の活動内容は

   コ コ で 宣 伝 す る こ と 。

…。

……。

迷惑なヤツだ…

なんて安易な…

それは宣伝なのか…?

と思ったそこのあなた。

良いんです。
この活動内容を書いて立候補したら、ステッカーを下さったんですから。

小さなことからコツコツと、です。

とにかく…。

まずは聞いてみて下さい。

とりあえず聞いてみて下さい!

いいから聞いてみて下さい!!

毎日とは言いません、早起きした時だけで良いですから!!

月・火が担当の伊藤佳子アナは、歯切れ良い口調で明るく爽やかな声で。
水~金が担当の鈴木純子アナは、優しい口調でベルベットのような声で。
きっと、皆さんに一日の活力を与えてくれることでしょう。

では、文化放送の電波が届く場所に住んでいらっしゃる皆さん。

月曜日~金曜日の朝5時!

 文化放送「笑顔でおは天」でお会いしましょう!!

あ。
ちなみに文化放送さんは、AMラジオの1134kHzです。

ということで。

おは天スタッフさ~ん。
ステッカーに周波数が入っていませんよ~!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

おはようございます!

今朝の我が街は、雲ひとつ無い快晴。

このところの強風が嘘のように、風はほとんどありません。

そのせいで放射冷却が強まったのでしょうか?

20080217093543  

気温は-6℃で、

閉め方が甘かった

外の蛇口には

氷柱ができていました。

 

…。

という感じで、その日の朝の天気を番組へ報告しているワタシです。

ちなみに週変わりのお題で作る川柳のコーナーもあるのですが、
ワタシはそういったセンスが無いもので、こちらへの参加は足踏み気味です(笑)。

 

2008年2月14日 (木)

自己採点のご報告

どうも。
バレンタインデーなのにチョコを目にすることさえなかった男・にゃん太郎です。

さて。
もう一週間も前のお話ですが、先日ワタシが受験しました第29回気象予報士試験の
解答例が、ネット上で主催者より公開されました。
なぜ「解答例」であって「正解」ではないかといいますと、実技試験は完全記述式の
ためだと思われます。
つまり、ポイントを抑えた解答文を書くことができていれば得点となるわけですね。

しかしご存知のように、現在のワタシが合格を目指しているのは専ら学科試験。
こちらは完全マークシート式の解答なので、「回答例」=「正解」なわけですね。

で。
自宅のPC前に座り込み、解答をマークしてきた問題用紙を片手に自己採点を
始めたのですが…。

あ。
その前に、話を少し前に戻さなければいけません。

実は受験日の2・3日後にネットで「気象予報士試験 解答」でネット検索をしたところ
予報士の資格を持つ一般の方が今回の問題を解答したサイトに辿り着きました。
しかし、もちろん主催者とは無関係の方の解答で、あくまでも非公式のもの。

それでも参考程度にはなるだろうと、ドキドキしながら自己採点をしてみたのです。

その結果、一般知識は惨憺たるもので正解は15問中5問。
合格ラインの11問には遠く及ばず、正式な回答例を確認するまでもなく不合格決定。

そしてもう一つの専門知識はと言いますと。

テキストなどの資料を見ながら確認し、完全に正解という問題が9問。
同様に完全に不正解が4問。
宙に浮いた問題が2問。
という、非常に微妙な状態でした。

こちらも11問正解で合格なので、宙に浮いた2問が正解していれば見事合格!
という結果になるわけです。

その疑惑の問題は問7と問14の2問だったのですが、この2問は先に登場した
非公式の解答とワタシの解答は異なっており、この時点ではどちらも「不正解」。

つまり「不合格」ですね。

しかし。
しつこいようですが、この解答は非公式のもの。
解答例が間違えている可能性も充分にあるわけです。
現に「不正解」の問14は、ワタシは結構自信がありました。

ですから、ワタシとしては

問7が正解していれば…。

という心持ちだったのです。

しかもその問7

この問題の正解は管理人さんが示す○番ではなく、×番ではないでしょうか?

というコメントがサイトに寄せられており、その×番こそがワタシの解答。
しかもコメントに添えられている×番の根拠を読んでみると、納得のできる内容です。

そんなわけで。

専門知識の方は

ヒョッットシタラ、ヒョットシチャッタリシテ…

などと淡い期待を抱いていたわけです。

…。

では、話を元に戻しまして。

そんな経緯がある中、いざ。

  専門知識の自己採点、開始!!

問1。

不正解。

こちらは事前から不正解の覚悟ができていましたので、ショックはありませんでした。
しかし、分かっていたとはいえ最初から不正解だと気分が悪いものです。
なんと言っても、この時点であと3問しか間違えられないわけですからね。

その後、問6までは事前の採点どおりの結果が続きました。
この雰囲気だと、疑惑の問7と問14以外は、事前の採点の結果を信じて
良さそうな感じです。

そして先ほども書いたように「不正解」の問14はワタシなりに正解の確信がありました。

となると。

もしも問7に寄せられていたコメントが正しく、これが正解ならオレは合格だ…。

そう思うと、近年まれに見る緊張感に襲われました。

ヤバイ、チビリソウダ。

PCの画面には正解のが見えています。

が。
最近すっかり記憶力の低下したワタシは、幸か不幸か自分が解答した番号を
覚えていません。
しかも、渦中の問7は問題用紙のページをめくらないと見ることができません。

うう…。

見たい。

見たい…。

ページをめくりたい……。

ああ!

でもやっぱり、めくりたくないっ!!

そんなジレンマと格闘すること数分。

とりあえず、トイレ行っとこ…。 (((((;・・)

…。

さて。

……。

参りますか…。

………。

正解は①ね…。

では。

問7君、オープーーーーーーン!!!

…。

……。

!?

!!!!

①に丸がしてあるーーーっ!!!(○∇○)

そう!
なんと正解していたのです!!

最初に書いたように、疑惑の2問以外の正解数は事前の採点と手持ちの資料からして
9問で間違いなし。

そして、この時点で正解数は10問

残るは、疑惑はあるものの正解の自信がある問14です。

…。

やた。

やたのか?

やったのだな…??

うぅ…。

み、みんな聞いてくれ~!

  不肖にゃん太郎

   ギリギリではありましたが

     専門知識合格ほぼ決定です!

                   o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

もうね。

一人で絶叫ですよ。

しかも立ち上がって。

狂喜乱舞とはああいう状態のことですね。

他人様に見つかったら、警察に通報されること間違い無しです。

で。
その後しばし感激の余韻に浸りましたが、気を取り直して自己採点を再開しました。

予想通り事前の採点どおりの結果が続き、いよいよ疑惑の問14。

こちらも問7と同じく、問題用紙のページをめくらないと自分の答が見られません。

しかし、今回は自信満々。
ページをめくるのに躊躇はありません。

え~と。

PC上解答例での正解は、と。

では、ぺージ、オープーン!

正か…。

!?

っっっっ!!!!!!

に丸が付いてるぞ、オレの問題用紙…。

ん?

んんっ??

そ、そんなバカな!!!!

NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOooooooooooooooooooooooo ! ! ! ! ! ! !!

もちろん見直しましたよ。

ええ、何度も。

しかしですね。
正解は②、ワタシは⑤に間違いは無いのです。

奈落に落ちる。

一寸先は闇。

天国から地獄。

今までの人生で、これだけの急転直下ぶりを経験したのは初めてでした。

あまりのショックに、しばらく別の世界に行ってしまっていましたからね。
ワタクシ。

そんなわけで。
ひと時の幸福に酔いしれたワタシでしたが、どうやらギリギリ不合格の模様です。

正式な通知は、後日郵送で届きます。
一応は。

後日?

あれ?
いつ来るんだっけかな……。

それにしても。

疑惑の問14は、書かれている四つの文章の内容が正しいかどうかを答える内容。
解答からすると問題文bの内容が誤りということなのですが…。

bも正しい内容だと思うんだがなあ…。

イマイチ納得できないワタシですが、個々の問題の解答についての解説は
どこでも知ることができません。
前回までは通信教育でお世話になっていたU-CANさんから解説が来たのですが、
もう修了してしまいましたので。

こんなことなら今回の解説を貰ってから、最終添削の提出をすれば良かった

と、今頃後悔しているワタシなのでした。

あ。

なんですか?

後悔のしどころが違いますか…。

それから読んで下さった皆さん。

ココ、同情するところじゃなくて、笑うトコですからね。

念のため(笑)。

2008年2月13日 (水)

試験(BlogPet)

きのうは次郎吉は試験しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「わんたろう」が書きました。

2008年2月11日 (月)

ぐだ~

どうも。
乾燥肌の痒みと戦う男・にゃんたろうです。

さて。
珍しく今日・明日と連休の予定です。
ですからなんとな~く、マッタリとした気分の朝を迎えております。

そんなわけなので、特に内容も無いグダグダの記事を書いてみます。

ただいま7時33分。
朝の散歩を終えて帰宅したところです。
祭日の朝ということで車通りが少なく、静かな空気の中を歩いてきました。

しかし、車通りは少なくとも散歩をしている人はたくさんいらっしゃいました。
ほとんど、というよりは全員が人生の先輩でして、散歩をしている人の中では
ワタシはヒヨッコです。

今朝もいつもの公園に足を踏み入れてきましたが、公園内の一番日当たりの
良い場所にある梅の木が開花していまして、着実に移ろい行く季節を感じました。

Img_1697  

 
日の出間もない時間なので

まだ微妙に暗さが残っています…。

 

 

 

Img_1693  

 
 
背景の空がもう少し明るく

青ければ良かったのですが。

 

 

今日もグルリと公園を一周。
犬を連れているご年配の方を多く見受けました。
そんな光景を見ながら

最近は吠え合う犬達って減ったよね~

などと思いました。

ワタシが子供の頃は、散歩同士の犬が遭遇しようものなら大変な騒ぎに
なっていたものです。
日本の犬社会のレベルアップに拍手です。

そういえば。
我が家のベランダからイトーヨーカドーが見えることをご存知の方もいらっしゃると
思いますが、このヨーカドーの隣に巨大マンションが建築され始めました。

このマンションは20階建てで高さが約60m、550世帯近くが入るらしいです。
我が家からは直線距離で400mくらいは離れていると思うのですが、建築場所は
我が家の真東の方向。

コイツが完成すれば、朝陽が我が家に差し込む時間が激減することは
間違いありません。

Img_1682  

 

今はまださら地ですが…。

 

 

 

Img_1661
写真はあくまでも想像です。

実際はもっと巨大かもしれませんし

もっと小さいかもしれません。

「多分この辺りに」と書いたつもり

だったのですが…(笑)。

ま。
ワタシが住むマンションが建ったことで多大な迷惑を蒙っている方々も
たくさんいるわけですから、ここは我慢するしかありません。

街は生き物。
景観が変わっていくことは仕方ありませんね。

ただ…。
このマンションが完成すると、おそらくは市内で一番高い建物になります。
絶対に最上階に届きませんよ。四街道消防署にある消防車では。

それを考えると恐ろしいですね…。

さてと。

洗濯も終わりましたし、まずは掃除でも始めますか。

では皆さん、良い一日を!

2008年2月 9日 (土)

ライヴには行かれませんが…

どうも。
本日の関口由紀さんのライヴに行くことができずに本当に残念な男・にゃん太郎です。

で。
そんな悔しい思いを抱きつつ関口由紀さんのHPを覗いていたら、
さりげな~い告知を見つけました。

「関口由紀動画情報」

ということで、由紀さんの動画をご覧になれます。

トークがすっかり上手になった彼女に会って下さい!

こちらをクリックしたら、「最新動画を見る」をクリックです!

では皆様、いってらっしゃ~い(笑)。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

本日のライヴに参戦される皆様、どうかワタシの分まで楽しんできて下さい(泣)。

2008年2月 8日 (金)

おは天ブログ

どうも。
文化放送「笑顔でおは天」のブログを拝見してびっくりした男・にゃん太郎です。

というのも。

おは天ブログにワタシのことを取り上げて頂いておりました。(こちらをどうぞ)

厳密にはワタシのことを取り上げているわけではありませんが、
こんなことをしていただくと益々番組にメールを送りたくなりますね(笑)。

番組関係者の皆さん、ありがとうございます。

これからも、どうぞよろしくお願いしま~す。

マスコット

どうも。
今週に入り「一日一食生活」が続いている男・にゃん太郎です。

さて。
本日(正確には昨日ですが)2月7日は、長野オリンピックが開幕した日だそうです。
ジャンプの原田選手が

舟木ぃ~~~ 。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。

と泣いていたのはついこの間のように感じますが、あれからもう10年だそうです。
少々ビックリです。

では、久々に。

…。

  10年前には物心が付いていたという、

                大人の人達は集合~っ!!

はい。

集まって下さった皆さん。

毎度ありがとうございます。

さて。

ここで皆さんにクイズです!

準備は良いですか?

では、いきます!!

  フクロウをモチーフにした

     長野五輪のマスコットキャラクターの

                       名前は何!?

ちっちっちっちっちっちっち…。

…。

どうです?

わかります?

結構難しいでしょ?

それでは正解を発表します!

その名は…

「スノーレッツ」。

…。

あ、なんですか?

その微妙な反応は…。 (°_°;)

いや、お気持ちは良~くわかりますが(笑)。

ちなみにこのクイズ。
昨日のラジオ・吉田照美ソコダイジナトコで、アシスタントの枦山南美 さんに
出題された問題でして、ラジオを聞いていたワタシも一緒に正解を考えたわけですが、
名前どころか、スノーレッツの姿さえ思い出すことができませんでした。
(ちなみに南美さんもワタシと同じ状態のようでした。)

思い出せないオレが無知なのかなあ…。 (~~;)ウーン

と思ったワタシは、そういったことに詳しそうな友人にメールを打ってみました。

以下、そのやり取りを原文のまま掲載します。(青文字がワタシ、緑文字が友人)

問題!
十年前の今日、長野五輪が開幕しましたが、その時のフクロウを
モチーフにしたマスコットの名前を答えよ!

フクタロウ?

ぶぶー。薬屋かよ(笑)!

いたっけ?
そんなの?

スノーレック!らしい…。 (←正しくはスノーレッツです)
オレも思い浮かばない。

しらんなあ

もりぞーきっころならわかる。

わかるわかる(笑)
確かにオリンピックには必ずマスコットいるよなあ
こぐまのミーシャとかもそうだよね

誰?ミーシャ?MISIA?

こぐまだよ ( ・ω・。 )
昔はキャラクターでアニメになったりしたもん

え~。知らん。

たしかね…ロスアンジェルスオリンピックの鷹みたいなキャラクターが
アニメになってた(笑)

まったくわからん(笑)。
つくば万博のキャラクターは冴えなかった。

あほ~
ホシマルを知らんのか!
わたし~ホシマル~、あなた~友達~♪て歌まであった(笑)

あんた、なにもんだ(笑)!

とまあ、こんなやり取りがあったわけです。

で。
ワタシなりの結論は、スノーレッツを思い出すことができなかった
ワタシは「人並み」であると。

だってですよ?

わけのわからなない「ホシマルの歌」を覚えていた人が思い出せなかったのですよ?
スノーレッツ。

まあ、判断基準が友人とワタシで良いのかという大いなる問題はありますが、
このことから考えると上記クイズに正解した方は相当凄い方だと思います。

ちなみに会話に出てきたマスコット達を紹介すると

Nagano_2  
スノーレッツ

 

 
2355740877_7 モリゾーとキッコロ

 

Poster4_3

 

こぐまのミーシャ

 

  

  
Rosu_3  

ロス五輪のマスコットで

「イーグルサム」

 

 
2505683837_4  
コスモ星丸

 
で。
この画像を見たら、さすがに思い出しましたよ。
スノーレッツ。

それにしても…。

キャラクターを生み出す方々は必死になって考えているはずなのに、
すっかり忘れてしまっているというのはなにやら申し訳ない気分です。

と、同時にですね

マスコットキャラクターって、必要なんかい?

とも思ってしまうワタシなのでありました。

さて。
次回のビッグイベントと言えば、なんと言っても北京オリンピック。

こちらはもう、発表されましたっけ?
マスコットキャラクター。

有名アミューズメントパークやドラ○もんの模倣よろしく、五輪のキャラクターも
何かに似ていたらウケるのにな…

などと、少々意地悪く考えてしまうワタシです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

20080207081927  

 
関東地方はまたも雪化粧の朝。

写真は境西高校付近の

国道354号線。

2008年2月 6日 (水)

気味(BlogPet)

わんたろうはイライラ気味がほしいな。
イライラ気味ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「わんたろう」が書きました。

2008年2月 5日 (火)

自然というヤツ

どうも。
昨日からそこはかとなくクシャミが出ている男・にゃん太郎です。

すでに花粉襲来のようです。

さて。
先日ミッフィーさんのブログに

ワタシは凍った路面に泣かされたことは無いのですが、
雪よりも氷のほうが怖いですよね~。

などと知ったようなコメントをさせていただいたのですが、くしくも昨日、
本当の氷の怖さを体験致しました。

昨日は三時半に車庫を出発したのですが、案の定、路面はツルツル。
ツルツルと言っても、生半可なツルツル加減ではありませんでした。

いや、だってですよ?
雪の表面が凍っているのではなくて、水溜りがそのまま凍ったような感じなわけですよ。

まさしくスケートリンクでした、あれは。
だって、荒川静香さんがイナバウワーやってるのが見えましたもん。 ( ・・)>おお

…。

ま。
荒川静香さんの話は冗談ですが。

軽くアクセルを踏んだだけでトレーラーの頭がケツを振り、うっかりアクセルを
緩めれば引っ張っているタンクに頭が押されてジャックナイフ現象になりかかり、
ブレーキを踏めばABSが利いてもなかなか止まらず…。

実は大型トラックの後ろを30km/h位で、

いくらなんでも、これだけありゃ止まれるだろ… 

という車間距離を保って走っていたのですが、赤信号で止まる際に滑って滑って
止まりそうも無く、念のために空いていた右折レーンに車を逃がすいうシーンが
ありました。

ま。
結果的には乗用車一台分くらい、そのトラックの手前で止まれましたがね。

仕事でもプライベートでも様々な条件下での運転を体験してきましたが、
免許取得以来初めて

   運  転  し  た  く  な  い

と思いました。

そして今日は。
気温は低かったものの、昨日のような凍結の心配は要らなかったのですが、
16号線を千葉から柏方面へと走行していると、八千代辺りから霧が出始めました。

その霧はどんどんと濃くなり、茨城県内に入ると濃霧に視界を遮られることとなり
今日もまた運転しづらかったです。

それにしても。

氷といい霧といい、所詮は人間にはどうにもできないわけですね。

チッポケなもんです、人間なんて。

そんなことを、昨日・今日と感じたのでありました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

20080205074530  

土浦市の外れです。

日の出と共に霧は

薄くなりましたが、

光の反射で見づらい…。

 

こんな時には偏光レンズのサングラスを掛けると、あ~ら不思議!

乱反射が軽減されて、かなり視界が良くなります。

ちなみに…。

水平視程1km未満が霧と呼び、それ以上の視程の時を靄(もや)と呼びます。

2008年2月 3日 (日)

またしても落鳥

どうも。
なんとなーく頭が思い男・にゃん太郎です。

さて。
ちょうど一週間前、パパ鳥が落命したことをご報告しました。

そして今朝。
雪明りで薄明るくなった中、ママ鳥がなかなか巣から出てこないので
覗き込んでみたところ…

(・vv・)ハニャ?

いない??

   す わ 、 逃 げ ら れ た か ! ?

と思ったのですが、よく見たらエサ入れの中で固くなっていました…。

先週は二時半過ぎに家を出て暗くなってから帰宅する生活だったので
一度も彼女の姿を目にしてなかったのですが、出勤前に暗闇の中で
換えていた水浴び用の水の中には、命の痕跡が毎日残っていました。

昨朝も水入れの中には分が入っていましたので…。
おそらく一昨日の水換え後から昨日の明るいうちに掛けてなくなったのだと思います。

二週続けての愛鳥との別れ。
結構ショックです。

しかも彼女は、紆余曲折の末に縁あって我が家にやって来た一羽。
出会いに思い出があるだけに、別れもまた辛かったです。

ママ鳥君。
短い間でしたが、安らぎをありがとう…。 "(ノ_・、)" 
グスン

そんなわけで。
今日もまた、会社に行って埋葬してきました。
雪を掻き分けてね。

で。
せっかく会社まで行ったので、そのまま隣のパチンコ屋さんに出撃。

ママ鳥がワタシへの感謝を表してくれたのか

20080203130428  

 

 
久しぶりに10連荘。

 

 

 
20080203134946  

 

何ヶ月ぶりかで

結構多く出たなあと思ったら

 

 

20080203135528  

 

こっちも多いじゃん (゜ロ゜) ヒョオォォ

てなことになってました。

 

 

こりゃあ、明日の朝は路面凍結で大変ですよ。
おそらく。

ワタシシ明日から一週間は乗務なのですが、何か?

ワタシが乗るトラックもマイカーも冬タイヤを履いてはいますが、
明朝は慎重に走らねばいけませんね…。

皆様、明日は足元に気をつけて早めに出発を。

2008年2月 2日 (土)

節目

どうも。
最近自由な時間が無くイライラ気味の男・にゃん太郎です。

さて。
この時期に「節目」というと、節分や立春にまつわる話かと思われるかもしれませんが、
今日の話はそういったものとはまったく関係ありません(笑)。

隅々まで読んで下さっている方はご存知のように、前回の記事にジョニーさんが
寄せて下さったコメントが、当ブログの1000件目のコメントでした。
当然ながら、1000件のコメントの中にはワタシが皆様にお返事をさせて頂いた
コメントも含まれています。
ですから考え方次第では「1000」ではないとも言えるかもしれませんが、
一つの区切りと言うか、節目であったことに違いはありません。

この場を借りて、コメントをお寄せ下さった全ての方々に篤く御礼申し上げます。

    本当にどうもありがとうございます!

で、実は。
そのキリ番のコメントを頂いた前回の記事。
この記事がまた、たまたま記事の500件目というキリの良い記事だったのです。

まあ、こちらもブログペットが書いた記事が含まれていたり、公開した後に削除した
唯一の記事があったりするので、本当の意味での500件目ではないとも言えますが。

しかしながら、今はそういう細かいことは横に置かせていただいて。

この「500」という数。
結構な数ですよね?

この事実に気付いた時、「我ながらよく書いたものだ」と驚いてしまいました。

500も書いたらディスクをかなり使用してるかと思いまして、先ほど調べてみましたら
まだ1.44%しか使用していませんでした(笑)。

このペースだと、ディスク容量上はあと何年くらい続けられるんだ ・ヘ・?

と思って計算したところ…

    約 1 7 0 年 …  ○┼< バタリ

すみません。

勘弁して下さい。

万が一生きていたとしても、たぶん書いていないと思います。
もう。

しかし170年は無理にしても、今のままのペースで書き続けていくと、当然ながら
記事の数はどんどん膨れていくわけですよね?

そこでワタシは、ふと思ってしまったわけです。

これから書くものも含めて、この累々たる記事をどうすればいいんかいね?

と。

著名人なら、良い記事を選出して出版するところでしょうが…。

正直なとこ、このブログを始めた時にはこんなに続くとは思っていませんでしたからね。
というか、先のことなどまったく考えず行き当たりバッタリで始めましたから。

ま。
何かを残したくて書いているのではなく、書いたものが残っているだけなので
それ以上を考える必要は無いのかもしれません。

「どうすればいいんかいね?」の答えは、時間をかけて探してみます。
もっとも、見つかるとも思えませんが。

そんなわけで。
おそらくはこれからもポツポツと書き続けると思います。

どうぞ皆様。
アホウなオッサンの年甲斐も無いお話に、これからもお付き合いを。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »