ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 口内炎ってどこにあるかな(BlogPet) | トップページ | トン・テン・カン »

2008年6月 9日 (月)

落胆

どうも。
お尻の調子がいまひとつの男・にゃん太郎です。

さて。
今日は内勤だったワタシ。

今朝も同僚達を見送って、ザッと事務所内の掃除をしたあとに、内勤時恒例の
ヒマワリ早朝巡回を開始しました。

巡回のコース(順番)は決まっています。

まずは倉庫脇からだな。

ココには写真撮影用の「会社部隊」が植わっています。
順調そうな彼を見て満足するワタシ。

よし、次はパチンコ屋だ。

時は午前五時過ぎ。
車通りがまばらな片側一車線の道路を颯爽と渡るワタシ。
雑草に紛れたヒマワリ君を見つけると

ありゃ。
葉っぱだいぶ虫に食われてるなぁ。

それでも、ひ弱そうに見えていた細い茎はシャンと天を向いてまっすぐ伸び始め、
まずまず元気そうな様子。

ワタシは道路を渡り直し、車庫の給油機のカギを開けてから事務所の裏をグルッと
回って芝生地帯に足を踏み入れました。

ここには何株か植わっていまして、元気そうなもの、ほとんど生長していないもの
悲喜こもごもの植物生活が垣間見られます。

元気そうなものには「どんどん大きくなれよ~」と声をかけ、
生長が遅いものには「調子悪いのか?大丈夫か?」と声をかけ。

で。
ここが終わると、怪しげなオジサンの巡回は最後の山場を迎えます。

というのも、巡回コースの最後にはもっとも発育状態の良い「成長株」が
待っているのです。
この「成長株」は毎日目に見えて大きくなっていて、毎朝見るのが楽しみです。

そして今日も、ワクワクしながら「山場」を迎えたのですが…。

…。

ななな、なんと。

ヒマワリがなくなってる!! ( ̄□ ̄|||)がーーん!

あまりのショックで全身から力が抜け、危うくその場に座り込むところでした。

よりによって、一番楽しみにしていた株がなくならなくても…。

もちろん、歩くことができないヒマワリが理由なく忽然と姿を消すはずがありません。
彼の姿が消えた理由はただ一つ、誰かの手によって地面から抜かれたのでしょう。

場所は会社の敷地内。
しかも通りに面した場所からは一番奥になる、トイレの扉前です。
常識的に考えて、社外の人がそこまで入ってくることは考えられませんし、
入ってきたとしてもわざわざヒマワリを抜くとも思えません。

となると。
残念ながら、会社の仲間が何らかの理由で抜いたとしか考えられません。
その理由はたぶん簡単なこと。
我が社には悪意を持って同僚に嫌がらせをするような仲間はいないので、

こんなところに雑草が育っちゃって、邪魔だな…。 ( -.-)ノ⌒-~ポイッ

という感じ。

それが分かっているだけに、犯人探しをしようとは思いません。
逆に相手を傷つけてしまいそうですし、ヒマワリが元に戻るわけでもありませんし。

が、しかし。
あまりにもショックだったワタシは、所長が出勤してくるなり言いました。

ワタシ) 所長~、トイレ前のヒマワリが…。 σ(TεT;)

所 長) おお、そうなんだよ!
      金曜の朝に来たらなくなってて、ビックリしたよ!!

ワタシがその場所で最後にヒマワリを確認したのは、水曜の夕方。
木曜は休みだったのですが、その日に出勤だった所長が金曜の朝に気づいたと
いうことは、おそらく木曜の夕方から金曜の早朝にかけて…。

…。

とにかくガッカリです。

正直、植物一本抜かれただけで、こんなにショックを受けるとは思っていませんでした。

しかも場所がトイレの前だけに、用を足しに行くたびについ目が行ってしまい、
その度に落ち込むという、なんとも辛い状況です。

とりあえず、他のヒマワリ君たちに希望を託して日々の巡回を継続します…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

たった一株の植物でこれだけショックなのですから、少し前にあった
チューリップなどの花壇を根こそぎダメにするような事件。
大切に育てていた方たちの悲しみは、いかばかりだったかと思います…。

« 口内炎ってどこにあるかな(BlogPet) | トップページ | トン・テン・カン »

コメント

ミッフィーさん>
おはようございます!
所長は動物植物にかかわらず生き物が好きな人でして、ワタシが乗務で忙しい時には会社で飼っている小鳥の世話をしてくれたりヒマワリに水をあえげてくれたりしてくれます。一番ショックだったのは、抜かれたヒマワリ自身だろうな~」と言っておりました。
除草剤散布担当者は決まっていますので、ヒマワリの告知はしてあります!

ピッペンさん>
おはようございます!
いや~。ディープインパクトでしたね(苦笑)。
以前小鳥を逃がしてしまった時に相当なショックを受けましたが、それに匹敵するものがありました。
看板は考えましたが、残りの社内部隊は抜かれそうに無い場所にいるので、そのままにしてあります。

ジョニーさん>
おはようございます!
ジョニーさんが下さったコメントが反響を呼んでいますね(笑)。
そういえば最近、トカゲって見ないですね~。
これだけ自然豊かな我が社の周りでも見ないのですから、都内の子供などは一生見ることなく終わるのでしょうね…。
ジョニーさんがおっしゃるところの「害虫」が減ったせいもあるのでしょうか?

ココバさん>
おはようございます!
どうぞご自由なコメントを(笑)。
ご自宅で「ジュラ紀白亜紀のダイナミックな人生」を楽しまれてはいかがですか!?

ふじのはなさん>
おはようございます!
あの、別に呼び捨てで結構ですが…(笑)。
由紀さん、お元気そうでしたか~。けやき広場のライヴはいつにも増してアットホームな感じなのですね。うらやましいです!
ブログへのコメントも最近はご無沙汰しているので、「参加」しなければ…(汗)。

きゃあ~っ!「にゃん太郎さん」の「さん」が抜けておりました(>_<);!失礼致しましたm(__)mm(__)mm(__)m!(ふくはらさん、教えて頂いて有り難うございましたm(__)m!)

にゃん太郎さん、こんばんは!
あぁ~っ(>_<)#!ショックですね…
なんとか他の仲間たちは元気に育って欲しいです~(^O^)

話は変わりますが、8日のけやき広場に参加した私です(^O^)/!足のギプスは取れた元気な由紀さんに会えました♪♪
(由紀さんと由紀帳の皆さんと一緒に写真も撮りました。いつかにゃん太郎もご一緒に~(^_^)!)

おはようございます
ニャン太郎さん そしてココバさん 
ありがとうございます
でも~ひ~~ぃ
褒められるとオタオタ・・
でもあれですよね。世の中、あ・・こんなの売ればいいのになぁ~というものは結構あるような??
ニャン太郎さんは、世の中にまっすぐ!なかたなので、それなら、こんなのどうでしょう~みたいにすぐアイデアが浮かんでしまうジョニーのようなヤツとしては、ある製品などを三菱●事と話たんですね
それはいい!とマジでうけて、さらに大爆笑~。
でもすぐさま却下されたと思うんですね
爆笑されたし
売れてないところをいると
お酒の席だったし・・・
それはいったいなにかというと
・・・それは・・・それは
内緒です~~~~♪
でも 結構マジメに考えているところも、ミソなんです
う~む~~

 記事に対するコメントではなくて申し訳ないんですが、ジョニーさんのコメント最高ですね!
 なかなかのコメントセンス! ブラ~ボ!good

おはようございます
ヒマワリとニャン太郎さんのお尻の調子が気になるジョニーです
ビッペンさんのコメントに朝から大うけしてました
おれのヒマワリあり!
これはいい~
ジョニーのお勧めとして
ダンゴムシ対策です。ダンゴムシには、トカゲを飼育しましょう~ぜひ
今や、エコロジーの時代、あなたにも、ジュラ紀白亜紀のダイナミックな人生を!
あなたの手のヒラに乗る恐竜を庭に解き放つのです
というキャッチフレーズとともにいま、世界が注目しています(嘘です)
あなただけの恐竜は、放っておいても大丈夫、小さいので車や家をつぶすこともないし、あなたの寂しい夜には、絵の具で彩色もできます~
しかも、ダンゴムシだけでなく、たくさんの害虫を食べてくれるでしょう
しかもタダ働き
それに!
トカゲはブローチにもなって、なぜか縁起物です
こ~んないいものを
なんで売らないだろう?????

所長さんがいいなぁ~所長さんに、ヒマワリが~というニャン太郎さんもいいなぁ・・・

にゃん太郎さん、こんばんは。
うわ~ん(>_<)
そんなバカな…という状況ですね…。
お察しいたします。
すぐに、すぐに次のひまわりの種を!!
そして、「オレのヒマワリあり。抜くな!!」という看板を!!
でも、本当にショックですよね…。

成長株のひまわりが抜かれてしまって残念ですね。所長もひまわりが無くなっている事に気づいてたって事はひまわりが咲くのを楽しみにしていたんだと思いますよ。別の場所のヒマワリ君も引き抜かれたり、除草剤をまかれて枯れたりしないかが心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/41480840

この記事へのトラックバック一覧です: 落胆:

« 口内炎ってどこにあるかな(BlogPet) | トップページ | トン・テン・カン »