ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 関口由紀さん@マーキー | トップページ | 満ちた月 »

2008年10月14日 (火)

東京競馬場の感想

どうも。
今日からまたお仕事の男・にゃん太郎です。

「仕事のある喜びを感じねば」と思いつつも、基本的に怠惰なワタシとしては
ロト6の二等以上の当選を切に祈るばかりです。

さて。
日曜日に行って参りました東京競馬場。
通称「府中競馬場」。

と、その前に。
初めて中山競馬場に行った時の感動を、ワタシは今も忘れられません。

それは競馬場自体を初めて体験したことによる感動と、なんとも言えない開放感、
またその広さに対する感動もあったと思います。

が。
今回の東京競馬場は、その感動を更に上回るもの。
「感動」というよりは「驚き」に身が震えました。

Img_2706

 

とにかく広い!

直線525.9m。

長いだろうとは思っていましたが、

想像をはるかに超えた長さでした。

 
写真は第1コーナー入り口から第4コーナー方向(最後の直線入り口)を撮影。
あまりの距離に、直線入り口が見えません(笑)。

以下、少々の間マニアックな話しになりますが。

最後の直線、端から端まで歩いてみました。
もちろん外ラチ沿いのスタンド内ですが。

微妙な下り坂から残り200mで一気に上り坂となる中山と違って、
ジリジリと上り続けてゴール前で平坦になる東京。

こういうところで、「コース適正」が出るのでしょうなあ。
データー上では知っていても、実際に自分の足で歩き比べて妙に納得してしまいした。

で。
その東京競馬場を得意とするお姫様。

Img_2702

 

ウオッカちゃん。

鞍上は競馬に縁の無い方でも

名前くらいは聞いたことがあるであろう

武豊(たけ ゆたか)騎手。

 
パドック5階からズームで取ったので、いまひとつの写真ですね。

一昨日の彼女の結果を知っている方は「負けてなお強し」とお思いかもしれません。
ワタシもそう思いました。

しかし、パドックではなんだかパッとしなかったのですよ。

周りからも「今日はイマイチ買う気になれない」という声がたくさん聞かれました。

しかもスタート直後に先頭に立つという驚愕の事態。
スタンド内ではその瞬間、悲鳴にも似たどよめきが湧き上がりました。

でもですね。
帰宅後に他のパッドクの写真を見たら、前足の先がブレて移ってました。
周回時、それだけ巻き足が速かったのでしょう。
調子良かったのですね、やはり(笑)。

あ。
予想結果は聞かないで下さいね。
もちろん、他のレースも。

ここからは笑い話を。

入場と共にその広さに度肝を抜かれたワタシ。
とりあえず施設内をウロウロとしてみたのですが、なんだか場の雰囲気に飲まれて
しまいまして、本当にウロウロするだけになってしましました。
施設内に、色々見る所もあったでしょうに。

さらに、さっきから申し上げておりますとおり、とにかく広いのです。
ゴール前あたりで観戦すると、中山なら最後の直線に入ってきたところで
肉眼で馬達の姿を確認できるのですが、東京は直線入り口が遠いため
最終コーナーを回ってきてもその姿が米粒くらいにしか見えないわけです。

で、ワタシの東京初レース。
仕方なく直線入り口からも目の前の馬鹿が付くほど大きいターフビジョン(テレビ)で
見ていたのですが、これが凄い臨場感。
食い入る様に見つつ

画面の前を何かが横切っているな…

と思ったら、馬達でした。

そう。
うっかり最後まで、ターフビジョンで見てしまったのです。

これではテレビで見ているのと同じです。
にゃん太郎、反省。
(実際はスタンドの歓声が凄くて、テレビとはまったく違いますが)

もちろん、次のレースは同じ轍を踏まぬよう注意しましたよ。
「そろそろ肉眼でもよく見えるかな」というタイミングで、コース右側に目を移しました。

しかし、スタンドからは歓声が上がっていますが、なかなか馬がやって来ません。

妙だな…。 ( ̄~ ̄;)??

と思いつつ、目線をさらに右に移しましたがまだ見えません。
すると、馬達の「ドドッド ドドッド」という蹄の音が、左側から聞こえてきました。

あ…。 ( ̄ω ̄;)

はい。
競馬ファンの方、お気付きですね。

中山は右回り、東京は左回り。

やって来る方向が逆なわけです。

にゃん太郎、更に反省。

ま、そんな失敗を繰り返しつつ、毎日王冠に挑んだわけですがね。
スーパーホーネット君が、ワタシの夢を砕いたわけです。

どうですかね?
スーパーホーネット、天皇賞に出てきたら買うべきです?
イマイチ信用できんのです、個人的に。
2000mという距離も微妙ですし…。

それとも、マイルCS直行ですかね?

なーんて知ったようなことを言いつつ、今回はお別れです。

微妙に珍道中だった「初府中」でしたが、それなりに楽しむことができました。

またゆっくり行きたいなぁ、東京競馬場。

« 関口由紀さん@マーキー | トップページ | 満ちた月 »

コメント

kuma子さん>
こんにちは!
ワタシはコロッケカレーを食べました。
改装前の東京競馬場をワタシは知りませんが、きっとkuma子さんがご存知の時よりもパワーアップされているはずです。
たまには足を運んでみてはいかがですか?

ピッペンさん>
こんにちは!
ぃやぁ、参りました。
パットで馬券が買えるようになってからは競馬場にはご無沙汰だったのですが、久々に生で競馬を見て、また度々足を運びたくなりました。
が。ワタシが通いやすい中山は、冬は午後からスタンドが日陰になって、寒さとの戦いなのです。春には花粉もやってきますし。
駄馬・にゃん太郎。開催期間と体調が折り合わず「中山苦手」の噂もあります(笑)。

ワタシの「ホーム」(笑)、いかがでした?
学生時代にあんな広くて開放感のある場所を体験してしまったら、そりゃ競馬にハマるわけですよね(笑)

昨年のジャパンカップダート以来府中はご無沙汰なので、是非今年も行きたいです!

鳥そば、杵打麺、等昔よく食べました。懐かしいなぁ、競馬場。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/42776923

この記事へのトラックバック一覧です: 東京競馬場の感想:

« 関口由紀さん@マーキー | トップページ | 満ちた月 »