ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 散髪したかも(BlogPet) | トップページ | どーなってるの? »

2008年12月16日 (火)

「篤姫」最終回

どうも。
久々の革靴で靴擦れができた男・にゃん太郎です。

たった20分歩いただけのに、情けない…。

さて。
少々遅くなりましたが、ただいま大河ドラマ「篤姫」最終回を観終わりました。

終わっちゃったかぁ…

というのが率直な感想です。

なんと言うか、一年間、本当に楽しませて頂きました。

﨑あおいさんを始めとする出演者の皆さんとスタッフの皆さんには、
心からのお礼を申し上げます。

本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た 。

正直なところ、放送が始まる前は

こんな若い子に、大河ドラマの主役が務まるのかねぇ…

と思ったのですが、終わってみれば圧巻でしたね。

﨑さんの演技はもちろんですが、その他の全ての方々の演技、
もっと言えば、キャスティングもほぼ完璧だったと思います。

   も う 、 大 満 足 で す 。

ワタシは原作を読んでいませんが、脚本を手がけられた田淵久美子さんの
お力も当然ながら大きいのでしょうね。

近年見た大河ドラマの中では、文句無しのNo.1でした。

そんなわけで。
返す返すも宮﨑さんは素晴らしかったわけですが、ここで影のMVPを
個人的に決めたいと思います。

では、勝手ながら…。

助演男優賞:原田泰三氏
西郷と大久保で難しいのですがね…。
良い意味で見事に裏切ってくれた大久保役で。

助演女優賞:稲森いずみ氏
女優賞候補は、幾島・重野・お近・小の島・広川・しの…。
と挙げ出せばキリがないのですが、個人的に稲森さんが好きなことと、
これからの更なる活躍を期待してということで。

演技賞男性:高橋英樹氏
やはり格が違いますよね。
文句無しです。

演技賞女性:松坂慶子氏
これもまた、文句なし。
どんな役でもマルチにこなす松坂さんには脱帽です。

特別賞男性:的場浩司氏
暴れん坊の有馬新七を好演。

特別賞女性:佐々木すみ江氏
「この人無くして」の役どころであることはもちろんのことながら、
「女の道は一本道」、篤姫が島津家に養女として出向く際の駕籠を見送るシーンは
お見事でした。

とまあ、こんな感じですかね。

皆さん思うところがあることと思いますので、文句・イチャモン・言いがかり等は
コメントにてどうぞ(笑)。

最後に。

最終回で天璋院が言った言葉。

誰もが天命、果たすべき何かを背負って産まれてくる。

言ってみれば、「篤姫」の根底にあった主題(だとワタシは思う)なわけですが、
ワタシもそう思います。

と言うよりも、ワタシ自身、物心付いたころからずっとそう思って生きてきました。

もちろん人に限らず、この世の全ての命に対してです。

生きている価値の無い人などいない。

意味の無い命など無い。

命に大小は無い。

全ての命の重みに違いは無い。

さらに、誤解を恐れずに言わせていただくならば。

人はこの世で果たすべきことを終えた時、生涯を閉じる。

ワタシはそう思って生きています。

だからこそ、いま自分がすべきことは何か、自分ができることは何かを考え、
自分とは何かを考える。
それゆえに、日々を懸命に生きることができる。

そしてできることならば、ついに「その時」を向かえる時。

「死ぬ」のではなく、家族・友人・自分と関わってきてくれた人達に何かを伝えながら
「死んで行く」ことができたら良い。

ワタシに関わる誰かが亡くなった時に、「亡くなってしまった」ではなく
「亡くなって行かれた」と思える自分でいたいと思う、ワタシなのです。

…。

ん?

なんだか、大河ドラマから、思わぬ方向に話が行ってしまいましたね(笑)。

ま、これも一つの、哲学ですかね(笑)。

いや~、しかし。
来週から楽しみが一つ減りますなぁ…。

妻夫木氏が、これを超える楽しみを与えてくれれば良いのですが…。

« 散髪したかも(BlogPet) | トップページ | どーなってるの? »

コメント

ピッペンさん>
こんばんは!
不良債権の回収が可能なのも、あと二週間となりましたね。一年なんて、ホントにアッと言うまですね。
「役割」については、あまり大きなことを考えなくても良いのではないでしょうか?
例えば、道端のゴミ一つを拾って「これを拾うのは今日のオレの役割だったんだな」と思ってみたりする。なんと言いますか、一日一善みたいな感じですか?
こんな考え方をすると、やれるのにやらないでいること、逃げている事に仕方なく立ち向かえるようになる感じがします。

ジョニーさん>
こんばんは!
ジョニーさんの役割…。それはズバリ、ここにコメントを書いて下さることです(笑)!
ということで、これからもよろしくお願いします!

Oddyさん>
こんばんは!
靴擦れはもう完治いたしました(笑)。
いや、わけわかりますよ。そういうことだと思います。
人間を含め、万物には光と影、裏と表があるわけで。
全ての人から高評価を受ける人などいるはずはありませんし、そんな人がいたらそれは「人」ではなく「仏」ですね。
Oddyさんの言うように、自分を裏切らないことこそが大切だと思います。

靴擦れさせてごめんなさい。

篤姫、確かに楽しかったです。
私のMVPは女性:樋口可南子さん、男性:堺雅人さんですね。
でも、ひねくれ者の私は創作部分が多すぎる最近の大河ドラマはついうがった見方をしてしまいます。
特に勝役の北大路欣也さんの“いい人”ぶりには「ちがーう」と言いたくて・・・

天命。難しいですね。大河ドラマではきれいにまとまっていますが、そもそも篤姫もブラックな部分を十分に持っていたはずですし、与えられた環境の中でベストを尽くして、その結果を周りの人々にまとめてもらって
「あの人はああいう人だった」
となるわけですよね。仲間に対して、家族に対して評価は違うわけで。
まだまだ評価は変わるでしょうから、自分を裏切らないことですね。(わけわからん)

ジョニーの役割ってなんでしょ~
誰か教えてください~うううう

昨日、録画しておいた最終回を見ました。
何だか感慨深い最終回でした。
役割…ワタシの役割は何なんでしょうねぇ。
とりあえず、ワタシはまだまだやり残していることがたーっくさんあるので、まだまだ死ねませぬ~。
まずは、JRAに一時預けてある不良債権を回収せねば、死んでも死にきれません(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/43438691

この記事へのトラックバック一覧です: 「篤姫」最終回:

« 散髪したかも(BlogPet) | トップページ | どーなってるの? »