ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

鬼門

どうも。
せきぐちゆきさんのニューシングルを手にできず歯がゆい思いの男・にゃん太郎です。

さて。
少々ご報告が遅くなりましたが。

先日の「詰め物脱落」を受けまして、甚だ不本意ながら行って来ました、歯科。
(取れた翌日に)

思い起こせば、最後に歯科のお世話になったのはちょうど10年前。
随分長いこと、ご無沙汰でした。

で。
駅ビル(と言っても4階建の小さいビル)の中にある歯科に到着したのは17時過ぎ。
平静を装いつつ待合室でテレビを眺めるも、久々ということと歯科嫌いということが
合わさって、テレビの映像に視線が定まりません。

予約時間の17時半まで時間があったのでおのずと待たされることになったのですが、
いやはやこの待ち時間の長く感じたこと。

やがて

女性)  にゃん太郎さん、お待たせいたしました~。

ワタシ)  ハヒ…。

歯科衛生士のお姉さんに案内され後ろを付いていくと、やがて視界に「あの世界」が。

足を投げ出して座るイス。

その脇のうがいスペース。

そして可動式のお盆のような台に載せられている数々の小道具。

事前アンケートの

歯科での治療は ①なんとも無い ②やや怖い ③怖い

②に○印をしたワタシにとっては、それはもう無条件に逃げ出したくなる光景です。

しかし、痛みは無いとはいえ歯に完全に穴がいている状況で敵前逃亡するわけには
いかず、渋々とイスに腰掛けました。

やがて推定30歳前後と思われる先生が現れ、口の中をチェック。
詰め物が取れた原因は、その歯が再度虫歯になったことだと告げられました。

先生) とりあえず、レントゲンを撮りましょう。

と促され、場所を移動。

初めて見る機械の前に立たされ、指示されるがままに綿のような物でできた棒を前歯で
噛まされ、機械にアゴを乗せられました。

はら?
こんなんで、レントゲン?

ワタシの中の歯科でのレントゲンといえば、ベープマットのような厚い紙を口の中に
入れて指で押さえ、カメラとは思えない巨大な四角い箱に筒状の黒い突起物が付いた
機械を頬のそばに持って来るという撮影方法。

想像とのギャップに戸惑っていると、

先) じゃ、撮りまーす。
   そのままジッとしていて下さいね~。

と。

すると同時にワタシの顔の周りを垂直に立った棒がグルグルと旋回し始めました。

なんじゃこりゃ!?
レントゲンと言うよりは、CTじゃんか!!

いや~。
時代は流れているんですねぇ。

こんな撮影方法ですから、出来上がったレントゲン写真も口内全体を立体的に
捉えた画像でした。

先) 虫歯の部分は神経まではいってないから、麻酔無しで大丈夫そうですね…。

ワ) いけますか?痛み無しで。

先) ……多分。

なに?その間は…。

倒されたイスの上に再び戻ったワタシ。
先程の「間」が気になり、すでに緊張。

やがて、そんなワタシの気持ちには関係なく。

チュイ~ン。

チュウィ~~~ン。

ででででで、でた~っ!! .ヾ(。><)シ ぎょぇぇぇ

この音を聞いただけで、全身硬直。

チュウィ~~~ン。

チュチュチュウィ~~~ン。

機械はどうやら絶好調。
もはや覚悟を決めるしかありません。

先) はい、口開けて下さ~い。

ゴクリ…。

あーーーん。 ( ̄○ ̄;)

と、この時。
ワタシは重要なことに気付きました。

ワ) 先生!

先) は?

ワ) 治療してる時、口で呼吸できますかね?

先) あ?

ワ) 花粉症で鼻詰まってて、口じゃないと呼吸できないんですが。

先) …。

ワ) …。

衛生士) (ΦωΦ) ブブッ

先) 無理でしょ、たぶん。

衛) (^▽^) げらげら

ワ) あの、治療には何分くらい…?

先) 5分くらいですかね。
   とりあえず埋めておいて、花粉終わってからにしますか?

ワ) …。
   が、がむばります…。

先) じゃ、口開けて。(←やや怒り口調)

衛) (^u^)プププ (←やたらとおかしかったらしい)

で。
治療が始まると、これがあら不思議。
詰まっていた鼻が少し通って、たいして苦しくありませんでした。

チュイ~ン。

痛みはありませんが、口の中に広がる独特の香り。

ジュボボボ~。

吸引機で吸い込まれる唾液。

言いようの無い不快感。

まさに全身ガチガチのワタシ。

でも痛くないから、もう少しの我慢我慢…。

自分を鼓舞しながら必死に耐えるワタシ。

チュイ~ン。

ん?

チュウィ~~~ン!

んん??

チュチュチュウィ~~~ン!!

…。

うぎゃっ!! |||||||||||||凹[◎凸◎;]凹|||||||||||||

それはまさに、一瞬の出来事でした。

油断していたワタシに襲い掛かった、悪寒が走るほどの激痛。
時間にすれば0.5秒も無いのでしょうが、思わず右足が跳ね上がりました。

(^u^)プププ 

わ、笑いごとじゃないよ…。 ( iдi ) ハウー

ようやく治療が終わり、仮の詰め物が固まるまで歯を食いしばるワタシは放心状態。

やがて先生が戻ってきて、再度口を開けさせられました。

先) ん、オッケーですね。

お、終わった…。

と、安堵したのですが、ここから更なる展開が。

先) いや~、それにしても…。

ワ) は?

先) 凄いね、これは。

ワ) はい?

先) 歯石ですよ、歯石。
   全部取った方が良いんですが、今日のところは下の前だけやりましょう。

歯科医が驚くほどの歯石を抱えているワタシって、どうなのよ?

ということで。
先程の笑い上戸の衛生士さんが登場。

衛) はい、お口を開けて下さ~い♪

マスクの下で、満面の笑みをたたえています。

な、なぜにそんなに嬉しそう…?

ところが、いざ治療(?)が始まると気配は一転。

まるで鬼のような形相で、コード付きの先ちょの尖った機械で歯の裏をガリガリ、
歯と歯の間を鉄製の道具で力任せにグリグリ。

ワタシの歯石は相当にやり手だったようで、かなり苦戦されていました。
途中のグリグリで力が入って、鼻息荒くなってましたからね。彼女。
さらに、舌打ちもされました(笑)。

ようやく戦いを終えた衛生士さん。

衛) ふぅ。
   終わりましたけど、歯石が歯茎にまでかぶっちゃってたので、そこの歯茎が
   真っ赤になっちゃってますね。
   歯磨きの時に、歯茎を引き締めるようにマッサージして下さいね。

と。

おいおい、歯石が歯茎にまでって、どんだけ付いてたんだよ…。

と思いつつ目の前のお盆に目をやると、我ながら驚くほどの量。
しかも見るからに硬そう。

これだけ付いていれば、そりゃあ歯科医も驚きますわ。

そんなわけで。
たっぷりの歯石が取れた下の前歯の裏。
今は舌触りが全く変わり、自分の口の中とは思えません。

う~ん。

なんだかこの記事を書いているうちに、とても不潔な男の気がしてきました。
ワタシ…。

その日にすべき治療を終え会計を済ますと、領収書と共に一枚の紙をくれました。

Img_3204  

 

不潔なオジサンの口内状況と

 
歯磨きに関するアドバイスです。

 
個人ごとに書いてくれるので参考になります。

 

 

 
ちなみに次回は詰め物の型取り、その次は完成した詰め物の埋め込み。
さらに、治療した方が良さそうな歯のメンテナンス、残っている歯石の除去…。
と、まだまだ通院は続くようです。

歯科って、なぜ一度で終わらないのでしょう?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

素朴な疑問。

歯の治療中は、目は閉じているものなんでしょうか?

ワタシは目を開けたまま、視線を宙に彷徨わせているのですが…。

2009年3月28日 (土)

苛々ナイト

どうも。
すでに布団の中にいる男・にゃん太郎です。

さて。
ただいまワールドカップサッカーのアジア最終予選、対バーレーン戦の前半が終了。

ちょっとね。

ちみたち!(←君達、の意)

点を取る気があるんかーい! (ノ-"-)ノ~┻━┻

シュートを打って下さい。
シュートを。(T^T)

美しい形で点を取らなくても良いのです。

なんとしても点を取る!

という必死さ、泥臭さを見せてくんちぇ!

…。

と、文句を言うだけ言って、ワタシは寝かせていただきます。

だって。
明日も仕事なんだもーん。

2009年3月26日 (木)

変更するはずだった(BlogPet)

きょうわんたろうが表記するはずだったの。
でも、きのう、変更するはずだった。
だけど、きのうわんたろうが、次郎吉と立腹しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「わんたろう」が書きました。

2009年3月25日 (水)

一喜一憂

どうも。
最近は空を見上げることを忘れている男・にゃん太郎です。

さて、唐突ですが。

兄さん、事件です!!

というのも。

いま、せきぐちゆきさんのブログを覗きましたらね。

あ。

“お花見”、と言うことで、

今週の日曜日。発売日の翌日。

あたくし、貴方様とお花見したいんです。

お花見

一緒に息抜き致しません?♪♪

詳しくは、ホームページトップ、
“最新情報”をご覧下さいませ!(≧▽≦)ゞ


http://www.sekiguchiyuki.com/

お待ち致しております♪♪

(上記ピンク字部分、「由紀帳」より引用)

ってなことが書いてあるでは、あぁーーーーりませんかぁ!!

…。

きましたね。

ついにきましたよ、この時が。

何がって?

彼女のファンとなって以来

いつか一緒に呑んでみたい。 "( ^-^)/且☆且\(^-^ )"かんぱーい! 

と思っていたワタシの願いを叶えるチャンスが!!

まさに千載一遇!

盲亀の浮木!!

優曇華の花!!!

え?

花見=飲酒ではないだろう?

ですって?

何をおっしゃるウサギさん。

花見と言えば酒ですよ。

たとえそれが昼間でも。

ましてやご一緒するのは、お酒好きのせきぐちゆきさんですよ?

もっと言えばですね。

これはもう「花見」とは名ばかりの、ゆきさんを囲んでの飲み会に他ならないわけですよ。

てなことで。

早速参加の申し込みをしましたよ

と、言いたいところなのですがね。

勤務予定表を見ましたら…。

オレ、出勤の番じゃーーーんっ!! く("0")>No~!!

…。

で。

にゃん太郎、しばし放心。

…。

チョイと、お前さん?

誰だい?

この予定表を作った人。

…。

……。

………オレか。

う…。

…。

い。

い。

行きて~~~~~~っっっ!! <(T◇T)>わぁぁぁぁぁん!

…。

ちょっと待て。

なんとかならんかな?

ん。

なんとかせねば。

…。

……。

いや、やっぱ無理だな。

…。

うん、ムリムリ。 (*´ー`) フッ

…。

どーーーーー考えてもムリですな。 (ヘ_ヘ) フハハハ

…。

いや~、なんという間の悪さ。

辟易しますね、この運の無さに。

今のワタシにできることは、当時の天気が良いことを願うこと。

それから、参加される皆さんが楽しいひと時が過ごせるように祈ることくらいでしょう。

後は「由紀帳」での土産話を待つしかありません。

うぅ。

無念…。

あまりにも無念過ぎます……。 ○| ̄|_ ガックリ

2009年3月23日 (月)

ガリッ

どうも。
スギ花粉の症状がピークを迎えている男・にゃん太郎です。

さて。
ただいま4時50分。

同僚の皆様、勤務時間中に失礼します。

なにせ、緊急時事態が発生したもので。

いま朝食のおにぎりを食べていましたら。

   ガ  リ  ッ  !  !

という大音響と共に。

右上奥歯の詰め物が…。

20090323044409  

 
 
はい。

 
取れました。 

 

 

昨夜から右奥歯の噛み合せが妙な感じだったのは、この前兆だったのですね…。

詰め物が取れた歯、今は痛みはありませんが、早急に医者に行かねばダメでしょう。

これ何?

昼食はこの状態のまま摂れということで?

う~ん。
まいりましたね…。

さて。仕事仕事…。

2009年3月20日 (金)

立腹

どうも。
なんとなーく、気分が晴れない男・にゃん太郎です。

さて、そんなワタシ。
先日遅ればせながら、せきぐちゆきさんの「風と共に」を予約して参りました。

ええ、予約したのですがね…。

当日入荷の予定が無いので、発売日にはお渡しできません。

とは、どういうこと?

それは何ですか?

「風と共に」だけではなく、商品そのものの入荷の便がないということです?

イマイチワタシにはよくわかりません。

いえ、この際。
理由などよく分からなくてもかまわんのです。

とにかく。

ワタシが納得できない部分は。

   発売日に手に入らないんじゃ、

             何のための事前予約なのさ?

ということなのですよ、新○堂さん。

CD業界の売り上げが右肩下がりの中、随分なご商売ですね。

ま、近くに別のCD屋さんが無いので、仕方なく今回はオタクに頼みましたが。
これからは別の方法を考えます。

ということで。

今回は納得できない買い物の不満をぶちまけましたが、次回は本当の接客の
お話を記事にする予定です。

2009年3月19日 (木)

別れの翌日(BlogPet)

にゃん太郎の「別れの翌日」のまねしてかいてみるね

どうも。
昨...

*このエントリは、ブログペットの「わんたろう」が書きました。

2009年3月14日 (土)

別れの翌日

どうも。
連日起きた瞬間に滝のような鼻水を垂らす男・にゃん太郎です。

さて。
昨日は、「お別れの13日の金曜日」でした。

終業の16時と共にガリバーさんへと向かいまして、プレ男君を置いてきました。
お蔭様で泣くことはありませんでした(笑)。

今はなんとなく肩の荷が下りたような、それでいて彼がどうしているか心配のような。
そんな気持ちです。

「物」である車に心などあるはずがありませんが、ワタシはとにかく「物」たいして
異常に感情移入する男。

そんなワタシは新車の契約をして以来の約一ヶ月、彼に後ろめたい気持ちで一杯でした。
なんとなく、彼を裏切ったような感じがしていたのです。

客観的に分析すれば「特に必要があったわけではない買い替え」に、自分自身で
疑問があったのではないかと思います。

過去の二度の買い替えを振り返ると…。

①「シルビア」→「レガシー」
初めて持った自分の車。
色々いじって可愛がった車でしたが、固めた足回りのためのゴツゴツした乗り心地を
不快に思うようになり買い替。

②「レガシー」→「プレオ」
マンション購入の住宅ローンに伴い、車の燃料代・保険料・税金などのコストダウンの
ためと、「往復約6kmの通勤だけでこの車のはもったいない」ということに買ってから
気付き、一年に満たないうちに買い替え。

いずれも「わがまま」&「浅はか」な理由ではありますが、それなりの理由がありました。
それに比べ、今回はほぼ衝動買いともいえる状況でしたので、「後ろめたさ」が
際立つことになったのかもしれません。

さて、話は少し変わりますが。
「車の運転が上手い男は女性の扱いも上手い」などと昔から言いますが、
この件についてはワタシは首を縦に振る気にはなれません。

が。
今回「プレ男」君と別れるにあたり

車との別れと、異性との別れって似てるかも…。

などと思いました。

え?

意味がわからないですか?

車が痛んできた

車が自分の生活スタイルに合わなくなった

今の車に飽きた

他に欲しい車ができた

上記4点、車買い替えの主な理由でしょうが、「車」を「異性」に読み替えてみると…。

さすがに「痛んできた」と言って異性と別れることを考える人はいないでしょうが、
その他の三つは皆さん少なからず心当たりがあるのでは…?

ワタシが学生の頃、一学年上の先輩が

新しい女性に対しては「愛」が、今までの女性に対しては「情」がある…

と目を細めながら言っていましたが、車の買い替えが決まった時もそんな感じが
しませんか?

新しい車、早くこないかなぁ。 o(^ー^)oワクワク

今までの車、どうもありがとう。 (゜ーÅ) ホロリ

みたいな。

…。

え?

お前の意見には賛同できない

ですって?

そ、そうですか…。

そうかなぁ…?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

20090313163527  
こちら。

しばらくお世話になる

代車の「キューブ」ちゃん。

いい加減に撮影したら

ちょっと曲がっちゃいました。

 

キューブ「ちゃん」なのは、色がショッキングピンクで(写真だとわかりずらい)、
いかにも女の子っぽいから。

しかしこのキューブちゃん、見た目は普通の子なのですが、車内が異常にヤニ臭く
どうやら昔、相当の「ワル」だったよう。
これだけのヤニ臭さ。
下っ端のヤンキーなどではなく、スケバンだったに違いありません。

う~ん。

それにしても。

この色。
なんとかならんのですかね?

しかも助手席に

20090313165723_2  

 
こんなキティちゃんが付いてるし。

 

 

いくら代車とはいえ、ワタシ、間もなく40リーチの独身男なのですが…。

2009年3月12日 (木)

変更(BlogPet)

きょうにゃん太郎と、思いのほか花粉は変更するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「わんたろう」が書きました。

2009年3月 8日 (日)

お別れの儀

どうも。
花粉症の症状が本格的に出始めて意識朦朧の男・にゃん太郎です。

そんなわけで、デザインを花粉症バージョンに…。

さて。
皆さん、興味が無いと思いますが。

Img_3191  

 
こちら。

 

現在の愛車。

 

 
Img_3194  

スバル社の

 
プレオ。

 
通称「プレ男」君。

 
 
 
写真は先日「お別れの儀」と称して最後のワックスがけを行った時のもの。
そこのアナタ様。
背景の悪さを気にしてはいけません(笑)。

で、心苦しくも。

昨日、この相棒の売却契約をしてきました。

以前書いたこちらの記事でご紹介したように車買取センター「ガリバー」さんで
ある程度の金額を提示してもらっていたのですが…。

結局

    4 7 5 , 0 0 0 円

となりました。

なんとか50万円を死守

と思っていたワタシとしては、正直かなりガッカリの結果でした。

とはいえ、値段が目に見えて下がっても仕方がない経過を辿っていたため、
仕方がないとも言えます。

というのも。

まず、今回の場合は新車の納車が来月中旬から下旬となります。
それまで今の車に乗っていても良いのですが、早めに手放したい理由がありました。


① 税金対策

毎年5月にやってくる自動車税。
皆さんご存知のように、4月1日現在の車の所有者がこの税金を納めることになります。
で、納税後に車を手放した場合は申請をすれば月割りで税金を戻してもらえる
(例えば5月に車を手放せば11か月分の税金は戻ってくる)と思っていたのですが、
これがなんと間違いだったのです。

軽自動車の税金は一切戻ってこないんですって!

で、戻ってこない基本的なの理由を聞いて目から鱗が落ちた思いだったのですがね。
簡単に言いますと、普通自動車は「前払い」、軽自動車は「後払い」なんだそうです。
つまり、普通車はこれからの乗る分を納めて、軽自動車は前年に乗った分を納める。

ということで、来月1日に今の車・プレ男君に乗っていると、来年の5月にはプレ男君と
新車の2台分の税金を払う…、いえ「納める」ことになるわけです。
4月に入ってからプレ男君に乗るのは20日前後。
そのために7,000円強の税金というのはちょっと…。


② 万が一の事故で査定が下がることを避ける

ガリバーさんで車の状態の良さを高く評価してもらっていたので、修理が必要に
なるような不慮の事故の可能性を一日でも少なくしようと。

で、話を元に戻しますと。

「値段が目に見えて下がっても仕方がない過程」なのですが。

上記の理由で早々にプレ男君を手放すと、新車が来るまでには、1ヶ月以上かかる
ことになります。
車通勤のワタシはこの期間中に車が無いのは困るわけで、どこかで代車を
借りなければなりません。

しかし、初回にガリバーさんに行った際に

1ヵ月は無理です。 (ー'`ー;)

と宣告されていました。

そこで。
新車購入の際にお世話になったディーラーさんとガリバーさんに少なからず
付き合いがあることを事前に調査済みだったワタシは、

ガリバーさんの代車期間が切れた後は、ディーラーさんで代車を借りよう。

と企んだわけですが、何せまだ納車日がわからない状況。
そうなると当事者となる二社間で直接話をしてもらい、いつまでがガリバーさんの代車で
いつからがディーラーさんの代車とするかなど、様々なスケジュールの擦り合わせを
してもらうしかなりません。

となると、ガリバーさんで最終的な売却の契約をする際には、すでに車を購入して
いることを話すしかなくなります。

買い手としては、相手が確実に売る。
しかも絶対に自分の所で売ることがわかっていれば、それなりの値段しか
提示しなくても良くなりますよね?

そんなわけで。

    買い取り価格交渉の余地無し

となったわけです。

作戦ミスの感も否めませんが、今回の状況的には仕方ないかと…。

あ、誤解の無いように言っておきますがね。

最終的な金額そのものには不満はありますが、ガリバーさん自体に不満を持っていたり
嫌疑心を持っていたりするわけではありませんので。
接客して下さった方は非常に好感が持てましたし、代車の件も感謝しています。

しかし、いかんせん最初は「55万」だったので、期待心が…。

そうそう。
税金の件でお話した内容だと、今年の5月にはワタシの所プレ男君の納税書が
来るわけですが、これもガリバーさん持ちになりました。
ありがとうございます。

そんなわけで。
ガリバーさんのご都合で、プレ男君とのお別れは今週金曜日に決定しました。

六年半の付き合いを考えると胸が詰まりますが、自分で決めたこと。
こればかりはしかたありませんね。

とにかく、大切に乗ってくれる人の手に渡ってくれることを心から願って止みません。

…。

あれ?

気付いてしまいました??

今週の金曜…。

13日の金曜日ですが、何か(笑)?

2009年3月 7日 (土)

試験結果のご報告

どうも。
なんとなく日々慌しい男・にゃん太郎です。

とりあえず。

20090306171033_2

 
 

こんな葉書が届きました。 

 

 
 
応援して下さっていた皆さん、ありがとうございます。

取り急ぎ、ご報告まで。

2009年3月 5日 (木)

表記変更(BlogPet)

にゃん太郎の「表記変更」のまねしてかいてみるね

どうも。
さて!
現在

*このエントリは、ブログペットの「わんたろう」が書きました。

2009年3月 3日 (火)

表記変更

表記変更
どうも。
現在0時13分。
積み込み待ち中の男・にゃん太郎です。

さて。
今日は夜間乗務最大の楽しみである、関口由紀さんの「苺通り十文字」の放送日でした。

その「苺通り」で、「関口由紀」から「せきぐちゆき」に改名したことが発表されました。

ま、由紀さんがゆきさんになっても本質的には何も変わらないわけですが、個人的には意外でした。

と言うのも、ワタシの中の由紀さんのイメージは「日本語を大切にする」というものが強く、「日本語=漢字」的な漢字が…。

ですから漢字から平仮名に変更というのは、ちょっとビックリ。

しかし、ゆきさんはゆきさん。

これからも応援し続けますし、ワタシの中の大切なゆきさんであり続けてほしいです(ぽ)。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »