ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 人混みは消えるか? | トップページ | 決着する(BlogPet) »

2009年5月20日 (水)

思い切って、行ってみた

どうも。
明日からの夜勤に向けて時間調整中の男・にゃん太郎です。

さて、今日はお休み。
夜勤前日が休みだと実質一日半の休日となるため、普段の休みよりも気持ちに
少し余裕が出ることに加え、今日は朝から絶好の天気。
せっかくなので海でも見に行こうかと思いましたが、一人で海に行くと
たいていは車を走らせているだけで終わってしまいます。

そこで

では、他に行きたい所は無いか…?

と、自問自答。

で、その結果。

今日は渾身の勇気を振り絞って…。

  行って来ました、千葉市動物公園! (HPはこちら

いや~、もうね。
ずっと前から行ってみたかったのですよ、ここには。
その理由は、上野動物園・伊豆シャボテン公園・千葉市動物公園にしかいないという
希少な鳥がいることと(たしか国内に10羽くらいしかいなかったと…)、
その他にも話題の動物がいるため。

そんな、この動物公園。
千葉市ではありますが、隣接する我が街・四街道との境界近くにあるため、
我が家からは車で15分。

これだけ近いのに今まで足を運ばず、「渾身の勇気を振り絞る」必要があったのには
それなりの理由があります。

そう。

  40歳手前のオッサンが

       一人で動物園に行くのはどうなのよ!?

と。

ね?

ちょっと考えちゃいますでしょ?

以前「一人焼肉」に挑戦して皆さまを大爆笑させたワタシも、さすがにチョット…。

いえね。
焼肉の時には正直「恥ずかしい」的な気持ちが強かったのですが、
動物園は「来園している小さなお子様連れの方に不安を与えるのではないか」と。

そんな思いをズッと抱えていたのですが、今日、その辺りがなぜ吹っ切れたのか?

それは自分でもわからないのですが、とにかく行って来ましたのでご報告を。

家を出たのは11時半頃。

場所はもうバッチリわかっていましたので、迷うことなく駐車場入り口に辿り
着けたのですが、入り口が見えて来るとちょっとドキドキ。

オッサン一人で、料金所の人に変な風に思われないかな…? 

一抹の不安を抱えつつゲートに近付くと、なんと言うことはなありません。
機械での清算でした。

で、晴れて念願の動物園の敷地内に入ったわけですが。
平日だと言うのに思いのほか駐車場が混んでいまして、かなり奥まで車を進め、
結局は正門ではなく裏口に当たる北門近くに駐車。
トコトコと入り口に向かいました。

が、ここでまたドキドキ。

発券所の人に変な風に思われないかな…?

そう思いつつソッと入場券売り場に忍び寄ると、なんとこちらも自動発券機でした。

なーんだ、全然人に会わないでは入れるじゃん! v( ̄ー ̄)v ヴイヴイ

不安から解放され、無事に手に入れた入場券に目を落としつつ園内に入ろうとすると。

いらっしゃいませ~!

ひぃっっっ!Σ(▼□▼メ)

ちょうど死角に、入場券確認係の女性が。

本気で驚いたワタシの入場券にスタンプを押しつつ、訝しげな視線を送る女性。

Tシャツにジーンズ、サングラスをかけたヒゲ面のワタシは

けけけけけけ、決っっっして怪しい者ではナイノデアリマス!!

と、心の中で彼女に弁解。

その場を逃げるように立ち去り、ようやく念願の園内に入ると…。

Img_3532_2  

緑の多さにまずビックリ!!

入園はほぼ正午。

日差しが高かったにも関わらず、

園内通路のほとんどは

木々が作った日陰を歩ける

Img_3515_2感じでした。

遠足に来ていた幼稚園児たちが

木陰の広場で母親とお弁当を

食べる姿がなんともほほえましく、

またそれが似合う空間でした。

  

 

ただ、動物達がいる場所には木陰が少なく

Img_3494  

わずかな日陰に身を潜めている姿が

少々痛々しい感じもしました。

しかし、これは動物園で飼われる彼らの宿命。

それでも都内の動物園と違って

地面が土なので、いくらかは楽なのでは

ないかと思いました。

 

 
 
さて。
本当は紹介したい動物はたくさんいたのですが、紹介しだすとキリが無いので
的を絞ってご紹介することにします。

ワタシがご紹介したいのは三種類の動物達。

まずは冒頭にご紹介したハシビロコウは…

Img_3508こちら!!

どうです?

この奇妙な顔つき。

体高は1m強。

ご覧のように顔が大きく

特に特徴的なのが

大きなクチバシ。

ハシビロコウはこの外見的な特徴だけでなく 

 

Img_3509_2 

その行動にも特徴がありまして、

「動かない鳥」として有名なのです。

なんでも普段は水辺のほとりでジッとしていて

エサとなる魚が水面に上がってきた時に

ガバッと水面に向かって動くのだそうです。

が、しかし。

「動かない」はずなのですが…。

あっちをキョロキョロ。

Img_3511 こっちにウロウロ。

結構動いていました。

自然界では広大な水辺に

一人佇んでいるという彼ら。

明らかに周囲の雑踏がイヤなようで、

落ち着かない面持ちでした。

Img_3510_2 しかし、止まっている時には

まさに微動だにしません。

一点を見つめて立つ姿は凛々しく、

実に精悍な面構えなのですが

緑の多い広い庭で飼っていたら、

たぶん置物と間違うと思います(笑)。

 

飽きもせず15分以上ハシビロコウ(この鳥の詳細はこちら)を見つめていたワタシが
次に出会ったお目当て君は、この四月にチョイと有名になった彼…、じゃなく彼女。

はい。

Img_3538この顔に

ピーンと来たら

110番(笑)。

ご存知の方も多いかもしれません。

今年の四月に動物園を脱走し、

住宅街に出没。

世間様を騒がせたアフリカハゲコウは

ここで飼育されているアフリカハゲコウです。

 

Img_3503_2 ご丁寧にこんな看板まで。

脱走を許したことは

施設としては恥でしょうが、

それを逆手に取るこの逞しさ。

確かに恰好のネタなのでしょうが、

案外と人気が無いようでした。

Img_3497左の写真で左右の羽を比べてもらうと

わかりますが、この脱走劇の後に

バッサリと風切羽を切られたよう。

あまりの切りように痛々しさが

漂っていました。

実はアフリカハゲコウはつがいで

Img_3499 飼育されており、脱走したのは

メスのほうだったのですが、

どちらが脱走した方なのかは

見分けが付きませんでした。

ですから、写真が「本人」かは

不明です…。

Img_3537 そういえば、脱走を機にこのつがいの

名前の公募がありまして

左記のように決定。

いや、でもですね。

どっちが「リン」でどっちが「ロン」か

わかりませんから…。

そして、最後のお目当て君。

数年前に「時の人」ならぬ「時の動物」になった彼をご紹介。

Img_3520 誰、これ?

といってしまったアナタ。

二本足で立つレッサーパンダ

「風太君」をお忘れですか!?

見た目、ただのレッサーパンダですが

この写真は紛れも無く「風太君」です。

ええ、立っていなくても「風太君」です。

だって、「風太君」って書いてありましたもん。
写真にも写ってますでしょ?文字が。

ま、覚悟はしていましたが、待てど暮せど立ちませんでした(笑)。

あ、せっかくなので。

目当てではなかったのですが、笑わせてくれたゴリラを紹介します。

Img_3521  

 
こちら。

 
 
君は工事現場の日陰で休む

 
 
どこかのオッサンですか??

 

 
 
以下、カメラに収めた動物達をサラッとご紹介。

Img_3504  
フラミンゴ。

燦々と降り注ぐ太陽の下で見たのは

初めての気がします。

想像していたよりもずっと赤くて

とてもキレイでした。

 
  
Img_3512  

 
タンチョウヅル。

 
よその動物園で見たこともありますが、

 
緑の中に佇む姿は初めて。

 
気品高き貴婦人のようでした。

 
 

Img_3517  

ミーアキャット。

カラスの鳴き声が気になったようで

背伸びしまくり。

愛くるしい姿に頬が緩みました。

  

 

Img_3533  

 
最後の最後。

バク。

ちょうど食事タイムに当たりまして、

バクがエサをバクバク…。

…。

…失礼。

 

 
以上、駆け足で動物をご紹介しましたが、ここからは千葉市動物公園という
施設の感想を。

とりあえず。

  実 に 素 晴 ら し い 施 設 で し た !

駐車料金500円・入場料大人500円で合計1000円。

これはかなり安いと思います。

個人的には、この料金なら満足度120%でしたね。

こんなに素晴らしい施設なら、サッサと来れば良かったです(笑)。

どの辺りが良かったかというと。

「動物公園」とは上手く名付けたもの。
小さなお子様連れの家族なら動物園として充分に楽しめますし、
大人なら園内を散歩しながら動物を愛でるといった感じで楽しめます。

ゆっくりゆっくり歩き、見たい所は時間をかけて見てワタシの所要時間は約2時間。
興味が無いところはほぼ素通りでしたので、真剣に見て回ればもっと時間が
必要になります。

園内の多くの地面は土であり、子供たちが走り回ったり敷物を敷いて
お弁当を広げられるような場所もかなり多くあります。
先にも書きましたが緑が多く夏は日陰が結構ありますし、その緑は落葉樹なので
冬は冬で日当たり良好だと思います。

こういう言い方は良くないですが、公営なのに施設内の掃除が行き届いています。
ただし、ワタシはトイレを利用していないのでそちらの掃除はわかりません。

動物達を見ていても「狭くて可哀想」と思わせるような展示がほとんどありません。
ただし、鳥類は別。
大空を飛ぶものを飼育しているわけですから、ここは仕方ないところですね。

あえて気になった点を書くならば、カラスが多くて鳴き声が耳につきます。
この付近に緑が少ないため、他に住む場所が無いのでしょう。
これも我々、人間のせいなので仕方ないのでしょうが…。

と、書いてみましたが。

とにかく、過ごしていて気持ちの良い空間です。

都内からでも一時間半程度で来られますので、この記事を読んで下さっている
皆さんにもぜひ一度、足を運んでいただきたいです。

電車でも車でもアクセスは良いですが、小さなお子さんがいる方はあえて電車で
来てみるのも良いかもしれません(費用は少々かかりますが…)。
というのも、最寄り駅の「動物公園」駅は千葉都市モノレールの駅。
千葉駅からの空中散歩、子供達は喜ぶのではないでしょうか?
(千葉都市モノレールは架懸式モノレールでは世界最長距離です)

そんなわけで。

「勇気を振り絞った」甲斐あって、40歳手前オジサンの「一人動物園」は
大変有意義で満足のいくものとなりました。

結局、終始人目など気になりませんでした。

まあ、当たり前ですね。
自分が思うほど、他人様は自分を気にしていないということです。

また行っちゃおうっと、一人で。

 

« 人混みは消えるか? | トップページ | 決着する(BlogPet) »

コメント

Kuma子さん>
もう遅いんや。もう遅い…。
ちゃっちゃっちゃっちゃ ちゃっちゃっちゃちゃ~ぁら♪

動物園は一人で行くといいと、私は前から思ってたーっ。ずーっとそーおもってたーっ!


土日の家族デーはさびしくて辛いけど、平日ならゆっくり観察できるし最高でしょ、ウンheart

ジョニーさん>
どうも!
あら?そんなに大笑いしていただけるような内容でしたか(笑)?
なんにせよ、楽しんでいただければそれで満足です。
訪園中にミスターXにメールしたところ、「可愛い飼育員目当てか?」という返信が。相当信用がないようです(笑)。

Oddyさん>
おはようございます!
ホント、ワタシに子供がいれば一緒に連れて行ってあげられるのですがねぇ。お役に立てず申し訳ありません…。
確かに千葉市には何でもある感じですよね。なんとなく住み始めた四街道でしたが、自然はあるし、用があれば割と簡単に都内にも出られるし、千葉市に行けばなんでも用事は済むしで、手前味噌ながらいい街に住み着いたものだと思います。

gunshiさん>
はじめまして。ご訪問ありがとうございました!
いやいや、ホントに心臓バクバクしますよねぇ(笑)。
でも、一人だからこそ見たいところに時間をかけることができましたし、気になる動物をもう一度見に行ったりと自由気ままに行動できました。
動物園に限らず展示物を楽しみたい時には、誰かと行くよりも一人の方が良いのかもしれませんね。
ま、少し寂しい気もしますが。
よろしければ、これからも遊びに来てくださいね!

こんにちは、通りすがりですが・・・コメントOKですか?1人動物園イイですね!!私も20代の頃チャレンジしたことがあります!!かなり心臓バクバクでした(笑)

うちの子連れてって。
とにかく広いんだよね。あそこ。

千葉市は広いだけ合って本当に何でもあるよねえ。

ひゃぁ~~やられました!
会社の席で声なき大笑いしてしまいました
なにからなにまで最高ですねニャン太郎さん!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/45075123

この記事へのトラックバック一覧です: 思い切って、行ってみた:

« 人混みは消えるか? | トップページ | 決着する(BlogPet) »