ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« マーキーライヴ・せきぐちゆきさん編 | トップページ | 至高の時間を振り返る »

2009年6月23日 (火)

マーキーライヴ・大黒美和子さん編

どうも。
両腕がやや筋肉痛の男・にゃん太郎です。

では、早速ですが表題の件。

ワタシにとって記念すべき大黒美和子さん初ライヴは、ピアニスト西平正子さん
競演という内容になりました。

曲目は以下の通り。

① 一人夜
② 行方知レズ
③ 僕には
④ 初恋
⑤ SMILE
⑥ To live without you

でした。

当たり前ですが、ワタシにとっては全部初めて耳にする曲。

その中で印象的だったのは、三曲目の「僕には」。

恋愛中(失恋後)に感じる、相手と自分の気持ちの温度差。

…。

ありますよね~。

いや、正確には。
ありま「した」よね~、ああいった経験。

20年ほど前のワタシが聞いていたら、涙を流すところでしょう。

ま、ワタシの話しは置いておきまして。

これからワタシの感想を正直に書かせて頂きます。
気分を害される方もいらっしゃるかもしれませんが、ご了承下さい。

まず。
一曲目から三曲目まで。

ご本人も言っておられましたが…。

曲、暗すぎ~(笑)!

個人的には、二曲目を終わった時点ですでに結構暗い気分に引きずり込まれまして、
そこへきて三曲目も…。

おいおい、このまま延々と暗いままなのか?
まさにこれから続く、梅雨空のよう…。

などと不安に思ったのですが、さすがにそんなこともなく。

四曲目からはノリの良い曲調になり、曲の入りがわからなくなってしまうという
ハプニングもありつつ、客席を巻き込んでの明るい雰囲気に。

気付いたら、アッという間にステージが終わってしまっていました。

くどいようですが、ワタシにとっては初・生・大黒美和子さん。

しかも今までのワタシが知っていた大黒さんは、演歌の大黒さん。
「ほっといてんか」軽快な感じの演歌もありましたが、やはり演歌は演歌。

その大黒さんが、果たしてどんな曲調をどんな感じで歌うのか?

初めてお会いできることだけでなく、その辺りもとても興味がありました。

で、「初生歌」の率直な感想を書かせて頂きますと。

いや、さすが。

歌、上手いですね~。

素人のワタシが聴いても、長い時間をかけて培ってきた基礎が根底にあることが
わかりました。

良樹細根。

「歴史が違う」と言った感じでしょうか。

とにもかくにも、本当に上手い。

それ以外の言葉が見つかりません。

そこに加えて、声がまた美しい!

とにかく極上の上質感。

せきぐちゆきさんのライヴで何組かのアーティストの方のステージを見ましたが、
その中では群を抜いた存在。

格が違うと言った感じがしました。

たしかに歌い出しが分からなくなるという、先に書いたようなハプニングがありましたが、
これはライヴならではのオイシイ部分で、言ってみればご愛嬌。
歌そのものは、実に安心して聴いていられました。

今と以前。
個人個人好みはあるでしょうが、ワタシは演歌の大黒さんよりも今の大黒さんの方が
断然良いと思いました。
これからもこの路線で頑張って頂きたいです。

そして、曲間のトークですが。

こちらもさすが、お見事でした。

良い意味で、ラジオで喋っていた時そのままの感じなんですよね。

笑いを取ろうとするわけでもなく、無理に共感を得ようとするわけでもなく、
話を押し付けようとするわけでもなく…。

とにかく自然体なのです。

一人喋りなのに、一人喋りに感じない。

そして、お客とのやり取りも忘れない。

大黒さんが今まで経験されたきたことが糧となり、実になっているのでしょうね。

そんなわけで。

初ライヴはお腹一杯の満足で終わりました。

が。
あえて少し気になった点を上げさせて頂くと…。

演出だったのでしょうが、前半はチョット照明が暗すぎたのではないかと。
曲の雰囲気に合わせたのであろうことは充分承知しているつもりですが、
ワタシ自身が最後列にいたこともあり、表情が見づらかったです。

あとはエコー。
これも好みの問題なのでしょうが、ワタシとしては強すぎる感じがしました。

で。
大黒さんのステージとせきぐちゆきさんのステージの合間。

アンケートの提出を兼ねて、大黒美和子さんにご挨拶に伺ったのですが。

初めてお目にかかるということで、メチャクチャ緊張。
さらに常連さんに囲まれていらっしゃいまして、タイミングがなかなか掴めず…。

それでも勇気を出して近づきましたらね。

ええ、知ってましたよ。

ネットやテレビで、何度もお顔は拝見してましたから。

しかし。

しかしですね。

間近で見ると。

これがまた…。

め、め、めっちゃカワエエ~~~っ! \(>▽<)/ 

ほとんど反則です、あれは。

ってことで。
頂点に達した緊張のせいで、手と足、同時に出ていたのではないかと思われます。
ワタシ。

ここ最近、二回ほどブログにコメントを入れさせて頂いたので、その旨を話しつつ
名前を名乗ったまでは覚えているのですが。

…。

あとは、なーーーーーーーーーーっんも、覚えてません。 ( ° ° ) ボーーー

思い出せるのは、顔がもの凄く小さかったこと、美しく長い黒髪、そして握手をして
下さった時の小さな手…。

…。

なんか、変態っぽいですね。
こう書くと。 (ー.ー") ンーー

一応、社会的常識を兼ね備えた人間のつもりなので、ご安心を。

まあ、とにかく。

一にも二にも、お会いできたことが感激でした。

ラジオでお声を拝聴していた時には、こんな日が来るなんて夢にも思って
いませんでしたからね。

機会を作って、ぜひまた会いに行きたいです。

最後になりましたが。

大黒美和子さん、素敵な時間をありがとうございます。

これからも楽しく歌い続けて下さいね!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

と、言うことで。

大黒美和子さん繋がりで。

ようやく今日、買いました。

Img_3661  

 
大黒さんも買った

 
エヴァティッシュ。

 
実は大黒さん。

 

Img_3662  

大のエヴァゲリオンファン。

 
ご本人は「ヱヴァンゲリオン」と表記。

 
ワタシ以上のこだわりを感じます。 

 

 
彼女がパーソナリティーをしていた時に「お気に入りのアニメ」というテーマがありまして、
ワタシは彼女がエヴァファンだとは知らずに「エヴァが好き」と投稿。

見事に採用されまして、その際に熱くエヴァを語った大黒さんが忘れられません(笑)。

それにしても、このティッシュ。

お気軽に使うつもりで買ったのですが、いざ手にすると使うのがもったいない…。

« マーキーライヴ・せきぐちゆきさん編 | トップページ | 至高の時間を振り返る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/45417400

この記事へのトラックバック一覧です: マーキーライヴ・大黒美和子さん編:

« マーキーライヴ・せきぐちゆきさん編 | トップページ | 至高の時間を振り返る »