ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 人の記憶というヤツは… | トップページ | せん・まい・だ~っ! »

2009年7月14日 (火)

本当の魅力

どうも。
「お一人様」を実践中の男・にゃん太郎です。

さて。
今日はその「お一人様の一環として。

20090714115844  

千葉県野球場に

 
夏の高校野球千葉県予選の観戦に

 
行って来ました!

 

 
県野球場までは車で15分、電車+モノレールでも15分の我が家。

引越し以来、「一度生で県予選を観てみたい」と思っていたのですが、
なかなかきっかけがありませんでした。

では今日、なにが「きっかけ」になったのか?

それは、評判高い習志野高校の試合。

と言っても、ワタシが気になっていた評判は野球部ではなく、応援の方。

いえ、もちろん高校野球そのものにも興味があるのですよ。
ま、ワタシにとって一石二鳥だったわけです。

で。
観戦したのは第二試合、柏日体高校VS習志野高校。

試合は10-1で、習志野高校が7回コールド勝ち。

いや~。

ハッキリ言って、感動しました。

応援する生徒達に。

選手達が一所懸命に戦っている姿はテレビでも目にできますが、応援の生徒達の
一所懸命さは現場でないと感じられないのだと、初めてわかりました。

ということで、今回は野球ではなく、スタンドのお話になってしまいます。

ワタシの目的の重きは習志野高校の応援、特に吹奏楽だったので、
それが聞きやすい様に柏日体側のスタンドに陣取りました。
その中でも日陰となっていた最上部にどっかと座り、プレイボール待つワタシ。

やがて試合が始まり、早速柏日体の応援が始まったわけですが。

奏でられる音楽に乗って全身を使って応援するチアガール。
声を限りに声援を送る生徒達の真っ直ぐさに早くも感動。

正直、テレビでチラッと写る応援を見ていると

なんか、ただ騒いでいるだけみたい

と思うことが多かったのですが、ワタシのイメージを大きく裏切る「気迫」に押され
鳥肌が立ちました。

自分の持っていたイメージを完全に否定されたワタシは、一回表が終了した時点で、
ある意味軽くテンパイ。

が、事態はそれだけに止まりませんでした。

一回裏。
習志野高校の攻撃と共に始まった応援。

地鳴りのような太鼓、圧倒的な音量にして圧巻の吹奏楽の演奏に、
野球を忘れて習志野高校側のスタンドを食い入るように見るワタシ。

もうね。

凄いです。

とにかく、凄いです!

あ~、なんというか。

あの凄さを、皆さんに伝えられないのがもどかしいです。
(初観戦につき、他校との比較はできませんが)

演奏が上手いということもありますが、そういうレベルを超越していますね。
なんと言うか、こう、気圧される感じ?

それだけでなく、細かい所までよく考えられていまして。
局面が変わって曲を換える際の繋ぎ方も見事なものでした。

もう。

  習 志 野 高 校 、  優 勝 ! !

って、感じです。

また、暑さの中で跳ね回っているチアガール。
自校が守備に入っても座らないのです。 

ポンポンを持った手を腰に当てたまま、姿勢良く立ったち放し。 

健康面からしたら問題があるのかもしれませんが、あれはこう、相手校に対する
敬意みたいなものなのでしょうかね?
もちろん顧問なり先生なりに指導されてそうしているのでしょうが、素敵でした。

そんなこんなで、両校の応援に胸を打たれている間に試合は終わってしまい。

試合にはまったく集中できませんでしたがね。

今回の、初生観戦。

得るところは大きかったですね。

応援している生徒が、得点やヒットだけでなく一球一球に一喜一憂していること、
肌身に沁みました。

薄っぺらい言い方をすれば、「これが青春だ!」って感じなのですが。

ワタシのような「人としての純粋さ」を失った人間は、ああいう空気に浸る必要が
ありますね。

浸かるなら、温泉よりも高校野球。

そう思いました。

行けたらまた行きます。
ぜひ。

以下、余談ですが。

今回はあらぬ疑いをかけられぬよう、カメラを持参しませんでした。

しかし。
応援の花形であるチアガール。

変な意味でなく、純粋にカメラに納めたいと思いました。

一所懸命で真っ直ぐな思いを全身で表現している彼女達は、実に魅力的な被写体。

とにかく美しいです。

でも。
撮ったら捕まるので、撮れませんね(笑)。

« 人の記憶というヤツは… | トップページ | せん・まい・だ~っ! »

コメント

わんたろうさん>
アナタもついにコメントをくれるようになりましたか(笑)!
「実践」というのは、行動に移すことですよ。たぶん…。

ジョニーさん>
あら、吹奏楽部だったのですか!
ひょっとして、高校時代には野球の応援に借り出されたりしたのでしょうか?
昨日も見に行ったのですが、たぶん、選手も応援団も、いま自分達がどれほど素晴らしい瞬間を過ごしているのか気付いていないんですよね。それがとてももったいなく思えるのですが、それに気付いていないからこそ余計に輝くことができるのかなあ、とも思ったりしました。

一眼レフ持ってます、ニコンの。
ハンマーニコンと渾名されている
あの例の重いやつ・・・
それで、210ミリまでの望遠で
基本はおさえられる距離だとか
結構、案外遠距離狙えるんです
広角じゃないし単体レンズではないのですが
夏の野球なら、まったく問題ないっすね
いけますね?  ええ いきましょう!
ジャ 次回は一眼で

なんて熱い夏なんだ~~ろ~~~

高校生のときぼくたちは
走ってたんですよ ・・無償に走ってた
何処に辿り着けるわけでもないのに
とにかく 今 走らなければ
何処にも、いけないようなそんな
そんなものにかられて・・・
空が青かった~あのときみた空
ぼくたちは なにもわからないことがおおくてね
わからないことをわかるようにしたくて
それに
むかっていったような
それはまるで
空にむかっていくような気持ち
伸び上がっていくような
言葉にならない叫びたいみたいな
そんな 熱のようなものが
一緒に立ち上っていくような・・
夏の積乱雲のように・・・

野球かぁ~

泣いちゃいました?にゃん太郎さん
にゃん太郎さんの心臓の音が聞こえそうですよ
ドキンドキンて

いま 同じく野球の応援にいった同僚いわく
応援がまた面白いんだよ~と
会社で熱く語る語る
レギュラーではない応援がスタンドに立つんだけど
その子がね
君、野球してるんだよね?と思うくらいに
踊るんだよ!
ジョニー爆笑
もうね~
振り切れてるんだよ~
ふ?振り切れる?
そう!
振り切れちゃってんの!
わかる!?
それからね
と 同僚続けて
うちは近いからさ~近くの応援する
オジチャンとかオバちゃんとかきてて
も~ね~黒いのさ~
ダア~~って裸になってね
ガバ~ッて脱いじゃって
真っ黒
あれはね
予選焼けってんだよ!
もう 燃え尽きて人間焦げてるから!
もうね~夏だからね
こげて何ぼですから~と同僚

青春だ~って
べつの友人も息子さんの野球の応援にいって
スイカバーを食べている
ねぇねぇおかぁさん、スイカバーの種って
チョコ味なんだよ~しってた?
知ってるよ~と母
でも スイカバーって何味なんだろうね~
・・・ そこまでわかるなら気がついてほしい母

そんな少年もいつかきっと
高校野球に行くんですよ
その少年は最近事情で
ブリーフからトランクスになったとです
お母さん ウルッときてましたから
君は少年から大人になっていくんだねと・・・

ジョニー吹奏楽部だし
チアガールすきだし
反応しちゃうなぁ~
汗と土埃の匂い

あぁ・・・夏だ~
にゃん太郎さん
青春は追い求めるものには
いつ でも どこでも
あるものなんですよ
ほら そこに・・・・


実践って…なんだろう…?

ジョニーさん>
ばっち、こ~い(笑)!

Oddyさん>
おはようございます!
ようつべ情報ありがとうございます!
むっつりついでに、やはりカメラ持参で行ってみましょうか…。ダメ(笑)?

たっちさん>
おはようございます!
ホントです。彼ら(選手も応援団も)を見ていたら、「自分は高校時代、なにをしていたんだろう」と悲しい気分になりました。実は高校時代って、ほとんど思い出ないんですよ。ワタシ。まあ人生に…。
あ。なんだか愚痴っぽくなりそうなので、この辺りにしておきます(笑)。

これぞ青春!!ですね。
次は是非、生甲子園をbleah

俺のmixiの日記にはコメントつけなかったくせに。
むっつり野郎が・・・
ようつべに画像がアップされてるよ。

ましても
なんて泣ける事を!!!
明日だ明日
がっちりコメントは!!
ぐぁぁぁ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/45632786

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の魅力:

« 人の記憶というヤツは… | トップページ | せん・まい・だ~っ! »