ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« かぎや〜 | トップページ | 広々 »

2009年8月23日 (日)

花火でシミジミ

どうも。
生涯最高の無気力状態になっている男・にゃん太郎です。

ええ。
それでも何とか、人間やってます。

さて。
前記事でご紹介したように。

昨日は、「自宅で花火」。

その花火を見ながら、ボケーっと思いました。

俺、花火大会って行ったことないな~。

と。

いえ。

正確に言えば、一度だけあるのですがね。

ワタシの記憶が正しければ、あれは大学4年の夏のこと。

確か湘南系の花火大会だった気がしますが、当時付き合っていた女性に

ねぇ、行こうよ~。

と甘えた口調で誘われた…、

のではなく。

ほらっ、行くよっ

と、有無も言わさず連れて行かれたのです。

ええ、ほとんど運転手として…。

そんな感じでしたからね、あまり覚えてないのです。

まあ、今となれば当時のそういう彼女との関係が良い思い出ではありますが(笑)。

で、ですね。

結構あれですかね?

花火大会って、みなさん行っているものなのですかね?

昔から人混みが苦手なワタシ。

そこに加えて、花火大会といえば夏。

故に夜とは言え、暑い。

暑さが苦手なワタシ。

そんな理由で、ワタシは足を運ぶ気にならないのかもしれません。

もっとも。
今の家にで見られる「15分花火」のような、「楽をして見られる花火」は
昔からしっかりと見ていまして。

実家にいる頃には。

手賀沼の花火大会は、自宅二階の窓から。

通称「利根川の花火」と呼ばれる取手市の花火大会は、隣りの畑に折りたたみイスを
持ち出して近所総出で見ていました。

しかしながら。

ワタシにとって馴染み深いこの二つの花火大会。

今年はスポンサーが集まらずに、手賀沼は中止。

利根川は開催されたものの、我が家の特等席であった畑にはアパートが建ち、
もはや見ることが出来なくなり…。

なんだか、物心付いてからの「30年」のいう時の流れを感じずにはいられません。

おっと。

なんだか、夏の終わりとともにオセンチになってしまうところでした(笑)。

あ、そうだ。

来週の選挙は、古き良き日本を復活させてくれそうな党(人)にでも投票しますかね。

あ、ありませんか?

そんな党は(笑)。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日の夕暮れ。

Img_3920  

 

 

 

 

 

 

 

 
 
Img_3921

« かぎや〜 | トップページ | 広々 »

コメント

わんたろうさん>
なーーーんも、やる気にならないことだよ。

無気力ってなに?

ふくはら ひろのぶさん>
おはようございます!
由紀帳でお会いしているので「ご無沙汰」のような気はしません(笑)。
言葉足らずでご心配をお掛けしたようですが、生きる気力は持っておりますので大丈夫です!
記事に登場した彼女には振り回されっぱなしだった印象が強いのですが、感謝していることも多いのです。あちこち連れまわされたおかげで、都内の道路を覚えることが出来ましたし、新宿駅の構内や地下街も不自由なく一人で歩けるようにもなりました。
おっと…。決してノロケでは有りませんよ。
ワタシ、子供を持つことができたら、確実に「イベントとかかったるいタイプ」の父親になりそうです(笑)。

ジョニーさん>
どうもどうも!
芝生に寝転がっての花火鑑賞、最高じゃないですか!!しかし、ワタシの場合、そのまま寝てしまう危険が…(笑)。
今ふと思ったのですが、これからは人口が減るだけでなく若者の数も減っていくので、イベントごとの人混みは昔ほど出なくなっていくのかもしれませんね。ま、自分自身も外に出るのが億劫に感じる歳になっていくわけでもありますが。
あ、それから。空の写真を撮るのは、タイミングがかなり大きいと思います。あ!と思ったら、周りの目を気にせず思い切って行動に移せるかが、一つの分かれ目かもしれません。などと、偉そうなことを言ってみました。
ちなみにワタシのお気に入りの花火は「柳」です。

追伸
空の写真がまたいい・・・・
たまに撮影しますけどこんなに上手に撮れません
太陽なんか もう~ こんなに
グットな位置にいてくんないもんなぁ~
なんでかなぁ~ぶつくさ

花火大会行きました
よりによって土曜日に
埼玉の戸田の花火ほどじゃぁなかったかなぁ~
あそこは電車の駅がすごい混むんです帰り。
そりゃも~何年ぶりに花火大会を見ました
若い人たちの集団に埋もれるのが苦手で
皺と年輪のかたがたと、温泉入って、
んだな~といってるのがいいんす・・・が
実はうれしかったのは、花火大会そのものではなくて
芝生の上で寝転んで時間を過ごしてるのが
なんともうれしかったんですなぁ~
夏の午後で、微風で、さわやかな宵を、見知らぬ人たちに囲まれて、芝生の上で寝ているの・・・
そういや、花火は、青の綺麗なのがでてきて
おっココにもブルーレイの影響か~
などと考えて
あ・・・関係になかったね すまね・・・
と苦笑するジョニーでした
好みとしては、
金色で、 つい~~~っと
さがってくる ゆりみたいなのが好きですね
昔と好みが変わってきました~


ごぶさたしています、ふくはらです。
生涯最高の無気力状態なんて見て「えぇっ!?」と驚いてしまった自分ですが

> ええ。
> それでも何とか、人間やってます。

と続くこの余裕っぷり。
人間、ギリギリのときやはり本当の素性が現れると思いますが、にゃんさんの
懐の深さを感じざるをえません。

さてさて、花火大会。
自分はにゃんさんと正反対で、子供の頃は全く花火大会など行ったことが
ありませんでした。
というのも自分の親父がイベントとかかったるいタイプみたいで(笑)。
その反動か大学に出で一人暮らしをしてからは、大きなな花火大会があると
友達達を誘いまくって出かけまくってます。
さすがに最近は周りも結婚したりで、乗ってくれる人が居ませんが(苦笑)。

そんな自分が未だ体験無いのが恋人と二人だけのしっぽりした花火。
にゃん太郎さんの一回が、その「恋人花火」てだけで充分羨ましいです。

しかも「ほらっ、行くよっ!」

思わせぶりとか腹芸とか大っ嫌いな自分としては、笑えるくらい最高な
彼女ですよ!!
そう言えばむかし由紀帳にも
> 好みのタイプは八神いぶき、そんな自分は「若葉みどり色」超お気に入り。
> オンナの子、勝気な姿勢が一番ですっ!!
とか書いたなぁ(2年程前 ...遠い目~)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/46003819

この記事へのトラックバック一覧です: 花火でシミジミ:

« かぎや〜 | トップページ | 広々 »