ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« どうするかな… | トップページ | 空の写真 »

2009年8月15日 (土)

セミ先生

どうも。
相変わらず盆・暮れ・正月関係なしの男・にゃん太郎です。

さて、先日。

自宅の鳥君の世話をしようとしたところ、ベランダにひっくり返ったセミ君が。
(名作?「セミの事情」をお読みになりたい方はこちら)

戸建ての庭に亡骸があるのならそのままでも良いのでしょうが、我が家の場合は
マンションのベランダ。
放って置けばいつまでもそこにあることになるわけで、おのずとワタシが拾い上げる
ことになります。

女性の方はセミを手に取ったことがない方が多いでしょうから分からないかも
しれませんが、大空を翔る生き物だけに、セミはもの凄く軽いです。
生きている時に捕まえると暴れるので、なんとなく重さを感じるのですが、
亡骸はこの世のものとは思えないほど軽い。

どれくらい軽いかと言うと、目をつぶり、触感が無い状態で掌に乗せられたら
そのことにまず気付かないであろうくらいの軽さです。

亡骸のその軽さは、短い地上生活を全力で生きたことを表しているかのようです。

と、まあ。
その辺りの話は、置いておきますか…。

で、その日も。

目の前でひっくり返っているセミ君に

一所懸命に生き抜いたんだな、君は。

ゆっくりと休むんだぞ…。 (゜ーÅ) ホロリ

と畏れを抱きつつ、彼を拾い上げようとしたわけですが。

その時。

ジジジッ! (なにすんねん!とワタシには聞こえた)

ひいぃっ! (((p(>v<)q)))!!

動かないと思い込んでいたものが動いた時の驚き。

予期せぬ彼の行動に、ワタシは思わず後ろに飛び退き、手すりに激突した後
なかば転倒。

最後の力を振り絞って抵抗した彼は、ヨロヨロとした軌跡を描きながら
ワタシの視界から消えていきました。

そんな彼に、一度は

死んだフリなんかすんなよ!

と心の中で文句を言いましたが、すぐに思い直しました。

まさに今、死んでいこうとしていた彼。

人知れず静かに眠りに付こうとしていた彼に、申し訳ないことをしたなあ。

と。

同時に。
固定観念に支配されている自分に気付かされました。

「ひっくり返っている(動いていない)=生きていない」でしたからね、完全に。

う~ん。
多角的な視野・思考を持たなければいけませんなぁ。

最後の力を振り絞ってそれを教えてくれたセミ君に、感謝しなければいけないと思う
にゃん太郎なのでありました。

…。

手すりが無かったら、ベランダから落ちているところでした…。

« どうするかな… | トップページ | 空の写真 »

コメント

ピッペンさん>
おはようございます!
ホント、落ちなくて良かったです。この歳になって手すりに助けられるとは思ってもみませんでした(汗)。

ジョニーさん>
おはようございます!
お出かけになられていたのですね。
ワタシも一人でどこかに行きたい気分ですが、お金と時間がそれを許してくれません。

たっちさん>
おはようございます!
そうなんですね〜。田舎育ちの自然っ子のつもりだったので、今回の一件はなんだか悔しい感じがしました(笑)。

にゃん太郎さん・・・。
迂闊すぎますhappy02
昆虫は半日位同じ体勢(裏返し)でないと、飛び立つ可能性大!!
失礼ですが、大笑いしてしまいましたhappy01

関東に帰ってくるなりそうそうに
大笑いしてしまいました
おいらがひっくりかえりそうだった
さすが にゃん太郎さん!

ベランダから落ちなくて、本当によかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/45930793

この記事へのトラックバック一覧です: セミ先生:

« どうするかな… | トップページ | 空の写真 »