ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

続・久々の散歩ネタ

どうも。
清々しい秋の天気に心軽やかな男・にゃん太郎です。

さて。
先日書きました「散歩ネタ」で少し触れた、愛国学園と四街道公民館の入口の門柱。

撮影してきました!

ということで。
比較しやすいように、まずは先日の「裏門」写真をもう一度。

Img_3982_2  

こちら。

 
コイツをよーく

 
覚えて置いて下さい。

 

 
では。

Img_4043  

こちら、公民館。

微妙に写真が曲がっている上に

なんだか見にくいですが

雰囲気は伝わりますでしょうか?

考えてみれば

縦じゃなく横で撮影すれば良かったのですね…。

 

 
こうして比較してみると、明らかに門柱の幅が狭く、作りも微妙に違う気がします。

しかし柱のが被っている「帽子」のような石は、一段と二段の差こそあれ同じ感じも。

真相は、チョットわかりません。

それに比べると…。

Img_4053  

こちら。

愛国学園。

これは共通性がありますよね。

土台も門も帽子も、全てビンゴ!

 
 

風格のある門からキャンパス内に真っ直ぐ伸びる銀杏並木。
我が家近辺のお気に入りの風景No.1です。

ちなみに、この愛国学園正門と先の「裏門」の位置関係。
正門から裏門を見ると、方角的には南から北北西。
距離にして400m強といったところでしょうか。

で、ですね。

今まで当たり前のように見ていた愛国学園の校舎。
左にチラッと写っている建物だけでなく、全ての建物がレンガ(調?)作りなのです。

さらに言うと細い道路を挟んで愛国学園の向かいにある、千葉敬愛高校。
こちらも一部の校舎には同じようなものがありまして。

Img_4047

 
 

道路を歩くとこんな感じなのです。

 
 
(右・千葉敬愛高校、左・愛国学園)

 

 

たまたまなのか、申し合わせたのか?

愛国学園の門の作りと何か関係があるのか?

建築時にどこかからレンガ(調)使用の指示があったのか?

こちらもまた真相はわかりません。

ただ一つハッキリしていることは「ありきたり」だった風景が、この日から「謎」の風景に
変わったということ。

写真撮影のために女子大正門前をウロウロウロウロした怪しげなオッサンは、
新たな不思議を抱え込んだまま、この日の散歩を続行しました。

で、せっかくなので。

更なる陸軍縁の物をご紹介。

Img_4046  

はい、こちら。

 
「松のきずあと」です。

 
木の凹んでいる部分がミソでして。

 

 
Img_4044  

 
少々読みにくいかもしれませんが

 
こんなワケなのです。

 

 

 
写真の後ろに愛国学園が写っているように、場所は愛国学園前の信号のすぐそば。
先に掲載した四街道公民館の入口のすぐ脇にあります。

そしてそして。

こちらは陸軍とは何の関係もありませんが。

この日は四街道小学校敷地内に、驚きの物を発見。

Img_4052  
 

 
なんと!

 
またも「三角点」が!!

 
こんな所にも!!??

 

  

 
ワタシは通り沿いから見たので何等の三角点かまでは不明。

校門が開いていたので中に入ることはできたのですが、悪いことに三角点があるのは
入口からもっとも遠い場所。
さすがに足を踏み入れるのはどうかと思い、あきらめました。

それにしても、先日発見した一等三角点とは直線で1km弱。
いくら設置の目的が違うとは言え、こんなにそばに点在しているとは…。

もっとも。
4等三角点は2kmごとに設置されているそうなので、探してみれば結構あるはず。

こうなると、今回発見した三角点が何等なのかで喜びの度合いが変わってきます。

あぁ、君は一体何等なんだい…。

そなんこんなんで。

これからも、地元の探検の散歩をやめられそうにありません。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

門の位置関係を地図で確認してみたい方はこちら

正門は地図中央下の「学園前」信号の位置、裏門は地図中央やや左上のオレンジの
「ちばコープ大日センター」そば「グリーンハイツE棟」がある交差点角にあります。

2009年9月23日 (水)

再会と出会いと

どうも。
なんとなく後ろめたい休日だった男・にゃん太郎です。

もともと祭日は休日扱いなのですが、普通は出勤になるのです。
祭日とは言えトラックは通常通りの台数が動いているので当然乗務員の数も通常通り
必要になりますし、内勤の時も通常と同じ仕事がありますので。

が。
今日は内勤予定だったワタシ。
昨日の昼食後に話の流れで冗談半分で

明日休んでもいいですか?

と所長にい言ったところ、すんなりOKが。

しかし内勤のワタシが休むと所長は朝3時半から18時程度までの拘束となるのです。

なんとな~く、申し訳ないような…。

さらには乗務してくれている同僚たち。

今回のような気まぐれな休みの取り方はできないわけです。
一人が休めば、誰かが代わりに出勤しなければならなくなるので。

そんなわけで、会社の全ての仲間になんとなく申し訳ない気分の休日だったわけです。

とかなんとか。
しおらしいことを言っておきながら、やることはやっているわけで。

ふふふ…。

今日は久々に…。

伊吹唯さんのインストアライヴに行って来ました!

ただし。
所長に休みを申し出た時には今日のライヴを知ってはいましたが、
このためにどうしても休みたいという理由で申し出たわけではありません。

…。

言い訳はいいですね…。

では、本題。

伊吹唯さんにお目にかかるのはかなり久しぶりではないかと思って調べたところ、
最後に唯さんにお会いしたのは昨年の10月でした。

ですからほぼ一年ぶり。

そんなわけで、少々緊張しながら家を出発。

今日の会場は、千葉市緑区にある「イオン おゆみ野店」。

我が家からは車で40分強。
前回インストアライヴがあった八千代に比べると距離はありますが、
移動時間はかなり少なくて済みます。

しかもこの「おゆみ野店」、実は仕事で何度か行ったことがありまして。
(敷地内にあるガソリンスタンドに我が社のトラックがよく油を納品に行っています)
言ってみれば「庭」のような場所。

そんな場所に唯さんが来て下さること、とても嬉しく思いました。

最近の唯さんのインストアライヴは、同じ事務所の門谷純(かどたに じゅん)さん
共同開催(?)のことがほとんどでして、今日もまた同様でした。

門谷さん(通称カドジュン)と唯さんはどうやら無二の親友のようでして、
唯さんのブログに彼女は度々登場しています。
ですからワタシも名前とお顔は存じ上げており、今日はそのカドジュンさんの
歌を初めて聴くことができるということで、楽しみ二倍で参りました。

ワタシが参加した14時からのライヴはカドジュンさんが先攻。
30分のステージが開始されました。

Img_4061_2  
 
 
大阪出身の門谷さんは

今まで地元をメインに

路上ライヴをされていました。

写真でもお分かりいただけるように

基本、ギター一本の路上ライヴ。

 

 
 
ワタシ、ギターを弾く女性を初めて生で見たのですが。
いや~、カッコ良くてセクシーですね~。

今日はバラードを中心に

と宣言され、5曲中4曲はバラードだったのですが。

唯一アップテンポだった「メロス」を歌われている時のカドジュンさんは
活き活きと輝いており、ギターを掻き鳴らす姿は本当にに美しかったです。
(余談ですが、ワタシの知人にかなり似ていて少々ビックリしました…。)

個人的には

アップテンポの曲の方がカドジュンさんの魅力が引き立つのかなぁ

と。

あ、美しいと言えば。

ご本人にも申しましたが、写真で見るよりも「生カドジュン」はずっとベッピンさんでした。
死後ですか?
ベッピン(笑)。

今日は門谷純さんに初めてお会いした記念に

Img_4080  

ギターを弾くカドジュンさんが

 
印象に残った「メロス」が

 
収録されている作品と

 

 
Img_4079  

バラードの中で

 
もっともワタシ好みだった

 
「プラネタリウム」が収録された作品を

 

 
購入させていただきました。

CD購入の際に少しお話をさせて頂きましたが、とても感じの良い、そしておそらく
ノリも良いであろうお方でした。
ああいう場所でのMCに慣れてくれば、もっとカドジュンさんの魅力が引き立つはず。

門谷純さん、今日はありがとうございました!

そして、伊吹唯さん。

一年ぶりにお会いした唯さんは、外見的な女性としての魅力に磨きがかかり、
技術的な面では声量が増えたような感じがました。
ま、素人判断ですが。
どちらも。

Img_4071  

 
なんだか悲しげな表情の写真ですが、

 
 
透明感溢れる声は何度聞いても聞き惚れます。

 
 
癒されます、ホントに。 

 

 

この回は5曲歌われまして。

① 東京
② 瑠璃色の地球(カバー)
③ 永遠の空の下
④ はなみずき(カバー)
⑤ こころをこえて

でした。

本音を言えば全てオリジナルを歌って欲しかったです。
特に「サヨナラ」が聞きたかった…。(16時からの部では歌われたかもしれませんが)

しかし「瑠璃色の地球」は良かったですね。

こんなことを言うと本家のファンの方にボコボコにされそうですが。

本家が歌う「瑠璃色~」より、唯さんが歌う「瑠璃色~」のほうが良いと思いました。

Img_4081  

 
今日はアルバムを購入し

 
 
新しくなったサインを頂きました。

 

 

先にも書いたように一年ぶりの再会。

さすがにもうワタシのことなど忘れられているだろうと思ったっていたのですが

ご無沙汰しています、○○です。

と名乗ってみたところ

ホント、お久しぶりですね!
同じ千葉でも、ここまでは結構遠くないですか?

と。

どうやら千葉駅の路上に頻繁に出没したオッサンの顔を覚えて下さっていた模様。

オッサン、感激です。(TωT)

ま、どんな印象で覚えて下さっているのかはわかりませんが…(笑)。

いや~、それにしても。

声はもちろんですが、ホント、益々美しくなられたようでして。

実はワタシ。
14時からのライヴを13時からと勘違いして会場に行ったもので、
一時間半近くイオンの店内をウロウロしていたのです。

で、その時。

おいおい。
前から来る女性、えらく可愛いなぁ。

と思ってチラチラと見ていたら、その女性、伊吹唯さんでした。
気付いたの、すれ違った後でしたけど(笑)。

すぐ気付けよ!

という話しなワケですが、何と言うかこう、一年前の唯さんと比べると
グッと大人の女性になったような感じだったもので…。

そんなわけで。

後ろめたい休みではあったものの、ワタシにとってはとても重要な一日になった今日。

伊吹唯さん、本当にありがとうございました!

さて。
こうなると、ワタシにとっての元祖歌姫である「せきぐちゆき」さんにも
俄然お会いしたくなるわけですが…。

何せ「10:10」ですからね。
今年はもう、お会いできないかもしれません。

とほほ…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Img_4058  

今日の空。

主役を退く夏と

満を持してやって来る秋の競演。

泣き笑いして我がピエロ。

2009年9月22日 (火)

運動会それぞれ

どうも。
連休とはまったく無縁な男・にゃん太郎です。

さて。
小学生のお子様をお持ちのご家庭では、先週末が運動会だったという方々が
多いのではないでしょうか?

我が街でも六時と六時半に、あっちでドーン、こっちでドーンと開催を告げる
花火が上がりました。

中学時代に準備したワタシの将来設計の中には

子供の運動会をビールを飲みながら応援する

というかなり重要な項目があったのですが、現在のワタシ自身の問題もさることながら
最近の運動会は禁酒が当たり前だという話を聞き、もはや断念。

それどころか

応援に行くお父さん達の楽しみが一つ減ってしまうよなぁ

などといらぬ心配までする始末。

ビールを友に自分の子供を応援することはできずとも、なんとか運動会の
雰囲気だけでも楽しみたいと思うワタシ。
近所の小学校に見に行こうかと思ったところ、最近は関係者以外は校内に
入れないという噂を耳にし、これまた断念。

昨今の事件などを思い起こすと仕方ないと思いつつも、市民税をきちんと
納めている善良な市民としては、いまひとつ納得しきれない部分も。

ある意味、地域のお祭りなのに。

運動会。

小学生のお子さんがいる知人に連れて行ってもらうという作戦もありますが、
さすがのワタシもそこまでしようとは思いません。

仕方ないので、そういった知人から運動会の土産話を根掘り葉掘り聞きだして
自分を納得させています。

で。
最近の運動会。

ワタシが子供の頃とはだいぶ違ってきているようですね。

万国旗を飾る学校が減ったことなどを筆頭に、上げだせばキリがないようですが、
個人的に一番残念に思うのは音楽。

ワタシの子供の頃の音楽といえば


(錨を上げて)

とか


(カルメン・前奏曲)

とかとか


(ウィリアムテル・序曲)

とかとかとか


(天国と地獄・終曲 クシコス・ポスト)

などが定番中の定番。

今でもこういう曲を聞くと運動会を思い出し、気分が高揚します。

しかし。
どうやら今は、最近のヒット曲などを使うことが多いとのこと。

ということは毎年違う曲が使われる可能性があるのでしょうから、
今の子供たちが大人になった時に運動会と直結する音楽が無いということに
ならないでしょうか?

もしそうだとすれば、なんとなく寂しい感じがします。

そうそう、音楽繋がりで語らせて頂くと。

いまこれを読んで下さっている皆さんは、運動会の準備体操は何をしましたか?

ワタシは小学校も中学校も「ラジオ体操第一」。

ところがですね。

最近は違うんですって。

あ、千葉県限定ですが。

ラジオ体操ではなく、なのはな体操(下の動画)というのをやるんだそうです。

千葉県出身の最近の若者は、この曲を聴いただけでどうやら体が勝手に
動き出してしまうらしいのですが…。

ワタシ、この記事のために調べるまで、曲すら聞いたことがありませんでした。

人生のほぼ100%を千葉県で過ごしているワタシとしては、この「ローカルルール」を
まったく知らなかったことは軽くショックです。

あ。
さらにローカルルール繋がりで話を続けさせていただきますと。

ご存知の方も多いように、ワタシは社会人になるまで千葉県我孫子市で
過ごしたのですが、小学校の運動会では必ず「河童音頭」というのを踊ります。

みなさんの

河童音頭?

というお声が聞こえてくるようです(笑)。

河童音頭は盆踊り用の我孫子市独自の曲で、地域の自然や環境を歌詞に織り込み
我孫子市の発展を願うという由緒正しき…(笑)。

「河童」の理由は、市の南部に位置する手賀沼に昔河童が住んでいたという
伝説があることからだと思います。

残念ながら動画は見つかりませんでしたが、我孫子市のHPで曲は聞けますので
興味のある方はどうぞ
個人的には、結構名曲だと思います(笑)。

ということで、だいぶ話が逸れてしまい収拾が付かなくなってしまいました。

どうも上手くまとめられそうもないので、今日はこのまま失礼します(笑)。

あ、最後に。

体操繋がりで、こちらもどうぞ。

2009年9月20日 (日)

10:10

どうも。
「シルバーウィーク」という名称にどうにも馴染めない男・にゃん太郎です。

表題。
10時10分に見えなくもありませんが、10対10です。
あらかじめご了承下さい。

さて、毎度突然ですが。
ワタシがいる業界は荷物が油ということで、灯油の需要が増える冬場が
いわゆる繁忙期となります。
たいてい年に二回、4月と11月に荷主による車輌計画の見直しがあり、
4月~10月は動く車が減り11月~3月は動く車が増えます。

で。
今年の4月~10月の我が営業所の稼働台数は8台、人員が14名。
と言っても所長は乗務しませんし、内勤兼務の先輩とワタシは一週交代で乗務なので
実質二人で一人換算。
ですから、車8台に対して乗務員12名という、8:12の状況でした。

しかし、実際これだとちょっと人余りの感じでして。
月に九日ある休み以外に有給を使って休まなければならず、基本給+運賃分という
我々の給料体系では目に見えて給料が減るという芳しくない状況でした。

しかし、この半年の間に色々ありまして。
6月中旬に一人辞め、更に8月中旬にも一人辞め、となり。

長年一緒に働いてきた先輩や後輩が辞めていく事は寂しく思う反面、
残ったメンバーの一人当たりの出勤日数が増え、休みの数も給料もそんなに
不満の無いレベルになりました。

少々人情味に欠ける気もしますが、これ現実。

そんな中。
先月末に、更にもう一人「9月一杯で辞めます」という人が出まして。
10月からは8:9という状況になることが決定。

同僚達の勤務予定を管理しているワタシとしては、こうなると少々人が足りない感じに
なってくるのではないかと思いまして。
その時点で10月の予定を組んでみたところ、10月の一人当たりの休日日数は五日。

五日と聞けば、そんなにキツクない感じもするかもしれませんが。

車8台のうち4台は日曜も動いているもので、当然四人の乗務員は出勤。
更に内勤でも一人出勤せねばならず、日曜に出勤したこの五人は平日に代休を
取らないといけないわけです。

ところがこの8:9の状況だと平日は一人しか休むことができませんので、
長い場合は連続九日間の出勤になる人が出てくるのです。

個人的には、もうこれでいっぱいいっぱいの状況だと思うのですがね。

11月から冬用の車を2台増やして欲しいという

荷主からの要請を、血迷った営業部長が二つ返事で快諾してきまして。

…。

よーーーく考えて下さい。

2台増車で車は10台。

乗務員数は9人。

…。

どう考えても頭数が合わないのですが。( ̄ρ ̄)ハゥゥゥ

…。

誰か、使える?

忍法・分身の術。

…。

会社の売り上げを伸ばそうという愛社精神の塊の部長さんは、
日々の内勤は所長が一人でこなし、現在二人で一人の勘定の先輩とワタシを
乗務専属にすれば乗務員が十人になり、表題の10:10になるという計算のよう。

たしかに計算上はそうですが、これだと全ての乗務員が二週間連続出勤で
月の休みは二日だけ。
しかも日曜は内勤で出勤しなければならない先輩とワタシは、三週間連続出勤で
月に一度しか休めないのですが…。

更に言えば所長は対外的な外出も頻繁にあり、上記の勤務体制は現実的に不可能。

…。

さて、どうしますかね?

今さら断れませんよ、冬の増車。

人を採用したら良いのでは?

と思われる方も多いことと思いますが。

荷主からの要請で、採用後3ヵ月間は一人での乗務(作業)は禁止になっていまして、
仮に来月半中旬に新人が来ても一月中旬までは勤務体制に変化は出ません。

ようやく戦力になっても、その後すぐ繁忙期が終わればまた減車となることは確実で、
4月からはまた人余りになる可能性もありますし…。

一番手っ取り早いのは、一台分の仕事を当社の別の営業所でやってもらうという
作戦なのですが、どこの営業所も繁忙期には人員の余裕は無いというのが現状。

…。

さて。

どうします?

…。

解決の糸口は、まっっっっったく見えません!

今後どういう展開になるか。

皆様、乞うご期待です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Img_4030  
 
良い陽気になったので

 
休日の昼間にベランダで使おうと

 
買った折りたたみの机とイスのセット。

 
この様子だと当分出番が無いかも…。

2009年9月17日 (木)

久々の散歩ネタ

どうも。
高速無料化に反対の男・にゃん太郎です。

さて。
書き出しとは全く関係なく、今日は表題どおりの内容です。

昨日・今日と急な連休となりまして、二日続けて早朝散歩。

普段はたいてい同じようなコースを歩くのですが、昨日の朝はなんとなく、
目的を持った散歩をしてみたくなりました。

そこで、散歩のネタを考えたのですが…。

先日同僚と雑談した際に出た「四街道と陸軍」を題材にすることに。

そうは言っても、ワタシ自身はマンション購入時に担当者から

建設地は旧陸軍の敷地内ですから、地盤は保障つきですよ

と説明された際に

あ、陸軍なんかあったんですか

と答えたほどの体たらく。

なにぶん皆様に「四街道と陸軍」の関係をご案内できるほどの知識は無いので、
この件についてはWikipedia様にお任せすることにします(笑)。
興味のある方はこちらをどうぞ。

で、そもそも。
我が家から半径500m以内には、陸軍縁の物が結構あるのです。

ま。
前述ののような事情があるわけですから、当然と言えば当然です。

しかしながら、ワタシ。
いわゆる「軍(隊)」とか「武器(兵器)」というものに、全く興味が無い男でしてね。
今までは「縁の物」の前を素通りしていたり、またそれが「縁の物」であることに
気付いていなかったりしたわけです。

そんなわけですから。

さて、どこから行ってみるかいな…。

と、昨日の散歩も第一目的地を決めかねていたのですが。

まずは

あれ、旧陸軍裏門の門柱らしいですよ。

と同僚が教えてくれた場所へ向かうことに。

Img_3982  

それがこちら。

 
向かって左側はほぼ原形ですが

 
右側は土台のみ。

 

 
写真ではわかりませんが、門柱の内側に蝶番のような物が付いてたので
もともとは扉が付いていたと思われます。

ちなみにこの場所。
我が家からは直線で100mくらい。

今まではなんとなく前を通り過ぎていましたが、改めてみると「なるほどな」と
思わせる風格があるような…。

続いて向かったのは

Img_4029  

 
我家のソファーに座っている状態で

 
窓の外に見える小高い丘。

 

 

 
入居時はさして気にもしていなかったのですが

Img_3992  

 
実はこういう丘だったのです。

あ、写真がいいかげんですか?

スミマセン。

通勤時間帯で人が多かったので

慌てて撮影したものですから…。

 

  

Img_3990  

 
部屋から見ると

 
たいした高さではないように

 
感じるのですが

 
 
 
Img_4003  

 

 

階段を見ると、かなりの段数。

 

 

 

 
  

こいつをエッチラオッチラと上っていくと

Img_3994  

マンション5階と同程度の高さ。

 
高い建物など無かった時代。

 
これはかなりの見晴らしだったはず。

 

 
頂上から下りようとすると、丘の裏側に通じていると思われる細い道を発見。
舗装されていない段々の道を下りて行くと

Img_4016  

 

 
たった一輪、真っ赤な彼岸花。

 

 

 

しばし見とれた後、丘を見上げると。

Img_4002  

 

うん。

 

 
やっぱり結構高い。

 

 

 
 
丘を下りきってふと路地に目をやると、その向こうに銅像が建つ小さな公園が。

せっかくだからと足を踏み入れ銅像に近付くと、銅像よりもワタシの目を引くものが。

Img_3989   

はい、三角点!(三角点!三角点!ちゃっちゃっ!

しかも一等ですよ、一等!!

たしか一等の設置間隔は約40km。

全国にも1000点くらいしかないと

聞いています。

通常は見晴らしの良い場所に

 
 
 

Img_3988_3  

設置するのが大原則で、

一般には山頂などに多い三角点。

それがこんなに身近な、

しかも公園にあろうとは…。

陸軍時代、いかにこの辺りの見晴らしが

良かったかを物語っていますね。

 

 
 
いやはや、テンション上がりました~。

おかげで銅像さんは、霞んでしまいました。
たしか、昔の土地の名士さんの銅像だった気が…(笑)。

この公園と大土手山(丘)に挟まれた路地を南に抜け、目の前の通りを反対側に
渡るとまたすぐに「碑」が目に入ります。

Img_4014  

 

碑というよりは空間ですね。

 

 

 

 
Img_4008  

 
 

こちらは砲兵学校跡地だそう。

 

 

 

Img_4005  

 

砲兵学校だけあり

 
実際の砲弾が。

 
(後ろは「生徒隊の碑」) 

 

 
 
 

Img_4007  

 
砲弾の先端部には

 
たくさんの数字と目盛りが。

 
勉強不足でワタシには

 
何のためのそれなのかわかりません。

 

 
ちなみにこの場所から振り返ると

Img_4004  

 
 
目の前に大土手山が見えます。

 

 

 

 
以上ご紹介してきた場所は極めて我が家から近い場所ばかりなので、移動距離は
極々短いもの。
それでも見て歩くとなると一時間近くかかりまして、昨日はこれで引き上げました。

そして今朝、また散歩に出かけたのですが。
昨日の散歩のおかげで、今まで見えなかったものを見えてきました。

今日はカメラを持参しなかったので写真は撮れなかったのですが、
これまた我が家のすぐそばにある四街道公民館の門。
最初に掲示した「裏門」の門柱とおそらく同じものであると思われます。

また、道路を挟んで公民館の向かいにある愛国学園。
この学園入り口の立派な門も、同じ作りで同じレンガを使用しているように見えます。

そもそもこの門の脇には「史蹟・野戦重砲兵第四聯隊跡」という石碑があり、
「愛国」という名前からもやはり軍となんらか関係があるのではないかとも思われます。

そんなわけで。
昨日・今日の散歩、予想をはるかに超えた有意義な散歩となりました。

そして、今更ながら「知らないことの不幸」を改めて感じました。

日頃何気なく見ている景色・歩いている街も、勉強すればするほど違ったものに
見えてくるわけですよ。

究極を言えば

    同じ一生も、全く別の一生になる

と。

今回の散歩で、それを思い知らされました。

そしてまた。
自分が住んでいる街、これからも住み続けるであろう街をもっと知りたいと思いました。

おしまい。

…。

勉強せにゃぁイカンな、勉強。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今朝は夜明け前、細くキレイな月の脇に星が一つ輝いていました。

Img_4020  

 

 

 

 

 

Img_4022_3  

 

 

 

 

 

Img_4026  

2009年9月11日 (金)

新しい靴

どうも。
田圃から漂う籾殻を焼く香りに何度も深呼吸する男・にゃん太郎です。

あの匂い、たまらなく好きなのです。

さて。

休日の朝には散歩に行くことが多いワタシ。

その際に愛用している運動靴が

Img_3971  

だいぶ痛んで参りました。

 
写真だとわかりにくいですがね、

 
靴の裏がかなりツルツルなのです。

 

 
この靴を購入したのは、たしか四街道に越して来た頃。
年数だけで考えると、おそらく10年越えの選手です。

で。
数ヶ月前から買い替えを考えていたのですが、この靴に愛着があり、
また新しく欲しいと思っている靴が少々特殊であることもありまして、
なかなか踏ん切りがつきませんでした。

しかし昨日。

ついに当たらし靴を新調。

それがこちら!

Img_3955  

 

 
じゃじゃーん!!

 

 

 

はい。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、MBTです。

悪い姿勢と、最近特に感じる脚部の衰えを普段の散歩で効果的に解決できればと
考えて、思い切って購入しました。

MBTは特殊な靴のため取り扱い店舗が限られています。

我が家の徒歩圏内にも取扱店はあったので足を運んでみたのですが、
革靴23cmの小足のワタシに合うサイズの靴の在庫が無く、残念ながら試し履きが
できない状況でした。
(取り寄せてもらって買わないのは申し訳ない気がして、お願いしませんでした)

靴を買うのにサイズ合わせをできないというのはやはり納得ができず、
仕方なく昨日、船橋駅前の東武百貨店に遠征。

展示品の数は少なかったものの、ワタシが欲しいと思っていたデザインを発見。
しかもワタシの足に合うサイズも在庫があり、購入に至りました。

そして今朝。
早速試しに散歩してきました。

まずは15分の使用から始めて下さい。

という説明の通り、時間は20分程度。

さらに

歩幅は普段よりも小さく取って下さい。

という説明も実行。

ワタシね。
普段はかなり大きいんですよ、歩幅。

ですからこう、チョコチョコ小刻みに歩いている自分の影や姿を目にすると
とつもない違和感がありました。
それにですね。
明らかに不自然なんですよ、動きが。
我ながら、ちょっとした不審者のようでした(笑)。

そんなわけで。
時間的にも内容的にも、普段と比べると不満一杯で散歩を終了。

帰宅時は当然、いつもよりも疲労度は少なかったわけです。

が。

間もなく19時。

…。

MBT、恐るべし。

今になって、普段使っていない(と思われる)筋肉に心地良い疲労を感じ、
軽い痛みを覚える部分も。

しかも脚部だけでなく、背中から腰にかけての筋肉も疲労しています。

凄いですね、これは。

本当は毎日履き続けることのが良いらしいのですが、ワタシにはそれは無理。
仕事中は安全靴ですからね。
しかも静電仕様。

とりあえず休日のたびにサボることなく散歩をし、そのつど使用することにします。

効果が実感できたり、対コストに納得できるようでしたら、もう少しカジュアルな
タイプも購入してみたいです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Img_3960  

 

 
本日の夕暮れ。

2009年9月10日 (木)

再会の喜び

どうも。
久々に一日二度の登場・にゃん太郎です。

さて。
今日は良い一日でした。

ここ数ヶ月間は仕事で色々と悩み、気分が晴れない憂鬱な毎日を送っていました。

しかし、今日はそれを吹き飛ばすような出来事がありました。

笑顔って、素敵ですね。

ちょっと長い話になりますが。

我が社の隣には、ワタシの行きつけのパチンコ屋さんがあります。

通う回数が多ければ当然ながら店員さんとも顔馴染みになりますが、
場所が隣ということもあり、遊びに行った時だけでなくお互いが外仕事をしている時に
顔を合わせることも多く、そんな時は雑談をします。

そうは言っても、むこうからすればこちらは客。

もちろん最低限の一線は守った付き合いをしないと面倒なことも有るよう。

例えば、他の客から「あいつには出る台を教えてるんじゃないか」的な疑念を
抱かれたりするようなこともあるようで、それを避けるために店長からも
「客との節度ある仲良し」を指導されているようです。

しかしまあ。

そんな微妙な付き合い方の中でも、なんと言いますか、友達としての絆が
芽生えることがあります。

そう、信頼関係とでも言いますか。

あ。
ちょっと話が逸れますが。

世間では、異性間で「友達関係」は成り立たない。
すなわち、イヤな言い方をすれば異性間では必ず「下心」が付いて回ると言う方が
いるようですが、ワタシはそうは思いません。

実際、ワタシは性別を超越した(と自分では思っている)友達が何人かいます。

で。
話を元に戻しますとね。

隣りのパチンコ屋さんに、ワタシにとってのそんな女性店員さんがいたのです。
そう、年の頃は30過ぎでしょうかね。

ところが。
「いたのです」という表現でお分かりのように、たしか今年の3月一杯だったでしょうか?
鎌ヶ谷市内のお店に転勤になりまして。

その日以来。
彼女がいないと思うと、なんとなくパチンコに行く楽しみが半減する感じがし、
ワタシの「出勤日数」は激減していました。

ところが、先日隣に行った時のこと。

これまた馴染みのコーヒーレディーに、いつものようにレモンティーを注文すると。

あ、そう言えばお兄さん、知ってます?
鎌ヶ谷に転勤になった○○さん、いま千代田にいるそうですよ。

と。

千代田というのは我が街の地名で、我が家からは10分弱の場所。

そんなわけで

こりゃあ一丁、冷やかしに行ってやらねば

と思い、本日行ってまいりました。

もうこれが。
家を出る前から、なんだかドキドキのワクワクでして。

一人ニヤニヤしながら店内に足を踏み入れると、景品カウンターの中に目標を発見。

ゆっくりと近付いていくと、敵はチラリとこちらに目をやりましたが気付かない様子。

それもそのはず。
仕事帰りの作業着とは違い、今日のワタシは私服姿。
ましてやワタシが自分の店に来るなどとは思ってもいないわけですから、彼女は。

さらにもう少し近付くと、またチラリ。

そして、視線を元に戻しかけたところで…。

あっ!!! (*゚□゚*)

と(笑)。

店内の騒音の中でかなり距離があったにもかかわらず、ハッキリと声が聞こえました。

驚愕の表情は一瞬にして、満面の笑みに変わりました。

そのままカウンターに近付くと、身を乗り出した彼女は

やだ、ちょっと!

何してんのよ!!!

最高の笑顔で言いました。

いや~。

本当に、喜び溢れ出る表情でした。

人って、あんなに素敵な笑顔ができるものなんですね。

彼女のあんな表情を見たのが初めてだったのはもちろんですが。

ワタシが生涯で見た笑顔の中で、最高の笑顔だったかもしれません。

もう、一言。

嬉しかった~。

彼女の最高の笑顔も、また自分があれだけ人を喜ばせることができるということも。

大げさに言うと

自分の存在意義ってまだあったんだなぁ

と。

当然話したいことはたくさんあったのですが、そこは彼女も仕事中。
最初のうちに、パチンコを打つワタシのそばをチョコチョコと巡回し、
その度に二言三言の言葉を交わす程度が精一杯。

それでも。
友達同士として、充分に心が通じ合った時間でした。

本当なら再開を祝して食事にでも誘いたいところでしたが、何せ彼女の終業は
深夜0時頃。
さすがにそこまでする気にはなりませんでした。

ではメールアドレスの交換くらいしているかと問われれば、これもNO。

彼女が転勤の際にお餞別のハンドタオルと一緒にそれを渡そうと思ったら

勤務中は受け取れないんだよ、カメラで店長に見えちゃうし。

と断られたのです。

実はあの時、男として警戒されているのかと思った部分もあったのですが、
今日の彼女の態度を見ているとそうではなかったみたいです。

「店員としての節度」を保ったのですね、彼女。

社会人として、素敵だと思います。

これからも、彼女との友達としての関係を大切にしていきたいです。

と、言ってみたものの。

千代田のお店は通勤経路からは大きく外れていまして、仕事帰りにわざわざ行くのは
チョイと面倒。

では休日に

と言いたいところですが。
彼女の出勤はどうやら午後からが多いようで、早寝のワタシはそれに合わせると
微妙に一日が無駄になりそうな予感が…。

また来るよ。

と言い残して笑顔でで去ってきましたが、実際はまた、当分先になりそうですね。

まあ、会いたくなったら行くと言うことで。

ちなみに。

今日は再会のご祝儀として、たっぷり三万円置いてきました。

…。

やっぱ、早く帰してもらいに行かなきゃならんな…(汗)。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Img_3940  

夜明け前に東の空に浮かぶ

 
冬の使者・オリオンを撮ってみた。

 
わかりますかね…?

秋ですね〜

秋ですね〜 
秋ですね〜
どうも。
近所を徒歩でウロウロしている男・にゃん太郎です。

さて。
今日はお休み。

爽やかな陽気に誘われて、ぷらりぷらり。

持って来るべきでした、デジカメ。

2009年9月 5日 (土)

緊急告知

本日この後26時13分から、せきぐちゆきさんが主題歌を担当された映画「小津の秋」がTBSにて放映されます。
夜更かし族の方、是非ご覧下さい。

って…。

皆さんへの告知が遅すぎました〜っ(TOT)

くどいようですが、是非ご覧下さい!

え?
ワタシ?

ちょうど番組開始の時間に起床して、仕事ですが?

なにか?

2009年9月 2日 (水)

螺旋の迷路

どうも。
トンネルの先の光が一向に見えてこない男・にゃん太郎です。

さて。
先日受験しました、自身五度目の気象予報士試験。

今回は学科(マークシート)の一般知識は免除だったので、受験科目は学科の
専門知識と実技(記述式)でした。

前回の実技試験にあまりにも歯が立たなかったためにやる気を失い、受験申請こそ
してはいたものの、この7ヵ月間は正直ほとんど勉強していませんでした。

しかしながら、今回の実技試験。

自分の中で苦手意識の無い「低気圧」と「台風」であったからか、はたまた問題が
簡単だったのか?

時間一杯一杯ながらも、慌てることなく全ての解答を記入することができ。

いつものような

時間が無いから、とりあえず何か書いておけ~!

的な解答をするような状況には追い込まれなかっただけでなく

これ、ひょっとしてイケるんじゃね?

という、淡い期待を抱いてしまうような好感触。

そんなわけで。

…。

どろろろろろろろろろろろろろろろろ(←ドラムロール)

レディース & ジェントルメン!(どろろろろろろろろろろろろろろろろ)

大変長らくお待たせいたしました。(どろろろろろろろろろろろろろろろろ)

いよいよ(どろろろろろろろろろろろろろろろろ)

この時がやって参りました。(どろろろろろろろろろろろろろろろろ)

じゃーーーーーーん!!

気象予報士・にゃん太郎の誕生かもです!! キャッホ-..\(@^o^)/..

ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ ヾ(_ _)ノ モヒトツ ヾ= ̄∇ ̄)ノ バンザーイ♪

…。

……。

と、言いたいのですが。

…。

オチマシタ、ガッカシケンで。(TεT) 

…。

(ノ_-;)ハア…

…。

はっきり言って深いです、憂い。

…。

ええ。

合否の通知が届くのは10月、正式な解答例が発表されるのは来週なのですがね。

残念ながら、不合格決定です。

いえ、不合格でもいいんです。

もともと「40歳までに(40歳を含む)合格」という目標で始めた勉強なので。

ただ。
実技で不合格になるのならあきらめもつきますが、この期に及んで学科でとは…。

もう。

なんと言いますか。

絶望しますね、自分に。

2007年の2月に勉強を始めて以来、二年半。

片手間の気まぐれとは言え、これだけの時間を費やしているにもかかわらず
今回また学科が不合格となると。

我ながら

お前一体、何やってたんだよ

ってな話です。

学科不合格と言う現実を反芻すると。

情けなさとか怒りとかを通り越し、体内にある全ての負のエネルギーが込み上げて来て
自分をコントロールできなくなりそうな状態になります。

もちろん。
イイ歳をした大人ですから、そこはなんとかグッと堪えていますのでご心配には
及びませんが。

とりあえず、今はまだ気持ちの整理がつきません。

次回の試験は来年1月。

学科の一般知識の免除期限は今回までだったため、今度は学科二科目・
実技二科目のフルコースです。

   振 り 出 し に 戻 る

ですね。

今後のことを考えると。
生活の大部分を勉強の時間に充てるということが出来ない状況で
次回に総合合格を目指すというのは事実上無理と思われ、現実的には学科二科目の
合格を目指すということになります。

そしてその二科目に合格すれば、来年(40歳)の夏と再来年の冬の試験では
実技のみに注力できるということになります。

ただ、今回の結果を受け。

果たして、オレの勉強方法は合っているのか?

という疑問が湧いていまして。

振り出しに戻ったまま、一回休みというのも有りかな~

とも。

ま。
一回休んだら、半永久的に休みということになりそうな予感もしますが。

必要に迫られているわけでもない資格のために、これ以上「勉強しなきゃ」という
強迫観念に怯えるのはバカらしい

という思いと

一度やりだしたことを投げ出すのはイヤだ

という思いの間で揺れているにゃん太郎ですが、答えを出せるのは先になりそうです。

…。

そうこうしているうちに来ちゃうんだよなぁ、一月が…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Img_3935_2  

 

雲に乗って

 
どこかに行ってしまいたい気分です。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »