ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 新しい靴 | トップページ | 10:10 »

2009年9月17日 (木)

久々の散歩ネタ

どうも。
高速無料化に反対の男・にゃん太郎です。

さて。
書き出しとは全く関係なく、今日は表題どおりの内容です。

昨日・今日と急な連休となりまして、二日続けて早朝散歩。

普段はたいてい同じようなコースを歩くのですが、昨日の朝はなんとなく、
目的を持った散歩をしてみたくなりました。

そこで、散歩のネタを考えたのですが…。

先日同僚と雑談した際に出た「四街道と陸軍」を題材にすることに。

そうは言っても、ワタシ自身はマンション購入時に担当者から

建設地は旧陸軍の敷地内ですから、地盤は保障つきですよ

と説明された際に

あ、陸軍なんかあったんですか

と答えたほどの体たらく。

なにぶん皆様に「四街道と陸軍」の関係をご案内できるほどの知識は無いので、
この件についてはWikipedia様にお任せすることにします(笑)。
興味のある方はこちらをどうぞ。

で、そもそも。
我が家から半径500m以内には、陸軍縁の物が結構あるのです。

ま。
前述ののような事情があるわけですから、当然と言えば当然です。

しかしながら、ワタシ。
いわゆる「軍(隊)」とか「武器(兵器)」というものに、全く興味が無い男でしてね。
今までは「縁の物」の前を素通りしていたり、またそれが「縁の物」であることに
気付いていなかったりしたわけです。

そんなわけですから。

さて、どこから行ってみるかいな…。

と、昨日の散歩も第一目的地を決めかねていたのですが。

まずは

あれ、旧陸軍裏門の門柱らしいですよ。

と同僚が教えてくれた場所へ向かうことに。

Img_3982  

それがこちら。

 
向かって左側はほぼ原形ですが

 
右側は土台のみ。

 

 
写真ではわかりませんが、門柱の内側に蝶番のような物が付いてたので
もともとは扉が付いていたと思われます。

ちなみにこの場所。
我が家からは直線で100mくらい。

今まではなんとなく前を通り過ぎていましたが、改めてみると「なるほどな」と
思わせる風格があるような…。

続いて向かったのは

Img_4029  

 
我家のソファーに座っている状態で

 
窓の外に見える小高い丘。

 

 

 
入居時はさして気にもしていなかったのですが

Img_3992  

 
実はこういう丘だったのです。

あ、写真がいいかげんですか?

スミマセン。

通勤時間帯で人が多かったので

慌てて撮影したものですから…。

 

  

Img_3990  

 
部屋から見ると

 
たいした高さではないように

 
感じるのですが

 
 
 
Img_4003  

 

 

階段を見ると、かなりの段数。

 

 

 

 
  

こいつをエッチラオッチラと上っていくと

Img_3994  

マンション5階と同程度の高さ。

 
高い建物など無かった時代。

 
これはかなりの見晴らしだったはず。

 

 
頂上から下りようとすると、丘の裏側に通じていると思われる細い道を発見。
舗装されていない段々の道を下りて行くと

Img_4016  

 

 
たった一輪、真っ赤な彼岸花。

 

 

 

しばし見とれた後、丘を見上げると。

Img_4002  

 

うん。

 

 
やっぱり結構高い。

 

 

 
 
丘を下りきってふと路地に目をやると、その向こうに銅像が建つ小さな公園が。

せっかくだからと足を踏み入れ銅像に近付くと、銅像よりもワタシの目を引くものが。

Img_3989   

はい、三角点!(三角点!三角点!ちゃっちゃっ!

しかも一等ですよ、一等!!

たしか一等の設置間隔は約40km。

全国にも1000点くらいしかないと

聞いています。

通常は見晴らしの良い場所に

 
 
 

Img_3988_3  

設置するのが大原則で、

一般には山頂などに多い三角点。

それがこんなに身近な、

しかも公園にあろうとは…。

陸軍時代、いかにこの辺りの見晴らしが

良かったかを物語っていますね。

 

 
 
いやはや、テンション上がりました~。

おかげで銅像さんは、霞んでしまいました。
たしか、昔の土地の名士さんの銅像だった気が…(笑)。

この公園と大土手山(丘)に挟まれた路地を南に抜け、目の前の通りを反対側に
渡るとまたすぐに「碑」が目に入ります。

Img_4014  

 

碑というよりは空間ですね。

 

 

 

 
Img_4008  

 
 

こちらは砲兵学校跡地だそう。

 

 

 

Img_4005  

 

砲兵学校だけあり

 
実際の砲弾が。

 
(後ろは「生徒隊の碑」) 

 

 
 
 

Img_4007  

 
砲弾の先端部には

 
たくさんの数字と目盛りが。

 
勉強不足でワタシには

 
何のためのそれなのかわかりません。

 

 
ちなみにこの場所から振り返ると

Img_4004  

 
 
目の前に大土手山が見えます。

 

 

 

 
以上ご紹介してきた場所は極めて我が家から近い場所ばかりなので、移動距離は
極々短いもの。
それでも見て歩くとなると一時間近くかかりまして、昨日はこれで引き上げました。

そして今朝、また散歩に出かけたのですが。
昨日の散歩のおかげで、今まで見えなかったものを見えてきました。

今日はカメラを持参しなかったので写真は撮れなかったのですが、
これまた我が家のすぐそばにある四街道公民館の門。
最初に掲示した「裏門」の門柱とおそらく同じものであると思われます。

また、道路を挟んで公民館の向かいにある愛国学園。
この学園入り口の立派な門も、同じ作りで同じレンガを使用しているように見えます。

そもそもこの門の脇には「史蹟・野戦重砲兵第四聯隊跡」という石碑があり、
「愛国」という名前からもやはり軍となんらか関係があるのではないかとも思われます。

そんなわけで。
昨日・今日の散歩、予想をはるかに超えた有意義な散歩となりました。

そして、今更ながら「知らないことの不幸」を改めて感じました。

日頃何気なく見ている景色・歩いている街も、勉強すればするほど違ったものに
見えてくるわけですよ。

究極を言えば

    同じ一生も、全く別の一生になる

と。

今回の散歩で、それを思い知らされました。

そしてまた。
自分が住んでいる街、これからも住み続けるであろう街をもっと知りたいと思いました。

おしまい。

…。

勉強せにゃぁイカンな、勉強。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今朝は夜明け前、細くキレイな月の脇に星が一つ輝いていました。

Img_4020  

 

 

 

 

 

Img_4022_3  

 

 

 

 

 

Img_4026  

« 新しい靴 | トップページ | 10:10 »

コメント

Oddyさん>
おはようございます!
そうですね。ワタシは新参者なので分かりませんが、古くからの土地の方は「四街道」という場所、地名に並々ならぬ思い入れがあるのかもしれません。
砲兵学校跡と大土手山はイトーヨーカドーの目の前ですから、ついでの時にでも足を運ばれてみてはいかがですか?

ジョニーさん>
おはようございます!
今の家に引っ越して間もなく…、丸7年?
家と会社を車で往復するだけがほとんどという生活をしていまして、今回の散歩で改めて「自分の住んでいる街を何も知らないんだな~」と感じました。
これからは自分が暮らす街をもっと感じたいと思います。

わんたろうさん>
お金を払う必要がないことです。
世間では「タダ」とも言うんだよ。

無料って…なんだろう…?

三角点!(三角点!三角点!ちゃっちゃっ!)
しかも一等ですよ、一等!!
これに反応しまくりでした
こりゃすごい
なかなかありませんよね
砲弾にもたまげましたよ・・・なんてこったいって感じで
bomb
彼岸花の季節ですか~お彼岸の時期に咲きますねホント
あの靴でその坂を登ったんですね?
後ろへのけぞりませんでしたか?

窓からみえる場所にいってみようというのは
これは面白い企画です
自分も電車で通勤してますけれど
見える場所にいってみたいと思いますし
そうそう電車から 今朝 ひとつのアパートから綺麗な花が咲き乱れている家をしみじみみていました
毎朝見ているのですが、まったく気にも留めていたなかったのです
これで、他の季節にどんな花を咲かせているのか気がかりになりました
楽しみが増えるというのはいいもんですよね~

これは良いですね。
「千葉市に合併されてなるものか」
って訳じゃないでしょうが、
特に昔からの四街道市民の気概に通じるところがあるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/46233093

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の散歩ネタ:

« 新しい靴 | トップページ | 10:10 »