ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« キテマス | トップページ | 一足早く… »

2009年12月23日 (水)

人の心

どうも。
本日無事に年賀状を投函してきた男・にゃん太郎です。

さて、毎度の事ながら突然ですが。

ワタシは乗務時には、毎回ほとんど同じ場所で食事を摂ります。

場所はこのブログでも何度か登場している、館山自動車道下りの市原サービスエリア。
時間はたいてい10時から11時の間で、この時間はほぼガラガラです。

ついでに言うなら、毎回食べる物もほとんど同じ。
朝A定食480円と串カツ120円で、計600円なり。

更に言うと、毎回服装もほとんど同じ。
硬い殻を持った海に棲む生き物のマークがデカデカと胸に付いている作業着。

同じくらいの時間に、同じ服装で、同じ物を食べる。

軽食コーナーで働いている人達もほとんど同じ顔ぶれなので

ひょっとして、顔を覚えられちゃってるかな~

と思っていたのですが、先日それが実証される事象と、そのついでにチョトした事件が
起きましので、今日はそのお話を。

時は先週の金曜日。
いつものように600円を握り締めてレジに向うと、脇のケース内に鎮座しているはずの
串カツ様が見当たりませんでした。

ワタシ) あら?
      今日は串カツは売り切れですか?

店 員) あら、ホント、無いわね、「お得意の」串カツなのに。
      よろしければ、今から揚げますよ。

ワ) あ、すいませんね。
   じゃあお願いします。

店) いいえ~。
   あと、A定食で良いですか?

ワ) あ、はい。
   600円で(笑)。

串カツ一丁~!

の声を背に、とりあえず席に付くワタシ。

やっぱ、覚えられてたか…。 (´~`ヾ) ぽりぽり・・・

しばらくして。

店) はい、A定食のお客様。
   お待ちどうさまで~す。

ワ) ホイ、ど~も。

店) 串カツもうすぐですから、揚がったらお持ちしますね。

ワ) いやいや、声をかけてくれれば取りに来ますよ。

などと言いながら席に戻り、醤油を加えた納豆と生卵を相手に格闘していると

店) ハイ、串カツお待ちどうさま~。

の声。
ワタシはイソイソと串カツを取りに行きました。

普段と違って、いかにもアツアツの串カツにワタシの気分は高揚。

ソース大好きのワタシは、その勢いに乗ってたっぷりと。

いつもより余計にかけておりま~す。(←染之助染太郎風)

席に戻ったワタシは、納豆・卵の連合軍と一時停戦。
その箸先を串カツに向けました。

と、言うのも。
ここの串カツはソコソコの大きさがありまして、串に刺したままだと最後の方が
食べにくいのです。
ですから、いつもカツの部分を串からバラして食べているのです。

もはやワタシは歴戦の勇。
敵・串カツとの戦いはアッという間に…。

と言いたいところなのですが、この日の串カツは揚げたてだからかなんなのか?
串を持ってカツのお尻を箸で押しても、ビクともしません。

お主、なかなかやるのぅ…。

敵の奮闘に手を焼きながらも、串に捻りを加えるとカツはさすがに音を上げ

ス   ポ   ッ   !

と抜けました。

が、敵は最後に逃亡を試み…。

べ   チ   ョ   。

あ!! Σ( ̄ロ ̄lll)

…。

ハイ。

串カツ様、床に落下。

しかも、ソースが付いた方が下側になって。

恐る恐る床からカツを持ち上げると、とても食べられるような状態ではありません。
更に、染之助染太郎効果で床にソースが飛び散り大変なことになっています。

なんだよ~!
120円、床に捨てたようなもんじゃんか~!
しかも、せっかくの揚げたてだったのに…。 (;´д` )
トホホ

と言っても、誰を責めることも出来ません。
仕方ないので、今日は串カツはあきらめることにしました。

それよりどうする?
とりあえず食事を済ませてから、床を汚したことを謝罪するか?

う~ん、しかし。
この汚れたカツを目の前に置いたまま食事をするのもなぁ…。
とりあえず店員さんにコイツを下げてもらって、先に謝罪しておくか…。

そんなわけで席を立ちかけたのですが、あまりにも床が汚れているために
そのまま席を離れるのは気が引けまして、目の前にあったナプキンで軽く床を清掃。
しかしながらナプキンではどうにもならず、汚れの範囲が拡大するばかり。

やむを得ず清掃はあきらめ、とても憂鬱な気分でレジに向いました。

ワ) アノゥ、スミマセン…。
   せっかく揚げてもらった串カツですが、落としてしまいました、床に…。

店) アラヤダ!
   まだ一口も食べてないの!?

ワ) ええ。
   まあそれは自分のせいなので仕方ないのですが、更に言うと、
   かけたソースで床を大変汚してしまったので、後で拭いておいて
   もらいたんですけど…。
   ホント、申し訳ないんですが…。

店) あら、そんなの気にしないでいいわよ。

ワ) スミマセン…。

そんなこんなで席に戻ったのですが、床の汚れがどうにも気になりまして
再度ナプキンで清掃。
が、やはりきれいにならず何度か繰り返していると、背中越しに大きな声が。

店) そんな事しなくていいですよー!!!

軽く怒気を含んだような声に思わず振り向くと

店) それより、ほら、これ。

声色とは正反対に、店員さんはニコニコしながらお皿に乗った串カツをワタシに
向かって差し出しています。

再度120円を払えば、今日の昼食は720円。
大幅に予算オーバーです。

ワ) あ、いや、その、キョウハ クシカツハ アキラメマスノデ…。

店) さっき一緒に揚げた分だから、食べて下さいよ!

あ…。
わざわざ揚げたんだから、責任取れってことか…?

となれば、止むを得ません。
ワタシは清掃の手を止め、レジに向いました。

とりあえず串カツを受け取り、財布に手をかけると

店) あら、何?
   お金なんて要らないわよ?

ワ) へ?

店) さっき貰ってるじゃない。

ワ) は?

あ…。

店員さんの好意に気付いたワタシは、激しく動揺。

ワ) ア、イヤ、アノ、ソレハサスガニ…。

100%ワタシに非がある中、それはないでしょう。
しかしそのまま席に戻る雰囲気ではなく、代金を支払う支払わないにかかわらず、
串カツそのものは受け取らざるを得ない状況です。

何度か問答を繰り返したのですが、最後の店員さんの言葉を聞き、
ご好意に甘えることにしました。

店) いいんですよ、いつも来てもらってるんですから。

ま。
これを言ってもらってしまったら、ぐうの音も出ませんね。
「それとこれとは別問題。食べるならお金を払うべき」というご意見もあるかも
しれませんが、これ以上の抵抗は逆に大人気無いと観念しまして、ありがたく
ご好意に甘えさせていただきました。

ワ) すみません…。
   では、有り難く頂戴します。
   今度はこのままかじりつきますので…。

店) ええ、そうして下さい(笑)。

ということで、いつもどおりに美味しく食事をさせて頂きました。

店員さん、どうもありがとうございます。

食後はご好意に対するお礼と床を汚した謝罪を丁重にして、引き上げました。

ええ。

再来週、また寄らせてもらいますので。

と言い残して。(翌週にあたる今週は内勤なので)

いや~、しかし。
大げさかもしれませんが、今回は日本人の心に触れた様な気がしました。

この度のワタシが起こしたような不始末。
ひょっとしたら、どこの飲食店でも同じような対応を取ってくれるのかもしれません。

それはとても有り難いことでもちろん感謝すべきことなわけですが、
この日の店員さんに対しては心の底からお礼を言いたくなりした。

それはなぜか?

ご好意がマニュアルなどによるものではなく

               心からのものだと感じたから

です。

繰り返しになりますが。
店員さん、本当にありがとうございます。

ここ数ヶ月仕事が忙しく心に余裕が無い中で、一服の清涼剤を与えてもらったような、
とてもホッとさせられる出来事でした。

自分もこの店員さんのような人間になりたいと思う、小物・にゃん太郎なのであります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

本文とは関係ありませんが。

_007  

 
できてきましたね、

 
東京スカイツリー。

« キテマス | トップページ | 一足早く… »

コメント

yomega21さん>
ただいま忌まわしき水○にてパージ順番待ちです…。

わんたろうさん>
君には年賀状を出していませーん(笑)。

きょうわんたろうが次郎吉は投函ー!

私が知っているにゃん氏は真面目でいい人で間違いないです。私とコンビを組むと最強のテロコンビの一員と化しますけど(笑)

繁忙期ですが頑張ってください。
たまにはこちらに逃亡して来たらいかがですか?

ボンさん>
おはようございます!
歳を重ねてくると、とかくそうなりがちですよね。ワタシも心当たりがたくさんあり、反省するばかりです…。
仕事、10年ほど前の冬並に忙しいです…(汗)。

Oddyさん>
おはようございます!
昔から幼児とオバチャンにはもてもてなんですよね~。すでに自分もおじちゃんなわけですが、常に自分よりもかなり年上のオバチャンからしかモテないようです…(汗)。

yomega21さん>
おはようございます!
いや、ワタシは、yomega21さんがご存知のような人間ですので…。
どうでも良い話かもしれませんが、この冬は仕事が何故か忙しく、どこかに逃亡したい気分です(TT)

ピッペンさん>
おはようございます!
こういった心のゆとりと暖かさを持っている方が「人間」なのだと、考えさせられる出来事でした。
かく言うワタシは心にゆとりがなく、明日の有馬記念の予想をまったく出来ていません(笑)。

ジョニーさん>
おはようございます!
いえ、違わないのではないでしょうか(笑)?
自分もこういうオッサンになりたいです。

たっちさん>
おはようございます!
どうも。オバチャンたちのアイドル・にゃん太郎です。あ、違いますか(笑)?
思えば、昔の世間はこういう雰囲気が当たり前だったような気がします…。いたずらに嘆くつもりはありませんが、やはり日本は大切な物をどこかに置いてきてしまった様に思えてなりません…。

ほのぼのしますねhappy01
にゃん太郎さんは間違いなく店員さんの間で常連さんです。

多分、にゃん太郎さん”貝さん”とか”串カツさん”とか呼ばれている事でしょう。
そして店員さんの話題作りにも一役買っているのに違いありませんwink

くぅぅぅ  おばちゃん GJ!

さだまさしの歌で、私は犬になりたいって歌があって
安いお弁当選んで買ってみても490円
でも味噌汁つかない・・・

とか言ってるこのご時勢に・・っっ!
うっ 泣けた・・・・

ナイス クリスマス秘話!(ちがうか)

いい話ですなぁ。
ワタシにも色々な意味で清涼材となるありがたい話でした。

人の心って鏡みたいなものだと思うんですよ。だからにゃん氏もその店員さんみたいにいい人なんですよ。

おばちゃん達にモテモテだねえ。
世の中で、こういうゆとりがあるといいねえ。

いい話ですねhappy01俺は最近、人間の汚いところばかりを見ている気がして嫌になりますdown忙しいでしょうが、お互い頑張りましょうsign03sign03

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/47060742

この記事へのトラックバック一覧です: 人の心:

« キテマス | トップページ | 一足早く… »