ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | 本年箱根駅伝に思うこと »

2010年1月 3日 (日)

今年のお正月

どうも。
失意のどん底にいる男・にゃん太郎です。

だって、一時間半もかけて書いた記事がPC不調で消えてしまったんですよ?
新年早々、どういうことです?
やる気なくなりました。

ということで、消えた記事と内容は変わりませんが、極めて簡潔に…。

実家に兄夫婦と

005_3  

 

 

御犬様が来ていた元日。

 

 

 

 

 

 

 
ワタシはチョイと実家を抜け出しまして、その時に更新したのが前回の記事。

012_2  

 
 

 

抜けるような青空の下

 

 

 
   
 
006_2 

 
 

 

実家脇を走る成田線を越え

 

 

 
  
 
010_2  

 

 
 

 

裏山を抜け

 

  

 
 

 

015_2  

 
 

 

お気に入りの場所へ。

 

   

 

 
もうたまらないですね、この空間。
皆さんをお連れできないのが残念でなりません。

013_2  
 

今年は生まれて初めて

 
カワセミを生で見ました。

 
(写真上部円内)

 

 
 

ワタシからすればカワセミは珍客ですが、彼からすればワタシが珍客でしょう。

元日早々、こんなとこでなにしてんのよ?

というカワセミの声が聞こえてきましたから。

珍客と言えば、実家にも珍客が。

それは、実家の隣に住む女の子達。

現在19歳と16歳の彼女達。

ワタシが実家にいた頃は、上の子は幼児。
下の子はまだお母さんのお腹の中でした。

実はこの子達、幼少の頃から我が実家をまるで自分たちの家のように使っていまして。

近所との付き合いが疎まれる現代においてにわかには信じられないかもしれませんが、
当たり前のように実家の冷蔵庫から食べ物を調達したり、菓子を入れてある缶から
好みのおやつを引っ張り出したりしています(笑)。

孫がいないワタシの両親もそれが結構心地良いようで喜んでいまして、
ワタシとしてもそんな両親を見ていると少し嬉しく。

彼女らに会うたびに

いつもありがとうね~

などと言っていました。

そんな彼女達が元日の19時頃に遊びに来てくれました。

ワタシはパジャマ姿ですっかりくつろいでいまして

彼女らももうお年頃だし、オレがいるから上がっては来ないだろ

と思ってたのですが、普通に上がってきました。

家族揃っての初詣帰りという彼女達。
お腹が空いていたようで、目の前にあった簡単なおせち料理や酒のつまみを
食うわ食うわ。

実家に対してもはやすっかり「我が家」という感覚の無くなったワタシよりも、
よほど「我が家」でくつろいでいる感が(笑)。

ま、ここまではいつもと同じだったわけですがね。
この後、今までには無い展開が待っていました。

これまでのワタシは、彼女達とは面識がある程度で突っ込んだ話はしたことが
なかったのですが、子供から大人へと脱皮途中の彼女達は社交性を身に付けて
きたようで、今回初めて会話らしい会話をワタシに投げかけてきました。

いやはや。
19歳と16歳という多感な時期の少女達は

早く孫を見せてあげるように

だの

お見合いをしたらどうか

とか

40歳なら30代前半の女性がちょうど良いのでは

などと。

話の内容はもちろんですが、それはもうキャピキャピでして。
ワタクシはタジタジ…(笑)。

恋に恋する年頃のお姉ちゃんは

友達から自然に恋人になる感じが理想的

とか(笑)。

そんな彼女は浪人中。

女子大にするか共学にするか悩んでいるとのことだったので

女子大行けば、早慶あたりの学生から合コンの誘いがたくさんあるみたいよ

などと言ってみたら

え!
ホント!?

と目の色が変わったり(笑)。

いや~。
オジサン、純粋に楽しかったです。

思えば、社会人になってから10代の女性とこんなに話したのは初めて。
良い意味で、刺激を受けましたね~。

また。
今までは気分は二十歳前後と変わりなかったのですが、今回彼女達と話をしてみて

ああ、やっぱりオレも大人になったんだな~

と、思いました。
良い意味で。

なんというか、そこそこ大人になれている自分を実感できたという感じでしょうかね。

ま、そんなわけで。

今年の正月は、なかなか有意義なものでした。

さて…。

箱根駅伝も間もなく最終区。
本腰入れて、見ますかね。

我が母校、予選会からになりそうな感じですが…。

« 謹賀新年 | トップページ | 本年箱根駅伝に思うこと »

コメント

たっちさん>
こんばんは!
子供の頃に馴染んだ景色に身を置くのはこの上なく心地良いのですが、最近は実家に戻ってもあまりくつろげません。建て替えたわけでもなく部屋もそのままなのですが、不思議なものですね…。
箱根駅伝の件は明日辺りに記事としてアップできそうです。

y21さん>
こんばんは!
一瞬、y19を目指そうかと思ってしまいました(爆)。
え~、そうそう。
昨日の朝も-4℃でしたが、何か?
ちなみにこの冬、すでに72の台車ブレーキが凍結しました。ついでに言うとその72は、ラジエターアッパータンク破裂につき宮崎に入院中。正月で部品手配が付かず、退院予定はたっていません…。
あら?なんだか頂いたコメントとはあまり関係の無い話になってしまったような…(笑)。

ジョニーさん>
こんばんは!
お犬様は生意気なヤツでして、エサをもらえるときにはホイホイと寄って来るのですが、体のどこかを触ろうとするともの凄い勢いでガルルルと唸って逃げて行きます。芸を教えるどころの騒ぎではありません…(汗)。
ま、お犬様よりピチピチシャワーになついてもらったほうが嬉しい気もしますが…。いや、邪な気持ちではありませんよ、決して!

Oddyさん>
こんばんは!
いや~。ワタシは姉妹がいませんので年頃の♀パワーを実感したことが無かったのですが、女系家族に身を置く男性は大変でしょうねえ…。
しかし、ホント。純粋に良い刺激を貰い、楽しい時間を過ごさせてもらいました。万が一にも娘を持てることがあったなら、彼女達のように育って欲しいと思いました。
箱根駅伝の件は、次回の記事で!

わんたろうさん>
こんばんは!
今年もよろしくおねがいしますね。
失意とは、ひどくガッカリすること。…かな?

ピッペンさん>
こんばんは!
オチに爆笑してしまいました(笑)!
そうでうね。ピッペンさんなら一回りくらいの歳の差ですから大丈夫ですものね~。
五月にいよいよ40代に突入するワタシは、正直ジェネレーションギャップを感じました。話が合わないとわ思いませんでしたが、パワーが違いました(笑)。
彼女達に女性を紹介してもらうのではなく、むしろ彼女達のお母さんに女性を紹介してもらったほうが正解なのかもしれません…(汗)。

10代の女性の方とそんなにお話が出来るなんて!
羨ましいやら羨ましいやら羨ましいやら(笑)
是非その女性たちに素敵な方を紹介してもらう…なんていかがですか?
そう、僕が、です(笑)

失意ってなに?

明けましておめでとうございます。
娘達にやり込められて楽しそうですね。
私達から言っても動かないので、いいきっかけかも。

母校は・・・
どういうトレーニングを積んでいるのか判りませんが、
秘密兵器に頼りすぎなのではないでしょうかね。

あけましておめでとうございます
本年もよろしくおねがいいたします
早速ピチピチ集団より勢いのある言葉を
シャワーのように浴びてますな うっしゃしゃしゃしゃ
タジタジのにゃんさんも
めいっぱい背伸びして大人になってるや~ありませんか
そうかぁ・大人になってる人はいいのう・・・・

正月にカワセミをみるなんて、いいですな
散歩というのは哲学者が好むものだそうで、ナイーブな哲学者 にゃん太郎さんにピッタリじゃないですか
哲学者のにゃん太郎さんとカワセミ と 子犬様
トイプードルは、サーカスでも大活躍するくらい頭のいい犬だそうです。買うつもりもないのに、やたらと説明をうけてしまっんす
今度は子犬様に妙芸でも教えてみてください

そうそう!今年はコメント返しに芸をみせてください
だめですよ 
哲学者なんて、いえいえ、なにも考えてなくて~
とか
子犬に芸を教えるほど芸がないんですよ苦笑~
とか
そういう
安易なコメント返しでは
い・け・ま・せ・ん・よ 
ココ一発で笑わせる
それでこそ 日本のブロガー!
ブログ本 出すんですからのう・・・・ぅ 
芸を磨かねばのう・・・
(おいおい!)
それにしてもいい写真だなぁ
携帯の待ちうけ画面にしようかなぁ~
の 相変わらずジョニーでした


今日のこちらの最高気温予想は23℃ですが、にゃん氏にはこちらよりずっと「あたたかい場所」があるんですねぇ〜

なかなか素敵なお正月になられたようですねheart02

残念ながら我等が母校は予選会からの出場。
来年は果たして応援出来るのか・・・不安ですcoldsweats02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/47191323

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のお正月:

« 謹賀新年 | トップページ | 本年箱根駅伝に思うこと »