ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ご無沙汰です | トップページ | 積もってた »

2010年2月 1日 (月)

例の件のご報告

どうも。
管理組合の役職決めが終わり複雑な心境の男・にゃん太郎です。

まず、結論から申し上げますと。

無事に「監事」という役職に付くことができました。

なんだか記事を書くこと自体が久しぶりなので、何をどう書いて良いのか
わかりません…。

ですから、ダラダラと書きます。
お許しを。

まず、以前も書いたように、我がマンションの管理組合についておさらいを。

どこの分譲マンションもそうでしょうが、基本的に居住者は全員「管理組合員」。
ただし、所有者と賃貸契約を結んで入居している住人はこれに当たりません。

で。
その組合員から五名(五世帯)が管理組合役員として選出され、「理事会」を構成。
理事会には「理事長」「副理事長」「会計理事」「書記担当理事」「監事」の五役職が
あるので、実質全員が役付きになります。

ここまで、よろしいでしょうか?

役員へは立候補も可能ですが、通常は立候補者が居ないため、
あらかじめ作成されている輪番表に基づき各世帯が一年おきに交代で行うことに
なりまして、毎年一月の管理組合の総会で

次期の役員は輪番表によってこの世帯の人達です~

と、組合員から承認をもらい選出される運びとなります。

今期役員となったワタシは、先月23日の総会でめでたく承認されました。

さて、その総会当日。
総会終了後そのままの流れで、管理会社の担当者の人によって
今期役員の顔合わせが行われました。

ここで五世帯全員が揃うのかと思ったのですが、この日の参加は三世帯。

集合したのは推定30代後半のスーツ姿(仮称Aさん)と、20代後半と思われる
女性(仮称Bさん)。

…。

どう見ても最年長、ワタシが。

この現実に少々動揺していると、さらに管理会社の担当者から衝撃の事実が
明かされました。

担当者) 本日欠席されているうちの一世帯はやむを得ない理由で欠席されて
      いるのですが…。
      実はもう一世帯はもう何年も管理費を滞納している悪質なお宅でして、
      管理組合役員にもならないと言っています。そんなわがままは
      許されないことですが、現実的には他の役員の方に迷惑がかかる
      ことになりますので、次の順番のお宅にお願いすることも考えました。

      しかし…。
      実は次のお宅も個人再生(自己破産)をしている方でして、この方も
      管理費の滞納が…。
      そんなわけでなかなか難しいというのが現状でした。

      そこで前任の理事会の方々と相談した結果、ここは輪番制に基づき
      本来理事を務めるべき「悪質なお宅」を総会であえて役員に選出し、
      ことあるごとに理事会への参加と管理費の支払いを要求するのが
      良いのではないかという結論に達しました。

      そのことをご理解頂いたうえで、「そのお宅」を理事会内で代役が利く
      「書記担当」にすることを皆さんに了承していただけないでしょうか…?

…。

って。

こう言われたら、首を縦に振るしかありませんよね?

そんなわけで、残る役職は四つ。

さらに。

担) できれば今このまま役職を決めてしまえれば良いのですが…。

と、言われても…。

と思っていると。

Aさん) 欠席しているお宅があるのに役職を決めたら、まずくないですか?

はい、まったく同感です。

担) そうですね…。
   では役職決めは次回にしますが、いま考えてらっしゃる役職のある方は…。

発言する様子の無い二人をよそに、ワタシは口を開きました。

ワタシ) アノ、ワタシ、できれば監事にしていただきたいのですが…。
     皆さんご事情がある中で、自分の都合ばかり申し上げるのは
     申し訳ないとは思うのですが、カクカクシカジカ…。

と、事情を説明。

その間、ワタシの隣ではBさんが何度も頷いてくれていました。

担) なるほど…。
   とりあえず今日のところは決められませんので、次回の理事会の日程を
   決めますか。

と、なったわけですが…。

Aさん→接客業で土・日の昼間は難しい

Bさん→産まれたばかりの乳飲み子がおり、ご主人が居る土曜夜か日曜が良い
     (この日はご主人は仕事で、親に子供のお守りに来てもらったそう)

ワタシ→ある意味いつでも良いが、いつでも出られるかわからない
     夜遅くなると翌日キツイのでできれば昼間にして欲しい。
     (昼間なら休みを取れば何とかなる)

どうです?
この日程の決めづらさ。

これに加えて管理会社の担当者の都合もあるわけでして。

結局は「担当者が居ないと始まらない」ということで、ソコを優先に日程を調整。

日にちは1月30日。
「土曜なら時間が遅いほうが助かる」というAさんの都合を加味して、
20時からとなりました。

で、その31日20時を迎えるわけですが…。

う~ん。

書き出した時には一気に書くつもりだったのですが、なんだか長くなってしまいそうな
感じですね…。

今日のところはここまでにして、続きは次回にしようと思います。

ついでに、もう少し「ブログ感」を取り戻してこられると良いのですが…。

次回「安堵と寂しさと自己嫌悪」。

お楽しみに(?)。

« ご無沙汰です | トップページ | 積もってた »

コメント

たっちさん>
おはよごうございます!
いやはや、よくぞまあこれだけワケ有りの人が揃ったものだと(笑)。
前期の方々を含めた今回のメンバーが集まって感じたことは、ワタシの想像以上に土・日仕事の人が多いのだということですね。
ワタシ自身社会に出てから暦通りの仕事をしたことが無いのですが、仲間がたくさんいることを実感し、なんだか勇気が沸いてきました(笑)。

ジョニーさん>
おはようございます!
真面目にやればやるほど…、とうのは俗に言う「天然」でしょうか?
ワタシ自身はその自覚は無いのですが、周りの方から見るとどうなのでしょうね…?
「トラック庭先事件」を思い出すと、今でも冷や汗が…(笑)。

Oddyさん>
おはようございます!
滞納のお宅にはそれなりの理由があるのですが、それはそれ。ワタシとしてはやはり許せません!!
役員の増員、どうなのでしょうね?ウチのマンションは95世帯(賃貸含む)なのですが、それに対して5世帯というのは、よそのマンションより比率が少ないのでしょうか?
また今回思ったのですが、5世帯全員役付きになるから、皆あきらめてさっさと役職が決まるのかもしれません。たとえば10人中5人が役付きとなると、皆で役職の押し付け合いになりそうな気も…(汗)。

ふじのはなさん>
おはようございます!
競売の件は、担当者の方が言っていました。
競売後に入居者(購入者)が決まると、前居住者の滞納分の管理費はその方が払うのだそうです。おそらく、実際は販売価格に含まれるのでしょうが…。
でも、結局は払わなかった者勝ちですよね?個人的にはなんだか納得できません。それならもう一軒のように、潔く法的な手続きをとってほしいものです。

y21さん>
おはようございます!
ウチのマンションは若い入居者が多いのですが(おそらく世帯主の平均年齢40は代前半ではないかと)、このまま30年くらいすると管理組合の役員の問題、管理費滞納の問題、大規模修繕(立て替えも含め)時の各戸負担の問題などが続出するのではないかと…。
そうなる前にロト6を当て、ワタシもy21さんよろしくどこかに移住を。ワタシは熱いのが苦手なので、北海道の北の外れにでも行きますかね。そうすれば花粉症もありませんし(笑)。
そんなわけで、今日はこれから「あ○ひクリニック」へ花粉治療に行って来ます。レントゲン時に腋の下をくすぐられたy21さんを思い出しますね(笑)。
ちなみに、おっ○い押し付け看護師さん、まだいます。
あ、いらない情報でした…?

最近はマンションの管理費トラブルの裁判もありましたよね。
でもまさかこんなに身近なところに同じ問題があったなんて!
次回予告もあるしなかなか良い読み物になってますから「ブログ感」なんて気にしないでくださいね~

にゃん太郎さん、おはようございます。

役員決めは大変ですよねぇ。。。(>_<)。
管理組合役員になるとマンションに住んでる方達の諸事情も知ることになり複雑な気持ちになります。

管理会社の担当の方からは、滞納されてる方はこのままだといずれ競売物件となり、出ていかれることになるでしょうとのこと。
不況のせいもあるのでしょうが家を無くすことになるのは、なんか切ないですよね。
(もちろん皆さん毎月支払っているわけですから甘いことは言えないのでしょうが)


役員決定:その2
気になります…。

困ったものですねえ。
役員がもう少し多くならないのでしょうか。
ウチのマンションは古くて見劣りするのですが、
そう言うところはしっかりやってきてくれたので、
管理会社に入ってもらっている今でも、
かなり安心できます。

小さく動揺しているニャン太郎さんの様子を知るのが
ジョニーの密かな趣味になりつつあります
かなり悪趣味
いまも笑えます
大変そうなシーンで
しかも悪質な住民が… と聞いたときは
困るなー普通に思うんですが
ニャン太郎さんがその事実に突き当たる場面を読むと
何故こうも
笑ってしまうのか
この世で一番面白いのが
ニャン太郎さんの動揺シーンです
前なんかはトラックが危ない家の庭先に入ってしまって
あれを同時に思い出したくらいですね
でも意地悪な気持ちでいるわけではないのですよ
大変そーだなーと思います
なのに文章読んでると何故
笑うのか
自分でも不思議です
ニャン太郎さんはあれですか
真面目にやればやるほど 笑いが取れるキャラなんでしょうか
これは才能です

次が楽しみです

思った以上に大変そうですね。
小学校の本部役員決めを連想してしまいましたcoldsweats02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/47448397

この記事へのトラックバック一覧です: 例の件のご報告:

« ご無沙汰です | トップページ | 積もってた »