ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 悩んだ末に観に行った | トップページ | 朝から一仕事 »

2010年3月17日 (水)

変わり行く「愛のカタチ」

どうも。
花粉症による鼻詰まりで浅い眠りの日々が続いている男・にゃん太郎です。

さて。
「浅い眠り」と言えば中島みゆきさんですが、今日は彼女ではなく「せきぐちゆき」さんの
お話です。

まずは皆様にお知らせさせて頂きますと、

せきぐちゆきさんのニューシングル「道」が

              4月21日に発売されます!!

前作の「風と共に」から13ヶ月。
ワタシ達ファンにとっては、まさに待望の作品です。

よろしければ皆様、こちらの画面「視聴できます」からお聴きになって下さい。

…。

いえ、ぜひ聞いて下さい(笑)!

2005年がメジャーデビューのせきぐちゆきさんは、今年めでたく5周年。

もうそんなに経つのかぁ

というのが素直な感想ですが、ワタシ自身がゆきさんの出会ったのは2004年の
秋なので、

長いお付き合いになったなぁ

という思いもあります。

あの頃、ワタシは34歳。
う~ん、若かったですね(笑)。

デビューから5年の間に「関口由紀」から「せきぐちゆき」に変わったゆきさん。

もちろん、変わったのは名前だけではありません。

以下、個人的な感想及び推測ですが。

いまファーストアルバムの「純」を聴くと、率直に

若いな~、ゆきさん。

と思います。

歌詞は女子の恋心を謳ったものばかりですし、曲調もこう、攻めてくる感じと言うか、
挑戦的・挑発的な感じがします。

これの攻撃性がもちろん「ゆきさんらしさ」で、ある意味でゆきさんの「原点」となる部分。

ゆきさんに出会った頃のワタシはこの「原点」に魅せられて彼女にのめりこんで
行ったわけですが、正直、40歳を迎えようという今のワタシは「純」を繰り返し
聴こうという気持ちになりません。

これはもちろん、ワタシが歳を重ねたからに他なりません。

しかし有り難いことに、ゆきさんも歳を重ねて下さいまして。

「女子」から「女性」に変貌を遂げたゆきさんは、「大人が楽しめる曲」を書いて
下さるようになりました。

「突っ走る愛」から「包み込む愛」へ。
「愛する故に許せない」から「愛する故に許す」へ。
「恋愛」から「人間愛」へ。
「他人(ひと)を愛す」から「自分も愛す」へ。

最近書かれた未発表の曲をライヴで聴くと、そう感じます。

もっとも、ゆきさんが変わられたのは5年という時の流れだけが理由ではないでしょう。

むしろ、重ねた苦悩や喜びが、その理由のほとんどなのではないかと思います。

そして産まれた、「道」という曲。

何度も視聴しましたが、肩の力が抜けた自然な感じで、伸び伸びと歌っている
せきぐちゆきさんが目に浮かびました。

一言で表現するなら、心地良い仕上がりになっています。

「道」はライヴで何度も楽しませて頂いていますが、CDではまた違った雰囲気で
聞こえてきそうな予感がしまして、今から実に楽しみです。

最近はすっかりご無沙汰しており、せっかく覚えて頂いていた顔を忘れられて
しまいそうですが、ワタシはこれからも、せきぐちゆきさんの曲を楽しみながら
生活していきたいと思っています。

そして願わくば。

ワタシの結婚式には「格安のギャラ」でゆきさんに一曲歌って頂く。

娘が生まれたら「ゆき(由紀)」と命名する。

娘の結婚式でもゆきさんに歌って頂く(もちろん格安で)。

ワタシがヨボヨボのジジイになった頃、なおライヴハウスで歌い続けているゆきさんの
応援に伺う。

ワタシの出棺の時にはゆきさんに一曲歌って頂く。

…。

ん?

どうやら最後の二つしか、可能性は無いようですね…。

ま、とにかく。

まとまりの無い支離滅裂な内容になりましたが、ワタシはこれからもせきぐちゆきさんを
愛し続け、応援し続けるということなのです。

そしてゆきさんに負けないよう、ワタシ自身も進化を続けなければいけませんね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「道」の衣装が「白」というのが、とても新鮮。

今まで濃色の衣装がほとんどでお似合いだったのですが、個人的には「白」の方が
よりお似合いになるようにように思います。

« 悩んだ末に観に行った | トップページ | 朝から一仕事 »

コメント

ふじのはなさん>
こんにちは!
ワタシの誇大妄想にお付き合いいただき、ありがとうございます!
発売まで1ヵ月早く予約してこなければ…(汗)。

にゃん太郎さん、おはようございます。

人生の節目、節目にゆきさんに歌って頂けたら… すごい幸せ!… ですよね(笑)!

『道』は 今のゆきさんを表す、代表的な一曲となりそうですね。

たっちさん>
おはようございます!
あら、スミマセン(笑)。
しかし、あれです。「ビックリ」という表現が微妙に気になります。もしその時が来たら驚かずに、「ああ、やっとか」と思って下さい(笑)。

ピッペンさん>
おはようございます!
そうですね、是非にもアルバムを出して頂きたいです!!
今のピッペンさんは、ライヴ参加はワタシ以上に難しいですよね…。ゆきさんも、関東圏以外に進出していく気配は今のところ見えませんし…。
ピッペンさんが再びゆきさんにお目にかかれることをお祈りしています!

ジョニーさん>
おはようございます!
稀有。そうですね。
ホント、ワタシ自身、ゆきさんとは上手く関わらせて頂いていると思います。
それにしても「マリリン」とは(笑)。
海外の女優さんはあまり良く存じ上げないのですが(そもそも顔の見分けが付きません)、ケリー・チャンさんやリヴ・タイラーさんなどが好きです。

同じような感覚でいられるというのは
かなり 稀有なケースじゃなかろうか~と思うわけです
人の感覚考えかたは、それぞれじゃないですか
同じ年齢でも、すごく子供っぽい純粋さを持っている人もいれば、小学生で大人顔負けの達観した子供もいますからねぇ
あるいはまた、同じ感覚だから 
いや!
と思う場合もあったりするわけですよ・・・・人って
それを慶びと感じられるのは
稀有!
同じように考えたり、同じように感じたりして
ともに成長できるっていうのは
あるいみ 稀有!
そう思うのですよ・・・
その出会いは大事になさってくださいな・・・
でも・・・・・
子供の名前っていって・・・そこまで・・・・
日本人だったからいいようなものの
もし にゃんさんがマリリンモンローがすきだったら
マリリンと名づけかねませんなぁ・・・・
奥さんが
なんであんたの好きな人の名前なんか!
と嫉妬されないようにしてください(^◇^)ははは


ワタシもゆきさんの生歌からはもう3~4年くらい離れてしまっているんですね。ワタシは当時まだ20代。あの頃は若かったです(笑)

新しいシングルも買わねばなりませんが、アルバムも期待したいところですね。

ゆきさん、もうワタシの顔なんて忘れてるでしょうなぁ…。

あ~ビックリした。
結婚報告かと思いましたよ。
違って残念crying

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/47832338

この記事へのトラックバック一覧です: 変わり行く「愛のカタチ」:

« 悩んだ末に観に行った | トップページ | 朝から一仕事 »