ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 時間調整 | トップページ | 完全防備 »

2010年3月 2日 (火)

ソチで会いましょう!

どうも。
明らかに前髪の量が減少してきていると感じている男・にゃん太郎です。

ま。
我ながら今まで良く頑張りました…。

あぁ。
終わってしまいましたね~、バンクーバーオリンピック。

それにしても、村主ちゃん事件からもう4年も経っていたとは…。
ビックリですね。

では、まずは。

   選手の皆さん、本当にお疲れ様でした!!

   そして、感動をありがとうございました!!

今回は勤務状況や時差の関係で、日本人選手の活躍をリアルタイムで応援できる
ことはすくなかったのですが充分に楽しませて頂きました。

さて。
今大会で皆さんが一番楽しまれた競技は何でしたか?

ワタシはカーリング。

どうでしょう?
ワタシと同じ意見の方も多いのではないでしょうか?

このカーリング。
夢中になる要因の一つに、カーリングが非常にテレビ向きの競技だということがあると
ワタシは分析しています。

選手の動きが早い競技はそのの表情を捉えきれませんが、カーリングは違います。
ストーンを離した選手の真剣な表情と眼差しをカメラが長時間捉え状況で、
あの独特の掛け声(指示ですけど)。
見ている側も思わず力が入ります。

また、会場で観戦していたら絶対に真上からは見られないであろうハウス内の
ストーンの並びをテレビではハッキリとみられます。

さらに選手がマイクを付けてくれているのでチーム内の会話が聞こえ、選手達が
考えていることがわかるだけでなく、自分がチームの一員になったような気分に
なれます。
その一体感は、トリノ五輪で小野寺選手の「見える?」というチームメイトへの
問いかけを、アナウンサーと解説者が自分達に問いかけられたと錯覚してしまい
「見えますよね」と答えてしまったほど(よろしければこちら。音が出ますので要注意)。

そんなわけで。

…。

やぁーーーーーーーーーっぷっ!!! ( ̄□ ̄; )

…。

…とりあえず、叫んでみました。

はい、ところで。
今回は日本チームは惜しくも予選敗退となったわけですが。

日本チームがロシアを撃破して「ひょっとしたら今回は準決勝進出も…」と
世間が盛り上がっていた頃。
ワタシはとてつもなく無意味な、それでいて深刻な心配をしていました。

繰り返しになりますが、リアルタイムでのワタシの五輪応援はラジオが頼り。

カーリングの予選はラジオ中継はありませんでしたが、もし準決勝進出となれば
メダルがかかった戦いとなるわけで、NHKも中継せざるを得ないはず。
(民放ラジオで五輪中継はありません)

が、しかし。

カーリングのラジオ中継って、どうなのよ…? ( ̄~ ̄;) 

以下、想像。

アナウンサー) スキップの目黒、最後のストーンを投げました!

目黒選手)    やーっぷ!

ア) ストーンがツル~ンと滑っていきます!

目) やぁーーっぷっ!!

ア) 本橋と石崎が擦っている、擦っている!

目) やぁぁーーーっぷっっ!!!

ア) 本橋・石崎が擦る!擦る!!擦るーっ!!!

目) やぁぁぁーーーっっぷっっっ!!!!

ゴツッ(ストーン同士が当たる音)

ア) 当たった!
   日本、出しましたーーーー!!

…。

みたいな? (ー.ー") ンーー

結果的にワタシの心配は杞憂に終わってしまったわけですが、NHK関係者の中には
チーム青森の予選敗退に胸を撫で下ろした人もいるかもしれません。

なぜなら、カーリング中継をしたことのあるアナウンサーがいないと思われるからです。

次回のソチ五輪ではどこのチームが日本代表として出場するのかはわかりませんが、
ぜひNHKを困らせるようになって欲しいものです。

それにはまず、カーリング人口を増やして裾野を広げないといけないのでしょうが、
施設や指導者の確保等、難しいことが多いかもしれません。

さて、カーリング話はこのくらいにしまして。

以降は思いつくことをダラダラと。

まず、スピードスケート。
率直に、韓国勢の躍進に驚かされました。
そんな中、男子500mで日本は銀・胴。
表彰台に二人上がったことは誇らしいことです。
また、女子パシュート。
一時2秒近くあった差を2/100秒ひっくり返されての銀。
ゴール後は嬉しさと悔しさが入り混じりましたが、選手の皆さんが納得していることが
何よりも良かったです。
後から見た映像で、逆転の結果を目にした瞬間に顔を覆った髙木選手の映像に
胸を打たれました。
控えでも三人と一緒に戦っていたのだと思ったら、目頭が熱くなってしまいました。

次にモーグル。
上村愛子選手、お疲れ様でした。
女子モーグルはリアルタイムでの観戦でしたが、力が入りました。
基本的にタイムの争いですから、わかりやすくて良いですよね。
ご本人も納得の4位入賞ですから、心からお祝いを申し上げたいです。
あと、印象に残ったのが里谷選手。
決勝は転倒してしまいましたが、転倒するまでのスピードのあまりの早さ、
ここ一番の気迫のこもった滑りに鳥肌が立ちました。

次にスノーボード。
何かとお騒がせの競技となってしまいましたね。
その選手について述べさせていただくなら、ワタシは「着こなしに問題あり」派です。
そして大会中の記者会見はもちろん帰国後の記者会見にも問題ありと。
しかし、それはそれとして。競技の成績は前回の本人の順位を上回っただけでなく、
見事に入賞。
これについては素直に素晴らしいと思いますし、お祝いを申し上げたいです。
認めるべき部分は認め、正すべきところは正す。
彼を取り巻く関係者の方々にはこれを徹底して欲しいです。
力のある選手なのにもったいないですよ。
あ、あとは藤森由香選手。
練習中のアクシデントで今回は残念なことになりましたが、ぜひソチに向けて
頑張って欲しいです。

次にスキー。
男のワタシに言われてもご本人は喜ばれないかもしれませんが。
ノルディックの小林選手、カッコ良かったですね~。
攻めずに後悔するよりも、一か八か攻めてみる。
桧舞台でこれができる人は、本当に素敵だと思います。
また、ジャンプの葛西選手。
同世代のワタシとしては、力をもらいました。
まだまだ頑張らなければ、ワタシも(笑)。

そしてフィギュア。
とにもかくにも、代表選手全員が入賞というのは素晴らしいです!!
それぞれの選手がそれぞれのドラマを背負っていただけに、応援に力が入った方が
多かったことでしょう。
ですから、あえてワタシは日本選手については語りません。
外国選手ではやはりプルシェンコ選手。いやはや、半端じゃないですね~、ジャンプ。
フリーでは着地が若干乱れるシーンがありましたが、何なんですかね?
あの安定感。8年間転倒無しって、どうゆうこと(笑)?
しかもジャンプだけでなく、観客の喜ばせ方を知ってますよね~。
そういう意味でキム・ヨナ選手とプルシェンコ選手は通ずるものがある感じがしました。
キム・ヨナ選手…。
神ですね、彼女は…。

ということで、ワタシの「前向き」なバンクーバー話はこれくらいでお終いです。

以下は今大会を見ていての愚痴。

まず、開会前にリュージュで不幸な事故が起きました。
亡くなった選手のご冥福を心からお祈りいたします。

あの事故が潜在的にワタシの意識の中にあったからなのか、

冬季五輪は死と隣り合わせの競技が多いなぁ

と思ってしまいました。

事故が起きてしまったリュージュだけでなく、140km/hを超えるスピードで斜面を下る
スキー、場外ホームランと同じだけの距離を飛ぶジャンプ、空中でアクロバティカルな
動きをするエアリアル、モーグル、ハーフパイプ等…。

とにかく皆、命がけです。
また、そうでない競技の選手も日頃から辛いトレーニングに耐え、悩み、
一所懸命に毎日を過ごしてきたわけです。

「重いものを背負っていない。国家を背負っていない。」

という発言をした人も居ますが、選手は多かれ少なかれ「それぞれの重いもの」を
背負っていると思います。
「国家を背負う」については個々人で考え方が違うでしょうが、日本人としての誇りと
品格を持ち、精一杯競技に参加することが「国家を背負う」ということだとワタシは
思います。

「メダルを獲らないと意味が無い」「金メダルじゃないと意味が無い」という発言をして
良いのはメダルを逃した本人か、メダルを獲ったことがある人だけだと思います。

また、マスコミの報道にも二つの疑問を持ちました。

一つは、競技結果で多く使われた「残念ながら」という表現。

例) ○○選手は残念ながらメダルを逃し、6位となりました。

など。

少なくとも入賞した選手に対して、こういう報道の仕方はどうなのでしょうか?

世界の6位ですよ?

○○選手は惜しくもメダルを逃しましたが、6位に入賞しました。

の方が適切な表現なのではないでしょうか?

ニュース原稿を書いた人は、メダルを逃したことが率直に残念なのでしょう。
その気持はわからないでもありません。

しかし「残念」というのは、期待通りにならなかった時に使う言葉。

有力選手本人が「メダルを逃して残念です」と言うのは納得ができますし、
百歩譲ってワイドショーなどのコメンテーターが「残念」と言うなら許せますが、
正規のニュースでの表現としては極めて不適切だと思います。

もう一つは、スキージャンプ陣の呼び方についてですが。

これは選手個人には何の責任も無いので、ワタシは気の毒にすら思うのですがね。

日の丸飛行隊。

カミカゼ○○(○○は選手名)。

ワタシはこの命名にとてつもない違和感と嫌悪感を覚えます。

「カミカゼ」は、奇跡が起きる時に吹く「カミカゼ」の意味なのかもしれませんがね。
チームを「日の丸『飛行隊』」と呼ぶ空飛ぶ競技で、選手名に「カミカゼ」をくっつけたら、
どうしても戦時中のカミカゼを連想しませんか?

ある放送局では、画面右上に「カミカゼ○○」とテロップを出していました。
カタカナにしていたことがそれなりの配慮なのかもしれませんが、標記を変えても
言葉の持つ意味や重みは変わらないと思います。

終戦から65年。
戦争を経験し国民が減ってきているでしょう。
しかし、この表現を聞いて暗い気持になる人はまだまだ少なくないと思うのですが…。

戦争を知らない世代(もちろんワタシもその世代ですが)のアナウンサー達。
果たして「この表現の重さ」を受け止めて喋っていたのでしょうか…?

あ~。
いけませんね。

なんだかとても暗くなってしまったような…(笑)。

とにかく、返す返すも。

選手の皆さん、本当にお疲れ様でした!!

そして感動をありがとうございました!!

次の冬季オリンピックまでの間、様々な苦難や試練を乗り越え、喜びを感じ、
素敵な時間、充実した日々をお過ごしになって下さい。

大きな怪我をすることのないよう、お気をつけ下さい。

そしてまた、ワタシ達に勇気と感動と熱い思いを抱かせてく下さい。

最後になりましたが、選手の皆さんのこれからのご活躍を心からお祈りしています!

それでは。

4年後にソチでお会いしましょう!!!

…。

……。

ま、ワタシは現地に行かれないでしょうが…(笑)。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Img_4372  

 

梅!

« 時間調整 | トップページ | 完全防備 »

コメント

Oddyさん>
こんばんは!
林さん、キレイでしたよね〜。
しかし、ワタシは断然、小野寺さんです!あの眼差しがたまりません…。
今大会、BSのスタジオ解説で出演していてうれしかったです(笑)。

カーリングは林に一票。
マリリンはあそこにいたから可愛く見えたわけで・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/47704535

この記事へのトラックバック一覧です: ソチで会いましょう!:

« 時間調整 | トップページ | 完全防備 »