ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月24日 (土)

脱力

どうも。
習志野高校の準決勝敗退で心にポッカリと穴が開いた男・にゃん太郎です。

いまの正直な感想は、悔しいと言うよりも、ただ悲しい…。

そして、何もやる気がしないです…。

ただ。
負けてしまったことは本当に悲しく、残念なのですが。

今日の成田高校との試合、実に良い試合でした。

野球に詳しい方たちに言わせれば色々あるのでしょうが、
ワタシは「ルールはわかる」程度の野球の知識しかありません。

そんなワタシが言えることは。

お疲れ様でした。

と、

ありがとうございました。

の二つです。

特に「ありがとう」については。
自分の母校でもなく、知人が通っているわけでもなく、習志野高校に関係のある
知人が一人もいないようなワタシをこれだけ夢中にさせてくれた
「チーム習志野高校」には本当に感謝しています。
(「チーム習志野高校」→野球部員・ブラスバンド部員・バトン部員が一体となって戦う
 姿勢を見て感動したワタシが、勝手に命名。)

残念ながら本日は応援に行くことはできませんでしたが、先日観戦した拓大紅陵戦は
生涯忘れることは無いと思います。

「今年の夏」は終わってしまいましたが、来年の夏もまた、必ず応援します。

いえ。
応援させてください!

くどいようですが、

市立習志野高校野球部及び関係者の皆さん

                 本当にお疲れ様でした!

そして、感動をありがとうございました!!

…。

それにしても。
自分にまるっっっっきり関係のない高校を、こんなに夢中になって応援しているワタシ。
自分でも笑ってしまいます。

…。

あぁ、早く来年の夏にならないかしら…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

真の高校野球ファンの方々からすれば、ワタシのような「チーム習志野高校」的な
応援の仕方は、邪道かつ不愉快な部分もあるかもしれません。
ワタシは「野球」そのものを楽しんでいるのもちろんですが「高校野球の雰囲気」を
楽しんでいる部分が、より強いのかと思います。
その辺りをご理解して頂けるとありがたく思います。

2010年7月22日 (木)

ハシゴ

ハシゴ

どうも。
心無い輩にヒマワリを折られ意気消沈の男・にゃん太郎です。

さて。
そんなションボリモードのワタシですが。

ただいま午前八時半。。

懲りもせずにまた来ています、千葉マリンスタジアム。

はい。
今日のお目当ては、4強を賭けての第一試合。
10時からの「市立習志野高校×市立柏高校」戦です。

あぁ。
勝って下さい、習志野高校。

で、実は。
今日はこの試合を見た後に、慌てて千葉県野球場に移動せねばなりません。

と言うのも。
例の「ご近所高校」である「千葉敬愛高校」が、こちらも4強を賭けて、
12時半から専修大学松戸高校と戦うのです!

個人的予想としては、先の一戦は習志野優位。
後の試合は、得点力が上回る専松優位かと…。

ま、いずれにしても。
微力ながら、どちらも全力で応援致します。

ただし。
現実的なワタシの優勝校予想は、春の選抜に出場した「東海大学望洋高校」。

あの得点力は、半端ではありません。

あ、そうそう。

こういった記事を書いていると、まるで自分の母校には興味が無いように
聞こえるかもしれませんがね。

そんなことは無いのですよ。

おかげさまで、昨日も無事に勝利を挙げまして。
東東京大会の8強に残ることが出来ました。

本日4強を賭けた試合がありますので、こちらもさりげなく応援しなければ。

え?

まるで、あまり母校に勝って欲しくないようだ

ですって?

う〜ん。

万が一優勝したりすると、寄付金の依頼が来ますからねぇ…(笑)。

2010年7月19日 (月)

価値ある一戦

どうも。
心地良い疲れに浸っている男・にゃん太郎です。

先ほど「習志野高校×拓殖大学紅陵高校」高校戦から帰宅しました。

昨年来すっかり習志野高校(の応援)ファンのワタシ。

…。

いや~。

力入った~!!

チョット野球を観たことがある人なら、下のスコアボードを見て頂ければ
力が入った理由がわかると思います。

あくまでも、習志野高校を応援している気持ちで見て下さいね。

123456789
拓大紅陵0 1 0 2 0 1 0 1 0 5
習志野4 0 0 0 0 0 0 3 X 7

ね(笑)?

八回表にソロホームランを打たれた時には、正直「終わった」と思いました。
二回以降、ずっと流れが拓大紅陵に行っていましたのでね。

しかし、これが高校野球。

いや~、やってくれました!

実はワタシ、この前の試合は一階内野席。
いわゆる父兄席の辺りの真後ろに居たのですがね。

一試合目終了と共に「習志野色(エンジ色)」の人達がワタシの周りに増えてきまして、
なんとなーく居づらい状況に。

そこへ来て直射日光も当たってきたので、二階席の上ーーーーの方へと席を移動。

ココまで来るとさすがに「習志野色」の人はほぼゼロでしたが、理由はそれぞれなれど
習志野高校に思い入れのある人がほとんどのようでして。

八回裏に逆転した際には、満員の一階内野席の人はもちろん、7割がた埋まっていた
二階席の半数くらいの人が立ち上がり、お祭り騒ぎとなりました。

昨年は体験できなかった「客席の一体感」に今日は感激しました。

もちろんその「一体感」は拓大紅陵側にもありました。

休日・好カード・伝統校同士ということで、OBやその関係者の方が多かったことが
今日の「一体感」に繋がったのかもしれません。

試合内容。
応援合戦。
一体感。

どれをとっても、本当に見に行った甲斐のある一戦でした~。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

昨年も書きましたが、習志野高校の応援は本当に素晴らしいです!

上手いだけでなく、応援しているすべての人を引き込む力を持っています。

まりーん

まりーん
 
どうも。
昨日ようやく「小暮写眞館」を読破した男・にゃん太郎です。

さて。
ただいま8時12分。
ワタクシ、千葉マリンスタジアムに来ています。

はい。
察しの良い方は「ははあ」と思われたでしょう。
夏の高校野球千葉県大会の観戦です。

実は今日は出勤のはずだったのですがね。
土曜日に所長から連絡がありまして。

「月曜(今日)車止まったから休めるよ。高校野球、観に言ったら?」と。

正直なところ、一瞬「そんなにオレは必要無いんかい…」と思ったのですが、
前向きに善意と受け止めまして。

「ではお言葉に甘えて。」と。

いや〜、しかし。
これが超ラッキーな結果になりまして。

今日は「勝てば16強入り」と言う試合なのですがね。

なんと。
このマリンスタジアムの第二試合が「習志野高校×拓殖大学紅陵高校」という、
ある意味この段階で観るにはもったいないとも言える好カードなのです。

もちろん野球の内容そのものが楽しみなことは言うまでもありませんが、
ここは応援合戦も非常に楽しみなところです。

全国屈指の実力を持つブラスバンド部の演奏に併せて華麗にチアガールが舞う
習志野高校。
昨年体感した感動は忘れられません。

そして、拓大紅陵高校は春・夏合わせて甲子園10回の強豪校。
こちらも堂に入った応援が期待できることは間違いありません。

あ〜。
今から楽しみだ〜。

え?
なんです??

「第二試合なのに8時半から行くことは無いだろう」

ですと?

それはそうですが、せっかく入場料を払って入るのですから、二試合観ないと(笑)。

ちなみに今日は、チョイと忙しく。

まず、習志野×拓大紅陵と同時刻には神宮球場で我が母校が戦います。

さらにマリンスタジアムの三試合目の時間帯には、我が家から徒歩7分程度の
場所にある「四街道高校」と兄の母校が県内の別の球場で戦うという…。
この試合はテレビ中継があるので、「習×紅」を観たら慌てて帰宅し、
テレビをつけねば…。

あ、そうそう。
これはまた別件ですが。

先日お話した我が家の目の前の「千葉敬愛高校」。

お陰様で昨日も勝ちまして、見事16強入りを果たしました。
おめでとうございます!

次回は市立船橋高校との対戦。

感覚的には厳しい感じがしますが、なんと言ってもAシードを撃破したチーム。
なんとかここも踏ん張って勝って頂き、ぜひ準々決勝へと駒を進めてもらいたい。

なぜなら、準々決勝の日も、仕事が休みで見に行かれるからです。

いやいや、なんだか楽しみ一杯ですな〜。

2010年7月17日 (土)

こぴー

こぴー

どうも。
コッソリとブログ更新中の男・にゃん太郎です。
ふふふ…。( ´艸`)

さて。
ただいま都内某所にて、来月初旬に開催されるOB総会用の楽譜製本のための、コピー番をしています。

昔の仲間と一緒というのは、楽しいですね。(^-^)
あと20部で終わってしまうのが、残念です。

2010年7月13日 (火)

実力行使

実力行使

どうも。
今週は乗務の男・にゃん太郎です。

さて。
先週土曜に、夏の高校野球千葉県大会が開幕。

今年は開催期間中に自分の休みが少ないため、見に行くのは無理そう。

そんなわけでイライラする中、今日は我が家の目の前にある千葉敬愛高校の初戦。
しかも球場は我が家から15分。繰り返しになりますが、残念ながら現地に行くのは無理。
ならばせめてテレビで応援…、も、乗務で無理。

そこでワタクシ、愛用の市原サービスエリアに寄りましてね。

いつ行ってもNHKが流れているテレビ、チャンネルを千葉テレビに変えてもらいました。

ええ。
インフォメーションセンターのお姉さんにお願いして。

…。

それにしても、千葉敬愛。

初戦にAシードの銚子商業に当たるとは…。

なんというくじ運…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

<追記>

◎お詫びと訂正◎
記事にしました試合、千葉敬愛高校にとって「初戦」ではなく正しくは二戦目でした。
お詫びして、訂正いたします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

で。

千葉敬愛高校野球部の皆さん及び関係者の皆さん、

本日は誠におめでとうございます!!

これからも一戦一戦を大切に頑張って下さい!

2010年7月11日 (日)

世界が終わる夜のように

どうも。
菜箸はなぜヒモで繋がっているのか大変不思議に思っている男・にゃん太郎です。

さて。
昨日・今日。
珍しくも連休でした。

厳密に言えば、連休にしてもらいました。

今日はもともと休みだったのですが、昨日は車が一台止まりましてね。
本来休むべき人が居たのですが、ワタクシ夕方に自治会の会合がありまして。
「本来」の同僚に相談したところ、ワタシに休みを譲ってくれることを快諾してくれました。
このような仲間達と仕事が出来ること、心から嬉しく思います。

で、まあ。
昨日の日中と今日一日は、なーーーーんにもやることがありませんでしたのでね。

こんな時にしかできない、長編映画を観てやろうと思い立ったわけです。

あ、そうそう。

初めに言っておきますが、ワタクシすでに軽ーく酔っていますので。

話にオチはありません。

そんなワタシ。

「風と共に去りぬ」のような名作と言われる作品を観ようかとも思ったのですが、
悩みに悩んだ末に選んだのは…

   2 0 世 紀 少 年 。

三部作で、合計7時間強になりますでしょうか?

いや~。
なかなか、というか、さすがに見応えがありました。

ちなみにワタシ、同作の原作(漫画)は読んでおりません。

噂によればマンガの結末と映画の結末は違うとのこと。

ネタバレしてもいけませんので作品について多くを語ることはしませんが、
アッと言う間の七時間でした。

ご存知の方も多いでしょうが、出演者がとにかく豪華。

が、しかし。
ワタシが一番感心したのは、幼少時代の子役さん達、「豪華キャスト」に似ている子、
よく集めたな~、と(笑)。

あえて言うならはユキジの子役さんだけは面影不足でした。
しかしながら、存在感は抜群。
正統派の庶民的美少女(宮崎あおいさんのような)で、これからも芸能界に残り、
活躍されることを期待します。

…。

実は「20世紀少年」だけでは時間が余りまして、「重力ピエロ」も観ました。

あ、言ってみれば「映画三昧」ですね。

いえ。
正確に言うと「芸術(?)三昧」ですか?

というのも。
何年ぶりかで、小説を手に取ったのです。

宮部みゆきさんの

   小 暮 写 眞 館 。

これがまた、700ページを超える作品でして。

長編で読むのが大変なのですが、面白いので、とりあえず一気に半分読みました。

映画には映画の良さ、小説には小説の良さ。

当たり前ですが、それを実感させられた二日間でした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そんな昨日の夕方。

世界が終わる日のような雲が出ていたので、撮りました。

007  

 

 

 

 

 

009

2010年7月 5日 (月)

夏到来

夏到来

どうも。
ワールドカップによる寝不足で体調不良の男・にゃん太郎です。

ただいま午前4時45分。
点呼の谷間です。

写真は弊社の第一ヒマワリ君。

今朝、開花しました。

いよいよ夏ですねぇ…。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »