ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 生きる | トップページ | 気分高揚 »

2010年9月30日 (木)

案ずるより産むが易し

どうも。
最近少し気が楽になった男・にゃん太郎です。

そのわけですが。
かねてより気を揉んでいましたマンションの避難訓練がようやく終了したからです。

約100世帯中、30世帯程度の参加となった今回の避難訓練。

まずはこの場を借りまして、参加・ご協力頂いた住人の皆さんに御礼申し上げます。

無事に終えることができましたのも、皆さんのお力添えのお陰です。

  本当にありがとうございます! m(_ _)m

と、そんなわけで。

今日はその時の雰囲気をダラダラと。

まず今回の避難訓練。

① 防火管理責任者としてのワタシの初仕事。
② 管理人さんは着任してからまだ1ヵ月。
③ 管理会社の担当者さんは8月から当マンション担当になったばかり。
④ マンション完成からほぼ丸8年。
   避難訓練を一度しかしていない(と思う)ため居住者全員が不慣れ。
   (ちなみにワタシ自身は初の避難訓練)

という、なんとも不慣れな人達ばかり。

そんな素人集団が挑む内容は

① 通報訓練
   ・119番通報
   ・火災報知機の作動
② 避難訓練
   ・各階班長による一次避難場所(マンション駐輪場)への避難指示
   ・防火管理責任者及び自治会役員による二次避難場所(近隣公園)への
    避難誘導
③ 消防署員指導による消火訓練等
   ・水消火器を使用しての消火訓練
   ・防災に関するDVD上映

でした。

避難訓練を行ったのは9月26日。

秋晴れの素晴らしい天気の中、この日は8時半から市全体で「秋のゴミゼロ運動」が
ありまして、そのまま10時から避難訓練となりました。

10分くらい前には、消防車2台に分乗した消防署員の方々がおみえになりました。

署員の方と訓練の内容を再確認し「さて、いよいよ」な雰囲気の中マンションの廊下を
見上げると、待ちきれないでいる子供たちがチラホラ。

ん。
気持ちはわかります。

そんな中、管理人さん曰く

訓練のために火災報知機を鳴らす旨を館内放送した方が良いのではないか?

当マンションに「館内放送」などという設備があったコトに役員一同驚愕しながら、
是非に、とお願いしました。

で。

整いました~!

ということで、訓練開始。

まずはワタシの119番通報なわけですが。

消防署員) 通報の様子を拝見したいので、出火元のお部屋に署員を
        同行させたいのですが…。

ワタシ)   へ?
        あ、はあ、ではどうぞ。

ちゃんと、部屋の中から電話するのね…。

ということで、ワタシの部屋へ移動。

ワ) では、電話します。
   え~と、電話の相手に訓練だと伝えた方が良いんですよね?

署) ハイ。初めに「訓練、訓練」と言って下さい。

いざ、119番。

交 換) はい、こちら119番!
      火事ですか!?救急ですか!?

ワタシ) 火事ですが、訓練です、訓練です。

交) 訓練ですね?
   それでは出火先の場所を教えて下さい。

ワ) それは、住所でよろしいのですか?

交) はい。

ワ) え~、四街道市の○○…。

交) 何階建ての建物ですか?

ワ) 9階です。

交) 何階から出火していますか?

ワ) 4階です。

交) 住人の方に火事を知らせましたか?

ワ) え? 
   いや、まだです。 ( ̄△ ̄;)

交) 初期消火はしましたか?

ワ) へ? 
   あ、いや、してません。 
( ̄◇ ̄;)

だって訓練で、火、出てないし…。

交) そうですか。
   ではとにかく、安全な場所に避難して下さい。
   いま消防車を向わせます!

ワ) お、お願いします…。 (⌒o⌒;)

ブチ。

…。

なんか、結構リアルだな…。 (ーー;)

とにかく次は、報知器だ。

部屋を出るワタシと消防署員さん。

ワ) では押します。

署) はい、どうぞ。

ポチッとな。

ジリリリリリリリリリリリリリリリーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

けたたましく鳴り響く非常ベル。

そんな中、各階から「火事でーす!避難して下さーい!」の声が聞こえ………

ない、ですね…。

しかしながら上層階の皆さんは続々と階段を下りてきており、眼下駐輪場前には
みんなが集合し始めていました。

誘導係でもあったワタシは、階段の人が途切れるのを見て避難開始。

シンガリのワタシが到着後、二次避難場所の公園へと移動しました。

公園はマンションの目と鼻の先ですが、ゾロゾロと列を成しての移動は軽い遠足気分。

絶好の避難訓練日和のせいか、なんだかみんな楽しげでした。

その後は参加者の皆さんを二組に分けまして、消火訓練とDVD鑑賞。

最後に消防署員の方から講評を。
特に大きな指摘事項も無く、11時過ぎに解散となりました。

ちなみに。
全体への指摘事項はありませんでしたが、119番通報したワタシには指導が。

内容は、

住人に大きな声で火事を知らせる
      ↓
火災報知機を鳴らす
      ↓
初期消火を試みる
      ↓
119番に通報する

の順で初期の行動をとるように、と。

通報=119番ではなく住人に知らせるのも「通報」で、それが非常に大切。

まずは住人を避難させ、自分で消してみようとして、ダメなら消防車を呼んでね。

ってなコトですね。

「初期消火」と言えば、代表格はやはり消火器。

その消火器。
ワタシは仕事柄日常的に触れているわけですが(荷下しの際に車載の物を毎回出す)、
やはり一般の方々は「見たことはあるけど触ったことは無い」物なのですね。

参加した皆さんは説明を聞くだけでなく、熱心に質問されている方もいました。

想像していたよりも重たい

とか

放射時間はもっと長いと思っていた(一般に家庭用だと15秒前後)

など、得るところは大きかったようです。

そんなこんなで。
二ヶ月も前から、ああでもないこうでもないとウジウジ考えていた避難訓練は
無事に終了しました。

消防の人から見ればダメダメで、参加した皆さんに対しても至らない点があったとは
思いますが、正直なところとにかくホッとしました。

個人的な考えを言わせていただくならば、避難訓練という名目で普段顔を合わせずらい
住人同士が会する機会を作れて良かったのかなあと。

また、ワタシ自身。
皆さんの前でお話させて頂くことで、なんとなく顔を覚えてもらえたとすれば
それが収穫だと思います。

それでは皆さん、お疲れ様でした~。

« 生きる | トップページ | 気分高揚 »

コメント

ジョニーさん>
こんばんは!
部屋がきれいかどうかはわかりませんが、一つ言えることは独り身ゆえに物は少ないですね。
「部屋に行きます」と言われて躊躇無かったのは部屋がきれいだからではなく、全く何も考えていなかっただけですね(笑)。

Oddyさん>
こんばんは!
そうですね。いざという時の非難のためにも、また運命共同体の顔を覚えあうという意味でも大切だと思いました。
予定では次回の避難訓練は後任の防火管理責任者が行うはずですが、はたして後任が決まるのかどうか…(汗)。

大切ですね。こういうコミュニティーは。
万が一、って時にこれを思い出してくれて命が救われれば
これ以上のことは無いじゃないですか。

がんばって。

おおおおお
すごい ためになります!

きくところによれば にゃん太郎さんの部屋は、無茶苦茶綺麗だとx氏がいってましたよ~
普通、通報者の部屋に行きましょうといわれて
うろたえないあたりが、もう すごいですよぉ
ジョニーはウロタエマス・・・完璧に

なんか にゃん太郎さんて実はすごい人なんじゃ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/49575877

この記事へのトラックバック一覧です: 案ずるより産むが易し:

« 生きる | トップページ | 気分高揚 »