ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 本年の箱根駅伝感想 | トップページ | 凧に思う »

2011年1月 9日 (日)

厄年の初詣

どうも。
なんとなーくスギ花粉の症状が出始めているような気がする男・にゃん太郎です。

さて、昨日。
遅ればせながら、初詣に行ってきました。

行き先は毎年恒例ともいえる香取神宮。

わざわざ成田山新勝寺を素通りして香取神宮に行く理由は単純。
人が多過ぎるのがイヤだからです。

香取神宮は東関東自動車道の佐原香取インターを降りて1~2分の所にあるのですが、
ココから行くと正面の無料駐車場には右折で入場することになります。

しかしながら。
初詣時期は駐車場入場待ちの渋滞が対向車線にできており、右折での入場は困難。
故にワタシは、一つ手前の大栄インターで降りて駐車場を左に見て行くことにしました。

そばまで行くと案の定渋滞が発生しており、作戦は大成功だったのですが…。

そこへ行き着くまでに、走り慣れた道であるにもかかわらず曲がるべき道路を曲がり
忘れ、かなり行き過ぎてから気づくというアクシデントが。

初詣に向う途中でこのようなことを起こすとは、今年は何やら良からぬことが
起きそうな予感が…。

駐車場待ちは、10分程度だったでしょうか?

車を停め、いざ拝殿へ。

すでに松が取れた昨日ではありましたが、三連休初日の土曜日ということでか、
結構な人手。
参道にはたくさんの露店も立ち並び、まだまだ正月の雰囲気たっぷり。

辿り着いた拝殿前には参拝待ちの行列ができており、ワタシもその列へ。

順番待ちの間に例年通りのお賽銭、5円を用意しようと財布を開けると…。

あ? (⌒◇⌒;)

なんと、硬貨は500円玉が一枚と100円玉が三枚しかありません。

みみっちいワタシは

どこかの露店で買い物して、100円玉を崩そうか?

とも思いましたが

いやいや、今年は本厄だからセコイことを言ってはイカンな。

逆にココは思い切って…。

むんずと500円玉を握ったのでした。

お賽銭を投げる際、いつもの年よりも力が入っていたのは願掛けのため。
500円が惜しかったわけではありません、決して。

くどいようですが、今年は本厄。

故に、厄除けの木札に御朱印を頂いて(名前を入れてもらって)帰ろうと
思っていたのですが。

本厄なんだから、御祓いしてもらったほうが良いんじゃないの?

と、友人から助言が。

ワタシもそうは思っていたのですが、基本的に「待つ」という行為が好きでないため
「木札だけでいいかなぁ」と。

しかしやはり人様に言われると気にかかりまして、祈祷受付所の巫女さんに
話を聞いてみることに。

すると

① 待ち時間は約30分。

② 初穂料(御払い代金)5000円で御祓いだけでなく御朱印入りの御札も頂ける。

とのこと。

ははあ、御祓い無しで木札だけ買っても3000円。

2000円プラスして30分待てば御祓いをしてもらえるなら、そちらの方がお得…。

…。

決心の理由はともあれ、着地点は合っているはず…。

ちなみに。
初穂料は「一人」で納めるのではなく「関係者」で納めるという考え方のようで、
家族も一緒に御祓いが受けられるそうです。

そんなこんなで、まずは御祓いの申込書を書くことになりました。

内容は、名前、住所。
もう一項目あった気がしましたが、忘れました。

で、ここでもアクシデントが。

ハテ、なんで住所が必要なんだろう?

全国どこの「にゃん太郎」だか、神様にわかりやすくするためだろうか?

などと考えながら住所を書いていると…。

あ?
住所間違えた…。 ( ̄△ ̄;)

正確には部屋番号なのですがね。
411を401と。

いや~、これには我ながらビックリしました。

住所の一部を間違えるなどということは過去に経験が無いことです。

な、なんとも不吉な…。 (;´д` )

そして更に、この「間違えた申込書」をどう処分するのか?

ゴミ箱に

(-o- )/ ⌒-~ ポイ!

というのは、なおさら不吉なことが起こりそうな気がします。

結局悩んだ末に持ち帰り、丁重にお焚き上げをしました…。

Img_5280  

 

 

 
 
御神木

 

 

 

 

の、前の仮設待合所で待つこと20分くらいだったでしょうか?

20組ほどの人達が拝殿に案内され、いよいよ御祓いです。

ここ数日間の中では暖かかった昨日でしたが建物の中はさすがに寒く、畳の上に
絨毯やホットカーペットが敷かれてはいたものの、深々と冷えてくるといった感じ。

コート着用のまま胡坐をかいて御祓いを受ける人もいる中

こういう時は、ちゃんとせにゃあ

と、ワタシはダウンジャケットを脱ぎ、正座。

正座久々だから、足、もつかなぁ…。

という不安の中、宮司さんの祝詞が始りました。

一連の儀式の最中の祝詞の内容を聞き取ろうと、精神を集中して聞いたのですが
わかった言葉は「かしこみかしこみ」のみ。

お経と違って完全な「日本語」のはずなのに、何故聞き取れないのかとても不思議。

いえ。
厳密に言えば、他に聞き取れたものもあります。

それは御祓いを受ける人の、名前と住所。

祝詞の途中

「厄除けぇ~ 四○道市四○道ぉ~ にゃん太郎ぉ~」

と、全員分言ってくれるのです。

これがあるから、申込書に住所が必要だったワケですね。

これを聞きながら

読み方が難しい住所だったら困るだろうなあ。

読み間違えられた方も、なんだか効き目が無さそうな気がしちゃうよなあ。

などとどうでも良いことを考えていたワタシだったのですが、その後、名前と住所の欄に
フリガナの欄があったことを思い出したのでした。

話は少し逸れますがね。
ワタシがそんな心配をしてしまうのは、実家の住所が読みにくいことによるものなのです。

実家の住所は、我○子市岡発戸。

「岡発戸」。

どう読むのか?

さあ皆で、考えようー!! ほわほわ♪

(↑クイズ世界はSHOW by ショーバイ風)

はい。

答えは「おかほっと」と読みます。

ちなみに同市内には「下ヶ戸→さげと」「都部→いちぶ」「木下→きおろし」
「久寺家→くじけ」「高野山→こうのやま」など有り。
土地の人以外には絶対に読めそうも無いですよね…。

では、話を元に戻しましょう。

御祓いの時間は、たぶん10分程度だったのではないかと思います。

時間が短かったので、立てなくなるほど足が痺れることも無く、つつがなく終了。

ありがたーい立派なお札と、お神酒も頂きました。

そして最後に、おみくじを。

Img_5283  

 

大吉。

神様、ゴメンナサイ。

「色」はともかく「酒」の件については

お約束できません…。 

 

 

 

ともあれ。
色々あった初詣でしたが、これでちょっと安心。

たいそうなことは望みません。

どうか今年も、無病息災で終われますよう。

そしてこのブログを見に来てくださる方々にとって

幸い多い年となりますようお祈り申し上げます。

Img_5278  

 

 
こちらの方が、太さがわかりますか?

 

 

 

 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以下、二つほど余談を。

まず初め、昨日とても気になったこと。

香取神宮は「神社」です。

故にお参りの仕方は、二拝(二礼)・二拍手・一拝。

混雑している初詣時に「拝」をする人が少ないのはわかるのですが、昨日は二拍手、
拍手(かしわで)を打っている人さえほとんどいなかったことが、とても気になりました。

ちなみに、成田山は「寺院」なので拍手は無しですね。

もう一つ。
先に少し実家の話しをしたので、その絡みで。

実家そばに「柴崎神社」という神社があります。

この神社は地元では有名な神社で、1000年以上の歴史を持つというだけでなく
大変に由緒正しき神社です。

その柴崎神社の宮司さん、実はワタシの中学時代の同級生。
一年の時は同じクラスで、部活も同じ陸上部。

そんなご縁もあって両親の初詣はこの神社ですし、実家の井戸の閉眼の際には
この友人が来て祝詞をあげてくれたそう。

家柄、人柄共に良く、何よりも信用するに足る素晴らしい彼。

しかし。
当然ながら、今年は彼も本厄。

本厄の宮司さんが、御祓いを…?

なんとなく、微妙な気がしないでもないのですが。(^-^;

« 本年の箱根駅伝感想 | トップページ | 凧に思う »

コメント

y22さん>
おはようございます!
いやいや、ここで書いているほど気にしてはいないのです。むしろ厄年を楽しもうくらいの心持でいますので、大丈夫です。
以前いた会社のでは「神仏を仰ぎ ご先祖を敬い 父母に感謝」と教えられました(笑)。

ジョニーさん>
おはようございます!
妖怪がいるかどうかはわかりませんが、我が家系は割と霊感一家です。
年が明けたので一昨年のコトになりますでしょうか?実は我が家に長期滞在していた方がいまして一回その記事を書いたのですが、あまりにもリアル過ぎますし、またココに書くことでその方が機嫌を損ねたり逆に嬉しくなって居座られ続けても困るのでアップしなかったという経緯があります(笑)。

y22さん 偉いっ
自分はよく神頼みしちゃうですよ~ははは
とくに腹痛を起こしたときとか、いたいいたいいたい~神様~~とよく叫ぶんですよね
もう 弱音吐きまくりで 
ものすごく 子供っぽいんですけど、マンガとか読んでいて、主人公が危機だと
神様~あの子は幸せになる必要がありますぞ~とか いってたりするし~
なんかそういうの にゃんさんも言いそうですね 笑

最近 宇宙の創成のなぞ というのを読んでいたんですけど
なんで神様がいるのかなぁとおもったら 
人の心や動物の感情って、もう、宇宙のちりあくたから出来たにしては
とても 複雑で 高貴であったり偉大であったり、逆に弱かったり だったりしますよねぇ
あれ ほんと不思議で・・・ なんで と思ったんですよ
宇宙の最初なんて もう ビックバンとか 人間の感情なんてどこにも入る余地ない
そんな感じなのに、その あり得ない広大な宇宙の中にいる生き物は
なんで 感情をもっているのかなぁと
すごく 素朴に 不思議だなぁと思いましてね
あ 恐怖なんかもね~ははは
そういうのを いわゆる
神さまの原型というのが そこからきてたりしてね~とか
思ったりしたんですよね
宇宙がちりあくただったら、我々もちりあくたの延長の生き物でなんの問題もなかったのに
なんでなんだろうと考えてましてね~
おもしろいなぁ=ふんふん~と

y22さんの周りは 関東と違っていわゆる まだ何かが潜んでいそうじゃないですか
妖怪の類ですわい
そういうの 万が一にも気配とか感じたりしません???

いそうなんだよなぁ~ぜったいいそうですよ~

にゃんさんのまわりにも妖怪とか いませんかねぇ~
そうだ にゃんさん マンガでいいのがありますよ
その主人公は無茶苦茶 応援したくなるようなコなんですよ
今年は それ お勧めかも!

笑えるレベルでお願いしますと言ったのにすでに笑えないレベルですよdespair
厄年とか気にし過ぎじゃないですか?
気にするなら厄年だからだめだと思うんじゃなくて、厄年だから気をつけよう!と心掛けるようにしたら悪いこともそんなに起こらないのでは?
私は自分の厄年がいつなのかも知りませんが今年は元日に小学生のとき以来?ぶりで初詣に行きました。
が、「神仏を尊び神仏に頼らず」でいこうと思います。

y22さん>
こんにちは!
ただいまコ○モで確認待ちです…。
実は三日前、仕事中にオカマを掘られました。双方ともにたいしたことはありませんでしたが、不吉な…(笑)。

ジョニーさん>
こんにちは!
寺社仏閣を訪れたときに厳かな気持ちになるのは、悠久の時の流れを越えてきた日本人のDNAに刻まれている、潜在的宗教感なのではないかと感じます。
最近は口を開けば愚痴と文句ばかりなので、美しく楽しい言葉を使わねばいかんなぁと思います…(汗)。

寺院とか行くと感動しますよね
じぃ~~ん と・・・・・

いいです よく寒い寒いと言われますよ あのかたにも
でも 言わずにはおかれないのですよ 
ジョニーも今年だって言い続けます 

まぁダジャレはともかく、いいものですよね
あぁいうところは、気持ちがほっとします
昔の子供なんてのは、寺院や神社の境内で遊んだりしていて、
神様たちに見守られていたんだろうな 
 ほっこりしますね

人の安らぎみたいなものが そこはかとなく漂っている
そういう雰囲気の場所は 案外 体に宿るもんだろうなと思います

そうそう ジョニーも厄年のときに御払いをしましたらね
これも 一度くらいやってみたいなぁという理由だったんですけど
なかなか ほのぼのした一年になりました
劇的なよいことはなかったんですけど やっぱり不思議にベールのようなもので
守られてる感じがあったような・・・
気のせいかなぁとおもいつつも いいものでした

化学的なことでもなんでもないわけで
不思議です

それでなんでかなぁと考えたんですけどね
御払いという儀式というか まぁ御払いは
ある意味 言葉を神様に伝えてるようだなぁとね
いわゆる 大きな声で どこそこの誰べ~がうんぬんだから守ってやってくださいよというわけじゃ
ないですか
するって~と と考えてましてね
どうやら 言葉のキーがあるようだ
大事なんだなぁとおもったんですよ

にゃんさんも 一年 いい言葉を使うといいですよ
ほら 魔法使いも呪文を唱えたりするじゃないですか
(ファンタジーだなぁ) 
無理していい言葉を使わなくてもいいんですが
お風呂に入ったときとかに あ~気持ちがいいなぁとか
空をみたときに ひろくていいな~とか
そういう 何気なくも自然で気負わない言葉とか いいかもですね~
ははは

道や部屋番号を間違えただけで不吉な予感とはネタ振りとしては微妙ですね…
サービス精神旺盛なにゃん氏ですから厄年による盛大な不幸を自ら招いてブログのネタにしてくれるとは思いますけど、笑えるレベルでお願いしますねsmile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/50533456

この記事へのトラックバック一覧です: 厄年の初詣:

» 花粉症対策と花粉症治療情報 [花粉症対策と花粉症治療情報]
花粉症対策と花粉症治療情報について書かれたサイトです。 [続きを読む]

« 本年の箱根駅伝感想 | トップページ | 凧に思う »