ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 流れる時に身を委ね | トップページ | 汁もの第三段 »

2011年2月21日 (月)

イッヒ、リーベ、ディッヒ

どうも。
縄跳び3分でふくらはぎが筋肉痛の男・にゃん太郎です。

さて。
どれだけご存知の方がいらっしゃるか分かりませんが、千葉県袖ヶ浦市に
「東京ドイツ村」というテーマパクがあります。

詳しいことはHPを見て頂けば分かりますが、もの凄く簡単に説明しますとの山の中の
広大な敷地内に、ドイツ風の建物があったり、パターゴルフがあったり、動物がいたり、
遊園地があったり、花が咲いていたり…。

と、まあ。
そんなテーマパークです。

個人的な感想としては

なーーーーーーーーーーーーーーーんも、無い。

と言うのが正直な所ですが

イヤになるほど広い芝生の上で、小さなお子さんを遊ばせたい!

というご家族や

開放的な空間でとにかく爽快な気分になりたい!

という日常に疲れている方にはお勧め。

レジャーシートとお弁当を両手にぶら提げて、ぜひお出かけになってみて下さい。

で、そんな東京ドイツ村におきまして。
昨日まで夜間イルミネーションが行われていたので、13日の日曜日に行って来ました。

このイルミネーション。
同園は「南房総最大級」と謳っておりまして、結構有名のよう。

「南房総一」と謳うあたりが、ちょっと微妙

と思うも、「千葉県一」と言えないのは、県内に東京ネズミーランドがあるため
なのでしょう。

お気の毒様です。

もはや終わってしまったイベントについて話すのもなんですが、お付き合いを。

このイルミネーションは17時から点灯。

園内周回道路が大変混雑するため15時以降の早めのご入場を
(園内の外周を車で一周でき、その周回道路の途中や路肩が駐車場になっているため
駐車場が混雑すると周回道路が大渋滞して動かないらしい)

という案内があったので、素直に15時過ぎに入園したワタシ。

そのお陰で渋滞はまったく無かったのですが…

さて、17時まで何して時間潰すのさ?

大の大人二人で出かけたワタシ。

先ににも書いたようにパターゴルフや小さな遊園地ははあるものの、
さすがにそういったものを利用する気にはなりません。

広い空の下でバーベキューができる設備もあるのですが、
ビール無しのバーベキューなど有り得ません。

仕方がないので動物を見たりショップの中をブラブラしたりと時間を潰し、
ようやく17時になったのですが、最近はこの時間になっても昼間同様の明るさ。

確かに点灯はされたものの

Img_5342  

 

 

こんな感じ。

 

 

 

とてもイルミネーションを楽しむような状況ではありません。

メイン会場から一番離れた場所にいたワタシ達。

近くにあったお店やアトラクションはすべて17時で営業が終了し、完全に孤立。

メイン会場部分への移動も考えましたが、会場全体のイルミネーションを楽しむには
離れた場所から見る必要があります。

メイン部分と駐車場が隣接しているため、まだ全体像を見ていないいま移動してしまうと
後でまたこの場所に戻らねばそれを楽しむことは出来ず、果てしなく広いこの園内を
一往復余分に歩くことになってしまいます。

そんなわけで。

にゃん太郎様ご一行。
止む無くその場ベンチにて、暗くなるまでポケーッと待機。

ところが、です。
山の中ということもあり、日が傾きだすと足元から深々と冷えてきましてね。

モモヒキにコールテンのズボン、ハーフのダウンコートという完全防備で
行ったにもかかわらず、その寒さにただジッと座っていることができず…。

意味も無く、その辺りをウロウロ。

我ながら、結構不審な行動。

かれこれ30分近くそうしていたでしょうか?

ようやく辺りが暗くなりまして。

先ほどの景色も

Img_5343  

 

 

それっぽく、様変わり。

 

 

  
「ライトアップ」ではなく「イルミネーション」なので、基本すべてLED。

起伏ある広い敷地にLEDライトを敷き詰めた光景は「南房総最大級」の文句に
恥じないものでした。

しつこいようですが、とにかく広いものでして。

写真もこう、どこをどう、そして何を撮って良いのか分かりませんでね。

全然まともな写真がないのですが、とりあえず撮ってきた写真をば。

Img_5350  

 

 

 

 

 

 

Img_5355  

 

 

 

 

 

  

Img_5356  

 

 

 

 

 

 

Img_5357_2  

 

 

 

 

 

 

この頃には続々と車が押し寄せてきまして、周回道路の渋滞こそ無いものの
次々に押し寄せる何十台という観光バスに正直ビックリ。

ま、しかし。

このイルミネーションを見ればそれも納得です。

実に、お見事!!

今年はもう終わってしまいましたが、興味のある方は来年ぜひに。

イルミネーションタイムの入場料は「車一台1000円」です。
大家族のご家庭は、お得かもしれませんね。

都内から行くなら、アクアライン経由で「海ほたる」→「ドイツ村」も良いかもしれません。

とにもかくにも、寒さ対策は万全に!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以下、真面目な話。

イルミネーションを楽しむための特設通路は大混雑で、時にまったく身動き取れず、
ほとんど初詣状態。

あれだけの混雑に関わらず、人の流れを整理する係りどころか施設の人が通路そばに
一人もいない(少なくともワタシの目には入らなかった)というのは、ちょっと問題では
ないかと思うのですが…。

客数に対応できていない狭い通路の上で立ち止まって写真を撮る若いカップル、
車椅子やベビーカーを押す家族、乳飲み子を抱き幼児の手を引くお母さん。

イルミネーションを楽しむのですから当たり前ですが、通路周辺はかなりの暗さ。
(LSDでは周囲は明るくならない)

あれ。
せめて通路を一方通行にするくらいの対策を講じないと、やがて大きな事故が
起きますよ。

げんにワタシ、暗い通路上での過密状態と、何よりその混沌とした人の動きに
ちょっと恐怖を感じましたもん…。

« 流れる時に身を委ね | トップページ | 汁もの第三段 »

コメント

良い質問ですね。
この島にドイツ村があるのは、昔ドイツの商船が台風のときに島の沖合いで座礁したのを島の人達が夜を徹して励まし、命懸けで救助し、看護・療養してから送り返したことからドイツと友好関係があるからです。
そのような島の人達の気質は今も変わっていないと思います。

y22さん>
おはようございます!
なぜ、そちらに「ドイツ」が(笑)!?
どうせ作るなら温暖な気候を生かして「バリ」「ハワイ」「サイパン」辺りにすれば良いような気もしますし、そもそもそちらその物で充分楽しめるのではないかと思うのですが…。

イルミネーション凄そうですね。
奇遇にもこちらの島にもドイツ村がありまして、ショボいクリスマスイルミネーションを見に行く度に風邪をひいてますcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/50920643

この記事へのトラックバック一覧です: イッヒ、リーベ、ディッヒ:

« 流れる時に身を委ね | トップページ | 汁もの第三段 »