ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 白と黒 | トップページ | 観戦に »

2011年5月14日 (土)

圧巻のステージ

♪ ラマルクはぁ~ 重病ぉだぁ~ なのぉーかとぉーもぉつぅまい~ 

♪ 怒ぁり地に満ぃちてー 裁きの日迫る~ 殺せ肥ぉーえたぁー ブタどもぉ~

♪ 築けいぃまぁー   バァリィケェーーーーーーーーーーーーーーィドゥ!!!

…。

ということで。

どうも。
何事にもすぐに影響を受けやすい男・にゃん太郎です。

…。

ええ。

11日の水曜日、近しい友人たちと「レ・ミゼラブル」(以下レミゼ)を観に行きまして。

まずは、感想をば。

…。

すー(←息を吸う音)

……。

更に、すぅーーー(←しつこいようですが、更に息を吸う音)

………。

もんんんんんんんんんんのすごっっっくっ

    良かったーーーーーーーーーーーっっっ!!!!

…ふぅ。

では、気を取り直して。

ワタシにとって二度目の「レミゼ」。

前回観に行った際には正直なところ全然「付いていけない」感じでまったく良いと
思わなかったのですが(その際の感想はこちら)、今回は本当に楽しめました。

我ながら、同じ作品を見たとは思えません(笑)。

その理由は二つ。

①前回後にレミゼのCDを購入しイヤと言うほど聞いている。

②この日はスペシャルキャストだった。

各々を解説しますと。

まず①。
前回まったくピンとこなかった最大の理由は、物語についていけなかったから。
今回はそれが解消されただけでなく、曲も全て把握できていたので併せて演技も
楽しむことができました。
また以前よりも圧倒的な精神的余裕があったので、歌っていない人やセットの細かい
細工も多少楽しむことができました。
一言で表現するなら「舞台として楽しめた」ということでしょうか。

そして②。
いや~、この効果は絶大でした。
以下が主要キャストの皆さん。

ジャン・バルジャン  今井清隆
ジャベール       鹿賀丈史
エポニーヌ       島田歌穂
ファンテーヌ       岩崎宏美
コゼット         神田沙也加
マリウス        石川 禅
テナルディエ      斉藤晴彦
テナルディエの妻    鳳 蘭
アンジョルラス     岡 幸二郎
司教           林アキラ

皆さん本当に素晴らしく、今井さんの「彼を帰して」と鹿賀さんの「星よ」は格別だったの
ですが、それを超え「度肝を抜かれた」のは島田歌穂さんでした。

残念ながら島田さんの恐ろしいほどの「凄さ」を表現できる言葉をワタシは
持ち合わせていませんが、あえて言うなら…。

  島 田 歌 穂 さ ん は エ ポ ニ ー ヌ

なんです。

エポニーヌを「演じてる」とか「なりきってる」とかではなく、「エポニーヌ本人」なんですよ。

島田さんの実年齢を感じさせない容姿とか、歌が上手いとか、「恵みの雨」の「花育…」の
囁き具合が絶妙とか、とにかくそういう「演劇」という次元を超越していると思いました。

その他にも…。

岡さんのアンジョルラス、良かったです。
「良い声」の一言ではくくれない「人を引き付ける声」と高い身長が、カリスマ性の
要求されるアンジョルラスにピッタリでした。
記事始めに書いた「築けいま バリケード」には痺れました。

あとアンサンブルでは「ワン・デイ・モア」。
いや~、凄かったですね。
実に素晴らしかったです。
個人的には最後の「民衆の歌」よりこちらの方が全然キマシタ。
立ち上がって「ブラボー!」って叫びたくなりましたもん(笑)。

そうそう。
プチ・ファインプレーショーを「リトルコゼット」ちゃんにあげたいです。
齋藤真尋さんというお名前のようですが、歌も上手かったし、コゼットの可愛らしさが
よく出ていたと思います。

と、まあ。
書き出したらキリがないほど、とにかく今回は100%満足のステージ。

今回のキャストは二度と見ることはできないでしょうが、キャストにこだわることなく
ぜひまた観に行きたいです。

♪ あぁーーーーしぃーーーーたぁーーーーがーーーーっっっ!!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

とてもマニアな話ですが…。

「裏切りのワルツ」の最後にバルジャンとリトルコゼットがはしゃぎながらクルクル回る
ところからパリに舞台が変わって行く際のオケと、その後「乞食たち」の歌がガツーンと
入るところがたまらなく好きです…。

« 白と黒 | トップページ | 観戦に »

コメント

ジョニーさん>
こんばんは!
チケット発売日にPC前で四時間近く頑張った甲斐がありました!
25周年を見てその素晴らしさに心底感激した後だったのでギャップを心配していたのですが、やはり生に勝るものはありませんね。
密かに月末の再観劇を計画中です(笑)。

うらやましすぎる!

いまは スペシャルキャストは完売でっせ~

25周年 (ロンドン)もいいっすよね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/51665443

この記事へのトラックバック一覧です: 圧巻のステージ:

« 白と黒 | トップページ | 観戦に »