ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月27日 (水)

おめでとう ありがとう

マーク…、勝ったんだな…?

ソウダヨ。カッタンダヨ…!
you are a winner!!

勝ったぞーーーーーーーーっっっ!!!!!

♪ てけてけてけ てけてけてけ てけてけてけ てけてけてけ…

(↑スクールウォーズ、最終回の一節です。念のため。)

…。

ということで!

習志野高校、千葉県大会優勝しましたーーーーー!!

おめでとうございます!!!

いやいや。

今日は乗務で決勝戦(10時~)を見ることは不可能だったので、試合を録画しておいて
帰宅してから観戦しました。

試合結果を知ってしまったら勝っても負けても観戦の楽しみが激減しますので、
今日は途中経過を確認できる携帯サイトへのアクセスはせず、ラジオで流れる午後の
ニュースはボリュームを絞り、配送先で流れるbayFMに耳を塞ぎ、高校野球好きの
所長には「かくかくしかじかなのでワタシが車庫に戻っても一切内緒にして下さい」と
メールをお送り、35年来の付き合いがある友人から来た「高校野球情報」であろうメールは試合を見終わるまで開かず…。

と、高校野球に関する全ての情報をカット。

そしてイソイソと家に帰り、酒を飲みつつ一人で感激。

試合結果は14対2!(千葉大会決勝戦での2桁得点は1988年以来)

ドキドキする内容ではありませんでしたが、今年の習志野高校野球をまざまざと
見せつける強い勝ち方でした。

スター選手と呼べるような選手は誰もいませんが、一人一人のレベルが高い。
爆発的な打撃力は無いけれど、コツコツとチャンスを作り機動力を生かした積極的な
走塁でチャンスは必ずモノにする(今大会中は本塁打0)。

派手さはないけれど、堅実な野球(本日14安打14得点とあるいみ派手でしたが)。

序盤から少しずつ点を重ねて気付くと結構点が入っているという、相手からすると
「イヤラシイ」野球(今大会全試合で3回までに先制得点)。

そうかと思えば、時にはアッと驚くようなこともする一筋縄にはいかない野球。
(本日の8回表。8対0でリードの二死一三塁の場面で5番バッターがセーフティバント。
 失策も絡んで2得点。)

大会が始った頃

どこの学校が甲子園に行っても、全国レベルじゃないな

と、所長と話していたのですがね。

決勝、準決勝での野球が出来れば結構イケそうな気が…。

以下、個人的見解ですが。

今大会Aシードだった習志野高校。
クジ運にも恵まれ、前半は「明らかに格下」の高校との対戦ばかり。
何度かコールド勝ちはあったものの、いまひとつスッキリしない試合が続いていました。

春の関東大会優勝という実績はあるものの、ファンであるワタシはなんとなく不安が。

そんな中「ここが一つの山場」と思っていた千葉経済との準々決勝。
2点リードで迎えた9回表、相手の恐ろしいまでの粘りで追いつかれた時には
「ここまでだな」と正直あきらめました。
が、選手の皆さんは踏ん張って勝利。

あの苦しい戦いで何かが吹っ切れたのか、準決勝では拓大紅陵を7回コールド。
そして昨日の大量得点。

最後の二試合で、ようやく習志野高校の野球ができたのかなと思います。
(今大会の習志野高校の軌跡はこちら)

え~、なんだか言いたいことがまとまりませんが…。

ま。
ようするに「習志野野球」は甲子園でもかなり通用すると思う、また通用して欲しい
というお話ですね(笑)。

もちろん「チーム習志野」のブラスバンドとチアガールも健在。

今年も準決勝で「生」で堪能させてもらいましたが、本当に素晴らしいです。
鳥肌立ちましたもん、ホントに。

甲子園で「レッツゴー習志野」を筆頭とした名応援、そしてなにより得点のファンファーレを

轟かせてもらいたいです!

おめでとう、習志野高校!

そして頑張れ、習志野高校!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

決勝戦の相手・東京学館浦安高校は3月11日に被災。

液状化などで長い間グラウンドが使えず、ようやく使えるようになったグランドも
30m四方程度という環境の中で練習されていた時期があったそうです。

そんなハンデをものともせず、ノーシードながらAシードを2校撃破して、過去最高の
準優勝となりました。

大量リードを追いつかれながら最後はサヨナラで決めた準決勝の流経大柏戦、
序盤5点のリードを許しながら逆転勝ちした松戸国際戦、
9回に一点差に詰め寄られながらAシードを振り切った専修大松戸戦…。

どの試合もエキサイティングで、被災地浦安の皆さんに与えた元気と感動は
計り知れないものがあっただろうと思います。

昨日の試合途中で降板したエースが降板直後人目をはばからずに見せた涙や、
9回裏の「意地の二点」に胸が熱くなり「今大会中よく頑張った。ありがとう。」と
惜しみない賞賛を送りたくなったのはワタシだけではなかったでしょう。

もちろんこれに似たようなドラマは、あちこちにあるはず。

東日本各県の予選は、今年はどこも特別なものでしょう。

そんな中、今は千葉県大会を終えた全ての高校野球児と関係者の皆さんに
心からの「ありがとう」を言いたいと思います。

本当にありがとうございました!

2011年7月25日 (月)

やっほー

やっほー

どうも。
ただいま9時05分。
今朝はQVCマリンフィールドに出没している男・にゃん太郎です。

今日は高校野球千葉県大会の準決勝。

第一試合でワタシの贔屓・習志野高校が拓殖大学紅陵高校と対戦します。

昨日の準決勝で延長の激戦で千葉経済大学付属高校を下した習志野高校。

そして同じく、Aシードの東海大学付属浦安高校を下した拓殖大学紅陵高校。

春の関東大会優勝の習志野の方が「格上」とはいえますが、ここまで来ればどちらが勝っても
不思議ではありません。

好試合となることは必至でしょうし、野球だけでなくハイレベルな応援合戦も見所です。

あー。
楽しみ〜。

しかも今日は電車で来てますからね。

ビールちゃんも飲み放題です(笑)。

頑張れ、習志野高校ー!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

7対0、7回コールド勝ちでした!!

2011年7月15日 (金)

夏本番

どうも。
今期はまだ自宅のエアコンを使用していない男・にゃん太郎です。

さて、夏本番。

暑さは大の苦手のワタシですが、空に浮かぶ夏雲は好き。

本日は乗務だったのですが、なかなかお目にかかれない雲に遭遇。

Img_5466_2  

 
 
それがこちら。

 
かなとこ雲と筑波山。

 

 

 
これだけ見事なかなとこ雲はそうそう見ることができません。

しかもこの景色。

撮影にもう少し時間を裂くことができたらもっと良い写真が撮れたのでしょうが、
今回はこれが精一杯でした。

以下。

いまいちですが、おまけを。

Img_5460_4  

 

 

 

 

 

 
 

Img_5461_3  

 

 

 

 

 

 
  

Img_5462_2

2011年7月14日 (木)

きたー!

きたー!

どうも。
早朝から大忙しの男、にゃん太郎です。

いやー。
なでしこジャパン、完勝でしたね!
テレビの前で、一人大興奮でした!

で、ただいま8時11分。
その余韻を引きずったまま、やって来ました市原臨海球場。
風があって、気ん持ち良い〜。

今年はシード校が辛勝続きの千葉大会。

初戦となる、シード校・拓殖大学紅陵高校がどんな戦いを見せてくれるか楽しみです。

今日も暑くなるようですが、先日購入した紳士用日傘とひんやりタオルで対策バッチリ。

さ、さ。
早く日焼け止めを塗らなければ(笑)。

2011年7月11日 (月)

しーんぱーいないさー!

どうも。
熱中症対策の一環として「紳士用日傘」を購入した男・にゃん太郎です。

さて、前回冒頭で少し触れましたように。

2011070916470000  

 

一昨日「ライオンキング」に行って参りました。

 
(劇場全体を撮りたかったのですが、
    両親が一緒だったので機を逸しました…。)

 

 

うーん。
これから行かれる方のことを考えると細かく書くのもどうか思うので、極めてザックリと。

話の内容はもう皆さんご存知のところでしょう。

極めて単純明快で、老若男女誰が観に行っても理解できます。

良く言えば「わかりやすい」。
あえて悪く言わせてもらうなら「大人には物足りない」。

正直、ワタシは後者の印象でした。

それでも

もう一度行こうかな

と思う理由は三つ。

① 舞台のセット、演出はさすが。
   今度は細かい部分までチェックして見たいです。

② 昨日の席が前過ぎ板の上の演出が良く見えなかった。
   E列だったの役者さんの表情はよく見えたのですが、舞台の板の上での演出に
   見づらい(または見えていない)ものがあったように感じました。
   あと2~3列くらい後ろが良いかも…。

③ アンサンブルのコーラスが鳥肌モノ。
      これはもう、本当に素晴らしかったです!
   ワタシが今まで聞いたコーラス(合唱)の中で最高のものでした。
   レ・ミゼラブルやミス・サイゴンはソロを楽しむイメージですが、ライオンキングは
   断然コーラスですね(あくまでも個人的感想です)。
   さすがは劇団四季。

と言ったところですかね。

以下、余談。

今回の観劇は、親孝行の一環。

5月。
ワタシがレミゼを見に行ったことを知った母が「私も見たい」と言い出したのですが、
6月中旬が千秋楽のレミゼのチケットは、すでに取ることができませんでした。

「じゃ、ライオンキングが観てみたい」ということになりまして、今回の運びに。

母は6月、父は8月が誕生日なので「二人連れて行けばどちらの誕生祝にもなる」という
一石二鳥の悪知恵も働きまして、間の今月に行ってみました。

伯父が劇団員のこともあり観劇慣れしている両親ですが、迫力ある動物やセットに
圧倒されたようで、かなり興奮しておりました。

楽しんでくれた様子でメデタシメデタシ、と。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

大西ライオンさんですっかり有名になった「しーんぱーいないさー!」。

どのタイミングで、そしてどれだけインパクトのある使われ方なのかと思いましたが…。

三時間近い舞台の、流れの中の一瞬。

あの瞬間をネタにするという芸人さんの感性は大変なものだと、妙な感動もありました(笑)。

2011年7月 8日 (金)

そう聞こえるんだもん

どうも。
明日は両親と「ライオンキング」観劇予定の男・にゃん太郎です。

さて。
40歳オーバーの皆様。

「Not yet」なるグループをご存知です?

ワタシの認知度としては

なにやらAKB48から派生したグループらしい

程度。

メンバーの名前はもちろん、何人組かさえも知りません。

そしてもはや、知ろうというパワーさえ無し。

で。
そんなNot yetの皆さんが今、「波乗りかき氷」という曲を歌っていらっしゃるのですが…。

…。

グループの皆さん。

そしてファンの皆さん、申し訳ありません。

ワタシ。

ついさっきまで。

「『並盛り』かき氷」だと思ってました!!

…。

いえ。
ネタじゃなく、真剣に。

…。

いや、確かにですね。

カキ氷を頼む時に

並盛りでお願いします。v(^o^ )

とか言いませんがね。

「波乗り」と「カキ氷」も、普通言葉としては繋がりませんよね?

ま。
このあたりの頭の柔軟性が無くなって来ているところが、オッサンのオッサンたる
所以なわけですね。

ある意味、正しく歳をとっているということですかね。

個人的には「KAT-TUN事件」「ILMARI事件」に続く衝撃でした…。

ということで。
向学のために「波乗りかき氷」見てみる方は、こちらを。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Img_5452  

 

 
鱗雲。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »