ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

走 跳 投

どうも。
世界陸上とワインちゃんでご機嫌な男・にゃん太郎です。

さて。
その世界陸上。

昨日は女子マラソンが行われましたが、個人的にはショックな結末でした。

世界的に見て、高いレベルで選手層の厚い日本女子マラソン。

代表に選ばれた選手は、陸上ファンのほとんどの人が納得できるメンバー。

その布陣で、メダル無しはもとより入賞が一人だったという現実は、陸上ファンは
もちろんのこと日本陸連を始めとする日本陸上関係者にとって重いものだったのでは
ないかと思います。

男子マラソンのように世界の背中が遠くならなければ良いのですが…。

日本選手。
この大会でメダルを取り日本人1位の人はロンドン五輪内定の資格が与えられるはずでした。

が。
昨日のテレビ解説で増田明美さんが暗に臭わせていましたがね。

これが失敗だったのかなぁ、とも。

結局そうなると「日本チーム」の意識よりもライバル意識のほうが強くなりますよね。

それはもう、仕方の無いことです。

しかしそうなると「日本としてメダルを取る」という気持ちは薄れますし、
「たぶん代表に選ばれるだろうな」という段階からの、他国選手の状況や現地の状況等
様々な情報交換も不足がちになることは否めません。

ここが今大会「団体意識」を持って挑んだケニア勢との明暗を分けたのではないかと
思います(ケニア勢は女子マラソン・女子10000mの二種目でメダルを独占)。

ちなみに。
昨日は女子の10000mの決勝も行われました。

日本選手権の5000mでアッと驚く復活劇を見せ、直後のホクレンディスタンスの
10000mでこれまた仰天の記録を楽々と出した絹川愛選手。

思うようなレースができなかっただけでなく、ゴール後にはバッタリと倒れてしまいました。

5000mでは気負わず、レースを楽しめることを願ってやみません。

そんな暗いムードを払拭するかのように、今日は男子400mの金丸選手と女子100mの
福島選手が予選を通過。
準決勝へと駒を進めました。

両選手とも短距離のフラットレースで予選を通過したということは大変意義深いもの。

金丸選手は高野進さん以来の44秒台、福島選手は日本記録が準決勝での目標に
なるのかと思います。

お二人にはぜひ頑張って頂きたいですね。

2011年8月23日 (火)

夏の終わり

夏の終わり

…って感じです。

携帯電話のカメラなので、いまいちかもしれませんが。

2011年8月21日 (日)

楽しみは続くのです

どうも。
寝ても寝ても眠たい男・にゃん太郎です。

さて。
第93回全国高校野球選手権大会、昨日閉幕しましたねー。

優勝した日大三高の選手の皆さん、関係者の皆さん、おめでとうございます!

そして今大会に出場した選手及び関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした!

今回の甲子園。
ワタシ個人としましては、ファンである習志野高校が出場したこともあり過去に無い
力の入りようでした。

自分なりとはいえ、各試合の状況をこれだけ網羅した大会はなく

ある意味でワタシもよく頑張ったなあ (⌒・⌒)ゞ

と(笑)。

そんな今大会は、息詰まる投手戦、一進一退の点の取り合い、アッと驚く大逆転劇など
本当に盛りだくさんで、例年よりも「良い試合」が多かった…。
と言うよりも、むしろほとんどが「ナイスゲーム」だったように思います。

月並みではありますが

高校球児の皆さん、感動をありがとうございました!

…。

で、話は変わりまして。

毎年夏の高校野球が終わるとなんとなく力が抜けた感じになるのですがね。

今年はそうでは、あーーーーーりませんのですよ。

今週末の27日からは、韓国・テグで世界陸上が始りますからね!

こちらもまた、楽しみでなりません。

というわけで。

カバンの中に入っている雑誌は

Img_0022  

 

 

 

 

 

 

 

 

から

Img_0023  

 

 

 

 

 

 

 

 

に、交換となりました。

2011年8月20日 (土)

コメント返し

先に書いた記事「皆で高校野球を考えましょう」において皆さんに「ご意見を」と
お願いしておきながら、長らく放置したままになってしまい申し訳ありませんでした。

せめてものお詫び(?)として、初の記事としてのコメント返しに致しました。

では。

toshiさん>

はじめまして!
コメント、誠にありがとうございます!

そうですか。お嬢様が、学館浦安さんの!!
チアの方達の衣装がユニフォーム姿、背番号21を付けられている学館浦安さんですから、
習志野高校の応援団の皆さんの気持がよくお分かりになられることと思います。

習志野の教頭先生のお話、初耳でした。
教頭の心中を思うと胸が痛みます…。

そしてそして。
記事には関係ありませんが、あの「学館浦安×流経柏」戦、ワタシ、マリンスタジアムで
見ましたよ!
しかも、学館浦安さん応援団の真上(二階席)で!
あの試合はの大逆転劇は、今シーズ最高の感動でした!!

名無しさん>

こんにちは!
コメント、誠にありがとうございます!

そうですね、ちょっと力みすぎだったかもしれません…。

しかしながら明らかに変わってしまった習志野の応援。
「話半分」というわけにもいかず、言いようの無い怒りと苛立ちを感じたのです。

「神奈川県在住で高校野球ファンのオヤジ」さん>

「高校野球関係者は実名・顔出しの下、公の場で正当な理由・根拠を説明すべき」との
ご意見、まったく同感です。
甲子園大会が終わった今、この問題はこのまま幕引きでしょうが、習志野高校の
来年以降の応援に影響しないことを祈るばかりです。

「また報道の意義を根本から見直してもらうか、報道の世界から退場してもらう必要があります」
とのご意見にも、心の底から賛同致します。

この件に限らず、近頃のマスコミのモラルと質の低下は目を覆いたくなります。
物事を精査せずただ面白おかしく情報を垂れ流すだけなら、その辺りの井戸端会議と
変わりがありません。

自分達の役割や社会に与える影響をもっと考えてもらいたいものです。

もっとも、そういうことに気付きすらできないのでしょうが…。

ココバさん>

こんにちは!
ワタシは放送を聞いていないのでよくわかりませんが、安住氏本人は「習志野応援」の
立場をとっているような話しぶりだったようですね…。
ただ彼の立ち居地がどうあれ、やはり不用意な発言だったと感じます。

「何でもかんでも事を大きくして騒いで潰していくという風潮」という件については、
ワタシもそのように感じます。
なんというか、いつの間にか「足を引っ張ることを考える」世の中になってしまったような…。

2011年8月18日 (木)

「長い夏」をありがとう

どうも。
夢から醒めきれないでいる男・にゃん太郎です。

さて。
第93回夏の全国高校野球選手権大会。

我らが習志野高校。
残念ながら日大三高に敗れ、4強入りはなりませんでした。

0対5。

得点差はつきましたが、5点差の試合とは思えない緊迫感。

結果として、決めるべきところでキッチリ決めることが出来た日大三校に軍配が
上がった感じです。

この夏は県大会の初戦から先日の金沢高校戦までの全ての試合で3回までに先制点を
取り、なおかつ一度もリードを許したことが無かった習志野高校。

今日は先制点を取られてリズムに乗れず、攻撃面では力を出し切れなかった感じが
ありました。
しかしながら、守備面では好プレーを連発。

甲子園では全体を通して、チームの質の高さをアピールすることが出来たと思います。

また、応援団。
今日はブラスバンド部の演奏会があったそうで、球場のブラスバンドは普段の1/3。
しかもほぼ全員が一年生とのことでしたが、とてもそうは思えない大変質の高い内容でした。
(得点時のファンファーレが聴けなかったことが心残りですが)

今回は妙な騒動に巻き込まれてしまいましたが、仮に反省すべき点があるなら反省して、
来年からも自信を持って、胸を張って今までの習志野高校の応援を貫いて欲しいです。

野球部・応援団の「チーム習志野」の皆さん。

あなた達のお陰で、今年は「長い夏」を楽しませてもらうことが出来ました。

毎夏あなた達に会うことで、ワタシは勇気と、元気と、感動を貰います。

あなた達は本当に素晴らしいです。

3年生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

2年生・1年生の皆さん、来夏また球場でお会いしましょう。

そして今年「チーム習志野」に関わったすべての皆さん、本当にありがとうございました!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日のゲームは生涯で一番ドキドキしながら観た高校野球でした。

実は準決勝が行われる明日、ワタシ、休みなんです。

ですから今日習志野高校が勝ったら、明日は甲子園に応援に行こうと思っていたのです。

一昨日辺りから作戦を練り、本日終業後に新幹線で新大阪に移動、宿泊。
そして明朝は開場前に列に並び、準決勝二試合をアルプス席で観戦して新幹線で戻ってくる。
という予定でした。

甲子園球場初体験はお預けとなりましたが、来年の下調べになったと思うことにします。

ということで。

「チーム習志野」の皆さん、よろしく頼みますよ(笑)。

2011年8月16日 (火)

なんという好ゲーム

習志野高校が金沢高校に2対1で勝利!

見事ベスト8進出となりましたー!

「チーム習志野」の皆さん、関係者の皆さん、おめでとうございます!!

いやー。
習志野高校が勝利したことはもちろん嬉しいのですが、両校ガップリよつの素晴らしい
試合であったことに本当に感激しました。

金沢高校     ヒット7  本塁打0  四死球3  三振6  失策0

習志野高校    ヒット8  本塁打0  四死球3  三振9  失策0 

本格派右腕と技巧派左腕の投げあいに加え、堅い守備。

本当に見応えがありました。

両校選手の皆さん、感動的な試合をありがとうございました!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

習志野高校は窮屈な応援でしたが、選手を奮い立たせる素晴らしい物でした!

2011年8月15日 (月)

皆で高校野球を考えましょう

あーーーー!
ゴメンナサイ!!

いきなりの大上段に構えたタイトルに引いてしまったあなた、どうかお付き合いを!!!

今回は皆さんのお声を聞きたいのです!!!!

というわけで。

どうも。
連日の暑さにグッタリの男・にゃん太郎です。

さて。
そんなワタシに唯一活力を与えてくれている存在が、初戦に続き名門・明徳義塾高校にも
見事勝利した、現在甲子園で活躍中の習志野高校。

習志野高校「野球部」とあえて言わないのは、前々から申し上げている通り習志野高校の
場合は野球部と応援団は一心同体。
合わせて「チーム習志野」とワタシは思っているからです。

で。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、習志野高校の初戦勝利後に「チーム習志野」

の応援団がチョットした騒動に巻き込まれています。

習志野高校の応援は日本一の高校野球の応援

と勝手に信じているワタシ。

今回はこの騒動。
前半はこれからご紹介する記事に沿って冷静に、後半は高校野球ファン・習志野高校
ファンとして少々感情的に、最後は大変感情的になって考えてみたいと思います。

では。

まずはお手数ですが、こちらをお読み下さい。

ま、そういうことになっているわけです。

実は、この騒動。
今回の甲子園開幕前から、こうなることを予感させることがありました。

毎年「週刊朝日」の増刊号として、各代表校の分析を行っている「甲子園」という雑誌が
発売されるのですが、今年のその雑誌の中で習志野高校の応援団の特集記事が
組まれていました。

その中で顧問教師の

・自分たちも選手と一緒に闘っている。目の前で行われているのは真剣勝負
  なのだからガンガン相手にプレッシャーを掛けていく。

・相手が守備のタイムを取った時にはマウンド方向にラッパを向けて
  作戦会議をしにくくする。

という内容の発言が掲載されていたのです。

個人的には今回騒動になっているのは、この発言の影響が多分にあるのではないかと
思います。

この記事を読んだ時、習志野高校ファンのワタシでも

本当にラッパの向きまで変えているなら、チョットやりすぎでは?

と首を傾げました。

で。
これで習志野が初戦敗退すれば良かったのでしょうが、見事に勝利。

それに加えて球場での実際の応援の大きさに誰もが驚き、「妨害」がクローズアップされた。

と。

あくまでも客観的に述べますが、ワタシが今まで見てきた習志野高校の試合では
意図的に相手を妨害しようとする演奏をしているように感じたことはありません。

また「ラッパの向きを変える」件についても、そもそも応援団が陣取る甲子園の
アルプススタンド、あるいは地方球場内野席の一番外野よりの場所から見ると、
球場の構造的にピッチャーマウンドもバッターボックスも方角としてたいして変わりは無く、

実際にラッパの向きを変えていたとしても、どれだけ音量に違いが出るのかという
疑問が残る感じもします。

しかしながら実際の「向き」はどうあれ、そこまでしようという考え方は賞賛できるものでは
無いかもしれません。

ただ、前出の顧問は雑誌「甲子園」でこうも言っています。

・ブラバンも勝負の命運を握っていると思う。

・野球部だけが頑張れば甲子園に行けるのではなく、自分たちを含めた学校の生徒が
  一丸となって初めて行ける。

この考え方にはワタシは深く同意しますし、習志野高校の試合に限らず
実際に高校野球を生で観たことがある方の多くは、同意して下さることと思います。

もうひとつ。
先に読んで頂いた記事によれば

試合中、同校の吹奏楽部がことあるごとに大きな音をたて、静岡の選手たちの
試合進行を妨げるような行為をとった

とのこと。

「ことあるごと」がどういった場面を指しているのかわかりませんが、一般論として
相手がピンチの時はこちらはチャンスなわけで、応援団の声援が大きくなるのは
極めて自然なことではないかと思います。

ただ今回は前出の顧問教諭の発言があるだけに、「ことあるごと」に音を大きくしたと
言われても仕方が無いですし、弁解のしようがないかとも思います。

さらに。
確かに習志野高校の応援の音は大きいです。
実際に現場で聞くと、他校のそれとはケタ違いに大きいです。

そもそもこの音の大きさ自体が非常識

というご意見もあるかもしれません。

しかし。
ワタシは球場のグラウンド上で応援を聞いたことがありませんのでなんとも言えませんが、
はたしてマウンド上での作戦会議に支障が出たり、ベンチからの指示が聞こえないほど
なのでしょうか?

仮にそうであったして、それはやはり問題がある応援なのでしょうか?

と、ここまでが記事に沿った形でのワタシの嘘偽りの無い考えでした。

以下は、少々感情的になりながら(笑)。

ワタシ自身ことさらにこの問題を大きくしようという気はまったくありませんが、
今回この話を聞いた時に、大げさに言うと「高校野球」に対する考え方の問題なのでは
ないかと思いました。

簡単に言うと「高校野球は野球部のためだけの大会なのか?」ということ。

あ、わかりづらいです(笑)?

今回は習志野高校が問題視され、ワタシ自身「チーム習志野」ファンなので
あくまでも習志野高校をベースに「高校野球とはなんぞや?」という話を進めさせて
いただきますけれどもね。

もともと夏の高校野球は「日本一の高校野球チームを決める」モノでしょうが、
ワタシ自身は今は「高校野球という名の高校生の祭典」だと思っています。

そんなわけなので、ワタシは「応援まで含めて高校野球」だという考え方。
(余談ながら勝ち負けは「結果として付いてしまうもの」だとも思っています。)

ですから。

学校が学校ならファンもファンだ

と言われてしまいそうですが、気お本的に「応援による他校への威圧」もあり
というスタンスです。

誤解を恐れずに言えば、こちらが威圧しても相手が威圧感を感じないかもしれませんし。

先日まさかの逆転負けを喫した帝京高校の投手が涙ながらになんと言ったかご存知ですか?

最後は甲子園球場全体が迫ってくるような感じだった…(という趣旨)。

この一言が、すべてを語っているのではないでしょうか?

それはまさに、大声援による独特の雰囲気がそうさせるわけです。

夏の高校野球とはそういうものなのではないでしょうか?

各校の応援、とりわけ伝統校独自の応援を見聞きして、甲子園大会を実感する
高校野球ファンはワタシだけでないはずです。

例えば、甲子園の応援スタンドに浮かび上がる「C」の文字を見れば「お~、智弁だ~」と
ワクワクするし、変幻自在の人文字を見れば「お~、PL~」と感動(最近寂しいです)。
千葉県大会で言えば拓大紅陵「勝利のテーマ」を聞けば、沸々と血が滾る。

今大会「習志野高校、甲子園出場」を聞き、同校の大応援とオリジナル曲である
「レッツゴー習志野」を楽しみにしていた高校野球ファンの方も多いでしょう。

ご存知の方も多いように、習志野高校のブラスバンド部は全国大会金賞レベルの集団。
しかも伝統的にそのレベルで、素人のワタシが聞いても明らかに上手い。

そんなブラスバンド部ですからコンクールで入賞するための練習ばかりをしているのかと
いえばそうではなく、彼らは「自分たちの応援で野球部を甲子園に連れて行く」と
本気で思っているのです。
そのことは習志野高校ブラスバンド部の「練習日記」を読めばわかります(特に7月)。

野球部が勝つのは野球部の力、負けるのは自分たちの応援が良くなかったから

と真剣に思う彼らが応援に使う曲は、一曲一曲が「大きいだけでなく美しく聞こえる」ように

考えて編曲されており(顧問が編曲)、応援にかけるその情熱とこだわりは大変なものです。

その習志野高校ブラスバンド部は約200人で、全校生徒の1/5。
野球部員がほぼ100人ですから、両方合わせれば全校の約1/3近くが甲子園を
目指しているわけですね。

まあ、ここまでくれば「全校挙げて甲子園を」と言っても言い過ぎではないくらいです。

そしてやっとの思いで10年ぶりに手にした甲子園切符でしたが、今回の騒動を受け、
習志野高校は二回戦の明徳義塾戦では相手チームがマウンドに集まった際には
演奏を止めたばかりでなく、同校独特の「曲間に切れ目の無い流れる応援」までも
辞めてしまいました(音も明らかに萎縮しているように感じました)。

今まで一所懸命に応援の練習をしてきた生徒たちのことを思うと、本当に気の毒でなりません。

今回「関係者」で問題になっているということですが、習志野高校の応援に疑問を持った
「高校野球ファン」は果たしてどれくらいいたのでしょうか?

そもそも「関係者」って、誰…?

とまあ、本当に言いたいことがいっぱいなのですがね。

基本的に周囲の雑音にはあまり囚われず「チーム習志野」には今までどうりの活躍を
お願いしたいです。

とりあえず、明日の金沢高校戦。

選手も応援団も、一人残らず完全燃焼で頑張って下さい!

最後に。
今回の騒動については賛否両論あることと思います。

よろしければ、この記事を読んで下さった方々の忌憚無いご意見をお聞きしたいです。

いつもコメントを下さる方々はもちろん、たまたま初めてお見えになった方も
お気軽にご意見をお寄せ頂けると嬉しく存じます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以下、極めて感情的な余談。

大会期間中、しかもまだ勝ち進んでいるチームに対して「関係者」が騒動を起こしたことに
高校野球ファンとして深い悲しみと大きな怒りを覚えます。

これはワタシが習志野高校ファンだから言うのではありません。

「関係者」の方々の主義主張を批判するつもりは皆目ありませんが、頑張って戦っている
生徒達にはなんの罪もありません。

あなた達が習志野高校の選手や応援団だったら、心中いかがでしょうか?

一回戦の結果はもう出てしまっているのです。

大会が終了してから高野連を通して問題提起するという選択肢は無かったのでしょうか?

あるいは「これから習志野高校と対戦する学校のために」という思いがあったのだとしても

あまりにもデリカシーが無く、生徒達への配慮が足りないと思います。

自然発生的に起きた騒動ならしかたありませんが、一高校野球ファンとして本当に
許せません。

習志野高校の生徒が可哀想なのはもちろん、仮に「関係者」が敗戦校の関係者ならば、
そちらの学校の生徒さんも気の毒です。

それから安住アナウンサーにも申し上げたいです。

「習志野高校の本盗の際に応援のせいで守備側の選手達の声を掻き消したのではないか」
という趣旨の発言をされているようですが、敗戦校の監督が試合後のインタビューで
本盗についてなんと言ったかご存知ですか?

まったく無警戒だった。

ですよ。

人気アナウンサーの発言がどれだけ世間に影響を与えるか、もう少し考えて頂きたい
ものです。

今回の件は、高校野球に関わる生徒達が思慮浅い多くの大人達に翻弄された一例として
忘れてはならない騒動だと思います。

2011年8月 7日 (日)

まずは一勝

第93回全国高等学校野球選手権。

習志野高校、初戦突破しました!

おめでとうございまーーーーーす!!

牽制球で刺されたり送りバントを失敗したりと県予選では考えられないような場面も
ありましたが、あれは静岡高校の好プレー。
全国大会ならではの「結果」であって、仕方のないこと。

二死からの連打で点を取ったり、アッと驚くホームスチールで点を取ったりと、
粘りの野球・機動力野球という現習志野高校らしい野球だったと思います。

「美・爆音」の応援は相手選手や応援団だけでなくNHKの実況アナウンサーをも
呑み込んだようで、たびたび取り上げられていましたね。
素晴らしかったです!

次戦は大会八日目の第一試合、高知・明徳義塾高校戦です。

今大会の明徳義塾は、ワタシが知っている今までの「強打の明徳」とは少し違うよう。

タイプとしては、習志野高校と似ている感じです。

「コツコツ型対決」だけに、一つの小さなミスが試合を大きく左右することになるかもしれません。

そんな次戦。
ワタシはトラックの中、ラジオで観戦(?)の予定。

習志野高校野球部の皆さん、ぜひ次の試合も頑張って下さい!!

2011年8月 5日 (金)

痛い出費

どうも。
11月開催の地元マラソン大会にエントリーした男・にゃん太郎です。

さて、突然ですが。
愛用していたデジタルカメラが壊れました。

正確に言うと、壊しました。

購入以来カメラケースも使用せず、無造作にカバンの中に放り込んで持ち運びしていた
ツケが回りまして、前面のカバーがほぼ外れて中が見える状態に。

買ったばかりの頃

にゃん太郎さん、そんな風にしてたらいつか壊れますよ

と後輩から注意されたのですが、まさに現実に。

後悔先に立たず。

初めのうちはカバンを置く際も注意してソーッと置いていたのですが、いつの頃からか
カメラが入っていることなど忘れていましたからねぇ…。

カメラ君、ゴメンナサイ。 (ノ_<。)うっうっうっ

とはいえ。
調べてみたところ、購入は2006年12月。

使用頻度は決して多くなく、とても「使いこなせた」とも言えませんが、使用期間としては
まずまずだったかと思います。(大切にすればもちろんまだまだ使えましたが)

そんなわけで。
先日の記事「夏本番」での写真が「IXY 900 IS」君の遺作となりました。

ちなみに、デジカメ破損に気付いたのは一週間ほど前。

その後

① 薄給

② 車の保険の更新

③ ジョギング用の靴の買い替え

④ ブログ更新頻度の低下

⑤ デジカメ君の喪に服す

等の理由で新機種の購入は控えていたのですが…。

ここ数日の不安定な天気に伴う素晴らしい夏雲の出現を目の当たりにし、ウズウズ。

結局買ってしまいました。

ええ、今度はカメラケースも一緒に。

今度の機種は「Powershot SX130 IS」

性能の割にはお手頃価格ではありますが、あまりにも痛すぎる出費でありんす…。

今度は大切に持ち運びします。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »