ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« なでしこリーグ観戦記 ② | トップページ | 慈愛の歌声に包まれて »

2011年10月 6日 (木)

夏から秋へのetc.

どうも。
金木犀の甘い香りにおセンチな気分になる男・にゃん太郎です。

さて。
今日は久々に会社ネタ。

ここ二ヶ月ほど少々ドタバタしている弊社のお話をご紹介します。

まずは、8月11日のお話。

この日ワタシは乗務。
出勤時間は4時で内勤の時よりも一時間遅いので、のんびりムードで出勤しました。

通常この時間に出勤しますと、すでにほとんどのトラックが出払い車庫の中はガランとした
感じなのですが、この日は全車が停まったまま。

はて?
今日は皆、出勤時間が遅いのだろうか?

と思いながら車を降りてみると、事務所の明かりの中には何人もの同僚の姿が。

ははぁ。
さては内勤の人が遅刻して、みんな出て行かれないんだな…。

などと想像を膨らませながら事務所に入ると、何やら皆、ハイテンション。

以下、当時の会話(要約)。

同 僚) にゃん太郎さん、今日は何号車ですか?

ワタシ) ん?
     ○○号車。

同) あ。
   アウトです(笑)。

ワ) は?

同) バッテリー盗まれて、エンジンかからないです(笑)。

ワ) はい??

この日三時半出勤の人達が出発しようとしたところ、弊社トラック10台のうち
3台のトラックのバッテリーが盗まれていることが発覚。

エンジンルームの中にあるバッテリーが盗まれるとは、どういうこと?

と思われる方も多いかもしれませんが、トラックのバッテリーは外側に着いていて
それに簡単なフタがしてあるだけなのです。

で。
盗まれたこと自体困ったことなのですが、これがさらにタチが悪くてですね。

配線とバッテリーを繋ぐ金具を外して本体を持っていっかれていれば新しいバッテリーを
付ければ済むのですが、こちらの事情などお構い無しの犯人達は、配線をブッツリと
切って持っていっていたものですからもう大変でした。

当日はこの後警察が来たり、「今日の仕事どうすんの?」的なことでバタバタしたのですが、
それはたいしておもしろくない話なので割愛。

さて。
こうなると「なにか防犯対策をしなければ」となるのが世の必定。

ご多分に漏れず弊社もそうなりまして、所長は頭を抱え込む日々。

年のため弊社周辺の見取り図を書きますと

Cocolog_oekaki_2011_10_06_13_31_2  

 
こちら。

 

 
あれ?
小さいですね…。

これまでの「防犯」については左右は隣り敷地の間にフェンスがあり、表通り側は
ロープを張るだけ。
裏の芝生側は弊社敷地より70cmほど低いので、そこに土止めのコンクリートを使った
段差あり。
ちなみに芝生と裏通りの間は出入り自由です。

防犯で手っ取り早いのはセキュリーティーを入れること。

しかしそれには初期投資だけでなくランニングコストもかかり、さらに調べたところ
警備員急行まで30分近くかかるとのこと。

そんなに時間がかかるのではあまり意味が無いのではないかということで、
行き詰った所長はワタシに知恵を出すよう要求。

ワタシの知恵

① 敷地内をくまなく歩けるほどの長いロープを張り、ドーベルマンを飼う。

② 逆転の発想で、今まで張っていた表側のロープを張らずに帰る。
   (ロープが張ってあると、その間に人の出入りが無いことが丸わかり
)

ワタシはいたって真面目に答えたのですが、所長はお気に召さなかったようで
失笑どころか無反応。

そんなにダメ?

そして事件発生から一ヶ月弱。

本社と所長でなんやかんやと揉めた後、最終的に

芝生との境にフェンスを張り、表通り側のフェンスも新しく張り替える。

という結論に。

隣の芝生でくつろぐことが内勤時の秘かな楽しみだったワタシにとって、これは一大事。

そんなことしたら、芝生に行かれなくなるじゃないですか!

とワタシは必死にアピールするも所長は耳を傾けてくれず、めでたくフェンスが工事が
完了したのは9月15日。

やれやれこれで一安心

と所長は安堵するも、18日(日)の朝。

休みの朝をのんびりと過ごすワタシの下に、驚きのメールが。

今 度 は タ イ ヤ が 盗 ま れ ま し た 。

…。

(・o・) ポカーン

いやー、スゴイッす。

あ。
念のために言っておきますが、トラックに着いていたタイヤが盗まれたわけではありません。

盗まれたのは倉庫代わりに使っているコンテナにしまってあったタイヤ。

同一犯なのかは不明ですが、南京錠で施錠してあったコンテナはそのカギを切断し、
簡単な住宅用の扉を着けたコンテナはその扉のカギを要領良く壊して。

推定そう長く無い時間でトラック用の重たいタイヤを20本も持って行くには
綿密な下見とチームワークが必要でしょう。

ということは、ですよ。

三日間に渡ったフェンス工事もどこかで観察していたであろうことは容易に想像でき、

あんなことしても無駄なのになぁ…

と思われていたのかと思うと、情け無いやら恥ずかしいやら。

先のバッテリー盗難から「傍観者」的スタンスだったワタシでさえ結構な衝撃だったの
ですから、「当事者」だった所長のショックは相当なものだったことでしょう。

そして。
そんな騒ぎにに紛れるように、乗務員(ワタシも含めて)に直接関係する「Bigなヤツ」が
我が車庫にやって来ました。

そいつの積載数量は26KL。
全長は16.5m。

Shinmaywatl00

 

無許可で公道を走れる車としては最も長いヤツ。
(写真は弊社の車ではありません)

 
同業他社の同系の車は見慣れているのですが、公道や積み場などの広い場所で
見るのと違い、車庫で見るとデカイのなんの。

ワタシを含む古株3人は以前

Trailer5  

 

海上コンテナに乗ったことがあるので
(写真は弊社の車ではありません) 

 

 
それでもそんなに驚かなかったのですが、それ以外の同僚達へのインパクトは
かなりのものだったよう。

運転を辞退する者二名、「時期尚早」との所長の判断で乗務延期となる者二名、
渋々乗務する者…、ほとんど。

そんな状況下、昨日・一昨日とワタクシたっぷりと乗務してきましたが…。

いやー、なかなか。

明るい時は良いのですがね。
昨日の日没後は強い雨で視界も悪く、正直なとこ、しんどかったです。

ちょっと専門的な話になりますが。
海上コンテナよりもホイールベース(車を横から見た時のタイヤとタイヤの間隔)が
長いのですよ。

まあ、タイヤ一個分くらいなのですが、この一個分がなかなか…。

いやもちろん、こういうのに乗りたくてこういう仕事を始めたので、もちろんワクワクもしますし、
「乗ってる」という実感、喜びも大きいのですよ。

しかしこの二日の感想としては、喜び10に対し、しんどさ8くらいでした。

バックはやりやすいんですけどね~。

ま。

これが今年の晩夏から初秋にかけてのお話です。

オチもなければ楽しさもありませんが、お付き合い頂いた方、ありがとうございますm(__)m

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

秋ですね~。

Img_0189  

 

 

 

 

 
  

Img_0192  

 

 

 

 

  
 

Img_0197

« なでしこリーグ観戦記 ② | トップページ | 慈愛の歌声に包まれて »

コメント

y23さん>
こんばんは!
その後の対策としては、センサーライトの取り付けのみです(-_-;)
あとは表通り側に大きなアコーディオン式の門扉の設置を考えていますが、タイヤの時は裏のフェンスに穴を開けて持って行かれているので、実際のとこ、狙われたらおしまいなのかなぁといった感じです…。

ずいぶん酷いことする犯人ですねannoyannoyannoy
また狙われる確率が高いと思いますので対策は必須ですね。
事務所の前に私用車を無造作に停めてテレビを点けっぱなしにしておくとかはどうでしょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/52922627

この記事へのトラックバック一覧です: 夏から秋へのetc.:

« なでしこリーグ観戦記 ② | トップページ | 慈愛の歌声に包まれて »