ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 夏から秋へのetc. | トップページ | 貴重な時間 »

2011年10月 9日 (日)

慈愛の歌声に包まれて

どうも。
ただいまタオルケットを洗濯中の男・にゃん太郎です。

洗い出したは良いけど、案外天気が悪いですね。
今日中に乾くでしょうか…。

さて。
昨日は久々にエネルギー充填してきました!!

というのも。

Img_0204  

 

 
清々しい天気の下

 

 

  
 
Img_0208  

 
フラ&ミュージックフェスタinいわき

に行って来たのです!

(イベントについては次回の記事で)

 

 

おや?

そこのあなた、鋭いですね??

ステージ上で歌っているのは、せきぐちゆきさんであります!!

ゆきさんにお目にかかるのは、2009年の6月以来。

随分と長いことご無沙汰をしておりました。

では、まずは昨日歌われた曲を。

① 風と共に

② 夕焼けを聞かせて

③ 方舟を忘れたノア

④ 歩み

⑤ 道

以上です。

私事ではありますが、ワタクシもう長いこと、心と気持ちがガチガチに固まっていました。

しかし、不思議なものですね…。

ゆきさんの歌声を聴いたら、それが一気にスーッと。

上手く言えないのですがね。

ゆきさんという温かな光に包まれて、すべてから解き放たれた感じがしました。

「解き放たれた」と言っても「自由だ~、どこへでも行けるぞ~」という「動」な感じではなくて、
「自由だけどここに留まろう」という「静」な感じとでも言うのでしょうか?

わかりづらいです?

さて。
昨日は出番が終わった後にご挨拶もできましてね。

こちらから声をかける前にワタシを見つけて下さり「あ!」というお顔を、ゆきさんが。

長くお会いしていなかったのに顔と名前をセットで覚えて下さっていただけでなく、
CDにサインをもらう際には

ご本名でよろしいですか?

と。

「にゃん太郎」だけでなく本名まで覚えて下さっていたことに、本当に感激致しました。

白状しますと。

実はこのところ、「化粧」が発売されて何度か聴いた後はせきぐちゆきさんのCDを
全然聴いていませんでした(それだけでなく「歌手」のCDを聴いていなかった)。

それはゆきさんに飽きたとか興味がなくなったからではなく、「歌」を聴く心の余裕が
なくなっていた、聴こうという気持ちになれなかったから。

しかしながら「解き放たれたワタシ」は昨日の帰りの車の中ではゆきさんの歴代アルバムを
すべて聴き、幸せ一杯の気分になりました。

おまけに昨夜は、夢の中でもゆきさんにお会いしましてね。
我ながら「どれだけ単純なんだよ!」と(笑)。

思えばゆきさんとの出会いは、仕事中にラジオから流れてきた「青春七曲り」。

あの時はせきぐちゆき(当時・関口由紀)という人がワタシの人生をこんなにも豊にしてくれるとは
夢にも思っていませんでした。

ワタシ、昨日のステージが終わるまでは「ゆきさんを応援する」とか「ゆきさんの曲で元気になる」
とか「ゆきさんから元気をもらう」とか。
そんな風にゆきさんとの関係を考えることが多かったのですが、それはちょっと違って
いたのだということに気付きました。

ワ タ シ は せ き ぐ ち ゆ き さ ん に 

                   支 え ら れ て い る 。

いまの自分には、これが正解。

そんなことを思った昨日。

本当に実り多く、幸せな一日でした。

せきぐちゆきさん、これからもよろしくお願いします!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「いわき市」と聞いて

そんなとこまでよく行くなぁ

と思われて方もいらっしゃるかもしれません。

昨日は自宅・四街道から…。
R51→R355→県2→R51→R245→R293→常磐道(日立南~いわき湯本)。

行きは五時間弱かかり「時間」という観点で見るとそれはもう遠く長い旅なのですが、
日立南IC辺りまでは仕事で行くのでワタシの自身にはまったく「遠い」という感覚が
ありません。

ここから昨日の現場までは一時間弱なので、普段よりちょっと足を延ばす感覚でした。

帰りは同ルートで東関東自動車道(大栄~四街道)を利用。
4時間弱。

往復で398km。

信号の少ない一般道を長時間利用したことが功を奏し、燃費25.8km/ℓを達成しました!

« 夏から秋へのetc. | トップページ | 貴重な時間 »

コメント

旅人さん>
おはようございます!
つたないブログへようこそ!
いや、もう、愛しちゃってるんですよ、ホントに。
よろしければ旅人さんもぜひライヴに行ってみて下さい!
ではこれからも宜しくお願いしますm(__)m

ジョニーさん>
おはようございます!
はい、愛です(笑)。
住む世界が違うからこそ、そこから色々なものに気づかされるということもありますよね~。
ひょんなことで出会ったわけですが、本当に有り難い出会いでした。
頑張ってまた会いに行きたいです~。

不思議なもので、住む世界が違っていても、心が原点に戻るような
自分をみつけるような そういう気持ちになる存在っていますね
其の人にとって、自分はファンの一人なのかもしれないけど、自分には
その人の言葉や演技やメッセージや歌をきくと、
内側から熱のような 生きてるような何かが、出てくるような感じがしますよね
上のかたもおっしゃっておられますが 愛なんだろなぁ~ 愛!
読んでいると こちらも元気出ます


にゃん太郎さん、こんにちは。

お初にコメントさせてもらいます。

にゃん太郎さんは、本当にせきぐちさんを愛されているのだなぁ。

という気持ちが伝わって来ました。

「愛されている」と言った表現がこの場合

正しいかどうかはわかりませんが、

ともすれば世知辛い、ギスギスしがちなこのご時世、

癒しの心のよりどころ、大切にしたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/52946244

この記事へのトラックバック一覧です: 慈愛の歌声に包まれて:

« 夏から秋へのetc. | トップページ | 貴重な時間 »