ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 千葉市動物公園へGO | トップページ | 三鷹に行ってみた…か。 »

2011年11月29日 (火)

名作

こんばんは。
 
諸事情により、20年ぶりくらいで映画「さよなら銀河鉄道999」を観ました。
 
いやー。
 
名作ですなぁ。
 
特に、最後の10分くらいはしびれます。
 
私は青春の幻影。若者にしか見えない、時の流れの中を旅する女…。
  
 
 
いま一度、万感の思いを込めて汽笛が鳴る。
いま一度、万感の思いを込めて汽車が行く。
さらばメーテル。
さらば銀河鉄道999。
 
大人になると、色々と見えてくるものですね。
 
松本零士先生、偉大です。
 
…。
 
それにしても、なんですかね?
 
メーテル、超べっぴん。 
 
でら、べっぴん。
 
子供の頃は全然思わなかったんですがねぇ。

« 千葉市動物公園へGO | トップページ | 三鷹に行ってみた…か。 »

コメント

ジョニーさん>
おはようございます!
諸事情とは、最近パチンコで「999」を…(笑)。
テレビシリーズのオープニング、汽車が動き出す時に車輪が空転する芸の細かさがタマリマセン!
ワタシも最近のアニメは観ていませんが、こういったメッセージ性がある作品が今の子供たちには必要なのではないかと、にゃん太郎は思った…(笑)。

ココバさん>
おはようございます!
「さようなら~」でもハーロック&エメラルダスは出てきますが、ココバさんがおっしゃっているのはたぶん劇場版の一作目だと思います。
まさにオールスター競演。ワタシも彼らの登場には衝撃を受けました。また、ハーロック登場時の音楽がカッコイイんですわ(笑)!

旅人さん>
おはようございます!
さあ、今すぐレンタルビデオ屋…、じゃなくてレンタルDVD屋(?)へ(笑)!
ワタシはヤマトはあまり見ていた記憶が無いんですよね~。あ。
だからヤマトの役物なかなか動かないのかな…。

にゃん太郎さん、こんばんは。
私もどの作品だったのか、詳しくは
覚えていませんが、好きでよく観ていました。
(TVシリーズだったのかなぁ?)
「メーテル」は、世の全ての男性のあこがれの女性
では、ないでしょうか?嫌いって人、いませんよね。
主題歌はゴダイゴのもいいのですが、
「ささきいさお」氏のバージョンのが、
グッと来るものがあります。
同じく「宇宙戦艦ヤマト」も好きでしたねぇ~。
「ターゲットスコープ・オープン!
波動砲、発射!!」
なんてね。 
懐かしいなぁ~。

おじゃまします!
 子供の頃、自分は銀河鉄道999のどの作品だか覚えていませんが、ハーロックとかエメラルダスが登場したシーンにシビレました。当時は他の作品のキャラクターが登場するのは斬新な事だったのでは?

 確かメーテルとエメラルダスは姉妹じゃなかったかな?で、1000年女王も関係してなかったっけ?(1000年女王がメーテル???)

かなり記憶が曖昧ですが・・・

  失礼しました。

諸事情~? ってなんだろう 笑
鉄郎って少年は大人の女性を好きなんだなぁ
背伸びしてるとこがいい
背伸びしなくなったら さみしいかもしれない
中高生に手をだしてるあやしいおじさんがたは鉄郎の恋には敵わないね ふっ・・・

自分はテレビシリーズの あの最初の汽笛がなるシーンからはじまって
あの車輪が ゆっくりゆっくり回るところとか
最後のナレーションの 鉄郎は思った・・・とか淡々と語るのがぐさっ~~と
たぶん 自分たちも鉄郎と一緒に大人になっていったんだなと 感慨深いです
いま そういう感じのアニメってあるのかなあ 自分が知らないだけかな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/53365473

この記事へのトラックバック一覧です: 名作:

« 千葉市動物公園へGO | トップページ | 三鷹に行ってみた…か。 »