ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月26日 (月)

2011年を振り返る

どうも。
今年最後の一週間はすべて乗務の男・にゃん太郎です。

いやー。
どうでも良いですが、今冬は仕事が忙しい。

帰宅したら風呂、メシ、寝るの日々です。

さて、毎年恒例。
年末なので、今年を振り返ります。

…。

まあ、あれですね…。

…。

今年は東日本の多くの皆さんは、やはり震災関連が一番の出来事だったでしょう。

でもですね。

震災に関する一連の問題のほとんどは未解決のことが多く、まだ進行中。

特に原発は、廃炉まで40年という気が遠くなるような時間がかかるという現実。

「振り返る」のではなく「直視すべき事象」なので、あえて外します。

で。

ワタシに関する出来事でなにがあったかなー

と思い出すと…。

「興奮したで賞」

これはですねー。
サッカー女子ワールドカップ決勝戦。
延長戦後半で澤選手が決めた同点ゴール。

そう。
優勝の瞬間よりも、同点ゴールの方が数倍興奮しました。

あの時ワタシは内勤だったため、テレビ観戦していたのですが…。

ゴールが決まった瞬間一人で絶叫しましたからね。

机、バンバン叩きながら(笑)。

41年間のスポーツ観戦で最高の興奮でしたし、あれを上回る場面は今後なかなか
ないだろうと思います。

「楽しみをありがとう賞」

こちらは習志野高校の夏の甲子園出場。

繋ぐ打線、機動力、そして日大三高戦で見せてくれた数々の好守。

本当に見ていて楽しかったです。

妙な騒動に巻き込まれたことは残念でしたが、県予選から本当に楽しませて頂いたこと
改めて御礼申し上げます。

「頑張ったで賞」

これは自分。

ガス灯ロードレス完走と、その満足いく結果に。

当時の記事にも書きましたが、あの充実感と達成感はこれからの財産になると思いますし、
「やればまだまだできるんだ」という自信にも繋がりました。

最後に

「おめでとう賞」

はい。
文句なし、せきぐちゆきさんのレコード大賞・優秀アルバム賞受賞です。

「おめでとう」もそうなのですが、失礼ながら身内が受賞したような嬉しさもありました。

これからも、目指す場所へと歩むせきぐちゆきさんを応援していきます。

…。

と、この辺りがワタシの大きな出来事。

今年は本厄だったのですが、お陰様で無事終わりそうな雰囲気。

厄年ということを意識していたわけではありませんが、ここ数年に比べると結果として
「攻めた一年」となったような気がします。

うーん。
攻めたというよりは、行動的だったが適当でしょうか?

レ・ミゼ2回とライオンキングの鑑賞。

なでしこリーグを2回観戦。

「フラ&ミュージックフェスタinいわき」への遠出。

そしてガス灯ロードレース。

ん。

こうして振り返ると、自分に「頑張ったね」と言える一年だったと思います。

あとは最後の一週間を無事故で終われば万事OK。

そうなるように頑張ります。

それでは皆さん、2011年最後の一週間を楽しく元気に過ごしましょう!

2011年12月24日 (土)

お気に入りの樹

お気に入りの樹

自宅そばの樹。

駅前通りをはさんでイトーヨーカドーの向かいの樹。

頻繁に前を通るわけではないけど、通る度に包み込んでくれている感じがする。

不思議。

2011年12月19日 (月)

良いなぁー

こういう現場に遭遇したら、感激しちゃう。

2011年12月14日 (水)

ネタじゃない小ネタ

最近の勘違い。

① Wi-FiはPCとWii Fitを連動させて何かするのだと、ついこの間まで思っていた。

② グループ「AAA」を「エーエーエー」だと思っていた。

③ iPhoneが騒がれ始めた時、アイホン(家庭用インターホン)のことを話していると思っていた。

おしまい。

Img_0372

 
 
 
今月初めの朝、マンション6階から。

2011年12月10日 (土)

きた〜!

きた〜!

4時半前の車庫の気温です。

今季初の氷点下。

2011年12月 9日 (金)

お知らせ

どうも。
年賀状の準備に焦っている男・にゃん太郎です。

さて。
先日ご紹介しましたように、我らがせきぐちゆきさんがレコード大賞・優秀アルバム賞を
受賞しました。

そのアルバム「素顔~愛すべき女たち~」について音楽評論家・富澤一誠氏が解説されて
いますので、よろしければお読みになって下さい。

http://tomisawaissei.blog72.fc2.com/blog-entry-261.html#more

2011年12月 6日 (火)

三鷹に行ってみた…か。

どうも。
キムチ臭い口でワインを飲んでいる男・にゃん太郎です。

さて。
去る11月29日、三鷹の森ジブリ美術館に行って来ました。

前々から行ってみようと思っていたのですがなかなか機会に恵まれなかったのですが、
井の頭公園の紅葉もちょうど見頃のようだったので、レッツラゴー。

本題に入る前に。
実はワタシ、15年位前に三鷹駅から徒歩10分くらいの所に住んでいたんですね。

三年くらいは住んでいたのでしょうか?

そんなこともあり、あの辺りの地理にはいくらか明るいのです。

ジブリ美術館に千葉方面から行く場合は吉祥寺駅を利用した方が便利なことはわかっていたのですが、
あえて久しぶりの三鷹駅を利用。

いや~。
三鷹駅のあまりの変貌ぶりにビックリでした。

あの小汚かった駅に駅ビルができ、南口もあんなにキレイになっているとは…。

で。
その南口からいよいよジブリ美術館へ向かったのですがね。

鬱蒼とした感じだった玉川上水沿いの道は

Img_0325  

 

 
すっかりキレイになっていまして

 

 

 

さらに「風の散歩道」などというシャレた名前まで付いていました(ジブリの影響でしょうが)。

しばらく歩くと

Img_0324  

 

 
こんな看板。

 

 

 

ジブリファンにはたまらないでしょうね。

で、まあ。
これに近い距離を歩きますと井の頭公園にも到達するわけでして。

完全予約制のジブリ美術館。

ワタシは14時入場の予約だったのですが一時間弱ありましたので、
先に井の頭公園を散策することにしました。

すると。

もう、紅葉がビューティフォー。

しばらくはその様子をお楽しみ下さい。

Img_0334_2  

 

 

 

 

 
 

Img_0344  

 

 

 

 

  
 

Img_0342  

 

 

 

 

 
 

Img_0345  

 

 

 

 

 
 

Img_0346  

 

 

 

 

 
 

Img_0349  

 

 

 

 

 
 

Img_0350  

 

 

 

 

 
 

Img_0351  

 

 

 

 

 
 

Img_0352  

 

 

 

 

 
 

Img_0356  

 

 

 

 

 

 
はい。

いかがでしたでしょうか?

ちょっとしつこかったですか(笑)?

充分に公園の堪能しまして、個人的にはこれでもう満足。

このまま帰宅しても良いくらいだったのですが、せっかく予約しましたのでね。

Img_0357  

 

 
じゃーん。

 

 

 
 
到着。

館内は撮影禁止のために写真はありませんが、唯一撮影可なのが

Img_0362  

 

 
 
ロボット兵!

 

 

 

 

 
実物大なのかどうかはわかりませんが、3mくらいはあるでしょうか?

ジブリ作品の中では「天空の城ラピュタ」がダントツで好きなワタシとしては、
これは感激しましたね~。

燃え盛る炎の中彼女を守る彼を思い出し、目頭が熱くなってしまいました(笑)。

Img_0365  

 

 
 
 
寂しげな後姿もたまりません。

 

 

 

  
 
Img_0367  

 

 

 
ススキが妙に似合いますね。

 

 

 

 
 
は。

肝心の美術館の話を何もしていませんね。

先ほど書きましたように、入場は完全予約制。

正直「何をもったいぶってんのかね~」と思っていましたが、行ってみて納得。

基本、建物は大きくありません。

さらに一部屋一部屋の展示室が小さいため、入場人数を制限しないと身動きできない
状態になってしまうのです。

ワタシが訪れたのは火曜日の14時だったのですが、この日も予約は一杯。

館内は人で溢れ、それはもう大変な状況でした。

展示内容はあまり言わない方が良いかもしれないので控えますが、アニーメーションの
製作過程などもわかりやすく解説してくれてありまして、ジブリ好きの方はもちろん
アニメ好きの方も充分に楽しめるのではないかと思います。

館内では15分の短編映画が観られるのですが、ワタシはそれを観賞して90分程度で
一通りの展示を見終わりました。

…。

いや~。

それにしても凄い人でした。

あ。

ちなみにワタクシ41歳ですが、当時の入場者の中では最高齢に近いと思われました(笑)。

懐かしの街。

美しい自然。

楽しい美術館。

充実した一日でした~。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

余談ですが。

目隠しの無い螺旋状の外階段等があります。

女性の方はスカート厳禁で!!

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »