ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 被災地へ ~感想編~ | トップページ | 被災地へ ~雑記編~ »

2012年4月17日 (火)

被災地へ ~持ち物編~

どうも。
ようやくマスク生活から解放された男・にゃん太郎です。

さて。
今日は被災地へのボランティアツアーに行く際の持ち物について、作業用とバス内用に
分けてご案内を。

ワタシもそうでしたが、初めての方はどんな恰好で行って何を持って行ったら良いのか
よくわかりませんよね…。

あ、そうだ。
まず持ち物の前に、最重要事項。

お住まいの地域の社会福祉協議会で「ボランティア保険」に必ず加入して下さい。

これに加入していないとツアーや現地のボランティア団体の斡旋による活動はできません!

とりあえず社会福祉協議会に行って

被災地のボランティアに行くので、保険に入りたいんですけど…。

と言えば、あーしろこーしろと教えてくれます。

一番お手ごろのもので490円で加入でき、4月~3月末日まで(1年度)有効です。

その場で証書(?)をくれるので、保険証のコピーと共にツアーに持参して下さい!!

ということで、
ではまずは、作業用の持ち物を。

とりあえずは、ワタシを荒浜に運んでくれた「なの花交通さん」のHPにある
わかりやすいこのページををご覧下さい。(こちら

ま、これだけ揃えれば完璧です。

一応下に羅列しながら、その解説を。

①汚れても良い長袖・長ズボン
  ケガ防止のため、真夏でも長袖・長ズボン!
  ワタシが参加したツアーでは最終のサービスエリアで着替えタイムがありましたが、
  基本的にズボンは出発地から作業で使うものを穿き、上は移動中の服装の上に
  サッと一枚羽織る、あるいは一枚脱いで作業用の物に換えるパターンがベスト。
  着ている物すべてを換えようと思うと渋滞等で時間が無い場合困りますし、
  何よりもトイレの個室が混雑し、切羽詰ってトイレを使いたい人が困ります。
  また、真夏はスポーツ用の長袖Tシャツなどの吸湿発散性の良い物をお薦めします。

②帽子
  長い間立ち入り禁止になっていた区域でなければ大きな瓦礫や危険な物は
  概ね撤去されていると思われますので、ヘルメットの必要は無いと思います。
  しかし思わぬ物から頭部を守る意味と、ワタシが経験した畑作業のような外作業の
  場合は日光を遮ると言う意味で必ず帽子は必要です。
  作業現場に直射日光から逃れる日陰は無いものと思って下さい。
  夏場はツバが大きい麦藁帽子が最適だと思われます。
  その他のシーズンはキャップで大丈夫です。

③マスク
  立ち入り禁止が最近解除されたような区域でなければ、防塵マスクの必要はありません。
  いわゆる使い捨てのもので問題無いですが、最低でも2~3枚は必要です。
  その日の風の強さや作業内容によって随時交換、又は重ねて使用することを
  お薦めします。
  津波被害があった地域では地面は「土」ではなく「砂」だと思って下さい。

④長靴
  できればヒザ下までの長いタイプで、上をキュッとできる(砂が入りにくい)…
  Securedownload                       

 

  
 
 

こんな物。 

 

 

 

 
 

で、さらに。
  「踏み抜き防止」と言って釘などを踏んでも靴裏から貫通しない加工が施されている物。
  「踏み抜き防止の中敷」も販売されているので、通常の長靴にそれを敷いてもOKです。
  ここで問題のなのが靴のサイズです。
  いわゆる安全長靴の利用者は男性が圧倒的に多いため、作業道具の専門店に
  行っても24.0cmか24.5cmくらいの大きさからしか置いてありません。
  故に足が小さい女性の場合は雨天時に使う長靴でも仕方ないかと思いますが、
  踏み抜き防止の  中敷は絶対に必要です。
  小さいサイズの中敷は22.0cmがあることはこの目で確認しましたが、場合によっては
  お店に置いていないこともあると思います。
  そうなると取り寄せになって時間がかかるので、長靴の準備はとにかく早くして下さい。

⑤ゴム手袋
  軍手での作業はやめましょう。結構簡単に切れますし、意外と手も汚れます。
  なるべく厚手で、滑り止めのあるゴム手袋をお薦めします。
  ゴム手袋の中に軍手や薄手の綿の手袋をはめると手が蒸れません。
  その際は自分の手のサイズより一回り大きいゴム手袋を購入して下さいね。

⑥タオル
  汗拭きや汚れ拭きように、念のため。
  タオルより手ぬぐいの方がかさばらないと言う話も…。

⑦飲料水(スポーツドリンク等)
  ワタシが行った現場もそうでしたが、基本的に水は無いと思って下さい。
  ですから最低限、自分が飲む水は確保していくこと。
  現場に荷物置き場があるとは限りませんので、作業で両手が使えるように
  ウエストバッグや小ぶりなリュックサックに入れて行く必要があります。

以上ですかね。

ボランティアツアーの場合は作業で必要となる道具は企画会社や現地でお世話になる
ボランティア団体さんが準備してくださると思うので、個人での持ち物はこれで問題無いと思います。

ただし!
昼食が出るのか出ないのかは必ず確認して下さい!!
自前で用意なら、忘れないように。

以下、あると便利かもしれないもの。

・ウエットティッシュ
 ワタシは現場に持参しましたが使いませんでした。汗をかく時期はあると良いかも。

・おやつ
 小腹が空いた時、休憩時間にでも。ワタシはソイジョイを持参しましたが食べませんでした。

・メガネ(ゴーグル)
 念のためコンタクトの人はあった方が良い。これからの時期はサングラスの方が良いかも。

・ティッシュ
 アレルギー性鼻炎の人は持っていたほうが良い。ひょっとしたらトイレでも使うかも?

あ、トイレと言えば…。

今回の現場は基本的にトイレは無しでした。

本当は仮設トイレがあったそうなのですが、最近あった荒天により吹き飛ばされてしまった
そうです。
なので軽トラックに載せて移動式仮設トイレを一つ設置してくれましたが、原則女子専用。

男子は「小」は防風林の残骸の陰で。
巨大な残骸が無数に転がっていますので、済まそうと思えば「大」も残骸の陰で可能でした。

現地でお世話になったReRootsさんの名誉のために、念のために言っておきますと

緊急の際には車でトイレまでピストンします。

とおっしゃっていました。(キレイなトイレまでという意味だと思います)

少々話がそれましたが。

その他、日焼け止め・虫除け・ひんやりタオル・携帯カイロなど季節ごとに便利な物も
あると思います。

まあ、作業用の持ち物はこんなもんですかね…。

続いて、バス内編。

夜行バスを利用したことがある方はご存知のように、劣悪な環境です。

少しでも快適に過ごせるように…。

①旅行用の携帯スリッパ
  小さく折りたためるもの。

②空気枕?
  膨らまして頭の後ろに置くやつ。

③アイマスク
  神経質な方は。基本的に車内は消灯されますが、これからは夜明けが早く4時には
  明るくなり始めます。

④エチケット袋
  …念のために。

上記四点はいずれも100円ショップで手に入ります。

⑤おやつ
  小腹が空いた時に。食べる時に大きな音が出る物や臭いの強いものは避ける。
  状況次第でサービスエリアで飲食ができない可能性もあるので、パンくらいは
  用意しておいた方が良いかもしれません。
  もちろん飲み物も。

⑥ひざ掛け
  寒い時期は。暖房が効いていても、足元はスースーする。

ですかね…。

で、ですね。
当然ながら車内は相当狭いです。

基本的に、短時間でも熟睡するのは無理だと思って下さい。

眠りたい人は、眠くなる成分の入った酔い止めを飲むと良いかもしれません。

以下、バス移動の心構えですが。

ワタシが参加したツアーは約2時間に一度15分の休憩がありましたが、睡眠や利尿作用を
考えると、夜間の車内での飲み物はお茶類は避けた方が良いかもしれません。

足元が狭くて動けませんので、休憩時間に目が覚めた時には用が無くても一度バスを降りて
屈伸などをすると良いと思います。

消灯後はイスを倒すこととなるでしょうが、必ず後ろの人に一声かけましょう。
またその際に後ろの人の体格を確認し、迷惑がかからない程度の倒し方にできると
なお良いと思います。

…。

うーん。

こんなものですかね?

サクッと書き上げるつもりでしたが、意外と時間がかかりました…。

ま、この記事がどなたかの参考になれば幸いです。

ではでは。

« 被災地へ ~感想編~ | トップページ | 被災地へ ~雑記編~ »

コメント

y23さん>
どうも!
はい。準備に結構時間がかかりました(笑)。
現地の話を聞いた感じだと、自治体からの積極的な支援は無さそうな感じでした…。
寒いのは着ればなんとかなりますが、暑さ対策は本当に大変だと思います。
昨夏ボランティア活動をしていた人のことを思うと、頭が上がりません。

なんか準備だけでも結構大変そうですね。
夏場の暑さ対策や冬場の寒さ対策も大変そうですね。
自治体とかからの支援が充実していないと厳しそうに思いますけどどうなんでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/54491980

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地へ ~持ち物編~:

« 被災地へ ~感想編~ | トップページ | 被災地へ ~雑記編~ »